よく、トヨタのカンバン方式というのを耳にしますが、カンバン方式とは一体どのようなものなのでしょうか?

アンサープラス

昔は、「スーパーマーケット方式」と言われていたそうです。


【トヨタ 公式ホームページ かんばん方式】
http://www.toyota.co.jp/jpn/company/vision/produ …

A 回答 (4件)

「カンバン方式とは、部品を必要なときに、必要な量だけ調達し、最小限の在庫で効率的に生産する方式」という事です。


確か部品納入業者が部品を納める場所に部品の名前を書いた看板がある事からカンバン方式と呼ばれるんじゃなかったでしょうか?
余分な在庫を持たないので、トヨタは楽なんですけど、部品が必要なときすぐ部品を納めなければいけない下請け会社はたまったもんじゃないですよね。部品をすぐ納められるようにトヨタの工場の周りは部品を積んだ下請け会社のトラックがいっぱいだったようです。
でも、在庫をもたないので、日本坂トンネル事故の時は部品の納入が遅れて、工場もストップしちゃったんですよね。
で、その下請け会社に損害賠償を請求したりしたんじゃなかったでしたっけ?
ひどい話ですよね。

参考URL:http://www.kisc.meiji.ac.jp/~eg90545/semirepo200 …
    • good
    • 9
この回答へのお礼

お早い回答ありがとうございます。URLも教えていただき、感謝です。

お礼日時:2001/08/17 20:57

かんばん方式の理論はnobor3さんのとおりだと思います。



実際には、自動車の生産ラインを想像してください。
ある工程で部品Aが必要だとします。
部品Aは一列にストックして、前から順番に使っていきます。
このストックの列にたとえば在庫100個ごとに『部品A-100個』と書いた『かんばん』と呼ばれる札を挟んでおきます。
使う人はこの『かんばん』が出てきたら部品Aの製造部門へ渡します。それをもとに部品Aを製造します。
『100個使ったから100個製造』でJustInTimeです。

この簡単な理論を適用していくと、在庫管理、発注管理、発注予測が不要となり、高価なコンピュータを導入しなくても一連の在庫管理システムが構築できます。

上記の例では100個ごとにカンバンを挟みましたが、これの応用で、ストックの後ろから100個に1枚だけカンバンを挟むと『在庫が100個を下回ったら発注』になります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ポイントは二人しかあげることが出来ないんですね…。ごめんなさい。

お礼日時:2001/08/17 20:56

正確にはJIT(Just In Time)方式といいます。


通称「かんばん方式」です。
「必要なものを、必要な時に、必要なだけ届ける」ことにより、余計な材料や人材を省くことをいいます。

これは、「管理会計」の手法のひとつです。
管理会計とは、自分たちの会社を発展させるために、無駄を省くことを目的として、いろいろな数字を集計して会社経営者の意思決定や業績管理のための資料などを提供し、それを分析することによって無駄を省くことを目的としています。
管理会計をおこなうためには、様々な手法があります。この「かんばん方式」は「管理会計」という、会社を発展させるための手法のひとつだと思ってください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ポイントをあげることができなくて、ごめんなさい。

お礼日時:2001/08/17 20:59

トヨタのかんばん方式は、既に生産管理の分野では王道ともいうべき理論となってまして、関係書籍もごまんと出ております(Amazon.co.jpなどで「かんばん方式」「トヨタ式生産方式」などでひいてみてください。

山ほど出ます(^_^))。

と、これだけではあんまりなので、
下のサイトを見てみてください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/2104 …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

とてもいいURLを教えてくださいました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/17 20:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトヨタの車 アクアについて(新車購入)

トヨタのアクアを新車として購入しようと思っています。
見積もりをいただきましたがGグレードでカーナビなし、フォグランプ付きで195万円台でした。
カーナビは他社製品をつけようと思っています。走行性というよりハオブリッド車で燃費を考慮してアクア車を選定しようと思っていますが、この車の評価はどうでしょうか?
岩手県ですので4WDを希望していたのですが、200万円台でハイブリッド車が入手できるのであればいいのかと思っていますが、客観的にみての評価をお願いいたします。

Aベストアンサー

先の方が紹介されているユーザーからの燃費報告の平均値ですが、

アクアが発売されて始めての結果は、2月の寒い時期だったために19km/l台になっていたと思います。

これは、先の方々が述べられているように、暖房を入れると燃費が悪化するためです。トヨタのハイブリッドはモーターのみで走行することによって高い燃費性能を引き出していますが、その状態ではエンジンが停止しているために廃棄熱を暖房に使用することができません。
寒冷地で、暖房を多用する場合、優れたシステムの恩恵を十分に受けられない可能性があります。
オプションで廃棄熱回収機やヒートシーターを付ければ燃費の悪化は少なくなります。
http://mustela.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-b996.html

雪道のでの操縦性は、重心位置がスポーツカー並みに低いのでFFの中では扱いやすいと思います。
国産コンパクトカーの中では、最も長距離が楽に走れると思いますよ。

同クラスのコンパクトカーに比べ燃費性能は優れますが、価格上昇分をどう納得するかが問題ですね。
雪が多い地域ならば、4WDの価格上昇の方が安心感を得られるかもしれません。

高い買い物なので、試乗したり、実際に所有している方の意見を参考に決定して下さい。

こちらのサイトが参考になるかもしれませんよ。
実際に、雪国で試乗されている方の意見です。

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000325705/SortID=14168468/

先の方が紹介されているユーザーからの燃費報告の平均値ですが、

アクアが発売されて始めての結果は、2月の寒い時期だったために19km/l台になっていたと思います。

これは、先の方々が述べられているように、暖房を入れると燃費が悪化するためです。トヨタのハイブリッドはモーターのみで走行することによって高い燃費性能を引き出していますが、その状態ではエンジンが停止しているために廃棄熱を暖房に使用することができません。
寒冷地で、暖房を多用する場合、優れたシステムの恩恵を十分に受けられない可...続きを読む

Q現代の急激な「国際化」「情報化」とは具体的にどのようなものでしょうか?

現代の急激な「国際化」「情報化」とは具体的にどのようなものでしょうか?

Aベストアンサー

近年は中小企業でも50%以上が、何らかの形で海外展開していると言われます。
その発端が「情報化」・・と言うより、インターネット等のIT化によるもので、会社に居ながらにして、容易に海外と繋がれる環境が整い、国際化が加速しました。

個人でもインターネットを利用して、簡単に海外製品などの調達が可能だし。
更に言えば、アメリカの企業が、日本語で日本人向けのホームページでも作成して通販すれば、その利用者は、
特段、「アメリカから買ってる」などと言う意識もなく、「無意識に個人で輸入している」と言う様なケースだって有り得ます。

その逆で、日本の企業が、海外向け通販などを行うことも容易だし。
これらは「B to C(会社から個人消費者)」の例ですが、「B to B(会社 対 会社)」でも同様で、その先には、「では、良く売れている国で生産しよう!」などと言う動きも活発になります。

海外駐在とかも、メールやテレビ会議などがあれば、負担が小さくなりますし、人や荷物の動きが活発化すれば、各国もそれに対応し、物流の拡充や手続きの簡易化とか、税制見直しなどの動きも出てきます。
TTPなども、その一環と言って良いかと思います。

この先、更に翻訳アプリなどが充実してくれば、言語の壁などもなくなりますし・・。
世界の距離は、近付く一方かと思います。

近年は中小企業でも50%以上が、何らかの形で海外展開していると言われます。
その発端が「情報化」・・と言うより、インターネット等のIT化によるもので、会社に居ながらにして、容易に海外と繋がれる環境が整い、国際化が加速しました。

個人でもインターネットを利用して、簡単に海外製品などの調達が可能だし。
更に言えば、アメリカの企業が、日本語で日本人向けのホームページでも作成して通販すれば、その利用者は、
特段、「アメリカから買ってる」などと言う意識もなく、「無意識に個人で輸入してい...続きを読む

Qクルマ購入予定ですが、トヨタのアクアとビッツ(ガソリン)で迷っています。アクアは値引きできるそうです

クルマ購入予定ですが、トヨタのアクアとビッツ(ガソリン)で迷っています。アクアは値引きできるそうですが、ビッツはこの間マイナーチェンジしたばかりなので、値引きできないみたいです。同じようなクルマなので迷います。燃費で考えてアクアにしようか、少しでも安いビッツにするかアドバイス願います。

Aベストアンサー

単純にトータル金額の問題でしたらヴィッツのガソリンモデルが経済的です。
今後のガソリン価格などにもよるでしょうが、燃費の差で購入価格差の元を取るのはまず無理です。(これはハイブリッド車全般に言えます)

それでもハイブリッド車を買う、というのは モーターアシストによるフィーリングや静粛性に価値を見出している、ハイブリッドのステータス 等の理由になります。

試乗してみてそのあたりにお金をかけてもいい、ということならアクアやヴィッツのハイブリッドモデル、フィーリングが好みで無かったり、どうでもいい、ということでしたらガソリンモデル、ということでいいと思います。

なお同じような車ですが、アクアは後席の天井が低い、ということで後席の使用率の高い場合は不満があるようです。
同乗者の体格などにもよりますが、試乗の際には後席にも座ってみてもらったほうがベターですね

Qみなさんコンビニ経営とはどのようなものだと思いますか?大変な部分、楽な部分、経営のコツ、いろいろある

みなさんコンビニ経営とはどのようなものだと思いますか?大変な部分、楽な部分、経営のコツ、いろいろあると思いますが。

Aベストアンサー

最近、女子高校生のバイトから、罰金を徴収したなど、ブラック経営のコンビニが問題化してますね。

基本的には、コンビニ経営者が「無知すぎる」結果かと思いますが、コンビニに限ったことではなくて、特に「法的に無知」がいけません。
「あらかじめ損害賠償などを予定する労働契約は禁止」なんてのは、労基法の基本中の基本なのですが、それにも関わらず、法律ではなく、経営者が我流の「自分のルール」で運営しちゃってるから、問題になるワケです。

言い換えれば、無知な経営者は、経営者側に絶大な権限があると考えがちですが。
しかし労基法などの法律上は、むしろ正反対であって、「労働者の権利を手厚く保護し、経営者には重い責任を課している」と考えるべきなんですよ。

ほかにも商法や税法など、経営に関わることは、法律でがんじがらめです。
経営学とかマーケティングなども重要ながら、そう言うのは、スポーツで言えば技術,テクニックであって。
そう言うものを習得する以前に、そのスポーツの「ルール」を知らなければ、競技資格が無いと言えます。

経営者は監督であり選手でもあって、審判ではないです。
従い、経営者が法律家である必要はないものの、審判的な考え方などは知っておかねばならないし。
少なくとも選手(一般的な労働者)と同レベルの知識では、話にならず。
まして監督が選手以下の知識,知恵だと、そんな監督が率いるチームは、勝負になりません。
実業の世界で言えば、必ず問題を引き起こしたり、経営する企業や店を潰すことにもなりかねません。

最近、女子高校生のバイトから、罰金を徴収したなど、ブラック経営のコンビニが問題化してますね。

基本的には、コンビニ経営者が「無知すぎる」結果かと思いますが、コンビニに限ったことではなくて、特に「法的に無知」がいけません。
「あらかじめ損害賠償などを予定する労働契約は禁止」なんてのは、労基法の基本中の基本なのですが、それにも関わらず、法律ではなく、経営者が我流の「自分のルール」で運営しちゃってるから、問題になるワケです。

言い換えれば、無知な経営者は、経営者側に絶大な権限があ...続きを読む

Q新車 トヨタアクア

200万円前後で車を購入予定しています。

1.新車トヨタのアクア、大変興味ありますが、1500ccで高速道路を時速120キロで巡航した場合、
  辛いですかね。一般車ですと間違いなく苦しいでしょうが、ハイブリッドではどうなんでしょうかね。

2.もし、高速道路をアクアで厳しいとしたら1800ccのプリウスの中古車にしようかと考えています。

3.新車の86では後部座席が使えないから諦めました。
4.少し古いけど、トヨタのブレード、スカイラインGT2000セダンも興味あります。

いずれにしてもアクアかプリウスですかね。

Aベストアンサー

どのような基準で車を選ぼうとしているのか、イマイチわからないのですが・・・

普通の1500ccのガソリン車で高速巡航した経験は無いのでしょうか?感じ方は人それぞれかもしれませんが、私は1300ccや1500ccで高速巡航の経験がありますが、それほど苦にもなりませんでしたよ。もちろん2000や2500ccと比べれば苦しいですけどね。

アクアの場合1500cc+モーターなので、通常の1500ccのガソリン車よりは余裕は感じられるんじゃないですか?別に問題ないと思いますけどね。質問者様の高速の使用頻度はどの程度なのでしょうか・・・?


ちなみに、ハイブリッド(特にトヨタ車)が高速巡航であまり燃費が良くないと言うのは、町乗りに対してあまり伸びないという意味であり、通常のガソリン車程度と言うのはまずありません。
私は現行のプリウスですが、高速120~130程度で走っても悪くても22km/L以上は走ってます。

まぁ、スタイル・内装など質問者様の好みで選べばよいと思います。アクアは年度内納車は無理でしょう。

Qトヨタについて教えてください

日本が誇る自動車メーカーであるトヨタのことが知りたいです。
組織が複雑になりすぎて、公式ホームページを見ただけでは何がなんだかさっぱり・・・。
グループ全体の組織図のようなものはないでしょうか?
一番知りたいのは、本社とテレビCMなどの広報を担当している部署がある会社です。CMはグループ全体でやっていて、それぞれの会社が広報活動をしているわけではないですよね。
子会社を作るときや資本を提供したり、協賛金を出したりするときの決定機関は、どこにあるのでしょうか?
ご返答お待ちしています。

Aベストアンサー

本社とテレビCMなどの広報を担当している部署がある会社
トヨタの本社にありますが新規で入り込むのは無理です。
既にガッチリとおさえられてます。

トヨタから仕事がほしいのでしょうが、それならばトヨタの
CM等の広報活動関係の仕事を引き受けているところから
仕事受けるようにした方が無駄な時間をつかわなくてもいいでしょう。

子会社を作るときや資本を提供したり、協賛金を出したりするとき
の決定機関は特定のものがあるわけではなく、取締役会での決定及び
関係会社との調整となります。

ただ、外部の人間には表面的なところしかみえませんから
実際には見えない部分があります。
どうしてもというなら内部の人間から聞き出すしかないでしょうが
まず社内規則などで無理でしょう。

Qトヨタアクアについて

トヨタアクアは長距離運転でも疲れないクルマでしょうか?
乗り心地についてはいかがでしょうか?

ぜひお教えくださいませ。

Aベストアンサー

同クラスのヴィッツに比べれば疲れない、乗り心地が良いということなのでしょう。しかしより大きなカローラやアリオンなどと比べれば、物理的に劣ることは間違いありません。逆にハイブリッドで徹底的な軽量化を追究しているのであちこちの造作が安っぽいですし、それよりも低燃費を重視する人が選ぶ車だと思います。

Qトヨタ自動車とグーグル社、アップル社との連携について質問です。

日本を代表する企業であるトヨタ自動車は現在、ハイブリッド車など様々な分野に進出しており自動車間の競争というのは激化していますが、日本のトヨタ自動車がアメリカのグーグル社やアップル社と連携してトヨタは情報戦略上成功を収めると思いますか?それとも、グーグルと連携してもトランプ氏政権の今、トヨタはアメリカでも日本でも厳しい状況に立たされると思いますか?教えて下さい。

Aベストアンサー

内燃機関(エンジン)で動かす機械自動車はそのメカも含めていまや完成度が高く、どの自動車メーカーでも生産技術を含めて大きな技術の差はありません。むしろこれから差がつくのは電動機(モーター)で動かす電気自動車で、実は電気自動車というのはメカ的にはそう複雑なことはなく、参入しやすいんです。機械自動車はメカが複雑で部品点数も多く、生産にも大変な設備が必要でしたので、新規参入は容易ではありませんでした。

これからの自動車(電気自動車)を考えると、エネルギー源になるバッテリーや燃料電池にはいっそうの改善・改良が不可欠で、メカでは技術の蓄積が十分にあったトヨタでも、それ専門のメーカーと共同開発などの技術提携をせざるをえません。

また電気自動車のエレクトロニクス化・情報化が進むその先には自動運転があります。自動運転にはそのためのソフトウェア(プログラム)を開発する必要があるだけではなく、関連する多くの情報(道路情報、交通情報、地図情報、給電施設情報、道路・人・車の認識・同定、スマホとの通信、インターネット、その他IPアドレスを有する情報…)とコミュニケーションし、運転制御に結びつけなければならなくなります。

この方面ではグーグルやアップルなどと組まないと、トヨタでも10年後にはとん挫する心配があります。先を読み、先手先手で開発しないと5年後、10年後の自動車では出遅れてしまって、取り返しがつかなくなります。スマホを使って駐車場に停めてあった自分の車を呼び寄せることも、いち早く出来るようにならないとね。これからの自動車は情報化も進むんです。

そしてもうひとつ大事なことは(自社開発規格で車が動かせるようになるための)仲間づくりです。情報では世界的なグーグルやアップルを仲間に引き入れて、トヨタの車に都合のよい情報開発・情報処理が進めば、他の自動車メーカーをいっそう差別化できます。

トランプ大統領はアメリカ第一しか考えていませんから、アメリカがむかしのように力を持って低所得層も裕福になれば、むしろ歓迎するかもね。アメリカの技術を横取りして日本の貿易黒字だけが大きくなれば、圧力をかけてくるでしょうね。

内燃機関(エンジン)で動かす機械自動車はそのメカも含めていまや完成度が高く、どの自動車メーカーでも生産技術を含めて大きな技術の差はありません。むしろこれから差がつくのは電動機(モーター)で動かす電気自動車で、実は電気自動車というのはメカ的にはそう複雑なことはなく、参入しやすいんです。機械自動車はメカが複雑で部品点数も多く、生産にも大変な設備が必要でしたので、新規参入は容易ではありませんでした。

これからの自動車(電気自動車)を考えると、エネルギー源になるバッテリーや燃料電...続きを読む

Qトヨタアクアについて

29歳独身女性です。
デミオを7年前に購入し、走行距離約7万キロで、最近10万円程かかる修理代の傷を付けてしまい新車を購入する事にしました。
トヨタアクアを購入したいと思っていますが、金銭的に高いので3代名ヴィッツやホンダフィットと迷っています。
アクアは車内特に後部座席が狭くかんじましました。
普段は片道9キロの通勤にしか使っていません。
燃費を考えてたら今から購入するのはアクアが良いでしょうか?

Aベストアンサー

燃費を考えてアクア(ハイブリッド車)に乗ることは、お勧めしません。
私は以前プリウスに乗っていましたが、他の車種(ガソリン車)に乗り換えました。
私がプリウスに乗っていた頃を思い出して、ハイブリッドのメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

●メリット
・燃費がいいので、ガソリンを入れに行く回数が減らせる。
・とにかく静かなので、音楽がよく聴ける。
・アイドリングストップ付きで、渋滞や信号待ちなど、停車中は無駄なガソリンを消費しない。

●デメリット
・燃費を良くするために様々な電気部品を使用しているため、車両価格が高い。
・ハイブリッド車のほとんどは、空気抵抗を抑えるために車体を丸くしているので室内が狭い。
・燃費の良い運転をするためにアクセルをチョイ踏みすると、人によってはパワーが非力なためにストレスを感じてしまい思いっきり踏んでしまう。結局、ガソリン車と燃費が変わらない。
・冷却水の温度が一定以下だと、停車していてもエンジンが掛かる。特に冬場は暖房の温度を上げるとエンジンが回りっぱなしになる。
・事故ったときに、電気系統に多大なダメージを食らうと、修理費用がバカにならない。(これは、あくまで私自身の考えです。)

artcookさんは、チョイ乗り傾向ですので、ヴィッツかフィットがいいと思います。
アクアに乗ったとしても、ヴィッツやフィットと燃費は変わらないと思います。

燃費を考えてアクア(ハイブリッド車)に乗ることは、お勧めしません。
私は以前プリウスに乗っていましたが、他の車種(ガソリン車)に乗り換えました。
私がプリウスに乗っていた頃を思い出して、ハイブリッドのメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

●メリット
・燃費がいいので、ガソリンを入れに行く回数が減らせる。
・とにかく静かなので、音楽がよく聴ける。
・アイドリングストップ付きで、渋滞や信号待ちなど、停車中は無駄なガソリンを消費しない。

●デメリット
・燃費を良くするために様...続きを読む

Q利益1兆円のトヨタの役員報酬40億円は安すぎないか?

今日の日経新聞記事によると、
トヨタの役員報酬、賞与込みで、全員分総額上限40億円にするそうです。
トヨタは年度利益1兆円だと聞いています。
利益の0.4%しか役員報酬に回らないというのは、
低すぎないでしょうか。
トヨタ社長でも、プロ野球の有力選手並みで、
モチベーションダウンしないのですか。
ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

結局何百億もらっても使える金額なんてある程度までいったら頭打ちですし、もらっただけで所得税、使いきれなかったら相続税と税金で持ってかれること考えたら丁度いいのかもしれません。

がんばっても使いきれるものじゃないですし^^;


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報