イタリア旅行をした時、ローマ、ヴェネチア、フィレンツェ、すべて1,000年以上の建物を今も使っており、新しい建物を建てる事は出来ないと言う事でした。
空港やドライブインは新しかったけど、デパートもマクドナルドも古い建物の中でした。ナポリの住宅なども古いような感じでした。
観光地を回ったのでそれ以外の都市は行っていないのですが、他の都市などはどうなっているのでしょう?
東京などの町並みのような近代都市、オフィス、超高層ビル群、新しい集合住宅の街などあるのですか?
できれば写真が見たいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


私はドイツが大好きでよく行きますが、やはり古い町並みを守っているところが多いと感じます。
大都市には高層ビルもあるし、市街地をすこ離れれば集合住宅地のようなところも無い訳ではないです。
でも、そういう住宅地に住みたい!と思う人は少ないでしょうね。
古い建物のアパートの方が、家賃が高くて人気があるんですよ。

ドイツの大都市、フランクフルトのwebcamのURLを貼っておきます。
フランクフルトは金融都市で、Skylineの写真のビルはほとんどが銀行や証券会社のものです。
ヨーロッパの高層ビル群、といったらここは最大規模だと思います。
ご参考まで。

参考URL:http://www.frankfurt.de/sis/Stadtportrait_webcam …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ドイツにはあるのですね。
アメリカ、オーストラリア、東南アジアなど何もビルなどなかったところには近代都市が出来ています。これは私の想像ですが、ドイツは戦争の空襲で建物が壊れたから近代都市もある?違うかな?
>古い建物のアパートの方が、家賃が高くて人気があるんですよ。
そうなんですか。日本でも同潤会アパートにように人気のあるアパートもありますが、住みたいとは思いません。

お礼日時:2005/04/04 10:04

ヨーロッパの国々は、陸続きです。

長い歴史のなかで自分たちの文化を残す方法として街の景観があります。
また、新しいものに直ぐ飛びつくのではなくじっくりと吟味してkらという考え方が残っているというか、受け継がれています。
また、国が約束事として規制してる場合もあります。
いずれにしても、古いものの中から新しいものを見つけ出しながら、自分たちの足跡が残せるようにという国民性からきています。
もちろん、繁華街もあります。そいうところは高さはなくても現代感覚の建物は建っています。
全体の調和を大事にしていこうとする考え方が、今も根強く残っています。
地方へゆけば別ですが、日本では考えられないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>長い歴史のなかで自分たちの文化を残す方法として街の景観があります。
そうですね。日本でも京都とか町全体の景観を考えられている街もありますが、規模も年月も違いますよね。私はある特定の(ローマやヴェネチアなど)街だけかと思っていました。うらやましい気もしますが、きっと住んでいる人には困った事もあるかもしれませんし、若い人は近代都市にあこがれる人もいるかもしれません。
>古いものの中から新しいものを見つけ出しながら、自分たちの足跡が残せるようにという国民性からきています。
確かに外観は古くても室内は近代的なインテリアだったりします。

お礼日時:2005/04/04 09:52

ヨーロッパの古くからの市街地は、建築物の高さ規制や色の規制があって、高層のモダンな建築物は建てられない場合が多いですね。



一般住宅も外壁は古色のレンガタイル貼にするなど古い街並に馴染むようにしているので、新築でもあまり目立ちません。

ロンドンはテムズ川沿いの東側ドッグランド地区が再開発地域になっています。金融街シティにはモダンなオフィスビルも出来ています。

参考URL:http://dora-kou.hanamaru.ne.jp/cimg/travel/en040 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
旅行でちょっとしか見ていないのですが、やはり国全体も一般住宅もそうなのですね。新しい物好きの日本人、古い文化を誇りにしているヨーロッパ人、どちらもいいところはありそうです。まあ、日本には古いお寺や家屋はあっても古いビル自体がありませんが。しかし、このロンドンの街のように古いものを壊して新しいものを建てるのではなく、なにもないところに新都心を作ることもあまり考えないのでしょうか?

お礼日時:2005/04/03 15:33

パリの凱旋門の先に新市街ディフェンスと言う所があります。



そこはモダンなオフィス街になっています。

欧州は全体的に少ないですね。非常に良い事と思います。賢い国民性の現れでしょう。高層建物はラニングコストが掛かりエネルギー消費量も多大です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
#1の方のURLにあったパリの写真でしょうか。
>非常に良い事と思います。
ある意味うらやましいですが、ある意味住んでいる人にとって困った事でもあるのではないですか?ヨーロッパ人じゃないからわかりませんけど、「新しい物を建てたい」とか思わないのかなあ?
リフォームにお金もかかりそうだし。

お礼日時:2005/04/03 15:25

こちらでご覧ください。



参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~nm6f-nkmc/index-fram …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはりほとんどないのですね。
アメリカ、日本、オーストラリア、中国、シンガポールなどが多いですね。

お礼日時:2005/04/03 15:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名古屋の高層ビルについて

新幹線から見る限りでは、大阪や岡山、広島のほうが名古屋より高層ビルがたくさん見えます。

というか、名古屋では高層ビルが見えません。

これってたまたま新幹線の駅からは見えないだけなのでしょうか?
名古屋って日本の3大都市ですよね。
どうして高層ビルが少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

いろいろ理由はあると思いますが。
1.名古屋は平野が広いので、土地が余っているため、上へのばす必要がない。
2.名古屋は繁華街が駅前から栄にかけて広がっているため、人の流れが一箇所にかたまらない。
3.地盤は砂地なので、高層を建てるとすると、基礎工事にコストがかかりすぎる。
4. 地震が多い土地である。
5.TV塔が意外と低いので、高いビルを建てると、電波障害が起こり、ケーブルTV対応する地域が広くなってしまう。

地盤が一番かな・・・

Q函館、長崎のような町並みの場所を教えてください。

「洋館などの異国情緒のある建物が並ぶ町並み(区域)がある・京都的な日本の情緒の町並みもある・坂道が多い・都会が近い・海が近い」、このような場所を探しているのですが、やはり函館、長崎、神戸のような貿易港の周辺に限られるのでしょうか。

Aベストアンサー

>やはり函館、長崎、神戸のような貿易港の周辺に限られるのでしょうか。

洋館が大量に存在するのはそういう場所ですから。

後でてないところで有名どころは小樽ですね。
http://otaru.gr.jp/course/
函館もそうですが、小樽にも京都的な町並みはないですけどね。

あと、かなり微妙なところでは佐世保とか
http://www.sasebo-cci.or.jp/debuter/sasebo/sasebo_1.html

横須賀とか
http://www3.koutaro.name/machi/yokosuka.htm

Q再開発は何故高層ビルなのか?

日本って再開発すると必ず高層ビル建てますよね?

六本木ヒルズ…
アベノハルカス…
虎ノ門ヒルズ…

高層ビル建てる知恵しか無いんでしょうか?(笑)

Aベストアンサー

ま、もうちょっと大人の事情がありますね。

そもそも高層ビルは簡単には建てられません。なぜなら「容積率」という縛りがあるからです。ご存知だとは思いますが1000平米の土地で容積率100%なら延べ面積1000%のビルしか建てられません。

しかし、東京などの高度土地利用区域は、周辺の余った容積率を上乗せして建物を建てることが出来る夜になっています。

最近開発の進んだ丸の内は、東京駅の容積率を買って周囲に高いビルを建てたのです。

六本木ヒルズにしても、アベノハルカスにしても、虎ノ門ヒルズにしても、道路などに供出した土地の上部空間分の容積をもらっているので、高いビルが作れるのです。

そして、その土地を供出した人も無料で提供してるわけではないので、容積率分のお金を払うか、ビルの所有権として提供した分のものをもらっているのです。

で、高層ビルの家賃収入やテナントの売上などから利益を分配する、という方式です。

これをやらないと、土地を買うだけで莫大な費用がかかります。道路は国や自治体が整備するものですから、特に東京ではとんでもなく税金がかかってしまい、しかも元の土地の所有者は遠いところに引っ越すしかなくなってしまいます。

そういう状態だと、当然土地所有者は売るのを嫌がりますので、高層ビルの中に住宅棟を作って主有権の移転などで、理解を得るのです。

他に利用できる土地がたくさんあれば、そういう場所に移転してもらえばいいのでしょうが、東京などはそういう場所がないので、高層ビルをつくって、所有権を移転するのです。

ま、もうちょっと大人の事情がありますね。

そもそも高層ビルは簡単には建てられません。なぜなら「容積率」という縛りがあるからです。ご存知だとは思いますが1000平米の土地で容積率100%なら延べ面積1000%のビルしか建てられません。

しかし、東京などの高度土地利用区域は、周辺の余った容積率を上乗せして建物を建てることが出来る夜になっています。

最近開発の進んだ丸の内は、東京駅の容積率を買って周囲に高いビルを建てたのです。

六本木ヒルズにしても、アベノハルカスにしても、虎ノ...続きを読む

Qディズニーシーの新しい建物

9月18日に久しぶりにディズニーシーにいきました。アメリカンウォーターフロントの端に新しい建物が建築中でしたが、何なんでしょうか?ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

元になったのはフロリダMGMスタジオの「トワイライトゾーン・タワーオブテラー」です。その後、カリフォルニアアドベンチャーにもできたはず。現在タワーオブテラーの左端にオープンしている施設は、レストルームと救護室と授乳室ですね。おそらくテラー本体の外観もこの建物のデザインと調和したものになると思います。
怖そうだけど楽しみですねぇ。

Qウォーターフロントの高層ビルについて

ウォーターフロントに高層ビルが目立つ様になってますが、以前は日本のウォーターフロントでは高層ビルは難しいと言ってたのですが建築技術にどんな変化があったのですか?

Aベストアンサー

霞ヶ関ビルや西新宿の超高層ビルなど初期のころの超高層ビルは、地下4階とか5階とか深く掘って、建物を工学的基盤と呼ばれる固い地盤に直接建てる直接基礎形式でした。当時は地震の波が地盤と杭でどのように増幅し、建物に伝わるかが分かっていなかったため、杭基礎とすることは出来なかったのです。

現在では、地盤-杭-建物の相互作用について研究が進んだ為、杭基礎の場合でも、杭+地盤を適切にモデル化し建物に伝わる地震波がどのように増幅するかを解析することが可能となっており、したがって、ウォーターフロントのような支持地盤が深く杭基礎で無ければならない超高層でも問題なく設計する事が可能となっています。

Qパリ近郊のおススメの都市

パリから電車で1時間以内で行ける都市でおススメはどこがありますでしょうか?

ぜひお教えくださいませ。

Aベストアンサー

おススメは、

首都パリの東南東で約90km(電車で一時間半前後)にある
中世の面影を色濃く残すプロヴァン(Provins)です。
2001年に世界遺産に登録されております。

幾つか関連サイトを添付しておきます。

http://allabout.co.jp/travel/travelfrance/closeup/CU20051217A/index.htm

http://www5a.biglobe.ne.jp/~tod-mizu/provins.htm

http://www.provins.net/(公式ホームページ、日本語版あります)

Qヨーロッパで高層ビルが数多くある都市はどこですか

アメリカやアジアと比較すると、ヨーロッパは高層ビルが少ないと聞きました。

それは事実でしょうか?

また、それでもヨーロッパの中でも高層ビルが目立つ都市はどこでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね、高層ビルは少ないほうではないかと。

街の雰囲気を大事にしているのかなあと思っていました。


目立つ都市。

いますぐに頭に浮かんだのは、ドイツのフランクフルトでした。
http://space-mountain.cocolog-nifty.com/photos/germany/photo_4.html


でもパリのラデファンス地区も結構あったように思います。

Q青い屋根、白い建物?

青い屋根、白い建物が多く色鮮やかな町並みの
国はどこでしたっけ?
ど忘れしてしまって、思い出せないんです。
そこの国に旅行したかったのに忘れるなんて情けないです。
教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

白い壁に青い屋根ならチュニジアだと思います。
窓枠等も青です。
かわいい町並みですよ。

Q高層ビル等の水道について

お世話になります。
高層ビル等の水道関係について、教えていただけ無いでしょうか?
電気設備は、高層ビルでも、ただ配線の延長ですみますが
水道の場合、どのように強力な圧力で?水が供給されているのでしょうか?
ガスは、(都市ガス、天然ガス等)通常空気より軽いので
高層ビルでも、水道に比較にならないくらい、設備等はラク?
素人の私にも理解できるように、教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
通常、高層ビルというカテゴリだと、6階以上の建築物を高層建築物と呼ぶ事が多いですが、これは高層建築法(?)(:普通、国土交通省の法令に定義されています)属していますが、だいたい高さにすると、消防法では31mを超えるものは高層建築物としています。
でも、建築基準法では上限60m以下までが高層建築物で、それ以上は超高層建築物になります。
(おもしろいですね)

建築物の施工時の計画案によって考え方が違いますが、普通の方法としては、ビルやマンションなどの高層の建築物では、水道管からの圧力では高層階まで水圧が足りない為、いったん途中の階に、受水槽を作成して、その受水槽に水を貯め、これを揚水ポンプで屋上にある高架水槽に汲み上げてから各階に給水するのが、最近の通常の方法です。

どのような圧力をかという事も、水量の配管口径によって、かける圧力も異なりますが、通常、水圧が低いと水道の出が悪く、反対に水圧が高すぎると機器の故障や漏水の増加につながったりしますので、途中にに圧力制御の機械を設置するとか、圧力弁や加圧ポンプ等を自動的に、適量の水圧をコントロールする様にしているようです。(水圧の変動率を抑えて、適正水圧による給水ができる様になり、漏水の減少効果などが期待できて、スムーズに供給できるようにする考えられています)

社団法人に水道協会という所がありますが、そこでは一般水道に冠する情報などもありますので参考にしてくださいね。
また、東京などの平野部では、一般的に水道の給水圧力が約0.2MPaといわれています。(地域や土地形状、配管ルート構成等により一概にはいえませんが、圧力をあげている地域も存在します)
でも、一般家庭でご使用になっている給水器具は、最高使用水圧を1MPaに設定していることが多いと聞いています。

参考URL:http://www.jwwa.or.jp/

こんにちわ。
通常、高層ビルというカテゴリだと、6階以上の建築物を高層建築物と呼ぶ事が多いですが、これは高層建築法(?)(:普通、国土交通省の法令に定義されています)属していますが、だいたい高さにすると、消防法では31mを超えるものは高層建築物としています。
でも、建築基準法では上限60m以下までが高層建築物で、それ以上は超高層建築物になります。
(おもしろいですね)

建築物の施工時の計画案によって考え方が違いますが、普通の方法としては、ビルやマンションなどの高層の建築物...続きを読む

Q訪問都市数とは?

訪問都市数1というのは到着する国にしか滞在することが出来ないのでしょうか?
バンコクからカンボジア・ベトナムなどを渡り、またバンコクへ戻り帰国しようと考えています。
この場合訪問都市が数種類あるものを選ぶのですか?

また、FIXの航空券を購入するつもりですが帰国日は自分で決められますよね?

Aベストアンサー

おそらく航空券に記載れた旅行条件のことを仰られているのかと思いますが、
訪問都市数というのはその航空券を使って行くことのできる都市数のことです。
飛行機を降りた後に、陸路や他の航空券を使って何都市訪問しようと、それは自由です。

訪問都市1というのは単純な1都市への往復、または片道チケットのことです。
直行便・経由便・乗継便等さまざまありますが、いずれにしても1都市でしか降りられません。
訪問都市2というチケットは、オープンジョーチケットや周遊チケットの場合に適用されます。
例えば、行きはバンコク―シェムリアップの便に乗って、シェムリアップからホーチミンへ自力移動後、
帰りはホーチミン―バンコクの便に乗りたい場合や、
「東南アジア周遊」なんてチケットを購入したとして、
その中でシェムリアップ・ホーチミン・ハノイ・ビエンチャンのうち2カ所を選択して立ち寄れます、
などと言うときに使われます。

いずれの場合も航空券の使用制限にすぎませんので、あなたが訪問する都市の数を制限するものではありません。
もっとも、ツアー商品のことを仰られているのであれば、文字通りツアーで訪れる都市は1つだけ、
1箇所しかいけませんということになるのでしょうが。

FIX航空券の帰国便の日付は、その航空券の制限の範囲で自分で決められます。
14日FIXとあれば、出発から14日以内の帰国便をチケット購入前に指定します。(購入後変更はできません。)
希望した帰国日のフライトが満席の場合、初めからそのチケットは購入できませんので、
別のチケットを購入する形になります。

おそらく航空券に記載れた旅行条件のことを仰られているのかと思いますが、
訪問都市数というのはその航空券を使って行くことのできる都市数のことです。
飛行機を降りた後に、陸路や他の航空券を使って何都市訪問しようと、それは自由です。

訪問都市1というのは単純な1都市への往復、または片道チケットのことです。
直行便・経由便・乗継便等さまざまありますが、いずれにしても1都市でしか降りられません。
訪問都市2というチケットは、オープンジョーチケットや周遊チケットの場合に適用されます。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報