エンジェリックレイヤーに似たアニメで「プラレス三四郎」という作品があると聞きました。
ここに非常にきれいな「桜姫」という女性型ロボが登場したらしいのですが・・
ぜひ教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「桜姫」はヒロインの吹雪今日子が操作し、柔王丸をアシストする女性型プラレスラーで、原作(コミック)にのみ登場します。

(アニメには登場せず)
柔王丸を女性にしたようなデザインです。
役割的には「マジンガーZ」におけるアフロダイAみたいなもんかと・・
結構人気キャラで、「プラレス3四郎」+「桜姫」で検索すると画像や立体のあるページがヒットしてきます。
(「3」を数字にするのがポイント!)

一方、アニメにのみ登場するのが白砂女子学園プラレス部のアイドル、「マッキー」こと浅野真紀が操作する「チェリーボンバー」です。
3四郎の使うマイコン(!)PC-8801より高性能なIBMのオフコン(!)を使用し、ムチ攻撃で柔王丸を苦しめます。
真紀もチェリーボンバーもいのまたむつみさん作画による華のあるキャラクターでこちらも人気キャラクターです。
    • good
    • 0

以前似た?質問設定が逆かな で回答しましたが・・・



著作権に関わる問題がありえると言う事ですので
URLを直接表示できません

「特殊映像研究会」で検索掛けてください
アダルトなサイトではありません3DCGをやっている普通のサイトです
そこのギャラリーのアニメに「桜姫」の3DCGが1枚在ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10年以上前の「ルト姫」に似たキャラクターが登場するアニメ

以前も質問をさせていただきまして、その後も捜し続けましたが判りません。

現在21歳、昔に幼稚園か学校に行く前に見ていたアニメです。
手がかりは

・ゼルダの伝説 時のオカリナに出てくる「ルト姫」に似ている。
(姿、そして体の色)
・その「ルト姫」に、トンボのような羽が生えたキャラクター

そのキャラクターが登場するアニメがどうしても思い出せません。
恐らく、主人公は女の子だったと思います。確実ではありませんが。。。
覚えていたら、小さい情報でもいいのでどうか教えてください。。。

Aベストアンサー

『おやゆび姫物語』
主役の女の子と一緒に旅する妖精のノーブル君が
ルト姫みたいな水色の容姿で、トンボ羽で飛びますね。

Wikiを見たところ、本放送が1992~3年の水曜朝7時からと
ほぼ日時も一致しますので、この作品だと思われます~。

Q昔やってたエンジェリックレイヤーみたいな物・・・

今風で言うと、人形がレイヤーの中で戦うって言うのかな~
今から15年位前のアニメで、朝早くやってた・・・パソコンで小さいロボットを
動かして戦うアニメ・・何でしたっけ?
かなり思い出せずに困っています。いきなり友達に言われて気になってしょうがないっす!!その友達は、答えを言わずに帰ってしまいました。
当分会う事が無いので・・・周りの奴に聞いても「あ~昔やってたな~」で終わり
です。
マジ困ってます!!!助けてください!!

Aベストアンサー

プラレス三四郎 神矢みのる 少年チャンピオン 秋田書店

ですね

私も初めて見たとき・・・ (゜O゜;) あれぇ~? って見てました

Q似た感じの作品教えてください!?

つい最近、アニメ仲間の一人からぜひ見るようにと勧められある作品を見ました。
「ぼくらの・・・」
と、言う作品です。この作品について、少し前に質問しましたが、今回は、別の形で質問させていただきます。
噂には聞いていたのですが、キャラクター的な絵が好みではなかったので、見ていませんでした。
しかし、その友人に強く勧められ、ついに、ネットにて見てみました。
正直な話、絵的な問題を省くと、その内容。ストーリーが、その何というか衝撃的というか、まさかと思いました。
その為に、最後まで見届け、その余韻が未だに抜け切れていません。
それぐらい、自分にとってとっても衝撃的というか、重い雰囲気の作品だと気づかされました。
良い、悪いの問題以前に、自分にとって、世界を守るために戦う子供達の苦悩と残酷さが物凄く印象に残りました。
合わせて、世界を守るためには文字通り自らの命を賭けろ!!
ヒーロー以前の問題として、実にこの選択というか運命は、まさに命がけの選択。
しかも、半ばだまされた形で契約してしまった子供達の苦悩。
実にすばらしくも酷なこの物語に、私自身、実に久しぶりに感動というか、衝撃を感じずにはいらませんでした。

そこで、今回は、こんな感じで、命と引き換えに世界を守るとか、愛する人を守るとか、ラストは死によって完結するような物語がありましたら、記憶にありましたら是非とも教えてください。
その昔、ロボットアニメの金字塔の一つに、
「イデオン」
と、言うのがありますが、確かラストは、ほぼ全員が死ぬアニメとして当時話題になりました。
また、旧宇宙戦艦ヤマトの劇場版も白色彗星の巨大戦艦に向かっていくヤマトの中に、亡くなった雪を抱いて古代が突っ込むラストもありました。
そんな感じで、ラストがある人物の死によって完結する作品がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

つい最近、アニメ仲間の一人からぜひ見るようにと勧められある作品を見ました。
「ぼくらの・・・」
と、言う作品です。この作品について、少し前に質問しましたが、今回は、別の形で質問させていただきます。
噂には聞いていたのですが、キャラクター的な絵が好みではなかったので、見ていませんでした。
しかし、その友人に強く勧められ、ついに、ネットにて見てみました。
正直な話、絵的な問題を省くと、その内容。ストーリーが、その何というか衝撃的というか、まさかと思いました。
その為に、最後まで見届...続きを読む

Aベストアンサー

「ぼくらの」みたいな作品がぞろぞろあったら、「ぼくらの」自体が話題になることはなかった。だから、それに似たような作品があるわけがない。

ただ、「イデオン」に似たような作品なら、それこそ元祖は「海のトリトン」に遡るし、「ザンボット」「ダイターン」「ガンダム」をちょっと青年向けに組み直したのが「イデオン」で、その影響を受けて「エヴァンゲリオン」「アクロバンチ」が登場したのは間違いがない。
同時期に「ゴッドマーズ」があります。主人公が死ぬと地球が滅ぶ設定です。原作では主人公がお亡くなりに?なるのですが、アニメでは最後まで主人公は死にませんでした。のちに原作に忠実に「マーズ」がアニメ化されています。これが「ぼくらの」に近いといえば、近いか?

あと「ガッチャマン」
コンドルのジョーが死と引き換えに総裁Xを葬った…はずだった(笑)。
で、宇宙ガッチャマンとして企画されて新キャラに変更になった「テッカマン」
打ち切りだったため、ああいう「さらばヤマト」的な終わり方になりました。
そのリメイクである「テッカマンブレード」の後半の展開は「ガッチャマンF」に似ており、最終的には主人公は廃人同様の状態になりました。まあ、続編で新主人公をさしおいて、美味しい場面を独り占めするまでに復活するのですが。

よくあるのが、なにかを止めるための鍵がある登場人物そのものだった場合。
劇場版「クラッシャージョウ」とか。
普通は死ぬ。安直な展開だけど、浪花節は日本人的にウケがいいから。
そういうバリエーションとしては「戦闘妖精雪風」も入るかな。

ある人物の死により完結するといえば、
「エースをねらえ!」も本来はそうだったんだろうなぁ、きっと。
あと「あしたのジョー2」も。

「ぼくらの」みたいな作品がぞろぞろあったら、「ぼくらの」自体が話題になることはなかった。だから、それに似たような作品があるわけがない。

ただ、「イデオン」に似たような作品なら、それこそ元祖は「海のトリトン」に遡るし、「ザンボット」「ダイターン」「ガンダム」をちょっと青年向けに組み直したのが「イデオン」で、その影響を受けて「エヴァンゲリオン」「アクロバンチ」が登場したのは間違いがない。
同時期に「ゴッドマーズ」があります。主人公が死ぬと地球が滅ぶ設定です。原作では主人公がお亡...続きを読む

Qアニメ真・恋姫無双とPC版真・恋姫無双ってキャストが大体同じですよね?

アニメ真・恋姫無双とPC版真・恋姫無双ってキャストが大体同じですよね??

しかし、なぜわざわざ名前を変えるんですか??

エロゲに出ているのがばれたくないからですか?

しかもまったく意味がないような気がしますが?
逆に、エロゲに出てマースって強調しているような気がしますが

そこらへん詳しく教えてください

Aベストアンサー

簡単にいえば、世間体ですかね。

子供向け作品とアダルト作品両方やってるっていうのは世間体が悪いですからね。
基本的にそういう声優さんは。別名義を本人などが公式に発表してる人は少ないです。
公式でない以上、声が同じでもあくまでファンの憶測・・・
という言い逃れができますからw

少なくとも元のゲームを知らない、やったことない人なら
名前が違えば声を聞いたことがないから同じだとはわかりません。
18歳未満の子供への配慮もありますね。検索サイトで検索しても
名前が違ければ、直接18禁系のHPへいくことも減るでしょう。

今の時代はエロゲからの広がりがあります。
そこから普通のアニメへの出演もあるでしょう。
そうなったときに、一般人からのイメージ悪化を出来るだけ抑えようっていうことです。

Qジュール・ヴェルヌ作品の「そのまんまアニメ化」作品は存在しますか?

10月からNHK教育で放送される「無人惑星サヴァイヴ」という作品はジュール・ヴェルヌの「十五少年漂流記」が元になっているそうですが、ヴェルヌ作品が元というと過去には「海底二万里」→「ふしぎの海のナディア」とか「サハラ砂漠の秘密」→「パタパタ飛行船の冒険」なんていう例がありけど・・・。いずれも原型をほとんどとどめていないですよね。
そこでふと思ったのですが、ヴェルヌ作品を「原作をそのまんまアニメ化した」作品は存在するのでしょうか?

ついでに・・・
ところで、この「無人惑星サヴァイヴ」という作品は「NHKオリジナルアニメの7作目(つまり「カスミン」の次回作)」ということになるのでしょうか?「(C)江口寿史・NHK・NEP21」という著作権表記をみるとそういう気がするのですけど、「カスミン(第2シリーズ)」の再放送が決定しているようですし・・・。

Aベストアンサー

「80日間世界一周」があります。↓のは見たことがないけど日本アニメーションだそうです。
(東映動画でも「長靴をはいた猫 80日間世界一周」があるけど、こちらは脚色がたくさん。でも猫のペロちゃんかっこいいです。)

参考URL:http://www9.plala.or.jp/xelvis/song/ani_80ni.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報