いつでも医師に相談、gooドクター

ドイツは同じ技術大国である某国と違って職人や技術者を重んじる社会的風潮があると聞きますが、具体的にはどのような扱いなのでしょうか?
技術職である事によって他の職業よりよく見られたりする事があるのでしょうか?
現地に詳しい方、教えて欲しいです。

gooドクター

A 回答 (2件)

・職業訓練制度が確立されていて、ほとんどの職種では最終的に国家資格が取れるコースになっている


・上記国家資格を取得した後に「マイスター」(英語ならマスター、師匠・匠の意)の資格を取得しないと弟子が取れなく、本資格を取得するには経営・人材育成などが必須科目(職種によって例外あり)
・商工会議所とは別に技術職の組合があり、後進育成や技術協力からロビー活動まで幅広く手掛ける
・「職人仕事は金(きん)なり」という格言に現れるように、技術職の社会的地位が高い
    • good
    • 3

ドイツって、小学生の半ばくらいで、将来のおおよその職業を決めないといけないみたいです。


となれば、職人や技術者を選んだら、それから先は、その職業にむかってがんばっていくことになるわけだと思います。
「公務員なんて嫌だから、職人になる!」っていうふうに簡単には仕事を変えることができないはずです。
「にわか職人」ってのにはなれないってことでしょう。

であれば、「あいつは子供のころから、職人、技術者の道を究めようと努力してきたんだよなあ」ってことで、それ相応にまわりからの評価がされているのだと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング