ある人にパソコンを教えていて、質問されました。
なぜ『半角』・『全角』なのかと問われました。
英語が元なら1角と倍角となるのではと突っ込まれ、
また、なぜ『角』なのかとも問われました。

どなたかご存知ないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あやふやな記憶で、全然自信なしなのですが。



元はコンピュータ用語ではなく、活版印刷の用語だったと聞いたことがあります。
正方形の活字が全角で、それを半分にしたものが半角だったのでしょう。
(活版印刷に関しては全く知らないので、ここら辺は専門家に確認して頂けると
ありがたいです。)

一方、コンピュータの世界で日本語が使われるようになった時、最初に使われた
のは1文字1バイトのコードでした。世界標準のASCIIを少し拡張して片仮名も
表せるようにしたわけです。ところが、やはり漢字を使いたいということで、
1文字2バイトのコードが作られたわけです。英数字を含めても、日本語を表現
するには、この2バイトコードだけで十分だったはずなのですが、これでは世界
標準のASCIIとの間に互換性がないということで、色々と不都合もあったわけなの
です。それならばということで、両者を融合させ、ASCIIとの互換性を保ちつつ、
漢字も表現できるようにしたのがシフトJISです。以前の不都合はなくなりましたが、
単一のコードセットの中に1バイトのコードと2バイトのコードが混在することに
なってしまいました。そこで、当時の技術者は1バイトの文字を2バイトの文字の
半分の幅で表示することを思いつき、活版印刷の概念であった全角・半角という
用語をコンピュータの世界に導入したのです。

ちなみに、ASCIIとの互換性を保ちながら漢字を表現できるようにしたコードとして、
EUCというものも作られました。主にUNIXの世界で多用されるようになったコード
で、シフトJISよりも多くの文字を表現できるという利点がある反面、コードサイズ
と文字の大きさとの間に直接の関係がなく、1文字が何バイトなのか、見た目には
分かりにくいという欠点があります。(半角かなは、EUCでは2バイトになります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

活版印刷ですか。なるほどその線で調べてみます。元々の質問者は、コンピュータ関係の用語が分かりにくいと言うところつまずいていました。ranxさんの回答で説明しょうと思います。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/08 06:28

ずいぶんと鋭いツッコミですね。


このことについては、なぜ「角」なのか??ということに集約されると思います。
「角」とは、すなわち、四角、方形を指します。意味は辞書通りで、何か特別なコンピュータ用の意味があるというわけではないと思います。
現在は、プロポーショナルフォントが普及し、字の幅は様々ですが、ワープロやDOSの時代には主に等均フォントが使われていました。等均フォントであるため、文字の表示領域は格子状に管理されていたので、半角が2つで全角分のサイズになります。
表示区分の単位でいえば、確かに半角が1つ、全角が2つ、ということになります。と、いうことで(どういうことなんだか)、全角は縦と横の比率が1:1の正方形になっているものです。正方形を基準にしているんですね。半角は、縦に対して横の長さが1/2しかないため半角となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです鋭い方なのです。正方形が基準と考えればなるほど半角ですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/08 06:30

>なぜ『半角』・『全角』なのかと問われました。



日本語FEPで文字を入力すると、1文字が2バイト文字で表示されることから
「全角」、通常のアルファベット文字は、その半分の文字の大きさだった
ことから「半角」と呼ばれるようになったと思います。
(これは、ワープロソフトで使われはじめた日本語FEPから使われはじめた
言葉だと思います。)

>英語が元なら1角と倍角となるのではと突っ込まれ、

もともとが日本語ワープロソフトから来たので、"英語を元に"ではなく
"日本語のひらがなや漢字が元"なので、そちらが全角。

>また、なぜ『角』なのかとも問われました。

大元はワープロから来てるのだと思いますが...
ワープロだと「倍角」や「4倍角」というのがありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとう御座います。
そう言えば倍角・四倍角有りましたね。ワープロや、一太郎ではよく使っていましたが、MS-WORDにしてから殆ど使わなくなりました。

お礼日時:2001/09/08 06:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報