ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

PC間でのVPN接続を考えています。
そこで、グローバルIPなしでVPNを構築することは可能でしょうか?
接続方法としては、クライアント側はモバイルカードを利用し、ルータ(サン・コミュニケーションズのRooster-VM)のVPN機能を利用しようと思っています。
サーバ側は状況により、接続方法は変更可能です。
(クライアント側をモバイルカードを利用したワイヤレス接続にすることは必須です)
お互いに接続毎にグローバルIPを通知し、書き換える仕組みを構築することも考えたのですが、毎回接続する度に書き換えるのは不安です。
その他、ルータの機能を利用せずソフト的にVPNを構築することも考えているのですが、やはりどうしてもサーバ側にグローバルIPが必要になってしまうようです。
なるべく安く構築できる良い方法はないでしょうか?
なお、OSはどちらもWindowsXP Proです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは


VPN(IPsec)接続を行うには、接続する対向でVPN 処理を行えることが必須条件です。

>接続方法としては、クライアント側はモバイルカードを利用し、ルータ(サン・コミュニケーションズのRooster-VM)のVPN機能を利用しようと思っています。

これは、”Rooster-VM”をClient 側で使用するのでしょうか?
それともServer 側で使用されるのでしょうか?

また、”サン・コミュニケーションズ”のWEB ページを見るかぎり、
接続確認の取れているものは、”NS-5XT”と”RTX1000”
だけになっているため、それ以外の選択肢は無しで考えてください。
http://www.suncomm.co.jp/rooster_vm/card.html


固定グローバルIP アドレスが無い場合、DDNS なでの機能を使用し、以下の条件が必須です。
・VPN Server 側で、DDNS Server へのIP 登録ができる事
・VPN Client 側で、ホストネームで接続ができる事。

また、DDNS を使用する際には、アドレス変更時に多少の時間差があり、
接続できない可能性も多少あることを許容する必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
やはりグローバルIPなしでもDDNS利用で何とか接続できそうですね。
参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/05 11:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVPN構築時のグローバルIPアドレスについて

宜しくお願いしますBENETTOと申します。

現在、本社・支店A・支店Bと3拠点あり、
それぞれ、
[本社]
固定グローバルIPアドレス:8個
 ・ゲートウェイ(ルータ)用で1個
 ・メールサーバ用で1個(ルータNATで割当)
 ・ウェブサーバ用で1個(ルータNATで割当)
※各クライアントは自社のメールサーバを使用
※WAN側から本社のメールサーバへのPOP3禁止、SMTPのみOK

[支店A・支店B]
動的グローバルIPアドレス:1個
 ・ゲートウェイ(ADSLモデム)用で1個(プロバイダから自動割当)
※各クライアントは本社のメールサーバの使用ができず、プロバイダの
 メールを使用

今回、各支店A・Bからも本社のメールサーバを使用しメールの送受信
を行うため、支店A・Bに対して
 ・固定グローバルIPアドレスの取得。
 ・本社と各支店間をVPNで接続し、各支店からVPN経由で本社のメール
  サーバでメール送受信。
を検討しています。

その中で本社・支店間をVPNで接続するにあたり、各支店に幾つの固定
グローバルIPを取得すれば良いのか悩んでます。実際VPNを構築されて
いる方はゲートウェイ用とVPN用のグローバルIPアドレスを別々にして
いるのでしょうか、メリット・デメリット等もありましたら、ご教示宜
しくお願いします。


プロバイダのサービスでは
 固定IP: 1個
 固定IP: 8個
があり、

各支店に「1個」の場合
 ・ゲートウェイ(ルータ)・VPN兼用で1個

各支店に「8個」の場合
 ・ゲートウェイ(ルータ)用で1個
 ・VPN用で1個

宜しくお願いしますBENETTOと申します。

現在、本社・支店A・支店Bと3拠点あり、
それぞれ、
[本社]
固定グローバルIPアドレス:8個
 ・ゲートウェイ(ルータ)用で1個
 ・メールサーバ用で1個(ルータNATで割当)
 ・ウェブサーバ用で1個(ルータNATで割当)
※各クライアントは自社のメールサーバを使用
※WAN側から本社のメールサーバへのPOP3禁止、SMTPのみOK

[支店A・支店B]
動的グローバルIPアドレス:1個
 ・ゲートウェイ(ADSLモデム)用で1個(プロバイダから自動割当)
※各クライアントは本社...続きを読む

Aベストアンサー

簡単ですが、VPNを実際に構築した者です。

まず、VPNを構築するに当たり、「ゲートウェイ」と「VPNゲートウェイ」を分けるか、分けないか、と言う部分についてですが、実際は、分けておくほうが無難と考えられています。
VPNは暗号化処理に非常にCPUの処理能力を食われます。そのため、通常のゲートウェイと一緒にしていると、能力の低い(特に家庭用BBルーターにVPNがおまけで付いた物)VPNルーターだとすぐにオーバーフローしがちになります。

ただ、最近はゲートウェイと兼用にしてもそれなりの処理をできるルーターもあります。YAMAHAのRTX1000やRTX2000などがそうです。
新たに機器を投資できるのであれば、管理の面や設定の簡単な、兼用型をお勧めします。


固定IPの取得の数についてですが、通常VPNを組まれるのであれば、固定IPは1つで大丈夫です。
本社側のVPNルーターに固定IPを設定し、各支店のVPNルーターが
その固定アドレス宛にVPNを張る形になります。

VPN形成後は、POPサーバーのアドレスをPOPサーバーのローカルIPアドレスに指定するだけで通信ができます。

センター、複数拠点間のVPNのイメージとYAMAHA RTX1000ルーターでの設定内容が下記のサイトに載っています。新たに機器へ投資できるなら、下記のサイトの情報だけで簡単にVPNを構築できますよ。
http://netvolante.jp/solution/vpn/case2/example1.html

また、YAMAHA独自のものですが、ネットボランチDNSと言うものを利用した、固定IPを利用しないタイプのVPNもありますよ。
事例が下記に載っています。
http://netvolante.jp/solution/vpn/case1/example2.html
デメリットは、ネットボランチDNSのサービスが止まると、通信できなくなる可能性があります。

簡単ですが、VPNを実際に構築した者です。

まず、VPNを構築するに当たり、「ゲートウェイ」と「VPNゲートウェイ」を分けるか、分けないか、と言う部分についてですが、実際は、分けておくほうが無難と考えられています。
VPNは暗号化処理に非常にCPUの処理能力を食われます。そのため、通常のゲートウェイと一緒にしていると、能力の低い(特に家庭用BBルーターにVPNがおまけで付いた物)VPNルーターだとすぐにオーバーフローしがちになります。

ただ、最近はゲートウェイと兼用にしてもそれなりの処理をで...続きを読む

QグローバルIP不要の無料VPN接続ソフト

グローバルIP不要の無料VPN接続ソフトってないでしょうか。

普通に考えると、接続用の設備の維持費として有料になると思いますが、
セキュリティソフトに無料のものがあるように、VPNにもないかと思って探しています。

例を出すと、PacketiXが無料だと100点です。
PacketiXを利用すれば、(ルータの設定で外部からの接続を内部のIPにマッピングしなくても、)
接続しようとする両者がSoftEtherのサーバに接続することで、グローバルIPは不要です。

このような形態のVPN接続ソフトで、無料のものを探しています。
とりあえず、Hamachiというものを見つけたので、試してみます。(グローバルIP不要か知らない)
他に知っているものがあれば御教示お願いします。

Aベストアンサー

>例を出すと、PacketiXが無料だと100点です。

PacketiXが100点であれば、PacketiXをベースにオープン化したUT-VPNはどうでしょうか。
筑波大が行っているオープン化プロジェクトです。
震災の影響でしょうかこのURLは私のところからはつながりませんでした。

http://utvpn.tsukuba.ac.jp/

代わりにwikiとソフトイーサの報道発表のURLを載せておきます。

http://www.softether.co.jp/jp/news/100607.aspx
http://ja.wikipedia.org/wiki/UT-VPN

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

QVPNとダイナミックDNSの違い

VPNとダイナミックDNSの違いを教えてください。

どちちらも、離れたところから、家庭内LANや社内LANにアクセスするという
ことだと認識しているのですが、これは、間違いでしょうか?

ダイナミックDNSはあるLANにアクセスするさいに、常時かわるグローバルIPアドレス内に、入るときに設定するものであると考えております。

VPNは、遠隔地から、あるネットワーク内のパソコンの遠隔操作できる
ようなイメージを持っているのですが。

違いがわかりません。

違いを教えていただければと思います。
イメージでも構いませんいし、わかりやすく説明いただければと思います。

なお、ダイナミックDNSやVPNについては、少しだけ、ネットで調べたうえで質問しております。

Aベストアンサー

>どちちらも、離れたところから、家庭内LANや社内LANにアクセスするという
>ことだと認識しているのですが、これは、間違いでしょうか?

VPNについては正解。DDNSについては不正解、0点です。
そもそも(「ダイナミック」が付かない)DNSとは何かという基本的なところが分かっていないように見うけられるので、まずは下記サイトを読んで下さい。
http://cybozu.co.jp/products/server/dns/intro1.html

以下は理解したことを前提に回答します。

家庭でインターネットを利用する場合、ルータを再起動するたびにIPアドレスが変わります。一般的な利用では何も問題はありませんが、自宅サーバを公開する時に困ったことになります。IPアドレスが変わるということは、DNSに登録されているIPアドレスと実際の自宅サーバのIPアドレスが一致しなくなるということであり、せっかく取得したドメイン名でアクセスしても繋がらないということになってしまいます。

これを解消するために、自宅のIPアドレスが変わったら自動的にDNSの登録情報を更新するのが
DDNSという仕組みになります。

>どちちらも、離れたところから、家庭内LANや社内LANにアクセスするという
>ことだと認識しているのですが、これは、間違いでしょうか?

VPNについては正解。DDNSについては不正解、0点です。
そもそも(「ダイナミック」が付かない)DNSとは何かという基本的なところが分かっていないように見うけられるので、まずは下記サイトを読んで下さい。
http://cybozu.co.jp/products/server/dns/intro1.html

以下は理解したことを前提に回答します。

家庭でインターネットを利用する場合、ルータを再起動するたび...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

QグローバルIPは固定できませんか?

あまりネット関係には詳しくないので分かりずらいかもしれませんが宜しくお願いします。

つい先日、仕事で使うサーバへのアクセスを自宅からもできるようにしてもらいました。

【219.184.124.32】というIPアドレスをサーバ管理会社に開放してもらったのですが、先日停電が起きてからIPアドレスが変わってしまったのかアクセスできなくなっていました。

確認くんで確認したところ、やはり違うIPになっていました。

この場合どうすればまたアクセスできるようになるのでしょうか?

今のIPをもう一度開放してもらうしかないのでしょうか?

それとも、【219.184.124.32】にIPを固定する方法があるのでしょうか?

どなたかご存知の方がいれば教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

>セキュリティ上非常に危険なことを行っているのだけは間違いありません
No.4さんが言っていることは非常に重要なことです。
>管理会社がどの程度のレベルで、どの程度のことまで委託されいるのか判りませんが、また 会社のネットワーク管理者のレベルも判りませんが
レベルが低い事は間違いありません。
グローバルIPが動的でしかも自宅からダイレクトアクセスをさせているのですから・・・
私だったら顧客に絶対させません。どうしても必要があればVPNを構築するか、INS回線でリモートをさせます。

>何かこの2つを使えばできそうな気はするのですが、どのように使えばいいか、管理会社にはどのように伝えればいいのか…無知で申し訳ありませんが見当がつきません。
やはり、上記の理由によりやめた方がいいです。

でも簡単にVPNサービスを利用する方法があります。
以下サービス契約を管理会社に提案してはどうでしょう?
http://www.softether.com/jp/desktop/
分かればいいのですが・・・

QリモートアクセスVPN構築に必要なもの

リモートアクセスVPNを構築するのに必要な機器を調べてみるとサーバー、クライアントともにVPNゲートウェイとVPNルータがいるようです。
インターネットで調べていたところ必要なものとしてVPN対応ルータ(VPNゲートウェイ)とあるのですがゲートウェイとルータは両方必要ではないのですか?

ルータは複数のLANを接続するときに必要だと思うのですが、私の家はPCが1つしかなくLANではありません。その場合でもリモートアクセスVPNを構築するにはルータがいるのでしょうか?(IPアドレスを識別させるためですか?)

あとクライアント側には"VPNクライアント”というソフトが必要なようですが、このソフトをインストールしたらルータやゲートウェイはいらないんですか?

いろいろごちゃごちゃになってしまってわかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

#1の方の補足をします。

主に使われるVPNは現在大きく分けて2つあります。それがPPTPとIPSecによる方法です。(現在はそのほかの方法もちらほら出てきていますが主流はこの2つです)

それぞれ特性があり
PPTP = ダイヤルアップ等に似たリモートアクセス向き
IPSec = 事業所間等で固定的に使用される物向き
と大きく分別できるかと思います。

ではVPNゲートウェイとVPNルータですが通信の仕方を考えてみると理解できると思います。

SRV→RT  [internet]   RT←PC

リモートアクセスではこのような形になります。
たとえ、ダイヤルアップでPCをネットにつなげてもインターネットへアクセスするにはルータが存在します。自分の部屋にルータが無くてもプロバイダさん側にはかならずルータがありますよね。
ネットワークとネットワークを繋ぐには必ずルータが必要になるからです。

VPNルータという定義が何なのかハッキリしませんが、要はVPNで使うプロトコルのtcp,udpのポート番号が通過できるルータであれば良いということです。
(NAT等が入ってくるとややこしくなるのでここでは説明しません。)

VPNゲートウェイこれまた定義がハッキリしませんが、恐らくVPNで使うポートを外部へ抜かせる(ゲートウェイ)事ができるルータもしくはVPNを張れ出口になれる装置を指しているのだと思います。

つまり、通常のVPN対応ブロードバンドルータとか言っている物とか当てはまります。
(VPNパススルーとかいうのはVPN対応ルータとは言い難く、PPTPが喋れ無い事が多いです。)

VPNクライアントはサーバが喋っているVPNで使うプロトコルと同じ言葉が喋れるクライアントの事を指していると思います。

0000200bさんの目的を推測すると
自宅にPC1台、その他にPC1台(ノートかな?)
自宅でサーバを立ち上げてインターネットへ接続状態にしておいて、出先で自宅サーバとVPNを張りたい。
その際にVPN対応のルータ(装置)を準備しなければならないのか?

と推測できます。

答えから言いますと、その構成ならば別に必要ありません。

前提条件としてプロバイダさんがそのポートを空けておいてくれていればいいのです。

仮にサーバ、クライアントがwindows2000とかであればIPSecやPPTPも使えますし、unixでも当然問題ありません。

VPNはVPNという言葉は定義されていますが、メーカ毎に若干の表現の違いがあり、理解し難い事も多いです。
VPNは要はグローバルアドレス(別(共有)ネットワーク)の中にローカルアドレス(自分のネットワーク)のパケットを入れて別ネットワークに接続していることを意識することなく、自分のネットワーク内の通信するという事ですからトンネリングだけでもVPNである
と言われればVPNであると言えます。

つまり、暗号化されないVPNも存在します。

但し、世間一般ではPPTPやIPSecを使う形がVPNの意味ですので混乱しやすいです。

PPTPやIPSecを使うのはデータもしくはパケット自体を暗号化し安全に通信を行えるようにするための技術に他なりません。
(一般的にPPTP < IPsecでIPSecの方が暗号強度は高いです。)

VPNという技術とPPTP,IPSecを分けて考えると理解しやすいと思います。

と理解できたところで、固定IPが必要な理由ですがVPNでは双方にコネクションを確立してその中にデータを流す必要があります。その際接続先が分からなければコネクションを確立できませんから固定IPが必要になる訳です。裏を返せば接続先が分かればいいという事になります。YAMAHAさんの製品なんかですとDynamicDNSを用いてPPTP,IPSecによるVPNを使う事もできますが、理想を考えると固定的にVPNを使うには適しません。

固定的に利用する場合、通信の開始は片側(クライアント)から開始されるとは限りません。何らかの理由でコネクションが切断された時、再コネクションを確立する必要があります。時間がかかってもいいのであればそれは許容範囲ですが、そうでない場合は通信をしたい側からコネクションを確立する必要があります。そう言った理由で理想は固定IPが両端必要になるわけです。

では何で片方でいいのかとう質問をされそうですが、これは使用目的によります。
外出先で一時的にVPNを用いる場合は常にクライアントから通信が始まる事が多いはずです。
となれば、両端固定IPの必要は無く、サーバのアドレスが分かっていればいいと理解できます。

触り程度でVPNに関して説明すると本1冊書けてしまうぐらいの内容ですので、非常に長くなりましたが、ここまでで。

#1の方の補足をします。

主に使われるVPNは現在大きく分けて2つあります。それがPPTPとIPSecによる方法です。(現在はそのほかの方法もちらほら出てきていますが主流はこの2つです)

それぞれ特性があり
PPTP = ダイヤルアップ等に似たリモートアクセス向き
IPSec = 事業所間等で固定的に使用される物向き
と大きく分別できるかと思います。

ではVPNゲートウェイとVPNルータですが通信の仕方を考えてみると理解できると思います。

SRV→RT  [internet]   RT←PC

リモートアクセスではこ...続きを読む

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

Q自宅のルーターにVPN接続でインターネット

海外から自宅のルーターにVPN接続でインターネットをしたいです。

特に自宅のサーバでデータをやり取りする必要もなく、日本のIPでインターネット接続がしたいだけです。
有料のVPN提供会社などありますが、せっかく自宅にずっと起動しているルーターがあるので、こちらを経由して接続できる方法を知りたいです。
(ネットワーク初心者なので、方法が良く分かりません。ちなみにproxyサーバという方法もありますが、VPNについて知りたいです。)

自宅のルーターはBUFFALO WHR2-G54です。
よろしくお願いします。

また、このような接続の場合の危険性については、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

 残念ですが、かなり否定的な解答です。

 VPNで接続するには、VPN機能を提供するサーバーの役割をする機器が必要です。
 また、どのような方法で構築するにせよ、最低限、自宅側には固定IPが必要です。
 本当は、セキュリティー強度を考えると、海外の拠点側にも固定IPが欲しいです。(これはオプションです。)

 残念ですが、提示された機種のルーターにはVPNサーバー機能がありません。このため、自宅内に、VPNサーバーを提供する機器なりサーバーOS(例えば、windws2003とかwindows2008とか)を稼働させているパソコンが常時起動しているなら可能ですが・・・多分、どれもないでしょうね。(いや、普通、個人の自宅にこんなもの備えている人は少ないです。)

 どんな環境で構築するにせよ、VPNサーバーの構築を行うには、ネットワークに対する結構な知識が必要です。残念ながら、「ネットワーク初心者なので、方法が良く分かりません。」と言われるような知識で手を出せる様なものではありません。

 接続に対するセキュリティーにしても、外部に開かれたサーバーを用意すると言うことは、外部から自宅内への道を作ると言うことですから、この道には必ずそれなりのセキュリティーの対応を行う必要がありますが、これも結構ハードルは高いです。
 (いや、めちゃくちゃハードルが高いです。・・・考えください。最近、ハッカーに侵入されて個人情報を流出させた大手超有名企業や、HPを書き換えられた政府機関のサーバーなど結構ありますが、このセキュリティー対策を素人がやっていたと思いますか?そんなはずないですよね。)

 現実的なラインは、有料の外部サービスを使うのが一番の近道と思います。
 目的が、国内の制限サイトにアクセスすることというだけでしたら、国内にある公開プロキシを通すのが一番安直だと思いますけど・・・

 残念ですが、かなり否定的な解答です。

 VPNで接続するには、VPN機能を提供するサーバーの役割をする機器が必要です。
 また、どのような方法で構築するにせよ、最低限、自宅側には固定IPが必要です。
 本当は、セキュリティー強度を考えると、海外の拠点側にも固定IPが欲しいです。(これはオプションです。)

 残念ですが、提示された機種のルーターにはVPNサーバー機能がありません。このため、自宅内に、VPNサーバーを提供する機器なりサーバーOS(例えば、windws2003とかwindows2008...続きを読む

Qコマンドでネットワーク上の全てのIPアドレスを取得したい

まさに質問のとおり、
「コマンドプロンプト上であるコマンドを打ち、
同ネットワーク上の全てのマシンに振られているIPアドレス等が表示できる!」
というのは可能ですか??
そういうコマンドがあれば教えていただけませんか?

※arp、netstatなどを片っ端から打ってみたんですがそのような表示をさせてくれるコマンドではなかったので投稿させていただきます。
力不足ならご指摘ください。お願いします。

Aベストアンサー

「nbtscan」ってソフトを使用しています。
コマンドプロンプトから実行しますが、指定したセグメント内の全てのIPとPC名をひろってきます。
DHCP環境での管理にはかなり重宝しています。
nbtscanの強いところはWAN内のほかのセグメントも見に行けることです。既出の「domainview」はGUIで操作も簡単なので同セグメントの情報取得にはそちらが便利ですが、他セグメントなどを見に行くときにはnbtscanが強いです。

参考URL:http://www.inetcat.org/software/nbtscan.html


人気Q&Aランキング