こんにちは
自転車のヘルメットを50ccの原付で使ったら
警察につかまるでしょうか?
安全性に関しては、スピード違反で捕まるのは嫌なので、
ほとんど制限速度(30キロ)ぐらいしか出さないので
充分かと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

再びNo3です。

ちなみに10年以上大型二輪に乗っています。
質問者さんが警察にお尋ねになったとおり、
違法じゃないんです。
そもそもヘルメットは何かしらの衝撃から頭を守るものなので
「法律に合致していない」とすぐ判断できる基準はないのです。
SGマークなどがないと違法、なんてことはどこにもありません。
でも、捕まって疑われた時にSGマークなどがあれば話は早いです。
なので、正確に言うと合法ですが、
先もお話したようにきちんとフルフェイスをかぶってください。
頭は守れても顎などは守れません。
よく転倒して顎や耳削った人居ますね。
装備をきちんとしていないがために他界した友人が何人もいます。
    • good
    • 0

違法だとかじゃなくて、自分の命を守る為の物でしょう。


私はフルフェース・ヘルメットのお陰で、片耳と顔半分助かりました。肋骨と腕は骨折したけど、命は助かりました。その時にフルフェース・ヘルメットの傷を見て良く助かったと思いますよ。

制限速度(30キロ)ぐらいしか出さないので・・自転車で倒れたことありますか?わずか10~2・3キロ位でも可也の怪我しますよ!!

野原でコケタノナラ大した事無いでしょうけど、道路にはいろんな物が在ります。

御気をつけてご乗車下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>自転車で倒れたことありますか?

ありますよ。骨折して、頭も打って記憶飛びました。

質問の趣旨は”違法かどうか”ですので
ご理解よろしくお願いします。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/09 09:30

内側に安全マークがついてればOKです。


JISマーク。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/09 09:31

自分の兄のヘルメット(自転車用:通学用学校指定)も125以下対応でしたよ~。



ちなみに頭にヘルメットっぽいのさえのってれば警察は殆ど止めません。知人のおっさんは数十年間工事現場用ヘルメットですが、一度も捕まってないみたいです。(ノッペルではさすがに捕まってましたがw)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

諸説あるので、警察(警視庁本部)に電話してみました。
やはり、#3の方の回答にある法律をもちだされたので、
では、その適合性のチェックは誰がするのか?と聞いたところ、
現場の警察官がすることになるのでは…と言葉を濁されました。自転車の方がスピードが出る場合もあるので、
そういうヘルメットだったら、いいのでは?と聞いたら、
『んー、そういう風にできているものならいいんじゃないですか?』だって。こっちが質問しているのに、困ったもんです。

お礼日時:2005/04/05 12:10

あった、あった。


昔のことなんで、もう無いかと思いましたが、まだ売っていますね。

学校指定のヘルメットです。
小学校、中学校と、ヘルメットをかぶらないで乗っていると、先生に捕まりました。

これは中学校の時のヘルメット。
小学校の時は自転車専用でした。

参考URL:http://www.cycle-yoshida.com/other/kuno/kh11_pag …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。こういうのもあるんですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 23:06

自転車のヘルメットの中には、原付程度のバイク兼用のものもあります。


ヘルメットの中に使用できるかどうか書いてあると思います。
書いてないときは使えないと思った方が良いです。

私が子供のころもってい自転車のヘルメットは、自転車専用のものと、原付程度のバイク兼用のものがありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 23:06

完全に違法です。


どのようなタイプであれ、自転車のヘルメットは原付に使えません。金額うんぬんよりも、安全第一ですから、買って下さい。

道交法を持ち出された人もいますが、道路交通法的に違法なんです。
その71条・・・の各項目に適合していると認定されないからです。
捕まるかどうかは、見付けた警察官次第ですね。昨日なんですが、高速道路で71km速度超過を見逃してもらいました。^^;(本当です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>各項目に適合していると認定されないからです。

なるほど。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 23:05

あっ、でも・・・


原動機付『自転車』って言いますからねぇ・・・

どうなんでしょう?
大丈夫なのかな?

自転車だから大丈夫でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同じ『自転車』でも『原動機』がつくと
白バイに止められますので(笑)
いろいろあるみたいです…
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 19:16

違法ですね。


原付で自転車用ヘルメを被るのはやめましょう。

質問者さんがどんな自転車用のヘルメを言われているのかはわかりませんが・・・

通常、自転車のロードレースの選手は平坦であれば40~50キロ(MAX60キロ程度)で走行します。
それに坂であれば、上り30キロ・下り50~80キロ(速い時は90~100キロ)で走行します。
その中で落車などがあるので、しっかりと頭をガードしなければいけないので、30キロ程度ならロードレース用の自転車ヘルメでも問題ないでしょう。(頭の打ち所が悪くなければ、ですが・・・)
私も自転車で走行中に30キロくらいで落車しましたが、問題ありませんでした。

余談ですが・・・
競輪選手は無風であれば、時速90~100キロは出るそうですよ。

この回答への補足

#3の方の回答の通りだとすると
どういう法律に触れるのでしょうか?

補足日時:2005/04/04 19:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安全には気をつけたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 19:11

道路交通法的には違法ではない、と思います。



自動車等の運転者の遵守事項
第二章の二 第九条の五
    第七十一条の四 第一項 及び 第二項 の乗車用ヘルメットの基準は
    次の各号に定めるとおりとする。
     一  左右、上下の視野が十分とれること。
     二  風圧によりひさしが垂れて視野を妨げることのない構造であること。
     三  著しく聴力を損ねない構造であること。
     四  衝撃吸収性があり、かつ、帽体が耐貫通性を有すること。
     五  衝撃により容易に脱げないように固定できるあごひもを有すること。
     六  重量が二キログラム以下であること。
     七  人体を傷つけるおそれがある構造でないこと。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35F03101000 …

恐らく捕まりませんが、注意はされると思います。
が、それ以前に30キロでも打ち所悪ければ死にます。
ちゃんと新品から3年以内ぐらいのフルフェイスをかぶることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっ違法じゃないんですか…
でも注意はされるんですか、複雑ですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 18:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘルメットには法規制は無いんでしょうか?

このたび普通二輪の免許を取得したので、早速バイク
ショップに行ってあれこれ物色してたときのことです。

渋い感じの、ゴーグル付きのビンテージタイプの
半キャップが気に入ったんですが、商品の内側を
よく見ると、「125cc以下」という表現が
付いてました。
自分は、それ以上のに乗りたいんですが、
でも、そういう半キャップをかぶって、400ccの
スクータに乗ってる人なんてザラにいますよね。
あれは法規制上は違反ではないんでしょうか?
法規制上のことではなくて、安全面から
みた推奨基準ということなんでしょうか?

Aベストアンサー

道路交通法では、単に乗車用ヘルメットをかぶりなさいと書かれているだけで、排気量別の規定が無く、乗車用ヘルメットの規定に関しては内閣府令で定めるとなっています。 これをそのまま解釈すると、内閣府令で定めた乗車用ヘルメットをかぶってさえいれば、原付であろうと大型二輪であろうと、法令違反に問われることは無いと思えます。 現実に、あみだにかぶったり首に引っかけたりしただけのような場合以外、かぶっているヘルメットの種別で取り締まられた話は聞いたことがありませんし、後述しますが「取り締まりそのものができない」のです。

ところで法令では、なぜか乗車用ヘルメットに関してのものが2つあります。

1つは、先ほどの内閣府令である”道路交通法施行規則”によるもの。

もう1つは、”経済産業省関係特定製品の技術上の基準等に関する省令”によるもの。

後者には、前者の条文が含まれており、警察庁が決める道路交通法に基づいて、経済産業省が詳細を定めたもの、という見方もできます。 こちらには、125cc以下でしか使えないヘルメットとそうでないものが区別されています。
かなり長くなりますが、その全文を記します。


経済産業省関係特定製品の技術上の基準等に関する省令

乗車用ヘルメット(自動二輪車又は原動機付自転車乗車用のものに限る。以下「乗車用ヘルメット」という。)


(1) 衝撃吸収ライナー、あごひも(ひも状以外のヘルメット保持具を含む。以下同じ。)及び着装体(帽体、衝撃吸収ライナー及びあごひも以外のものをいう。)は、皮膚に有害な影響を与えないものであつて、かつ、ぜい化、膨潤、軟化等の変化が生じないものであること。
(2) 金具類は、耐食性のもの又はさび止め処理を施したものであること。


(1) 帽体の表面は固くなめらかであり、かつ、縁は丸みをもつているか又は縁巻きで覆われていること。
ただし、総排気量0.125リットル以下の自動二輪車又は原動機付自転車に乗車するときに限り使用するものである旨の表示をヘルメットの内面又は外面に容易に消えない方法により表示してあるヘルメットであつてハーフ形又はセミジェット形のもの(以下「小型自動二輪車等用ヘルメット」 という。)にあつては、帽体の表面をレザー等で覆うことを妨げない。
(2) 帽体の日本工業規格T8133(1994年)乗車用安全帽5.2.1(2)に定める保護範囲を覆う部分の形状は、曲率半径75ミリメートル以上の連続した凸曲面であること。ただし、縁巻き及び風防の取付け等のための必要最小限の凹凸については、この限りでない。
また、保護範囲を覆う部分以外の形状は、凹凸が著しくないこと。
(3) 衝撃吸収ライナーは、日本工業規格T8133(1994年)乗車用安全帽5.2.2に定める保護範囲を覆い、各部分の厚さがほぼ均一であり、かつ、帽体内面の曲面によく接着されていること。
ただし、適当な通気溝を設けることを妨げない。
(4) 帽体に表面に固定されたスナップその他の堅い突出物は、帽体の滑りを妨げることのないよう突出が十分小さいか、又は容易に外れる構造を有すること。


(1) 着用者の頭部によくなじみ、かつ、頭部を傷つけるおそれがない構造を有すること。
(2) 組立てが良好で、使用上支障のある傷、割れ、ひび、まくれ等がないこと。
(3) 左右の視界が105度以上あり、かつ、上下の視界が十分とれること。
(4) 風圧によりひさしがたれて視界を妨げることのない構造を有すること、また、走行中耳覆いが外れ、又は脱落することのない構造を有すること。
(5) ひさしのあるヘルメットにあつては、ひさしと帽体が一体でないこと。ただし、小型自動二輪車等用ヘルメットにあつては、この限りでない。
(6) 著しく聴力をそこねることのない構造を有すること。
(7) あごひもは、帽体に固定してあり、ヘルメットを頭部に確実に装着でき、かつ、チンカップが取り付けられていないこと。

4 質量は、頸部に負担がかからない適切な質量であること。

5 衝撃吸収性試験を行つたとき、次の表の(1)の欄に掲げる条件に適合すること。ただし、小型自動二輪車等用ヘルメットにあつては、(2)の欄に掲げる条件に適合すること。
5-1 2940メートル毎秒毎秒以上の衝撃加速度を生じないこと。  
    1470メートル毎秒毎秒以上の衝撃加速度を生じたときは、その継続時間は4ミリセコンド以下であること。
5-2  3920メートル毎秒毎秒以上の衝撃加速度を生じないこと。
    1960メートル毎秒毎秒以上の衝撃加速度を生じた場合は、その継続時間は2ミリセコンド以下であること。
    1470メートル毎秒毎秒以上の衝撃加速度を生じた場合は、その継続時間は4ミリセコンド以下であること。

6 耐貫通性試験を行つたとき、落下させた鋼製ストライカの先端と試験用人頭との電気的接触がないこと。

7 あごひもの強さ試験を行つたとき、あごひもは加えられた荷重により25ミリメートル以上伸びず、かつ、取付け箇所からの脱落又は損傷の発生がないこと。


(1) 届出事業者の氏名若しくは名称又は経済産業大臣の承認を受けた略号若しくは記号が容易に消えない方法により表示されていること。
(2) 総排気量0.125リットル以下の自動二輪車又は原動機付自転車に限り使用するものにあつては、その旨が容易に消えない方法により適切に表示されていること。
(3) 安全に使用する上で必要となる使用上の注意事項が容易に消えない方法により適切に表示されていること。


この法令によると、原付用とそうでないかの違いは、ジェットタイプのひさしが一体で作れるかどうかと、帽体を革張りにして良いかどうか、という2点だけだと言えるでしょう。
わざわざ分けるほどのものではない、とは思いますが、道路交通法にはこの区分がなく、警察は道路交通法に基づいてしか検挙できないために、どちらのヘルメットをかぶっていても、きちんと装着されているなら取り締まることができないのです。

死にたい人は別として、そうでないなら普通二輪以上のクラスに半キャップは論外だと思いますが。

道路交通法では、単に乗車用ヘルメットをかぶりなさいと書かれているだけで、排気量別の規定が無く、乗車用ヘルメットの規定に関しては内閣府令で定めるとなっています。 これをそのまま解釈すると、内閣府令で定めた乗車用ヘルメットをかぶってさえいれば、原付であろうと大型二輪であろうと、法令違反に問われることは無いと思えます。 現実に、あみだにかぶったり首に引っかけたりしただけのような場合以外、かぶっているヘルメットの種別で取り締まられた話は聞いたことがありませんし、後述しますが「取り...続きを読む

Q原動機付自転車のヘルメットについて

原動機付自転車のヘルメットについて質問します
原付の購入を考えていますが.ヘルメットで悩んでいます

ネットで検索してみると風圧に耐えるもの.あご紐があるもの.視界を妨げない構造のもの
などの記載を見つけましたが規格とかなんとかマークとかは必要ないのでしょうか

安全の為こうした方がよいというお話より最低限このような決まりがありますなどの
お話を聞かせてください。

Aベストアンサー

安全マークのついたヘルメットが一番です、それは耐衝撃性等の試験をクリアーされた製品ですから、もし事故で安全性の規格品でない場合保険が適用されない場合もあるので注意が必要です、こう書かれています。




道路交通法施行規則 第九条の五より

【1】左右、上下の視野が十分とれること。

【2】風圧によりひさしが垂れて視野を妨げることのない構造であること。

【3】著しく聴力を損ねない構造であること。

【4】衝撃吸収性があり、かつ、帽体が耐貫通性を有すること。

【5】衝撃により容易に脱げないように固定できるあごひもを有すること。

【6】重量が二キログラム以下であること。

【7】人体を傷つけるおそれがある構造でないこと。



あまり知られていないのだが、法律ではヘルメットに関してこれ以上のルールは策定されていないのだ。安全性を判断する規格としては、日本や海外の団体が規定した独自の規格が存在する。日本工業標準調査会の「JIS規格」や、世界的に認められている非営利機関、スネル財団によって規定されている「SNELL規格」などが日本のヘルメット安全規格として一般的だ。JISかSNELL規格のどちらかを取得していれば、バイク用ヘルメットとしての安全性は確保されていると思っていい(ただし、JIS規格の場合125cc以下用と126cc以上用の2種類があるので注意)。

話が少し難しくなるが、安全規格とは別に日本国内でヘルメットを販売する際に各メーカーが取得しなければならないモノがもう1つある。製品安全協会が定めた「SGマーク」や「PSCマーク」だ。SGマークはヘルメットが安全基準に達しておらず、着用者が怪我や損害を負った場合に補償が行われることを示すマークで、125cc以下用と126cc以上用の2種類の使用条件に分かれている。またPSCマークは、ヘルメットが国の定めた最低限の安全基準に達しているかどうかのテストを行い、確認した製品に表示されるもの。PSC/SGマークが入っているものでないと、国内ではバイクの乗車用ヘルメットとして販売することができない。これらのマークを取得していないモノが「装飾用」や「観賞用」などとして店頭に並んでいることもあるが注意が必要だろう。また、安全性は高いが日本国内で販売ができないヘルメットも存在する。海外のヘルメットメーカーの製品には、日本では一般的ではないアメリカのDOT、ヨーロッパのECE規格などの厳しいテストをクリアしているにも関わらず、国内販売されていないものがある。これは、必ずしも安全性に劣るわけではなく、製品安全協会の認定を受けていないことが理由である場合が多い。海外メーカーでは、ヘルメットの外殻にあえてダメージを与えることで衝撃を吸収し、頭部を保護するという手法をとる場合がある。そういった製品の場合は高い安全性を持つものの、安全性に対する考え方の違いから、日本国内でPSC/SGマークを取得できない例もあるのだ。このようなヘルメットは、仮に十分な安全性を確保していたとしても、万が一の事故の際に日本国内の規格に通っていないことを理由として保険金などが下りない可能性があり、こちらも注意が必要だ。

と言うことです、顎紐を付けないとだめです、顎紐式は事故時に飛ぶことが多く最近はフルフェイスの安全な物が多く使われています、自分の命を守るために使う事をお忘れなく。

安全マークのついたヘルメットが一番です、それは耐衝撃性等の試験をクリアーされた製品ですから、もし事故で安全性の規格品でない場合保険が適用されない場合もあるので注意が必要です、こう書かれています。




道路交通法施行規則 第九条の五より

【1】左右、上下の視野が十分とれること。

【2】風圧によりひさしが垂れて視野を妨げることのない構造であること。

【3】著しく聴力を損ねない構造であること。

【4】衝撃吸収性があり、かつ、帽体が耐貫通性を有すること。

【5】衝撃により容易に脱...続きを読む

Q原付の右折方法について教えてください

こんにちは。

原付に乗る事になりました。
基本的な事かもしれませんが教えてください。


(1)原付で片側1車線の道路の左端を走行していたとします。

そこで右前方にある脇道に入りたいが、対向車が来てる為
待たなければいけない時、原付はどこで待っていれば良い
のでしょうか?


そのまま道の左端に寄せて止まり、渡れるまで待つべきなのか
それとも車線に寄って停止し、対向車が無くなるのを待つべきなのでしょうか?

道の真ん中で停止してるのも怖い気がします。


(2)また同じように、片側一車線の【二段階右折】が不要な交差点を
右折する場合、信号待ちは左端で待機するべきか、又は車線に寄って
待機するべきか?

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

車線の右によって右折待ち。
センターラインがなければ、
車線の中央で右折待ち。

車線の右による際には、
後方の安全確認、
右ウインカー点灯、
3秒後に右側へ移動。

交差点であるなら、
交差点の30m手前で、
右側によっていなければなりません。

右折が終了したらウインカーを消す。

道路交通法で右折の場合(二段階右折を除く)、
車線の右(中央)によって右折する。
交差点の中央直近内側を通行することが明記されています。

エンジンの搭載されていない軽車両は、
車線の左端に沿って二段階右折ですが、
原付は軽車両ではありませんので二段階右折は違反です。
二段階右折を指示されている場所ではその限りではない。

原付で後方確認をせずに右に出てくるバカが多いです。
二輪を運転する上では、左右に移動する場合、
後方から接近してくる車両が無いか確認して、
3秒前に合図を出してから左右に移動してください。

Q自転車・バイク共用できるヘルメット

自転車用とバイク用のヘルメットを共用でさせたいのですが、
そういうヘルメットは存在しますか?
つまり、自転車に乗って被ってもさほど不自然さを感じないバイク用ヘルメットということなのですが

Aベストアンサー

バイク用を自転車でかぶるなら安全性には問題ありませんが、重量ですね。
自転車自体はチタンとか高級素材でg単位で軽量化しても、ヘルメットがいきなり百g単位で増加したら本末転倒です。
何kgだって構わないというならどうでもいいですけど。

Q原付ライトは常時点灯?

原付は昼間や夜間ともに終日、点灯での走行でしょうか?自動車のように夜間だけ(暗い場合のみ)ではないでしょうか?よろしくお願いします。少し、急いで書いたので日本語が分かりづらく申し訳ございません。

Aベストアンサー

車から見てバイクって小さく見えてしまうので、よく目立つようにライトを点けて走りましょうと推奨されています。
最近のバイクにはライトのスイッチそのものが無くて、消灯できないものが多いですね。

しかし、義務と言うワケではありません。消して走っても違反にもなりませんし、ライトスイッチがあるバイクもあって、それでもちゃんと車検に通ります。


 

Q原付の連続走行距離は?

よく原付スクーターは、長距離を走るとエンジンが焦げ付くっていいますよね?

では、どれくらいの距離なら走り続けてもいいんでしょうか?

50CCのスクーターと100CCのスクーターを持ってますので、それぞれわかる方がいらっしゃったら、教えてください。

GWにお金をかけずに、できるだけスクーターで遠くに出掛けようと思ってます。

Aベストアンサー

以前、原付で、九州の阿蘇山を登っているとき、前に進まなくなりました。
エンジンが膨張して、ピストンとシリンダーの間に隙間が出来たようです。
エンジンは止まりませんが、前に進まないのです。
でも、一時間も休んだら、また、普通に動きました。
でも、何回も原付でツーリング(旅)をしましたが、一番困ったのが、パンクです。
何キロも押すのは、ほんと肉体的にも、精神的にも、疲れました。
ひとけのないところへのツーリングは、十分注意して下さい。
あと、ゴリ&モン(ゴリラ&モンキー)は、50ccでしたら、リッター50~80キロ(長距離)は走りますので、8リットルですと、8×80=640キロなんて事になります。
ちなみに、今の愛車は、88ccモンキーです。
でもタンクが4.5リットルの為、遠出で約40キロ/リットルです。
ですから、ガンガンに走ると、一日に2回、給油するときもあります。
まあ、私の例は、極端な例ですので・・・(^_^;)

Q「4サイクル」と「2サイクル」の原付について

原付が欲しいのですが、
4サイクルと2サイクルの原付どちらにしようか迷っています。

燃費は4サイクルの方がいいと聞いたことがあるのですが、馬力というか、長持ちするのはどちらなんでしょうか?
毎日、山を越えるので長持ちしてくれる方がいいのですが。

Aベストアンサー

 丈夫さで言えばホンダのカブがよいです。東南アジアの庶民の足といえばカブでタイなどでは道中カブだらけですよね。カブは4stのエンジンを積んでいます。2stに比べるとパワーは落ちますが最大の長所は燃費のよさです。理論上リッター148キロです。山を越えてくだりではかなり燃費がよくなると思います。山ということではプレスカブのほうがよさそうです。新聞配達に使っているやつで重い荷物を運ぶように作られているのでブレーキも頼りになりいろいろと丈夫です。
 パワーで選ぶなら2stがいいです。スズキのレッツ(2)、ヤマハのビーノなんかがよいでしょう。2stで気をつけないといけないのは絶対にオイルを切らさないことです。2stはオイルをガソリンと一緒に燃焼室に送り込みますので消費します。オイルがなくなったら潤滑が出来なくなるので即エンジンが焼きついて動かなくなります。4stは車のエンジンと一緒でこちらはオイル交換が必要です。あまり、原付のエンジンオイルを交換してる人っていないようにも思えます。
ということでカブをお勧めしますが一つだけ欠点があります。それは・・・シートの下にヘルメットなどを入れられるメットインスペースが無いことです。リュックが必需品になるでしょう。

参考URL:http//www.honda.co.jp/motor-lineup/

 丈夫さで言えばホンダのカブがよいです。東南アジアの庶民の足といえばカブでタイなどでは道中カブだらけですよね。カブは4stのエンジンを積んでいます。2stに比べるとパワーは落ちますが最大の長所は燃費のよさです。理論上リッター148キロです。山を越えてくだりではかなり燃費がよくなると思います。山ということではプレスカブのほうがよさそうです。新聞配達に使っているやつで重い荷物を運ぶように作られているのでブレーキも頼りになりいろいろと丈夫です。
 パワーで選ぶなら2stがいいです。...続きを読む

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。

Q原付が信号待ちでエンスト

ジョグ(2サイクル、6500kmくらい)に乗ってます。このところよく信号待ちなどでアイドリング状態にしていると回転が徐々に弱まってきて、10秒も経たないうちにエンジンが止まってしまうのですが、原因は何なのでしょうか?また、修理に出すとしたらいくら位かかるのでしょうか?
とりあえず今は信号待ちの時はアクセルを微小に開けて、止まるのをなんとか防いでいる状態です。あ、あと白煙がかなり多いですね…。
以前、どっかのホースが傷ついたらしく、エンジンオイルがたらたら垂れ落ちてしまって空になったことがあって、その修理に出したときにバイク屋が無料でエンジンオイル入れてくれたんですが、もしかして質が悪いオイルでも入れられてしまったのかなぁなんて勝手に想像しちゃってるんですが…

Aベストアンサー

まずガス欠があやしい。実際にガソリンがあっても、タンクからキャブまで繋がるラインに詰まりがあると、ガス欠状態になります。キャブにゴミが詰まっても同様です。
タンクのストレーナ(ゴミろ過網)の掃除、燃料ホースを外してプーと吹いてみる、キャブ側面をドライバーの柄のようなもので軽くコンコン叩いてみる、をしてみて下さい。キャブレターの底部にあるドレンボルトを緩めて、いつまでもガソリンがジャージャー漏れているようなら、ガソリンが来ていますから、大丈夫です。

次にエアエレメント。外して洗って下さい。湿式ならオイルを混ぜた灯油で濯いで良く絞る。乾式ならエアで吹くか掃除機で吸い込む。破けていたり汚れすぎだったら交換。

そうでなければ、夏場になりキャブのセッティングが狂っているかもしれません。エアスクリューの回転位置を目印などをして正確に憶えておき、左右に1/4回転ほど回して調子を見てみましょう。回し過ぎてもだめです。多くとも半回転以内で試みて下さい。エアスクリューはキャブレターの側面に付いているマイナスのネジですが、解らなかったら無理に触らないでバイク屋へGO!です。ヘタにいじるとエンジンが掛からなくなります。

次にプラグですが、熱価(5番などの数字)が合っていないとNGです。調子よく走ってきて、すぐにプラグを外して焼け具合を見ます。コンガリ狐色がベスト、白く焼けていたら焼け過ぎ、黒くドロドロしていたら冷え過ぎです。焼け過ぎは熱価を一番高く、冷え過ぎは熱価を一番下げてみましょう。

一番怖いのが、以前にあったオイルダラダラですね。オイル切れでエンジン自体が焼き付くか、寸前の抱き付き状態になっているかもしれません。こうなるとシリンダーの加工やピストンの交換が必要です。終わる直前なので、バイク屋さんに相談しましょう。最悪の場合、工賃込みで3~4万以上は覚悟しましょう。
白煙も気になりますが、オイルの質が悪いか、吐出量が多すぎても白煙が出ます。

もしかして、いつでもアイドリングが低いだけの話だったら、アイドルスクリューを少々ねじ込んでやればアイドル回転が上がります。キャブのエアスクリューのすぐ横のプラスのネジです。

まずガス欠があやしい。実際にガソリンがあっても、タンクからキャブまで繋がるラインに詰まりがあると、ガス欠状態になります。キャブにゴミが詰まっても同様です。
タンクのストレーナ(ゴミろ過網)の掃除、燃料ホースを外してプーと吹いてみる、キャブ側面をドライバーの柄のようなもので軽くコンコン叩いてみる、をしてみて下さい。キャブレターの底部にあるドレンボルトを緩めて、いつまでもガソリンがジャージャー漏れているようなら、ガソリンが来ていますから、大丈夫です。

次にエアエレメント。外...続きを読む

Q本当に原付は他のバイクより危険?

当方以前「バイク免許は取ったものの使っていない人いますか? 」
に投稿したものです。
その中で原付特有の30キロ制限が危険の元になっているようです。
私は原付オーナーでその危険は肌で感じています。
そこで疑問なのですが、本当に原付は他のバイクより危険なのでしょうか?
危険だから原付に乗る事をやめた人いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

♯10です、
以前の投稿を拝見いたしましたので、改めまして報告いたします。

原付の危なさは、先にも書きましたが、これをより詳しく、経験を元に列挙いたしますので、説得の材料にご利用下さい。
なお、道の左端は走らざるを得ない、という前提で書きます。

1.路駐車のドア開放で恐ろしい想いをする。
2.幹線道路を走行中は特に、道に出てくるクルマの鼻先がしょっちゅう飛び出してきては、恐い思いをする。
3.道の左端は舗装がいい加減で、車体がばたばた跳ねる。
4.最近の都市部は特に、自転車が同じ位置を走るので、そこでの恐い想いも多い。
5.クルマより一列左を走るのだから、特にすり抜けとかではなくても常に左折巻き込みやサンキュー事故の可能性にさらされている。
6.二段階右折禁止の交差点では、右車線に出る際に追突されるかも…。
7.それから、(ご存知なら)神戸・灘の国2のように、5車線中2車線が左に分岐して行くような道を直進したい場合は、…一体どーするの??左から3車線目の左端を、クルマに挟まれつつ小さく走れって???
8.四輪ドライバーも、原付に対しては本当厳しいです。でも、30km/hでおとなしく走るのならともかく、がんばって60km/hとかで走られると、うっとおしい以外の何者でもないですよね。だから、60km/hをギリギリの間隔で抜いて行くクルマが多数。

ざっと思いつくあたり、こんなところです。
実際、私は原付に乗っている1年少々の間に2回もこけてます。
一方、その後はもう10年近くになるでしょうか、こけたのはやっぱ2回です。そのうち1回は、完全にオーバースピードでコーナーに突っ込んだってやつですので、自業自得ですが、それ以外は何らかの周囲の状況によりというやつです。
経験を積んでいるから…といった面も否めませんが、でも、数字は明らかに原付が危ないことを示していると思います。

参考になれば幸いです。

ついでに、

多くの方がおっしゃっているように、まずは125ccクラスの、それもスクーターあたりがいいかもしれませんね。これへの乗り換えだと、危険から回避するため、そしてそれ以外に、つまりバイクを趣味とするという意図は感じられにくいでしょうから、説得の際にもより納得されやすい気がします。

♯10です、
以前の投稿を拝見いたしましたので、改めまして報告いたします。

原付の危なさは、先にも書きましたが、これをより詳しく、経験を元に列挙いたしますので、説得の材料にご利用下さい。
なお、道の左端は走らざるを得ない、という前提で書きます。

1.路駐車のドア開放で恐ろしい想いをする。
2.幹線道路を走行中は特に、道に出てくるクルマの鼻先がしょっちゅう飛び出してきては、恐い思いをする。
3.道の左端は舗装がいい加減で、車体がばたばた跳ねる。
4.最近の都市部は特に、自転車が同じ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報