ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

急遽海外出張に行くことになり、出張先で設備を動かすための簡単なコネクタケーブルや工具(ドライバーやラジペンなど)を持っていくことになりました。その場合、必要書類(インボイスなど)必要でしょうか?持ち帰るもので、別に出張先に置いてきたり売ったりするものではないので何も必要ないと思っているのですが・・・。ただ、万が一空港で荷物を空けられたとき、「私物です」で済むものなのでしょうか?
すみません。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は何回も米国に工具やPC用特殊ケーブルを持って出張に行っていますがとめられた事はありません。



米国に行くときの工具の量としては、幅20cm×奥行き15cm×高さ15cm位の透明の箱一杯に工具を入れていきます。

特殊ケーブルは、ノートPCと一緒にバックの中に。。。

入国の目的はもちろん「ビジネス」で。。。

一度、現地の作業で使う部材を大きめのスーツケースの半分ぐらいの量をインボイス無しに、持ち込んだことがありますが問題ありませんでした。
ただし、それはテロ事件の前なので、今同じ事をやったら確実にとめられているでしょう。。。(^^;)


無用なトラブルを避けたいのであれば、インボイスは作っておいた方が無難でしょう。
税関で目を付けられてもインボイスがあれば比較的スムーズに行きます。

#2さんの、工具を借りるのも一つの手ですが、出張で行くところが自分の会社の系列ならいいのですが、お客様の所に行く場合事前に確認しておかないと「失礼」になりますし、必要な工具が無い場合もあるにで自分で持っていく様にしています。

それに、工具を送る場合、あらかじめ出張に行く事が分かっていればいいですが、急な出張の場合、「DHL」や「UPS」などの国際宅配便を使っても、工具より自分が先に着いてしまうため、1~2日作業が出来ない場合があります。
    • good
    • 1

出張先の国にも依りますが、基本的に、


ケーブル類や、工具類は、目をつけられやすいです。

入国目的が、「観光」となっていれば、尚更、
不自然にとられますので、渡航先現地で、
トラブルにならないとも限りません。

工具など、現地で借りられるものは借りる事として、
どうしても持参しなければならないものがあるなら、
事前に、クーリエ(海外宅配便)などで、
現地に送っておかれた方が、無難だと思います。
(2-3日で、到着します)

空港での荷物チェックは、厳しくなっていますので、
安易に持って行って、トラブルとなるのも、
余計面倒です。
    • good
    • 1

持っていく量と価値によるのではないでしょうか。


大量に持っていたりすると販売用などと判断されたり
することもあると思います。簡単な工具や少量のケーブル程度でしたら普通は問題ないと思いますが。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外で販売する日本の商品を、個人が飛行機の荷物で持参する為の手続き

海外で販売する日本の商品を、個人が飛行機の荷物で持参する為の手続き

お世話になります。詳しい方がおられましたら教えてください。
私は、EU圏である日本の商品の輸入・販売をしている会社に勤務している者です。
普段は、乙仲業者を介して、飛行機便や船便で商品の輸入を行っております。
お伺いしたいのは、下記のような事が出来るかなのですが・・・

ある顧客から、急に普段在庫していない商品の受注がありました。
納期も出来るだけ急いでほしいという要望なので、船便だと時間がかかりすぎます。
飛行機便だと対応できますが、ちょうどそのタイミングで同僚が出張で当社を訪問するので、その同僚にその商品を持参してもらいたいのです。(10キロ程度の重量ですが、もちろん同僚は了承済みです。)

こちらで商品として扱い販売するものなので、きちんと申請をして、正式な税関手続きを踏み、空港でトラブルがないようにしたいのですが、どのような手続きが必要か、どこに聞けばいいのか、そもそもそういう事が可能なのか等、色々自分なりに調べてみましたが、今のところ明確に分かっていません。

どなたかご存知の方がおられましたら、アドバイスを頂けますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

海外で販売する日本の商品を、個人が飛行機の荷物で持参する為の手続き

お世話になります。詳しい方がおられましたら教えてください。
私は、EU圏である日本の商品の輸入・販売をしている会社に勤務している者です。
普段は、乙仲業者を介して、飛行機便や船便で商品の輸入を行っております。
お伺いしたいのは、下記のような事が出来るかなのですが・・・

ある顧客から、急に普段在庫していない商品の受注がありました。
納期も出来るだけ急いでほしいという要望なので、船便だと時間がかかりすぎます。
飛行機...続きを読む

Aベストアンサー

そういうのを通常「ハンドキャリー」などと呼ぶのですが、それ自体はよくあること、と言うか、非常時などには常套手段となっていることです。
リマークが出たり数量不足があったりで、明日までにに代替品が必要なんて場合も時々ありますので。
ハンドキャリー専用の業者や、大手物流会社でハンドキャリーサービスをしている所なんかもあったりします。

やり方としては、事前に業務通関を済ました上で当日は運ぶだけという方法と、完全に飛び込みで持ちこみ空港で口頭申告するという方法がありますが、前者についてはフォワーダーに相談してもらうとして、ここでは後者の方法(旅具通関)についてのみ説明します。
と言っても、基本的には一般の旅行者と通関手順は同じです。
各国の輸出管理令で持ち出しに条件や制限がつくものでなければ、出国時はそのままスルー。(許認可の有無は通常輸出の場合と同じです)
審査があるのは主に日本入国時で、この際は申告レーンに向かい、そこで口頭申告してください。
INVOICE等、仕入れ原価がわかる書類を必ず持参しましょう。
通常の通関との違いとしては、関税額は日本国内での消費税・地方税を含めた形で税関職員が計算し、賦課課税方式でその場で支払うことになります。
現金(日本円か米ドル)を忘れずに持参してください。
携帯品としての簡易税率が適用されて通常の業務通関よりも関税額が安くなることが多いのですが、とりあえず通常かかる程度の関税額を想定して現金を持参すれば問題はないでしょう。
ただし、飛行機の預け荷物の許容量をオーバーすれば、航空会社にその分の追加料金を徴収されますから、その点も忘れずに考慮してください。

何も後ろめたいことではないので、わからないことがあれば堂々と税関職員に聞いてもらって大丈夫です。

そういうのを通常「ハンドキャリー」などと呼ぶのですが、それ自体はよくあること、と言うか、非常時などには常套手段となっていることです。
リマークが出たり数量不足があったりで、明日までにに代替品が必要なんて場合も時々ありますので。
ハンドキャリー専用の業者や、大手物流会社でハンドキャリーサービスをしている所なんかもあったりします。

やり方としては、事前に業務通関を済ました上で当日は運ぶだけという方法と、完全に飛び込みで持ちこみ空港で口頭申告するという方法がありますが、前者につい...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q海外出張での工具持込手続きは?

急遽海外(中国)出張を命じられました。が、工具・その他(接着剤・カッターナイフ)などが必要なので、持参したいと思っています。成田空港で手続きは、時間はどれほどかかるでしょうか?

Aベストアンサー

機内持ち込みの手荷物ではなく、預けてしまえば通常とさほど変わりなく手続きを済ませることが出来ると思います。(もちろん、海外への持ち出しが禁止されているものや、飛行機に積めないものもありますので、それは航空会社に確認されるのが一番だと思います。そういったものが入っていないという前提です。)

後は、入国手続きの際に税関を通ると思いますので、その時にきちんと「自分は技術者で、仕事に必要な道具だ」「〇〇という会社に呼ばれて来た」ということを説明出来るようにしておけば、問題ないと思います。

あるいは国際小包で先に荷物だけ送っちゃうか、ですね。

Q高額品を持ち出して、持ち帰りたいのですが...

日本製の高額品を持ち出して、使用後持ち帰りたいのですが、税関で関税がかかることを心配しています。

宝石のような高額品を身に着けていく場合、皆さんどうされているのでしょうか?
行った先の国の税関では、また持ち帰ることを証明するのはどうするのでしょうか?

物は計測器で新品、価格は二百万円ほどです。行く先は中国です。
参考になるアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単な説明で申し訳ないですが、「ATAカルネ」と言う書類を作成すればOKです。検索で「ATAカルネ」で探してみてください。
例で撮影用機材などが該当するそうです。
今年初めて海外の展示会に出展したときに使用(経験)しました。

参考URL:http://www.jcaa.or.jp/carnet-j/about.html

Q無償貨物と有償貨物の違いについて

有償貨物(Commercial Value)と無償貨物(No Commercial Value)の違いについて教えてください。

内製ソフトのCD-ROMを'No Commercial Value'として中国に輸出(発送)しました。
基本的には全て業者さんにお願いしているため、発送の詳細等は業者さん任せなのですが、中国の荷受企業から「'Commercial Value'でなければならないのでは?」と連絡がありました。
今まで他国には同様にCD-ROMを発送していたのですが、特に何の指摘もなかったために、全く意識したことがありませんでした。
そこで、'Commercial Value'と'No Commercial Value'の違いについてと、実際どうするべきなのかを教えてください。
素人の質問で大変申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

有償であれば通関金額(通関時申告金額)と決済金額が一致するという原則があります。(例外はあるが)
また経理的には、その会社の売上金額(輸出なら)と、あるいは仕入金額(輸入なら)と通関金額が一致するはずです。

輸入国側で、無償のINVOICEで輸入通関すると、決済(送金)できないことになります。無償とはそういう意味ですから。日本では外為自由化が進んでいるので、輸入貨物代金の送金といえば通関書類のチェックまで銀行はしませんが、無償輸入通関なのに送金が出えてくればおかしい。事後に税関や税務署の監査があれば、おかしいことがばれます。

逆に、輸出通関が無償になているのに入金すると上記同様おかしい。ただ監査が常時行われる大手企業と違い、小さい金額ならそこまで考えなくてもという意見もあるかもしれません。輸出の修正申告はこの意味で言いました。

Q自己使用目的の計器のハンドキャリー輸出

自己使用目的の計器のハンドキャリー輸出

客先作業のための自己使用が目的で、作業に使用する計器を海外にハンドキャリーする予定です。
輸出規制にあてはまるものではなく、海外の居住者への提供も一切ありませんが、
その場合も輸出申告が必要となるのでしょうか。

いろいろ調べましたが、どの様な場合申告が必要となるのか、基準がよくわかりません。
どなたかご存じであればお知恵をいただければ助かります。

Aベストアンサー

何も(対策)しないでハンドキャリすると、可能性として困ることは、各国の入出国時の税関検査でひっかかること。特に外国は、厳しく、入国時持ち込みが不可となったり、輸入税や間接税が課税の可能性あり。 
日本の再入国時も、出国時の輸出申告が無いと、同様に輸入税消費税が発生する可能性があり。ちゃんと輸出・輸入申告をするのが原則。
しかし、実際には、時間的にも難しい。
次善の策は、invoiceを作成し一緒に(数枚)もって行くこと。
ハンドキャリ、自分の作業のみ使用、日本に持ちかえること、品名、中古品、価格、非商業品あること他、ありのままを記載したものです。
Good luck and have a good flight!!

Q貿易の通関用インボイスと商業用インボイス

貿易で使うインボイスには主に通関用と商業用のインボイスがあると思うのですが、用途の違いはわかるのですが、どのように通関で使われるのか、又どのように流れるのかの違いがよくわからないので、どなたか詳しい方、教えて下さい。時々、海外のお客から低く金額が設定してあるインボイスがくるときがありますよね。これは、輸入用(現地通関用)としてお客に送り、エア/クーリエの場合はこっちをattach(通関でチェックされる?から、書類的には現地(海外)にいってしまうのがわかりますので、輸入用と一致させないといけませんよね?)して、支払用と日本通関用は(日本側では正規の値段をきちんと申請するとして)別途商業用インボイス(こちらの売値)を日本側の乙仲とお客に送る・・というやり方は解釈としてあってるのでしょうか?(インボイスを分けるのは違法だと思うのですが、この際は質問ということで無視して下さい。)日本の通関で使った書類もしくはデータ等は、現地に行くのでしょうか?船/エア/クーリエ、それぞれの場合どうなるのか、教えて下さい。
質問を書面にするのがなかなか難しくて支離滅裂だとは思いますが、わかる範囲・理解できる範囲で結構ですので、ご回答下さい。よろしくお願い致します。

貿易で使うインボイスには主に通関用と商業用のインボイスがあると思うのですが、用途の違いはわかるのですが、どのように通関で使われるのか、又どのように流れるのかの違いがよくわからないので、どなたか詳しい方、教えて下さい。時々、海外のお客から低く金額が設定してあるインボイスがくるときがありますよね。これは、輸入用(現地通関用)としてお客に送り、エア/クーリエの場合はこっちをattach(通関でチェックされる?から、書類的には現地(海外)にいってしまうのがわかりますので、輸入用と一致させ...続きを読む

Aベストアンサー

>エアの場合、付いていってしまうのが原則なら、輸入用のインボイスをお客に送付する必要は無いってことなのでしょうか?

その通りです。ただSHIPPING ADVICEとして、FAX/E-MAILで送ってあげた方が親切かもしれません。

>送付しなければいけないのなら、金額は、通関用と商業用で分かれる場合、attachするものと輸入用(後日送付するもの)は一致させなければいけませんよね?

違法な形でのINV使い分け(特に金額)は駄目なのは説明しました。

意味分かりにくいですが、三国間貿易(BUYER=入金先A国、貨物B国へという3国間)のときは、日本通関用のINVを貨物に添付するのはまずいですよね、元来はAからBからのINVOICEを取り寄せ貨物添付するか。通関業者明確に指示をしないといけません。この辺が初心者だと誤りやすいところで、AIR通関業者に指示がないと、Aに取っての仕入額がCにばれてしまいAの営業的にまずくなる。

>輸入用(後日送付するもの)
上で述べたとおり、AIRでは郵便等でINVOICE等を送るのは、私は大半省略しています。保険証券や他に原本を送り必要があれば別ですが。FAX/E-MAILで十分かと。(あるいは貨物添付のINVOICEで十分か)もちろん顧客が要求すれば応える必要あります。

>エアの場合、付いていってしまうのが原則なら、輸入用のインボイスをお客に送付する必要は無いってことなのでしょうか?

その通りです。ただSHIPPING ADVICEとして、FAX/E-MAILで送ってあげた方が親切かもしれません。

>送付しなければいけないのなら、金額は、通関用と商業用で分かれる場合、attachするものと輸入用(後日送付するもの)は一致させなければいけませんよね?

違法な形でのINV使い分け(特に金額)は駄目なのは説明しました。

意味分かりにくいですが、三国間貿易(BUYER=入金先A国、...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qインボイスにサインは必ずないといけないのでしょうか?

通関の際、インボイスを税関に提出しますが、そのインボイスには必ずサインが入ったものでないといけないのでしょうか?
ファックスやメールで受け取った書類を提出する事は出来ないのでしょうか?
提出を必要としない場合で、審査に支障のない場合は提出を必要としないとありますが、それはどのように解釈したら良いのでしょうか?
通関業者、税関関係の方でくわしい方教えてください。

Aベストアンサー

(Q)コピーが可ということははっきりしているのですが、そのコピーにサインがなくてもいいのかが知りたいのです。認められていますと書かれていいらっしゃいますが、根拠になるものがあれば教えてください。

(A)法律に書かれていることを簡単に説明させてもらいます。
「仕入書(インボイス)の提出を必要としない場合」は「税関長が貨物の性質又は形状その他の事情を勘案して取り締まり上支障がないと認めたものを輸出又は輸入しようとする場合」

「その他の事情」とは貨物の価格及び取引形態等、当該輸出申告に係わる総合的な事情をいい

「取り締まり上支障がない」とは、検査の決定等、関税関係法令の執行に支障がない場合を言う

具体的に
(1)イラン、イラク、北朝鮮及びリビア以外を仕向地とする輸出申告
(2)不鮮明な箇所ない仕入書の写し等が添付されており、審査及び検査の決定に支障がないと認められる場合

「不鮮明な箇所のない仕入書」
(1)オリジナルインボイスのコピー(FAXで送付されたものを含む)
(2)電子インボイスを書面出力したもの
*オリジナルインボイス以外の書類をすべてインボイスの写し等と判断したしますので、輸出者のサインの有無は問いません

だだし、不鮮明な箇所のない仕入書の写し等が添付されている場合は、オリジナルインボイスを含めたその他の疎明書類を求める場合がありますので、ご注意ください。

これが税関担当官の見解です。

結論を言いますと、オリジナルインボイスを税関に提出する場合は輸出入者のサインが必要です。それ以外(コピー、MAILに添付されたもの)はサインが必要ないと言うことです。

お分かりいただけましたでしょうか

(Q)コピーが可ということははっきりしているのですが、そのコピーにサインがなくてもいいのかが知りたいのです。認められていますと書かれていいらっしゃいますが、根拠になるものがあれば教えてください。

(A)法律に書かれていることを簡単に説明させてもらいます。
「仕入書(インボイス)の提出を必要としない場合」は「税関長が貨物の性質又は形状その他の事情を勘案して取り締まり上支障がないと認めたものを輸出又は輸入しようとする場合」

「その他の事情」とは貨物の価格及び取引形態等、当該輸...続きを読む

Q海外にパソコンの持ち出しについて

春に職場の同僚(女4人)とハワイに行きます。そこで、ノート型のパソコンを持っていきたいのですが、以前同僚から持ち出しは許可が必要と聞いた事があります。もし、許可が必要ならどこでもらうのでしょうか?海外旅行は全員初めてなので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

国際物流業界で働いています。

個人的な旅行の時にノートパソコンを持って行き程度であれば「許可」は不要ですからご安心を。
旅行や短期の出張の時に個人使用のために海外に持ちだして、その後持ち帰ってくる場合で、且つ指定されている一部の国へ行くのでなければ輸出許可はいりませんよ。
例えば、
富士通
http://jp.fujitsu.com/support/export/
東芝
http://dynabook.com/assistpc/export/index_j.htm
などで確認できます。
どうしても心配であればお持ちのノートパソコンのメーカーのウェブサイトやサポートセンターで確認されてはいかがでしょうか?

「パソコンの持ち出しには許可が必要」とおっしゃっている同僚の方がおっしゃっているのは「輸出貿易管理令」という法律の一種に基づいた話だと思いますよ。
ノート型・デスクトップ型などを問わず、パソコンを「輸出」する場合には輸出通関の時に「該非判定書(非該当証明書やパラメータシートとも言います)」の提出を税関(実務的には通関業者)から求められることがあります。その上で「輸出許可」を得なければ輸出できないんです。これはパソコンやその技術が大量破壊兵器の製造や利用のために、あるいはテロ組織などに使用されないように規制するためですが、これはあくまで商業輸出として輸出する場合が対象になるものです。
ちなみに、輸出貿易管理令に基づいてパソコンの輸出許可を出すかどうか?の判断をするのは経済産業省なので、税関はただ窓口として審査しているに過ぎません。だから、「このパソコンは持ちだしても大丈夫ですか?」と税関の職員(ましてや空港の旅客ターミナルの出国審査場にいる職員)に聞いても的確な答えは得られないと思いますよ。質問しても、呆気無く「(詳しくわからないけど)大丈夫ですよ」と言われるんじゃないでしょうかね・・・・

厳密には、無線LANの規格などはその相手国(質問者さんの場合であればアメリカ)で認められているかどうか?も判断して持ち込まなければいけませんが、実際にはそこまで厳格な運用はされていません。僕は今はアメリカに住んでいますが、僕も含めてまわりには日本から持ってきたパソコンを使っている人はいくらでもいます。これは、あくまで「個人用途」だから問題になっていないんです。

とにかく、旅行に持っていくパソコンは持ち出しとか輸出許可はいりません。
そうそう、ノートパソコンは機内持ち込みです。スーツケースに入れて預けてはダメです。スーツケースに入れておいて万が一故障したり盗難にあっても誰も補償してくれません。それと、搭乗前のセキュリティチェックの時には機内持ち込みのカバンからパソコンを出して、パソコンだけを検査機に通しますからね。これが結構面倒なんです・・・・


長文、失礼しました。

国際物流業界で働いています。

個人的な旅行の時にノートパソコンを持って行き程度であれば「許可」は不要ですからご安心を。
旅行や短期の出張の時に個人使用のために海外に持ちだして、その後持ち帰ってくる場合で、且つ指定されている一部の国へ行くのでなければ輸出許可はいりませんよ。
例えば、
富士通
http://jp.fujitsu.com/support/export/
東芝
http://dynabook.com/assistpc/export/index_j.htm
などで確認できます。
どうしても心配であればお持ちのノートパソコンのメーカーのウェブサイトやサポー...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報