【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

すみませんがどなたか教えて下さい。m(_ _)m
メールサーバーを立てていますが、サーバーが不安定なのでmaillogを見た所、大量のログが記載されていました。
とりあえず、踏み台にされているのではと思い不正中継されていないか、
サイトで調べましたが合格でした。

下記ログを記載します。どなたか原因をご教授お願いします。
こんなのが、ずっと続きます。(1秒に1回~2回ぐらい)
-------------------------------------------
Jan 14 03:47:39 ns1 sm-mta[29812]: j0D3E0Ei027561: to=<**********@yahoo.co.jp>, delay=11:43:13, xdelay=00:00:01, mailer=esmtp, pri=212114, relay=mta16.mail.yahoo.co.jp. [203.141.44.225], dsn=4.0.0, stat=Deferred: 421 VS14-RT5 Mailbox bounce arrival rate exceeds system limit (#4.2.2)
Jan 14 03:47:40 ns1 sm-mta[29812]: j0D3E0Ep027561: to=<**********@yahoo.co.jp>, delay=11:42:13, xdelay=00:00:00, mailer=esmtp, pri=212114, relay=mta01.mail.yahoo.co.jp. [210.80.241.17], dsn=4.0.0, stat=Deferred: 421 VS14-RT5 Mailbox bounce arrival rate exceeds system limit (#4.2.2)
------------------------------------

以上、よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

ログを分割して考えてみましょう



頂いたログは2度のログ出力がありますが、そのうち1つを分割してみました

Jan 14 03:47:39 ns1 sm-mta[29812]:
j0D3E0Ei027561: to=<**********@yahoo.co.jp>,
delay=11:43:13,
xdelay=00:00:01,
mailer=esmtp,
pri=212114,
relay=mta16.mail.yahoo.co.jp. [203.141.44.225],
dsn=4.0.0,
stat=Deferred: 421 VS14-RT5 Mailbox bounce arrival rate exceeds system limit (#4.2.2)

◆1◆
Jan 14 03:47:39 ns1 sm-mta[29812]:
j0D3E0Ei027561: to=<**********@yahoo.co.jp>,
 ns1というサーバから1月14日の3時47分39秒に、sm-mta(sendmail)というMTAがプロセスID29812で実行されました。
宛先は= to=<**********@yahoo.co.jp> です
◆2◆
delay=11:43:13,
xdelay=00:00:01,
 送信には、11時間43分13秒の遅延が発生してます
 delay:このメールがサーバに受信された時刻と配信された時刻の差です
 xdelay:この配信を試行に必要な総時間(接続スピード)です
◆3◆
mailer=esmtp,
 配信にESMTPプロトコルを使用します
pri=212114,
 優先度です。0が最大の優先度となります。
◆4◆
relay=mta16.mail.yahoo.co.jp. [203.141.44.225],
 外部のドメインですから、次のリレー先サーバを示します
◆5◆
dsn=4.0.0,
(Delivery Status Notification: 配送状況通知)
Delay  遅延
Success 成功
Never  何もしない
という通知を表します。相手がDSNに対応してれば、通知を返してくれます
◆6◆
stat=Deferred: 421 VS14-RT5 Mailbox bounce arrival rate exceeds system limit (#4.2.2)
 状態が「遅延」となりました。(Defferred)
 コード421を返しています。
 Mailbox bounce arrival rate exceed system limit
「メールボックスは、到達率がシステムの限界値を超えたため、返送されました」と言われています


 少しは読みやすくなりましたか?
(・・・なったかなぁ(o ̄∀ ̄) どうでしょう)


 このログ自体は、上記のようなことを表しています。
 エラーコード421については、相手のサーバがダウンしている時にも出ますが、跳ねられている時にもでるので、何とも言えません。

 これ以外のログはありませんか?

 また、ログレベルを上げるという手法も考えられます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q/var/log/maillog について

Red Hat Linux 8.0とsendmailとqpopperを使用してメールサーバーを構築しています。
/var/log/maillogに1時間に一回、200行ほどのログが一気に書き込まれ
ログの容量が肥大化して困っています。
ログの一部は
Feb 6 21:14:01 xxxx sm-msp-queue[680]: h15L4fBd004705: to=root, delay=15:09:16, xdelay=00:03:09, mailer=relay, pri=121617, relay=[localhost] [1.0.0.127], dsn=4.0.0, stat=Deferred: Connection timed out with [localhost]
Feb 6 21:14:01 xxxx sm-msp-queue[680]: h15L4fBe004705: to=root, delay=15:09:15, xdelay=00:00:00, mailer=relay, pri=121617, relay=[localhost], dsn=4.0.0, stat=Deferred: Connection timed out with [localhost]
Feb 6 21:14:01 xxxx sm-msp-queue[680]: h15L4fBf004705: to=root, delay=15:09:15, xdelay=00:00:00, mailer=relay, pri=121617, relay=[localhost], dsn=4.0.0, stat=Deferred: Connection timed out with [localhost]
Feb 6 21:14:01 xxxx sm-msp-queue[680]: h15L4fBg004705: to=root, delay=15:09:15, xdelay=00:00:00, mailer=relay, pri=121617, relay=[localhost], dsn=4.0.0, stat=Deferred: Connection timed out with [localhost]
Feb 6 21:14:01 xxxx sm-msp-queue[680]: h15L4fBh004705: to=root, delay=15:09:15, xdelay=00:00:00, mailer=relay, pri=121617, relay=[localhost], dsn=4.0.0, stat=Deferred: Connection timed out with [localhost]
Feb 6 21:14:01 xxxx sm-msp-queue[680]: h15L4fBi004705: to=root, delay=15:09:14, xdelay=00:00:00, mailer=relay, pri=121617, relay=[localhost], dsn=4.0.0, stat=Deferred: Connection timed out with [localhost]

このような感じです。どすれば止まるでしょうか?
困っています、教えて頂けませんか。
(xxxxは自分の設定したドメインの頭です xxxx.ne.jp)

Red Hat Linux 8.0とsendmailとqpopperを使用してメールサーバーを構築しています。
/var/log/maillogに1時間に一回、200行ほどのログが一気に書き込まれ
ログの容量が肥大化して困っています。
ログの一部は
Feb 6 21:14:01 xxxx sm-msp-queue[680]: h15L4fBd004705: to=root, delay=15:09:16, xdelay=00:03:09, mailer=relay, pri=121617, relay=[localhost] [1.0.0.127], dsn=4.0.0, stat=Deferred: Connection timed out with [localhost]
Feb 6 21:14:01 xxxx sm-msp-queue[680]: h15L4fBe004705: to...続きを読む

Aベストアンサー

localhostを理解されていないかと思います。
/etc/hostsは

192.168.0.3 xxxx.ne.jp
127.0.0.1 localhost.xxxx.ne.jp localhost

とすべきです。場合によっては、
::1 localhost.xxx.ne.jp localhost
を追加してみてください。

ところで、xxx.ne.jpはプライベートのようですが、それでいいのでしょうか?

Qmailコマンドで外部メールに送れない

内部からmailコマンドで rootに送信すると/var/spool/mail にデータが入る、これは、要するに内部から内部に送られたと思っていいのでしょうか、今度は、内部から外部ドメインに送る
#mail xxx@yahxx.co.jp
#Subject: test
#test
#.
#Cc:
と行うと、外部に届かないのです。
sendmailは8.12.5です
考えられる事は何がありますでしょうか?

Aベストアンサー

>Oct 18 18:04:09 localhost sendmail[26578]: j9I9491Y026578: to=xxx@yahxx.co.jp,
>delay=00:00:00, mailer=esmtp, pri=30037, dsn=4.4.3, stat=queued

メールログからDSN(Delivery Status Notification)が4.4.3だからDNSが利用出来ずに送信先メールサーバが分からずメールが送信出来ていないのだと思います。
メールログにホスト名がlocalhost.localdomainと表示されているようですしネットワーク周りの設定はちゃんと行っていますか?

○RFC 3463より抜粋
 http://www.ietf.org/rfc/rfc3463.txt?number=3463
-------8<-------8<-------8<-------8<-------
X.4.3 Directory server failure

The network system was unable to forward the message, because a
directory server was unavailable. This is useful only as a
persistent transient error.

The inability to connect to an Internet DNS server is one
example of the directory server failure error.
-------8<-------8<-------8<-------8<-------

>Oct 18 18:04:09 localhost sendmail[26578]: j9I9491Y026578: to=xxx@yahxx.co.jp,
>delay=00:00:00, mailer=esmtp, pri=30037, dsn=4.4.3, stat=queued

メールログからDSN(Delivery Status Notification)が4.4.3だからDNSが利用出来ずに送信先メールサーバが分からずメールが送信出来ていないのだと思います。
メールログにホスト名がlocalhost.localdomainと表示されているようですしネットワーク周りの設定はちゃんと行っていますか?

○RFC 3463より抜粋
 http://www.ietf.org/rfc/rfc3463.txt?n...続きを読む

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

Q【MTA】postfixとsendmail【違い】

はじめまして。シアトルでシスアド見習いをしている者です。

今日みなさんにお聞きしたいのは、postfixとsendmailMTAの違いについてです。

いろいろな記事で比較されておりましたが、Google先生に聞いたところ
・sendmailは設定が複雑だけど未知のプロトコルにも対応している
・postfixは設定は簡単、MailDir構造を使用していて、SMTPプロトコルに特化
のような内容が沢山出てきました。

また、itmedia様の過去ログにて
・sendmailは送受信共にsendmailにて可能
・postfixは受信は受けるが、送信は外部MDA(?)
のような違いがあるとも書いてありました。

しかしながら、動作的にこれら二つのMTAが具体的にどう変わるのかについての説明がなされている記事が見当たらず、ここで質問させていただいた次第でございます。

内容としましては現在、システムが使用するMTAとして、現在postfixとsendmailがサーバーに入っております。
システムが使うMTAの設定は

/etc/alternatives/mta -> /etc/alternatives/sendmail.sendmail

となっています。
またMTAの候補は以下の二つです。

/etc/alternatives/sendmail.sendmail
/etc/alternatives/sendmail.postfix

そこで質問なのですがこのmtaのリンクをsendmail.sendmail -> sendmail.postfixに変更した場合、何か具体的に動作の違いは出てくるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

はじめまして。シアトルでシスアド見習いをしている者です。

今日みなさんにお聞きしたいのは、postfixとsendmailMTAの違いについてです。

いろいろな記事で比較されておりましたが、Google先生に聞いたところ
・sendmailは設定が複雑だけど未知のプロトコルにも対応している
・postfixは設定は簡単、MailDir構造を使用していて、SMTPプロトコルに特化
のような内容が沢山出てきました。

また、itmedia様の過去ログにて
・sendmailは送受信共にsendmailにて可能
・postfixは受信は受けるが、送信は外部MDA(?...続きを読む

Aベストアンサー

どちらもデフォルトの状態であればローカル配送のみでしょうから、SMTPとしての表面的な動作にそれほど違いはありません。

altanativesして不都合が生じるとしたら、コマンドベースのsendmailのリンクが張り替えられてオプションに違いがでてくるので、それを呼び出してるプログラム(CGIなど)がネイティブsendmail固有のオプションを付加している場合はエラーになるってくらいですかね。


まあそれはあくまでも表面的な動作としてであってです。内部的にはたくさん違いがありますよ。
SMTPサーバとして稼働済みのSendmailをPostfixに置き換えようとしているのだとしたら、話はもっとややこしくなると思います。

QsendmailでSMART_HOSTを設定してもリレーされない

内部ネットワーク(linux01:192.168.1.1, linux02:192.163.1.2)でlinux02からメールをlinux01経由でインターネットに送ろうとしています.しかし
$ mailq
/var/spool/mqueue (1 requests)
----Q-ID---- --Size-- -----Q-Time----- ------------Sender/Recipient------------
************ 0 Tue Apr 24 14:40 username
(host map: lookup (outerdomain.ne.jp): deferred)
name@outerdomain.ne.jp
となってキューから出て行きません.
linux01ではインターネット側にあるDNSサーバが引けますが,linux02からはDNSサーバは引けない設定にしています.
ネットで調べた感じだと,DNSが引けなくてもSMART_HOSTの設定先にリレーされると思うのですが,うまくいきません.
よろしくお願いいたします.

OS:Linux version 2.4.29 (root@ita) (gcc version 3.0.4 (Red Hat Linux 7.2 3.0.4-1)) #4 SMP Fri Apr 15 10:02:15 JST 2005
sendmail Version 8.11.6

--- sendmail.mc in linux02 ---
divert(-1)
divert(0)
include(`/usr/share/sendmail-cf/m4/cf.m4')
VERSIONID(`linux setup for Red Hat Linux')dnl
OSTYPE(`linux')
define(`SMART_HOST',`[linux01]')dnl
define(`confDEF_USER_ID',``8:12'')dnl
undefine(`UUCP_RELAY')dnl
undefine(`BITNET_RELAY')dnl
define(`confAUTO_REBUILD')dnl
define(`confTO_CONNECT', `1m')dnl
define(`confTRY_NULL_MX_LIST',true)dnl
define(`confDONT_PROBE_INTERFACES',true)dnl
define(`PROCMAIL_MAILER_PATH',`/usr/bin/procmail')dnl
define(`ALIAS_FILE', `/etc/aliases')dnl
define(`UUCP_MAILER_MAX', `2000000')dnl
define(`confUSERDB_SPEC', `/etc/mail/userdb.db')dnl
define(`confPRIVACY_FLAGS', `authwarnings,novrfy,noexpn,restrictqrun')dnl
define(`confAUTH_OPTIONS', `A')dnl
FEATURE(`no_default_msa',`dnl')dnl
FEATURE(`smrsh',`/usr/sbin/smrsh')dnl
FEATURE(`mailertable',`hash -o /etc/mail/mailertable.db')dnl
FEATURE(`virtusertable',`hash -o /etc/mail/virtusertable.db')dnl
FEATURE(redirect)dnl
FEATURE(always_add_domain)dnl
FEATURE(use_cw_file)dnl
FEATURE(use_ct_file)dnl
FEATURE(local_procmail,`',`procmail -t -Y -a $h -d $u')dnl
FEATURE(`access_db',`hash -o /etc/mail/access.db')dnl
FEATURE(`blacklist_recipients')dnl
EXPOSED_USER(`root')dnl
FEATURE(`accept_unresolvable_domains')dnl
MAILER(smtp)dnl
MAILER(procmail)dnl
Cwlocalhost.localdomain
---

--- /etc/mail/access in linux01 ---
localhost.localdomain RELAY
localhost RELAY
127.0.0.1 RELAY
linux02 RELAY
---

内部ネットワーク(linux01:192.168.1.1, linux02:192.163.1.2)でlinux02からメールをlinux01経由でインターネットに送ろうとしています.しかし
$ mailq
/var/spool/mqueue (1 requests)
----Q-ID---- --Size-- -----Q-Time----- ------------Sender/Recipient------------
************ 0 Tue Apr 24 14:40 username
(host map: lookup (outerdomain.ne.jp): deferred)
name@outerdomain.ne.jp
となってキューから出て行きません.
linu...続きを読む

Aベストアンサー

色々と調べていますが、難しいですねぇ。
( さすがに SendMail です )

ところで 行き詰まった時には、私の経験から言って
とにかく 何でもカンでも “人に話してみる” ことが
大切です。
現状を伝えていく過程で、自分自身で 過ちを発見する
ことは良くあります。 諦めずに 頑張りましょう。

( あと良くあるのが、当事者通しのコミュニケーション不足で
 あまりにも 当たり前すぎることは 【周知の事実】であると
 勝手に思い込んでいて、重要な設定が抜けていたなんてことは、
 “日常茶飯事” です。)


本題に戻って、私の経験から言って メールのリレーは、
“SMART_HOST”の定義だけで 特に問題なくうまく
いっています。
→ Sun Solaris、Fedoracore、Free BSD . . .
 これらの SendMailで 全てがうまく出来ています。

疑念1:
 何故、“Name server timeout”なのか?
 → smtp:[192.168.1.1] とやってもダメでしたよねぇ?
 “smtp:[]”としましたか?

疑念2:
 もしかすると原因は、Linux01側にあるのかもしれませんねぇ。

疑念3:
 何故、Linux02側の設定として DNSが引けない設定に
 されているのでしょうか?
 この点が私には 理解できないことです。
 もし、セキュリティポリシー上での判断であるとすれば、
 DNSの参照先として Linux01 とすれば良いのでは
 ないでしょうか?

疑念4:
 思え起こせば、何かイレギュラーなことを なさって
 いませんか?
 ( あぁ、そう言えば 、こんな事をしていたってけ . . .
  というのがあれば、漏らさずに教えてください。)

色々と調べていますが、難しいですねぇ。
( さすがに SendMail です )

ところで 行き詰まった時には、私の経験から言って
とにかく 何でもカンでも “人に話してみる” ことが
大切です。
現状を伝えていく過程で、自分自身で 過ちを発見する
ことは良くあります。 諦めずに 頑張りましょう。

( あと良くあるのが、当事者通しのコミュニケーション不足で
 あまりにも 当たり前すぎることは 【周知の事実】であると
 勝手に思い込んでいて、重要な設定が抜けていたなんてことは、
 “日常茶飯事”...続きを読む

Qmaillogの見方

メールのログを見たのですが、どの項目が送信元なのかわかりません。
sendmail, qmail, postfixそれぞれについて
maillogの詳しい説明が書かれているサイトが知りたいです。

書籍も探しております。
ソースから読み取る?のが普通でしょうか?

Aベストアンサー

普通はマニュアルや開発プロジェクトのサイトのドキュメントを参照します。
送信元というのが何を指しているのか不明ですが、当然ながらMTAでログを記録するように指定した項目しか記録されません。
メールヘッダが入手できるなら、smtpの規格(RFC821など)を参照した方が楽かもしれません。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~stssk/rfcjlist.html

Qメールが相手に届かない.

Sendmail のログには "status=sent (250 ok xxxxxxxxxx qp xxxxx)" と出力され,相手のサーバへの送信がOKだったように見えますが,相手側にメールが届いていないようなのですが,原因として何が考えられるでしょうか.

相手方のサーバ側の問題にも思えますが,通常の場合には,"status=sent (250 2.0.0 xxxxxxxxxxxxxx Message accepted for delivery)" と出力されているので,その点も少し気になっています.

素人質問で申し訳ありませんが,何卒,よろしくお願い致します.


 

Aベストアンサー

 自分の側のサーバーがOKを出しているなら、もはや、相手のサーバーの管理者に聞くしかありません。
 昔は、SMTPサーバーというのは、何も考えずに無条件にメールを送り、何も考えずに無条件にメールを受け取ったものですが・・・
 今時は、スパムメールだのウィルス付きメールだのと、まぁ、悪いことが多々あるので、こんな自由な環境はなくなりました。

 スパムメールを自動ではじいて、ユーザーの利便とサーバーの保護を行っているところも少なくはありません。つまり、「怪しい」メールは受信を拒否するという手を打っているわけで、「怪しい」の基準も多々ありますし、拒否する際に、どんな返事を相手サーバーに返すかもさまざまです。一見、正常なようなステータスを返すところから、受信拒否のエラーステータスを返すところまで。

 こんなのは、送信側で考えていても、回答はでません。唯一、回答を持っているのは、相手先のメールサーバー管理者です。
 素直に、相手先の管理者に問い合わせましょう。

Qsendmailでメール送信できない

CentOS5.2で以下のようにメールを送信しようとしたのですが、
メール送信できません。
echo "test" | /usr/sbin/sendmail -t -i aaaa@***.co.jp

メールログは以下のように出力されます。
Jul 14 19:06:25 rescodev sendmail[5243]: n6E9p9uj005211: to=<aaaa@***.co.jp>, delay=00:
15:15, xdelay=00:02:00, mailer=esmtp, pri=210276, relay=mx.***.co.jp. [211.13.204.14], dsn
=4.0.0, stat=Deferred: Connection timed out with mx.***.co.jp.

内部的にメールを送信しようとしても同じエラーで送信できません。
ルーターで破棄しているわけでもないようです。
調べていて気になったのが、グローバルIPが固定でないことです。
固定でないと相手方のメールサーバーに拒否されてしまうのでしょうか。

いろいろ試したのですが、未熟なせいかどうしても送信できません。
どなたか、教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

CentOS5.2で以下のようにメールを送信しようとしたのですが、
メール送信できません。
echo "test" | /usr/sbin/sendmail -t -i aaaa@***.co.jp

メールログは以下のように出力されます。
Jul 14 19:06:25 rescodev sendmail[5243]: n6E9p9uj005211: to=<aaaa@***.co.jp>, delay=00:
15:15, xdelay=00:02:00, mailer=esmtp, pri=210276, relay=mx.***.co.jp. [211.13.204.14], dsn
=4.0.0, stat=Deferred: Connection timed out with mx.***.co.jp.

内部的にメールを送信しようとしても同じエラーで送信...続きを読む

Aベストアンサー

どこのプロバイダに接続しているのでしょうか?
まず、そのメールサーバ(CentOSのサーバ)から、
telnet mx.***.co.jp 25
を行ってみて接続できますか?

接続できなければ、プロバイダ側のOP25Bの制限にひっかかっているものと思われます
OP25Bの制限に引っかからないようにメールを送信する方法をプロバイダに確認するしかないでしょう

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

QPostfixでメールがおくれない。

こんにちは,
今Postfixでメールを送ろうと思っています。

内部へのメールと外部へのメールを送りたいのですが,

$mail user1
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としても
user1のメールメッセージには送られておらず,また,

$mail user1.goo.ne.jp
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としてもuser1.goo.ne.jpに届いていません。

おそらく,/var/log/maillogをみると,
PCNAME postfix/smtp[18514]: 065A92683C3: to=<user1@PCNAME>, relay=none, delay=10, status=deferred (Host or domain name not found. Name service error for name=PCNAME type=MX: Host not found, try again)

とかいてあるので,DNSサーバーとかの設定がたりないか,main.cfの設定がたりないのかと思います。

どうすればよろしいでしょうか。
初心者質問で申し訳ありません。よろしくお願いします。

こんにちは,
今Postfixでメールを送ろうと思っています。

内部へのメールと外部へのメールを送りたいのですが,

$mail user1
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としても
user1のメールメッセージには送られておらず,また,

$mail user1.goo.ne.jp
Subject: test
test sentence.
.
CC:
$

としてもuser1.goo.ne.jpに届いていません。

おそらく,/var/log/maillogをみると,
PCNAME postfix/smtp[18514]: 065A92683C3: to=<user1@PCNAME>, relay=none, delay=10, status=defer...続きを読む

Aベストアンサー

>(Host or domain name not found. Name service error for name=PCNAME type=MX:
  Host not found, try again)

エラーメッセージのとおりですね。
Postfixが配送先のMXレコードを、DNSに問い合わせても解決しなかったようです。

メールアドレスの「@」の右側は、普通はドメイン名(###.jp)なので、
SMTPサーバ(Postfix、Sendmailなど)は
ドメイン名(###.jp)から、そのドメインのメールサーバ名(mail.###.jpなど)
を知る必要があります。(MX:MailExchangeの解決)

そのためSMTPサーバはDNSに問い合わせてMXレコードから送るべきメールサーバ名を得ます。
ちなみに、MXレコードが得られなかったら、###.jpをメールサーバ名と判断して
送信しようとします。


まずはPostfixの設定以前に、そのサーバで、ちゃんとDNSサーバが指定されて
名前解決できているか、など確認してください。

/etc/resolv.confファイルの見直し
digコマンドでDNSに問い合わせる
ルータ・FWなどでDNSへの問い合わせをが拒否されていないか?

など、うまく動かない原因はいくらでも思いつきます。

>(Host or domain name not found. Name service error for name=PCNAME type=MX:
  Host not found, try again)

エラーメッセージのとおりですね。
Postfixが配送先のMXレコードを、DNSに問い合わせても解決しなかったようです。

メールアドレスの「@」の右側は、普通はドメイン名(###.jp)なので、
SMTPサーバ(Postfix、Sendmailなど)は
ドメイン名(###.jp)から、そのドメインのメールサーバ名(mail.###.jpなど)
を知る必要があります。(MX:MailExchangeの解決)

そのためSMTPサー...続きを読む


人気Q&Aランキング