教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

こういうヘリコプターってよくテレビで見るんですけど飛ぶ時にプロペラが前と後ろでどうしてぶつからずに綺麗に前後回るんですか?

「こういうヘリコプターってよくテレビで見る」の質問画像
gooドクター

A 回答 (11件中1~10件)

#10です、肝心なのが抜けました



タンデムローターの回転翼機では二つのローターを逆回転させることによってローターのトルクを相殺しています。ですから、エンジントラブルなどで片方のローターが停止すると機体が回転し始め、通常のヘリのテールローターが破壊されたのと同様の状況になり、操縦不能に陥ります。二つのローターをドライブシャフトなどで連結しているのはこれを防止するためでもあります。
    • good
    • 0

タンデムローターの回転翼機、パイアゼッキやそれを受け継いだバートル(現ボーイング)、サイドバイサイドのカマン、オスプレイなどは、前後や左右のローターをドライブシャフトやギアで連結し、同じ回転数になるようにしてありますから、この機構が故障しない限り、ローターがぶつかることはありません。



二つのローターが連動しているのはぶつからないだけでなく、片方のエンジンが止まっても両ローターが回り続けられること、片方のローターが止まると極端にバランスが悪くなって、オートローテーションができなくなるのを防止するためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2021/03/29 08:00

前後のプロペラを一つの動軸で結ぶ。


そうすれば前後の回転数は常に同じになり、プロペラの位置関係も変わらなくなる。

すなわちどんな回転数にしても絶対ぶつからない。

前後の回転数を異なるものにする理由は特にないので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2021/03/29 08:00

これは今飛んでないし。


設計段階でぶつからないように してるから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2021/03/29 07:59

画像のPiasecki H-21は、前のローターが後ろのローターより高い位置で回転していてぶつからないのではないかな?



パイアセッキ H-21 航空フォト(飛行機 写真・画像)
https://flyteam.jp/aircraft/piasecki/h-21/photo
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2021/03/29 07:59

こんなヘリは初めて見ました。


まぁギヤなんかで同期を合わせているのでしょうが。

プロペラが地面と水平じゃなくて
ロスがないのかなぁ?

調べたけど見つからん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2021/03/29 07:59

たぶん、前後のローターの高さが重ならない様になっているからでしょう

「こういうヘリコプターってよくテレビで見る」の回答画像5
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2021/03/29 07:59

前後別々に回るのではなく、ギヤなどを使ってぶつからないように同期して回ります。


昔の零戦(それ以外の戦闘機でも)などはプロペラの手前に機銃があり、プロペラの回転の隙に機銃の銃弾を発射していました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2021/03/29 07:59

こんにちは。



仕組みは様々あると思いますが、
シャフトで両方のロータを連動させているのだと思いますよ。
また、単純に接触しない間隔も保っているはずです。

余談ですが、レシプロ戦闘機の機関銃も不思議ですよね!
プロペラの隙間から発射して、キチンとすり抜けるのですから。

ではでは!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2021/03/29 07:59

写真からもなんとなくわかると思いますが、後ろのロータのほうが前のものよりも、やや高い位置にあるので、ぶつかりません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2021/03/29 07:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング