システムメンテナンスのお知らせ

1950年代って世界的な騒動はありましたか?

gooドクター

A 回答 (1件)

真っ先に浮かぶのは朝鮮戦争です。


あれで日本経済が潤いました。

以下、wikより。


朝鮮戦争(1950年〜1953年)
チベット侵攻(1950年〜1951年)
サンフランシスコ講和会議、日本国との平和条約(1951年)
米CIA、グアテマラ政府の転覆工作(1954年)
米国の水爆実験、キャッスル作戦(1954年)
ワルシャワ条約締結(1955年)、東西の軍事ブロック化
ハンガリー動乱(1956年)
スエズ危機(第2次中東戦争、1956年〜1957年)
チベット動乱(1956年〜1959年)
ウラル核惨事(1957年9月29日)
フィデル・カストロ、キューバで政権掌握(1959年)
米国で赤狩り(マッカーシズム)
ヨーロッパ共同市場 (ECM) 設立
地上での核実験が最も行われた時代
ラオス、カンボジアなど植民地の独立が続く(「アジア・アフリカ諸国の独立年表#1950年代」も参照)。
イスラエル、インドネシア、マレーシアなどの新興国で国の基盤整備が行われる。

経済
欧州石炭鉄鋼共同体の発足(1952年)
ドイツ「経済の奇跡」
中国「大躍進政策」(1958年〜1961年) - 無謀な計画であったため、1,000万人以上の餓死者を出し大失敗に終わる。

文化
西側諸国でテレビが普及し、ラジオにかわり主要なメディアとなる。
国際旅行の主役が客船から飛行機に移行。
初期のロックンロール。
ビート・ジェネレーション、モッズ、ロッカーズなどの若者文化が生まれる。
インスタントラーメン、フリーズドライなど、新しい形態のインスタント食品の開発が始まる。
中国が漢字改革を開始。
中国がラテン文字を、ソビエト連邦がキリル文字を応用して、自国内の少数民族語の正書法を相次いで制定。
米国を中心に、ビバップ、ハード・バップが盛行。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング