植樹後10年程度で、樹高3m程度の桃の木です。
これまで、アブラムシの被害に毎年苦しんで、薬液散布で駆除しています。
最近、4,5月から枝の数カ所から樹液が吹き出し、その樹液は10mm程度でオレンジ色をしています。その表皮をはがし、薬液を塗り、しばらくしてから、縫合剤をぬりました。
その後、収まっていましたが、この7,8月、他の多数の箇所から、樹液が吹き出し、対処に困っています。どんな対策をすれば良いのか教えてください。
この桃の木は今年も、結実しましたが、一部は虫に食われ桃の実が黒ずみ、中に小さな芋虫様の幼虫がいました。この虫と関係があるのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

御質問に気がつかず、回答が遅くなって申し訳ございません。



>スミチオンを塗布するのは、樹液の出た後、その部分の皮をはがして行うのか、又は予防として、樹木の幹・枝に塗布or散布するのか、教えてください。
4月下旬と8月初旬は「さなぎ」から成虫になる時期ですので、ゼリー状のものだけとって、幹の中に潅注(800~1,000倍でOK)し、縫合剤をがっちり塗ります。(簡単に言うと外に飛び立とうとする成虫を閉じ込めて殺すということです。外からでは幼虫やさなぎの状態では100%の退治が難しい為です)
上記の理由から時期が重要になってくるわけです。
予防としては冬季に石灰硫黄合剤の7倍を散布すれば、多少は良いかも知れませんね。縮葉病にも効果があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変ありがとうございました。
今週末早速実行してみます。

お礼日時:2001/08/23 01:01

コスカシバ、通称「桃の鉄砲虫」ですね。

成虫になる前(4月下旬と8月初旬)にMEP剤(スミチオン系)を含む塗布剤を丁寧に塗布します。(スミチオンをスポイトで注入して、普通の縫合剤でもOK)年2回の産卵があるので必ず時期を間違えずに2回行って下さい。当方でも「桃」「アーモンド」「プルーン」が被害に遭いやすいですね。
実に入ったのは多分「モモノゴマダラノメイガ」とか「シンクイガ」あたりの幼虫だと思います。コスカシバは実には入りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
スミチオンを塗布するのは、樹液の出た後、その部分の皮をはがして行うのか、又は予防として、樹木の幹・枝に塗布or散布するのか、教えてください。
塗布はどのくらいの濃度(希釈倍率)で行うのか、塗布の方法も教えてください。
以上よろしければ再回答をお願いします。

お礼日時:2001/08/16 02:11

樹液が出ているところに(芋虫状の)虫がいます。


手作業で.樹液の出ているところの皮を剥がし.針金で虫を殺す方法と
しんとう性殺虫剤(エカチンdt粒剤等)を大量に撒く方法(1-2年間残留農薬の関係で食べられない.虫が幹の中で腐り.木全体が枯れる場合がある)
があります。1匹でも残っていると.翌年には増えて同じようになります。後者は薬害が激しい(付近一帯の昆虫が死ぬので.生態系が乱れ.変な昆虫が大量発生するときがある)ので.避けたほうが良いでしょう。

たしか.蛾の幼虫ですから.秋口から冬にかけて.卵が木の枝についていないかどうか調べてみてください。手で卵を取り除くか.石灰イオウ合剤を春先(芽が出る前)に撒きます。できれば.歯ブラシを使った手塗りが確実に殺虫できますので.手塗りが良いでしょう。

1本のようですから.手作業で.芋虫を1匹づつつぶして.冬の剪定の時に.枝についた蛾の卵を見つけて.はずす方法はどうでしょうか
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q桃の木の樹液

植樹後10年程度で、樹高3m程度の桃の木です。
これまで、アブラムシの被害に毎年苦しんで、薬液散布で駆除しています。
最近、4,5月から枝の数カ所から樹液が吹き出し、その樹液は10mm程度でオレンジ色をしています。その表皮をはがし、薬液を塗り、しばらくしてから、縫合剤をぬりました。
その後、収まっていましたが、この7,8月、他の多数の箇所から、樹液が吹き出し、対処に困っています。どんな対策をすれば良いのか教えてください。
この桃の木は今年も、結実しましたが、一部は虫に食われ桃の実が黒ずみ、中に小さな芋虫様の幼虫がいました。この虫と関係があるのか教えてください。

Aベストアンサー

御質問に気がつかず、回答が遅くなって申し訳ございません。

>スミチオンを塗布するのは、樹液の出た後、その部分の皮をはがして行うのか、又は予防として、樹木の幹・枝に塗布or散布するのか、教えてください。
4月下旬と8月初旬は「さなぎ」から成虫になる時期ですので、ゼリー状のものだけとって、幹の中に潅注(800~1,000倍でOK)し、縫合剤をがっちり塗ります。(簡単に言うと外に飛び立とうとする成虫を閉じ込めて殺すということです。外からでは幼虫やさなぎの状態では100%の退治が難しい為です)
上記の理由から時期が重要になってくるわけです。
予防としては冬季に石灰硫黄合剤の7倍を散布すれば、多少は良いかも知れませんね。縮葉病にも効果があります。

Q桃・レモンの葉を食べる虫について 一昨年から桃とレモンの木を育てています。 今は木に葉っぱをつ

桃・レモンの葉を食べる虫について

一昨年から桃とレモンの木を育てています。
今は木に葉っぱをつけているのですが
この前葉っぱが食べられていることに気付きました。
レモンは葉っぱが食べられているだけですが、
桃は葉っぱが食べられているだけでなく
葉っぱの何枚かに修正液のような白いかたまりがついています。
(幼虫かなにかのフンかもしれません。)

葉っぱが食べられていることと
桃にフンのようなものがついている以外に被害はありませんが、
見た目もよろしくないですしこれが原因で実をつけなくなると嫌なので駆除したいと思っています。

ですが、いずれ食べることを考えると安全な農薬がいいです。
また、虫に直接噴射して虫ごと粘膜のようなもので固めてしまうというものは、私が見るときは虫が見当たらないので噴射のしようがありません。なので、この方法以外で駆除したいです。

何の虫か分かる方、もしくは安全な農薬をご存じな方、教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

桃の白いかたまりについてはよくわかりませんが
レモン(柑橘系)の葉を食べる虫ならアゲハチョウの幼虫が有名です。
どちらにお住まいなのかわかりませんが
当近畿地方ではすでにクロアゲハが飛んでいますので
卵を産み付けられる可能性はあります。
卵のうちなら、葉を裏返してみると小さな粒がついているので
薬を使いたくないのなら、孵化する前に取って処理する、
孵化してしまったら小さなアオムシのうちに取る
くらいでしょうか。
大きな木でない、鉢植えくらいなら
毎朝葉っぱを1枚ずつ裏返して確認するといいと思います。
私の友人の中にはわざと卵のついた葉ばかりを観察ケースに集めて
チョウになるまで育てて楽しんでいる人もいます^^;

Q樹液が滲出する木(クヌギなど)では、継続して樹液が滲出し続けるのか?

素朴な疑問なのですが・・・。
樹液が出る木(クヌギなど)では、樹皮が剥がれるなどの傷がつくことによって樹液が出ますよね。でも、樹液が出ることは木にとって栄養が外に出ることですから、木は樹液を出るのをすぐに塞ぐ必要があると思うんです。でも自分のイメージでは、樹液が出ている木は樹液がが出っぱなしというイメージが強いですので、樹液は滲出し続けるのか、すぐに止まるのかがわかりません。
あまり昆虫採集などに行ったことがないので、基本的な事なのですが・・、回答お願いします。

Aベストアンサー

出っぱなしではありません。
人間が怪我をして出血しても普通はしばらくすると血が固まって止まるように、樹液も樹脂状に固まって止まります。樹液が出るのは、傷口を補修するためです。
樹種によって、また、傷の大きさによって、止まるまでの時間は違いますが、数時間から1日くらいのものでしよう。

Q植樹2年目のエゴの木に花が咲きません。

植樹2年目のエゴの木に花が咲きません。

一昨年、我が家のシンボルツリーとしてエゴの木を植木屋さんに植樹していただきました。
昨年は4つしか花が咲かず、植樹してまだ間もないからだと説明されました。
(でも、植樹したすぐのほうが咲くと聞いたのですが…)
今年こそ可愛い花が満開になると期待していたのに、いまだにつぼみすら見ることができません。
その下に植えてあるブルーベリーの木は二本とも満開なのですが…。

今年はあきらめるとして、来年から、可愛いお花を楽しめる方法はあるのでしょうか?
なにかやるべきことがあれば、ご伝授ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ブルーベリーが元気に生育して開花していると言う事は、酸性土壌になって
いるからです。ブルーベリーは酸性土壌を好むので、ブルーベリーが元気だ
からと言って他の樹木も同じように生育するとは限りません。樹木や果樹に
適した土壌にする事が大切です。

開花しない原因を植木屋さんに聞かれたようですが、植木屋さんが言われた
事は間違ってはいません。開花させるには十分に根を張り、その根が十分に
伸びる事で養分を吸収し始めます。移植した時には根を痛めていますから、
根が回復する時間も必要ですし開花のために必要な体力を蓄える事も必要と
なります。移植のため根が弱っていて、養分も満足に吸収が出来ないので、
開花数が少なくなったようです。これが移植して1年目の事ですね。

2年目も開花が少ないのは酸性土壌には適さない樹木ですから、それに対し
て対応が出来なかったからと思います。エゴノキを移植して貰うには植木屋
さんに再び依頼するしかありません。エゴノキを開花させるには酸性土壌に
しない事が必要ですから、ブルーベリーを移動させるしかありません。

開花しない原因の一つに窒素過多がありますが、土壌に窒素分が多くなると
葉だけが生い茂り花が少ないか咲かなくなります。

性質の違う物同士が同じ場所にあるので、このままではどちらかが環境に合
わずに支障がでてしまいます。ブルーベリーの実の収穫とエゴノキの開花の
両方を得ようとしない事でしょうね。

ブルーベリーが元気に生育して開花していると言う事は、酸性土壌になって
いるからです。ブルーベリーは酸性土壌を好むので、ブルーベリーが元気だ
からと言って他の樹木も同じように生育するとは限りません。樹木や果樹に
適した土壌にする事が大切です。

開花しない原因を植木屋さんに聞かれたようですが、植木屋さんが言われた
事は間違ってはいません。開花させるには十分に根を張り、その根が十分に
伸びる事で養分を吸収し始めます。移植した時には根を痛めていますから、
根が回復する時間も必要ですし開...続きを読む

Q樹液の色について

桜の木の樹液は「赤い」とききましたが、これは花をつける時期に限ってのことでしょうか?

であるなら、梅の樹液も色がついていたり、黄色い花の木には黄色い樹液、青い花の木には青い樹液がなれているのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。私は桜の専門家ではないので、詳細は不明ですが、

二つの情報元がネットであることが怪しいですが、
私は、違うと思います。ネットの情報はニセ科学が多いですから。
ちなみに、桜以外の花は花の色と樹液の色の関係はないです。


ネットの情報を解説すると、
冬に寒さに耐えるために、幹などに赤い物質を作る。とありますが、
これはアントシアニン系の物質であると考えられます。
紫色のブドウの皮、紅葉の葉の赤、トマトの赤
と同じ物質です。
高濃度で作られるために、どす黒い赤に幹が見えるのかも?知れません。

ちなみに、紅葉のように、冬の間休息状態になる木は
アントシアニン系の物質を作ることが多いです。


で、これが春になると樹液中に溶け出して花を赤くすると言うわけですね。
と言うことは、桜の本当の花の色は白となりますね。
桜には数百種類以上種類ありますが、白色花もおおいですね。


このネットの情報に疑問があるのが、
桜の花は、つぼみ状態では花びらは濃い色ですが、次第にうすくなります。

↑これが、樹液説では説明できません。

つまり、一斉(厳密に同時)に桜の花が咲けば問題がないのですが、
桜といえども1週間程度かけて徐々に咲いていきますよね?
時間差があるにもかかわらず全ての個々の花が、はじめは濃いピンクで、だんだんうすくなる・・・
花の色が樹液で決まっているのであれば、こういうことは起こらないはず?


と言うことから、俗説では?と思うのですが、
詳しいことは、学術的に研究されている方でないとわからないかも・・・
中途半端な答えですません。

No.1です。私は桜の専門家ではないので、詳細は不明ですが、

二つの情報元がネットであることが怪しいですが、
私は、違うと思います。ネットの情報はニセ科学が多いですから。
ちなみに、桜以外の花は花の色と樹液の色の関係はないです。


ネットの情報を解説すると、
冬に寒さに耐えるために、幹などに赤い物質を作る。とありますが、
これはアントシアニン系の物質であると考えられます。
紫色のブドウの皮、紅葉の葉の赤、トマトの赤
と同じ物質です。
高濃度で作られるために、どす黒い赤に幹...続きを読む

Qスィートアリッサムが虫に食われています。

ふと見ると、葉っぱが小さな水玉模様のようになっています。いくつかのスィートアリッサムだけそうなので、虫なのでしょうが見当たりません。葉っぱ全体ではなく、小さく丸くあちこち食べます。

何の虫かご存知ですか?アブラムシの薬しかありませんが、それで効きますか?

Aベストアンサー

スイートアリッサムなど、アブラナ科植物には、この時期、虫がつきやすいです。
葉の裏側や茎に、黄緑色の1cmくらいのかなり細長いイモムシはついていませんか?
(茎に沿ってついていることが多いので、見逃しやすいんですが。。。)
細長い虫なら、コナガの幼虫です。
アブラムシの薬の中でも、オルトランは効くとされていますが、最近は薬剤に耐性を持ったものも多く、なかなか効いてくれません。
駆除がやっかいな虫の1つですね。

参考URLに画像が載っています。

参考URL:http://www.zennoh.or.jp/zennoh/databank/eigi/top-343.htm

Q樹液を止める方法を教えてください!

クヌギの木の樹液を止める方法を教えてください!

毎年。。。毎年。。。
敷地内にも関わらず
この時期になると昆虫採集をする人達の不法侵入に
困っています!

人間に何度注意しても平気で入って来るので
クヌギの木の樹液を止めて、虫を寄せない方法を
思いつきました!

是非、樹液の止める方法を教えてください!

Aベストアンサー

樹液を止めるかどうか分からないのですが、樹木の
傷や腐食部分を補修するための専用のパテがあると
思います。それで覆ってしまうとか... あるいは虫
避けの薬を撒いておくのがいいのではないでしょう
か。

でも樹液がなければ、そんなにマナーの悪い人たち
であれば、樹木に蜜を塗っておいて再度虫を取るた
めに現れそうですよね。

もしマナーの悪い人たちの不法侵入を止めたいなら
敷地の境界に私有地につき立ち入らないでください
という看板などを設置する、不法侵入者の写真を撮
って氏名を聞き、警察に被害を連絡しておくとか、
何か断固とした態度がないといらいらは続きそうな
気がします。あるいはいっそのこと予約制で時間を
決めてお金を取って昆虫採集をさせてあげるという
のはいかがでしょうか?

この問題が早く解消するとよろしいですね。

Qプリムラ・ジュリアンの花が虫に食われて…

花壇にプリムラ・ジュリアンの花を苗を買ってきて植えました。きれいに咲いていたのですが、しばらくしてから、花が虫に食べられるようになりました。花に虫が付いている感じでもないのですが…。花は見るも無残です…。葉っぱは青々としてますが…。

何の虫なのでしょうか?退治方法をご存知の方は
ご指導ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

暑い夏が終わってこれから寒くなってくるとお花の出番ですね。
多分、なめくじだと思うのですが。
私は種を蒔いてやっと双葉が出て、毎日すこしづつ大きくなるのを
楽しみにしていたのに今朝見たら半分近くなくなっていました。(泣)
もう少し早い時期だとバッタも新芽や花を食べるのですが、恐らくなめくじです。なめくじを退治する薬がたくさん出ているので早めにまいたほうがいいと思います。見つけたら袋に入れるなりして駆除してます。

Qクヌギ・・・樹液が出る出ないは、何が原因??

クワガタ採集の目的で、樹液の出ている木を探しています。最近では、仕事がえりに少し遠回りして、山の中に入ったり、雑木林をうろついたりしています。車の中には、いつも靴や長袖、長ズボン、軍手、懐中電灯など・・・を装備していい感じの雑木林があれば、そく捜索しています。そこで、最近やっと気がついたのですが(遅い・・)、樹液の出ている木って、山の奥よりも、道路に近い木に多いような気がするのです。例外的に、山の奥の方でも樹液の出ている木はありますが、数少ないと思います。同じクヌギなのに、なぜでしょうか?樹液の出る条件のようなものがあるのでしょうか?品種?立地条件?または人為的なもの??ご存知の方が居られましたら教えてください。

Aベストアンサー

クヌギの樹液は、多くはボクトウガという蛾の幼虫が木の内部を食い荒らす事によって出るそうですよ。幼虫は、出た樹液を求めて集まった昆虫を捕って食べるといった肉食性だそうです。

カミキリの幼虫もある程度は出すそうですが、食い荒らす深さ?が浅いとかで、すぐに出なくなるそうです。

参考URL:http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/diary/200108/997439919.html,http://www.jpmoth.org/Cossidae/Cossinae/Cossus_jezoensis.ht

Q目隠し用の木で手入れいらず、虫無しの木は?

隣家との目隠し用に植えていたゴールドクレストが枯れてきたので、別のものに植え替えようと思っております。
私自身、ほとんど庭木の手入れをしない無精者なので(この木も隣家に「目隠しとして植えてくれ!」と言われてしぶしぶ)、念入りな剪定や頻繁な水やりなどの手間のかからない木を探しています。
春先に大量に毛虫がついてイヤな思いもしたので、虫もつかないものがいいです。
高さは2mくらいまでで、5本くらい植えたいのですが、いい木はありますか?
環境としては、日光は午前中くらいしか当たらず、1m×3mくらいの場所に何本か植えたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

うーん目隠で手入れの要らない木って難しいですよ?

目隠になる木は葉が密になりますし、密になるには生育が旺盛な訳で、当然刈込みとか必要ですし・・・。
質問の趣旨から外れますが目隠フェンスにしてみてはいかがでしょうか?
初期投資は掛かりますが手間要らずですし、アルミなどの金物なら何十年かは保ちます。

え、駄目?
えーと、では「ソヨゴ」などどうでしょう。成長は遅めですが、日陰に強く、葉が密になります。2mくらいとなると、この木としては結構大きめの部類に入ります。虫も付きません。肥料も必要ないでしょう。予算はちょっと・・・まぁ何というか・・・(汗)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報