なるべく、読後が爽やかなサクセスストーリを探しています。
主人公が自分の力や周りの支えによって、成功や成長
していく本がいいです。
ちなみに小野不由美さんの12国記シリーズや山崎豊子さん、
NHKのプロジェクトXは大好きです。
実話、フィクション、国内海外、マンガ、なんでもいいです。
お薦めの本がありましたら、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

サクセス・・・とは少し違うかもしれませんが


『働きマン』(安野モヨコ・モーニングKC、マンガ・連載中)
週刊誌の編集者のヒロインとその周りの人々の”仕事””働く姿勢”を描いたマンガです。
色んな職場・立場で、悩んで足踏みして、悶々として、それでも働く事と向き合ってる姿を見ると、明日も頑張ろう・働くって良いよなって気持ちになります。かなり体育会系かもしれませんが、ブルトーザーのように働きたい!!って時にお勧めです。
    • good
    • 1

ずばり! わらしべ長者!(笑)



というのはおいといて、漫画ですが・・・

小学館ビックコミックで連載されていた「サンクチュアリ」をお勧めします。
 ストーリーは、高校時代の友人2人が今の日本を変えようと国会議員秘書と組員に別れ、表社会(国会)と裏社会(暴力団)の頂点をめざすサクセスストーリーです。90年代に連載され、当時の社会状況(バブル経済、自民党55年体制の崩壊、ソビエト崩壊)を組み込み青年層の読者に好評でした。
 主人公2人の生き方、行動がかっこいいです。
    • good
    • 0

古ーい作品で恐縮ですが、爽やかかどうかはともかくサクセスストーリーと云ったら、シドニィ・シェルダンの「ゲームの達人」は外せないのでは?


あと、既出ですが「風と共に去りぬ」もサクセスではありますが、
あれは、スカーレットの個性がお気に召すかどうかがポイントになると思います。

鮮やかだったのは
連城三紀彦の「美の神々の叛乱」。私は好きです。
    • good
    • 0

ハヤカワFT「帝国の娘」上・下巻、


レイモンド・E・フィースト&ジャニー・ワーツ。
世間知らずの華奢なお姫様が権力闘争に巻き込まれて…というお話。
ファンタジーですが結構骨太、復讐物(…)なのに読後爽快♪です。
    • good
    • 2

 切り口もそうなんですが、文章自体が魅力的な”海老沢泰久”を是非!


ジャンルとしては、主にスポーツ界を扱った作品が多いのですが、
「美味礼賛」は毛並みが少し違って、ご希望の内容に沿うものと思います。
 辻調理師専門学校の創始者の話ですが、読後、熱情のひとかけらをもらった
様な気になりましたよ。満足でした。
 あと、正当派サクセスストーリーというには、結末の爽快感にやや「?」が
付きますが(否定的な意味ではないのだけれど)”新田次郎”の「銀嶺の人」。
二人の実在女性登山家の物語です。自身の力や周囲の支えに・・・という点ではまさに!という本だと思います。
 ”新田次郎”は経歴がユニークで、プロジェクトXの「富士山頂測候所建設」
に登場してましたね。
 「美味礼賛」は文春文庫、「銀嶺の人」は新潮文庫です。
    • good
    • 0

マンガですが、深見じゅんの「悪女(わる)」全37巻(文庫版全19巻)をおすすめします!


まさに”主人公が自分の力や周りの支えによって、成功や成長していく”っていうストーリーです。
私はこのマンガから何回も元気をもらいました!
「悪女」っていうタイトルですが、主人公の女の子は前向きで明るい素直で元気な女性です(笑)

もうひとつはSFで、アン・マキャフリーの「竜の歌い手」(パーンの竜騎士第5巻)です。
シリーズものですが、たぶんこれだけ読んでも面白いと思います。
アン・マキャフリーは女性のサクセスストーリーを書くのがうまいSF作家ですが、その中でも「竜の歌い手」はシンデレラストーリーの典型って感じでおすすめです。
読後感は本当に爽やか。
SFといっても宇宙船も難しい話もなんにも出てこないですし、剣と魔法のファンタジーでもないので気楽に読めると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「悪女(わる)」このマンガの存在は知っていたのですが、
まさか、そんなストーリーとは思わなかったです。
タイトルからは想像できないですね。
それと、「竜の歌い手」は今から読むのが楽しみです。
上の2作とも、女性が主役と聞いてうれしいです。

お礼日時:2001/08/31 11:53

『ケインとアベル』ジェフリー・アーチャ―著


新潮社文庫で、出ているよ。テンポも速くて、
グングン読めて、泣いたぜ。ポーランド移民の子と
名門家に生まれた男の物語だ。続編の
『ロスノフスキ家の娘』も、面白かったぞーーーーー
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうです、忘れていました。ジェフリー・アーチャー氏を!
大好きです。ほとんど読みました。
「ケインとアベル」あれは最高ですよね。たまたま図書館で
本を探していた時に、親切なおばさんが薦めて
くれたのが、「ケインとアベル」でした。
もしかして、私のサクセスストーリー好きはこれが
原点なのかも、と今さら思いました。

お礼日時:2001/08/31 11:35

おそらくNHKプロジェクトXの元ネタであると思われる


「メタルカラーの時代」山根一眞:小学館
はいかがでしょうか。
いろんな分野の超技術を生み出した人のインタビューです。
常識を超えるテクノロジーを生み出すまでの過程や裏話がおもしろく、
読後には「日本の技術はこういう人達がささえている」のがよくわかります。
ハードカバーでパート5まで出ていますが、文庫版もでています。
ちなみに北九州博覧祭のテーマパピリオン「モノづくりメ タルカラー館」はこの本から来ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
プロジェクトXの元ネタと言われたら、
ぜひ読まねば、と思いました。
あの番組を見ていると、日本のおじさん達は
がんばっているんだな、と思うのです。
素直に尊敬できますね。

お礼日時:2001/08/31 11:26

子供の頃読んですごく感動した、


トロイの遺跡を掘り当てたシュリーマンの伝記をお勧めします。
児童書なんですけど(~~;)>
(自伝の方はあとで読んだのですが、
意外にそっけなくて、こっちのがおもしろかった)。
夢を掘りあてた人
―― トロイアを発掘したシュリーマン ――
インゲ・フォン・ヴィーゼ 作
大塚 勇三 訳
アルバン・ゲルナー=カルフ 絵
ISBN4-00-110825-9 C8097
この人は殆ど自助努力の人なんですけど、
働きながら何ヶ国語も独学で話せるようになり、
実業家として成功したら、その富を使って、
子供の頃からの夢のトロイア遺跡を発掘するんです。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
児童書好きですよ。あの世界の偉人シリーズなどは
図書館で読破しました。シュリーマンは気がつかなかった
ですね。今度探してみます。

お礼日時:2001/08/31 11:13

もう、読んだ事もあるかもしれませんが、『風と共に去りぬ』をおすすめします。


映画が有名ですが、わたしは本を読んでものすごく感動しました。
長い話ですが、すらすらと一気に読めますよ。
最後はなんともさわやかな気持ちで読み終わる事ができます。
「明日からがんばろうっと!」みたいな感じで。
サクセスストーリーというか、根性モノ?かもしれませんが、達成感などをお求めならばきっと気に入るとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「風と共に去りぬ」は映画で観ました。
感動しました。そうですよね、あれだけ良い映画だと
本も期待できますよね。実は続編の「スカーレット」は
本で読んでいたですが・・・

お礼日時:2001/08/31 11:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q読後、爽やかな気分になる本

暗いニュースの多いこの頃ですが、読書でスッキリできたらと思っています。
そこで、皆さんが読まれた本の中で、読後、ほのぼのあるいは爽やかな気分になった本を紹介してください。
できたら短編を希望します。

Aベストアンサー

○川上弘美著『神様』(中公文庫):10ページ程度の短編集です。熊の神さま、梨の妖精、河童・・・少しせつない気分になるけどほのぼのとした大人の童話です。少し元気もでます。

○保坂和志著『この人の閾(いき)』(新潮文庫):10年ぶりに会った大学時代の憧れ(?)の先輩はすっかりおばさんになっていたけど素適な大人の女かも・・・なんかほっとするというか不思議な感じの短編集です。

○浅田次郎著『プリズンホテル』シリーズ:とにかく笑えます。涙もでます。スッキリします。

○内田百閒著『阿房列車』:こんな電車の旅したい。日本もまだまだ素適なとこたくさんありますよね。きっと。

Q小野不由美さんの小説

小野不由美さんの小説「十二国記」読んでみようと思っているのですが、たくさん本がでているようで…どれから読めばいいのでしょうか?(^^;)
あわせて「十二国記」の超簡単なあらすじも教えて頂けると嬉しいです。

ほか、「十二国記」以外の小野不由美さんの小説で面白い(はまれる)ものがありましたら教えて下さい。個人的なご意見大歓迎です♪
ちなみに「屍鬼」は読みました★面白かったです(^-^)v

Aベストアンサー

やはり、「月の影 影の海」からでしょう。

講談社X文庫ホワイトハート「過ぎる十七歳の春」「緑の我が家 Home, Green Home」
新潮文庫「東京異聞」

――も、面白かったですよ。

参考URL:http://www.bookclub.kodansha.co.jp/books/junikokki/,http://www.12kokuki.com/

Q小野不由美の写真が見たい!

回答懇願m(_ _)m

私は2002年から、ずーっと「十二国記」の大ファンです。
それに伴い、著者の小野不由美さんのファンにもなりました。

十二国記や魔性の子の読破、再読、再再読、再再再読。。。。
NHKBSのアニメもはじめはビデオ屋で借り倒して
最近はネットにて手に入れて時間を作っては何度でも見ている有様です

時間の隙間を見つけては「十二国記」や「小野不由美」情報に
目を光らせておりますが、5年を経過してハタと気がつきました。
これだけ目を光らせているのにまだ「お姿(写真)」を
拝見していない。

なんということでしょう!
まるで血の匂いによってしまった麒麟のように
あまりに情けない!!!

そこで諸兄のお力をお借りしたいのです。
私の能力ではネット上に埋没している小野主上を
見つけることができません。
よろしければ愚かな私に主上のお姿をお示しください。
後生でございます。

叩頭平伏

Aベストアンサー

著者近影は基本的に避けられているのでは?
過去に活字倶楽部で対談されたときも相手の先生の写真はありましたが、小野先生の写真はありませんでした。
色々な事情で載せられないのかもしれません。
素性を掘り起こさないのもファンではないかと思います。
どうしてもご覧になりたいのでしたら

89年のフロム・エー臨時増刊号社員・契約社員・長期アルバイターSPECIAL10/16の38~39ページ(「私のための風景」というショートショートと一緒にバストショットの顔写真が掲載)

国会図書館へ行けば閲覧可能です。
これは不確かな情報(ネットで引っかかっただけです)なので信じるも信じないのも質問者さん次第です。

Q再生がイメージの爽やかな小説を探してます

どなたか心当たりないでしょうか。
私は、西の魔女が死んだのような、不登校の少女の心の癒しというストーリーが好きです。
あまり暗い展開にならず、読後感がいい小説を探しています。
そこそこ読み応えのある長さなら児童書でもOK。
さらに少しだけ恋愛が入ってたら嬉しいです。(もちろん、なくても大歓迎です。)
自分でもいろいろ探してみたんですが、なかなか見つからなくて…。
少しでも思い当たる本があったら是非教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

「ハッピーバースデー 命かがやく瞬間」という本はいかがでしょうか。
元は児童書なのですが、更に内容を細かく書いた文芸書版もあるそうです。

母からの精神的虐待から声が出なくなってしまった少女の、
復活と更なる成長を描いた作品です。
宜しければご一読下さい。

Q実話の感動本を探しています。

実話の感動本を探しています。
おすすめなどありせんか??
「がんばれば、幸せになれるよ」「1リットルの涙」「ゆりちかへ」
は知っているのですが、他に↑のような感動する本ってありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

☆アシュリーが教えてくれたこと ロリー・ヘギ (単行本 - 2009/11/17)

内容紹介
もし生まれ変わっても、もう一度自分を選ぶ。私は私であることが好きだから
早期老化症によって17 歳でこの世を去ったアシュリー。そんな過酷な運命を生き抜いた彼女から、愛することや生きる勇気を教わったと、母ロリーはその遺した言葉を振り返ります。
内容(「BOOK」データベースより)
通常の何倍もの速さで老化が進んでしまう難病によって17歳11カ月でこの世を去ったアシュリー。過酷な運命を生き抜いた彼女の言葉を振り返り、「生きる勇気」や「愛することの意味」を教わったと、母ロリーは語ります。フジテレビ系『サイエンスミステリー』で大反響を呼んだ、感動のドキュメンタリー

昨年17歳で亡くなりました。
とても残念です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報