出産前後の痔にはご注意!

題名通りなのですが
あまりいない役職について教えてください。
聞き慣れない役職の方がいるとどっちが偉いのかわからなくなります。

次長、参与、嘱託、主査、顧問、主事、局長、
エグゼクティブプロデューサー、ディレクター等々
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんばんは。



 エグゼクティブプロデューサー、ディレクターはよく分からないんですが……

 まず、ライン職とスタッフ職、その他に分けられますね。一応、偉い方の順に書いてみますが、会社や役所に寄って同じ名前でも順位が違うこともありますので、一概に言えないと申し上げておきます。

・ライン職(担当部署の業務を統括する職員)
 局長>次長>主事(通常、次長と主事の間に、課長>係長が置かれることが多いです。)

・スタッフ職(特定の業務を担当する職員)
 参与>主査。ちなみに、課長と参与、主査と係長は同格の場合が多いです。

・嘱託は役職ではありません。臨時職員の名称の一つです。

・顧問は名誉職で、非常勤のことが多いです。社長などで退職された方が付くことが多いです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/08 23:39

次長:組織の中の部門(製造部、営業部、総務部、等)の2番目の人。

(部長のすぐ下、もしくは部長のサブ)
参与、主査、主事:一般的には組織の命令系統の中に位置づけられている役職ではなく、職能資格などを表すもの。但し、会社によって位置づけは随分違う。ちなみに参与=部長格、主査=課長格(または係長格)、主事=係長格(または課長格)が一般的?
嘱託:普通は正社員を退職した後、会社に残り再雇用された人
顧問:同じく退職者がなる場合が多いが、こちらは役員経験者がなる。もしくは社外の人が相談役的に就く。
局長:組織の中に局(通常は部と同等かまたは一つ上)がある場合の責任者。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

具体的で細かく教えて頂きわかりやすかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/08 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「顧問」と「参与」 どう違うのでしょう?

役職に「顧問」と「参与」がありますが、辞書を引くとどちらも「相談を受けて意見を述べる人」のように解釈できます。

この2つの職務の違いはどこにあるのでしょうか?
また、2つを比べたときに、どちらが上位というのはあるのでしょうか?

ご存じの方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。m(__)m

Aベストアンサー

#2さんの回答の通り、特に決まりは無く好き勝手に名称をつけているので、それぞれですが、
私がお付き合いしている会社で、最も多いのは

顧問・・・会社とは直接雇用関係がなかった専門家(例えば大学教授)を相談相手として契約した場合に付ける。
イメージとしては、役員待遇。

参与・・・上級の管理職で、部下を持たずに専門職として働く人につける名称。部長待遇。

といった感じです。

Q主任、主事、主務の上下関係、各職制の役割(職務)について教えて下さい。

主任、主事、主務の上下関係、各職制の役割(職務)について教えて下さい。

うちの会社は、課長>参事>係長>主事>主事補>係員の順で各職制の役割と職務は理解しているのですが、

他の会社では、「主任」、「主務」という肩書きをよく聞きます。
これらの肩書きはどのランクに位置するのか、わかりやすく説明頂けると助かります。
あと、何をする人なのかもご教授頂けると幸いです。

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問は、会社によって扱い方が違います。
本来は、明治時代に始まった資格制度が根本にあります。

資格制度
資格上位から
理事・副理事・参事・副参事・参与・主事・副主事・主任・副主任・主務
が昔からある資格制度です。

資格制度と役職の関係は、資格を有する人を役職に赴きさせるのが基本(昔の話)

今は、会社によって用い方に違いがあります。

昔の有資格と役職の関係は
主任=主任
副主事=係長
主事=課長
参与=次長
副参事=部長
が基本のようでした。
同じ課長でも副主事=課長、参与=課長もありえて、課長の上下がはっきり表せる。

資格はあれど職無しの方もいたのもありえたと言う事です。

貴方の会社の場合、職制と資格制を混雑させた制度のようですね。
会社によって制度が様々違うと言う事ですね。

ご参考まで

Q公務員の役職について教えてください

仕事で公務員の方と名刺交換する機会があるのですが
課長、係長、部長、次長などは分かりますが
参事 参与 主幹 主査といった役職の身分度が分かりません。

 民間の役職でいうとどれくらいの役職のレベルだと
思えばいいのでしょうか?
また、偉い順にならべるとどのようになりますか?

Aベストアンサー

 #1の者です。

>スタッフ職とはなんでしょうか?

 一般に縦の指揮命令系統に属する機能をライン職,ある特定の業務を担当するのがスタッフ職です。
 例えば,ある課の業務で,その課の業務に関係の深い施設建設や計画策定など重要な業務で,その業務を専属に担当するそれ相当の役職の職員が必要な場合に,スタッフ職として主幹や主査が置かれるケースが多いです。

http://great.pobox.ne.jp/cgi-bin/dic/ziten.cgi?action=view&data=106

参考URL:http://great.pobox.ne.jp/cgi-bin/dic/ziten.cgi?action=view&data=106

Q何か良い役職名を教えて下さい。

10~20人程度の会社を経営しております40代です。

現在、現場のトップ(工場長や本部長)が定年を迎えます。
先代(私の父で故人)を長年支えて下さった功労者ですが、
年齢とともにモチベーションも行動や言動も低下してきています。
その後も会社には残るのですが、新たに工場長や本部長には、
昇格する次世代の人がいます。

そこで、定年後の人に何か新しい役職を考えているのですが、
良い役職名をアドバイス願います。
ちなみにその方は、バリバリの第一線は無理ですが、
経験も知識も法ですので、実務とアドバイザー的な役割も含めて、
今後も重要な役割をしていただきます。
あくまでも功労者ですので、なるべく閑職でないイメージが希望です。

経験が浅いので、皆様どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>「相談役」って役員しか知らないんですが、役員以外の人の肩書きでもいいでしょうか?
相談役は、社長や会長が引退後になる例が多いかもしれませんが、役員ではありません。従って誰を相談役にするかは会社の考え方一つです。
いずれにしても取締役にしない限りは役員ではありませんから、顧問でも相談役でも問題はありません。
要は本人の体面を維持しながら、後輩を指導させるにはどういう処遇が良いかという判断ですね。
肩書きよりも経営者としてその人にどういう働きを期待するかを良く話し合った方が良いと思いますが。

参事とか理事と言うのは会社によっては現役の社員にもつく呼称です。
また組織によっては役員を理事と言う場合もあります。農協などはそうですね。
従ってこの例では適当ではないと思います。

Q役職の順位についてですが

主幹・主任・参事・参与
これらの役職での順位付けはどのようになるのでしょうか。
過去の質問履歴で「主任<主幹<参事<参与」ではないかとまではたどり着けたのですが
「参与<参事」ということもあるようです。
一般的にはどちらが正解なのでしょう。
また、取締役から平までの役職を一般的な順位どおりに並べて下さっているサイトさんがあれば、ご紹介してください。
お願いします。

Aベストアンサー

ダブってる役職もありますが・・・

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/webweb/20041125

Q参事、副参事とはどういう役職なのでしょうか

参事、副参事とはどういう役職なのでしょうか

高校生です。
会社についてよく知らないのですが、会社において、
参事、副参事とはどういう役職なのでしょうか。

Aベストアンサー

会社の役職ではなく、資格です。
資格制(上位から)
理事・副理事・参事・副参事・参与・主事・副主事・主任・副主任

役職制(上位から)
社長・部長・課長・係長・主任

同じ課長でも資格によって上位下位を表すのに便利な制度です。

会社役職と資格の関係
主任=主任
副主事=係長
主事=課長
参与=次長
副参事=部長
に相当

なお会社によって違いがあります。

ご参考まで

Q調査役って何?

知人の社長より肩書きが調査役の名刺を見せていただきました。
社長から、この役ってどんな業務をするポストの人か質問されて答えられませんでした。
どなたか教えてください。
社長補佐ってところでしょうか?

Aベストアンサー

 会社によって違います。つまり会社が独自に勝手につけています。調査役の肩書きだけでその方の職務、地位を判断するのは不可能です。

 ただ、勝手につけるにしても一応大枠があって、“スタッフ職”につけるようです。

 会社組織は、最小単位のグループ、それが集まった次の単位のグループ、それがまた集まった次の単位のグループといった風に出来ています。それぞれのグループを統括する職位を“ライン職”と言います。係長、課長、部長などがそうです。
 これに対し、その“ライン職”に専門家として助言、協力する職位を“スタッフ職”言います。よって“スタッフ職”は部下を持たないのが本来です。調査役はこの“スタッフ職”につけられるのが基本なのですが・・・。

 最近は、課長・部長などのポストがないけど役職にしなくてはならない人などに調査役とつける例も多くなってきました。ただこの場合も部下は持たないという基本は守られているようです。またNo2さんの例のように“資格名”として使っているところもあります。

 調査役が、部長クラスなのか課長クラスなのか等はまったく会社によってまちまちです。ある銀行では調査役というと部長クラスなのにある銀行では係長手前のクラスなんてことがあります。

 会社によって違います。つまり会社が独自に勝手につけています。調査役の肩書きだけでその方の職務、地位を判断するのは不可能です。

 ただ、勝手につけるにしても一応大枠があって、“スタッフ職”につけるようです。

 会社組織は、最小単位のグループ、それが集まった次の単位のグループ、それがまた集まった次の単位のグループといった風に出来ています。それぞれのグループを統括する職位を“ライン職”と言います。係長、課長、部長などがそうです。
 これに対し、その“ライン職”に専門家として助言...続きを読む

Qあなたの勤めている会社で「係長」に就く年齢は?

みなさんの勤めている会社で、いわゆる係長クラスのポストに就く年齢はだいたいどのくらいでしょうか。
「係長」ではなく、別の名称で呼ばれている会社も多々あると思いますが、いわゆる「課」の一段階下のチームを率いる、「部下を持つ」リーダー職だと思ってください。
できれば、特定されない範囲で従業員数、業種も教えて頂ければと思います。

ちなみに、私が勤めている会社の場合
従業員数1500人程度、IT関連企業(システムインテグレーター業がメイン)
係長はだいたい35歳前後、早くて30代前半、20代でなることはまず無い
ちなみに課長は最速で30代後半もありますが、大抵は40代前半ぐらいです。
(※もちろん出世から外れて、年齢を重ねても平社員という人もいます)

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アラフォーオヤジだよ。
管理職(課長)です。

私の会社は社員数約7000人、一応上場企業です。

係長は監督職、組合員でもあります。
ですから残業手当も適用されます。

内の会社の服務規定に記載されていることですが、係長の一つ下位の主任で、入社後概ね6年以上の経験を有すとあります。
係長で概ね10年、つまり大卒なら最速で32歳の年度ということになります。
但し就業年数だけでなく、上長の推薦状が必要です。

今としては係長の平均年齢を適当に割り出すと36.6歳になりました。
40代でも居ます、30代後半が多いですかね。
20代では、いません。
高卒だと28歳の年度で10年で、係長って過去にいたかな、思い当たりません。
高卒で30歳で係長は確かいたような記憶があります、内の会社がまだ非上場の時だったと思います。

課長代理が係長経験を7年~10年、課長が代理経験5年~10年のみなし規定となっております。
次長以上は本社採用、全国転勤有り、部長となると海外転勤有りで、これらを受け入れ転勤すると特別昇給が適用されます。

私の部下では、大卒で20年経っても平社員が数人います、特に普通ですが、役職者の人数枠が決まっているので余分に推薦することが出来ません。
因みに私は高専卒です。

又、途中入社者の特別昇格という制度もあります、異業種でなければ経験を考慮して取締役と社長の決済があれば推薦が出来ます。

特別昇格は新卒者でもありますが、数年の転勤経験者なんか優遇されますね、でも短期間昇給というのはほとんどありません。

やはり会社側も経験値と業績を見ているということです。
後は人柄もですね。

アラフォーオヤジだよ。
管理職(課長)です。

私の会社は社員数約7000人、一応上場企業です。

係長は監督職、組合員でもあります。
ですから残業手当も適用されます。

内の会社の服務規定に記載されていることですが、係長の一つ下位の主任で、入社後概ね6年以上の経験を有すとあります。
係長で概ね10年、つまり大卒なら最速で32歳の年度ということになります。
但し就業年数だけでなく、上長の推薦状が必要です。

今としては係長の平均年齢を適当に割り出すと36.6歳になりました。
40代でも居ます、30代後半...続きを読む

Q平社員の場合の役職名は?

ある入会申込書へ記入しているところ、勤務先、役職名について尋ねられているところがあります。勤務先は問題なく記入できますが、役職名のところで止まってしまいました。私は一般社員、平社員ですので役職名がありません。会社の組織図を見れば主任の下の「スタッフ」と言う立場です。この場合、役職名は空欄?それとも一般社員?

Aベストアンサー

一般社員の場合は役職がないわけですから、空欄でもいいと思います。また空欄ではちょっと・・・と思うようであれば、役職者ではないという意味で「一般社員」とか「○○課員」とか書くのも方法だと思います。

Q東京都の役職 企画主査と担当係長はどっちがえらい?

名刺をいただきましたがどちらが上役かわかりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
議事録の出席者順を記入するのに悩んでいます。

Aベストアンサー

要綱上の規程はNO.1の方が書かれたとおり、主査の方が上と判断するのが一般的だと思います。要綱をより噛み砕いて説明すると

主査は一つの係(グループ)に複数、同格の係長級(または課長補佐級)職員がいる場合に使う役職名

担当係長は、係のトップである係長が別にいて、その係長の仕事を分任する形で置かれる役職

なので、要はどっちも係内にいっぱい係長級(課長補佐級)の職員がいる場合に使う名称です。担当係長は係内で明確にNo.2以下であるのに対して、主査は理論上はみんな同格です。(実際には席次がありますが)


また、紛らわしいですが、同じ主査や担当係長という役職についていても、○○主査と××主査(課長補佐)では主査(課長補佐)の方が上です。もちろん、担当係長の場合も同様です。

それなので、理論上は
係長(課長補佐)≧主査(課長補佐)>担当係長(課長補佐)>係長≧主査>担当係長>次席
となるはずです。

ただ、更に話をややこしくするようで申し訳ないのですが、東京都の場合は大きな役所なので、組織の順番というのも議事録を作る場合は考慮された方がいいでしょう。
つまり、担当係長と主査であれば単純に考えれば主査が先にくるはずですが、担当係長の所属する組織の方が主査の組織より(組織規程上)先にくるのであれば、議事録の性格にもよりますが役人はそちらを優先することもあります。
役職は担当係長でも、実際には大変に重要なポストということもたま~にありえます。

ここまでくるともう外部の方には意味不明なので、議事録の出席者順が気になるのであれば、都の事務担当者にこっそり聞いて教えてもらった方が安全だと思いますよ。。。(^^)

頑張ってくださいね。

要綱上の規程はNO.1の方が書かれたとおり、主査の方が上と判断するのが一般的だと思います。要綱をより噛み砕いて説明すると

主査は一つの係(グループ)に複数、同格の係長級(または課長補佐級)職員がいる場合に使う役職名

担当係長は、係のトップである係長が別にいて、その係長の仕事を分任する形で置かれる役職

なので、要はどっちも係内にいっぱい係長級(課長補佐級)の職員がいる場合に使う名称です。担当係長は係内で明確にNo.2以下であるのに対して、主査は理論上はみんな同格です。(実際には...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング