To、Cc、Bccはどれにアドレスを入力してもメールが送信できるようですが、なんのために3つに分かれているのかわかりません、、?すいませんが、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

To→特定の人に送信


Cc→複数の人に同時に送信(誰に送信したか相手にわかる)
Bcc→複数の人に同時に送信(誰に送信したか相手にわからない)
    • good
    • 0

"to"は、その人宛に送ること。


"Cc"はカーボンコピーの略で同じ内容のものをその宛先に送るということ。
"Bcc"はブラインドカーボンコピーの略で、カーボンコピーと同じですが
カーボンコピーで送った事を"to"や"Cc"にある宛先の人にわからないように送るということです。

他に誰に送ったかを知らせたくないときは"Bcc"を使えばよいでしょう。
    • good
    • 0

電子メール to:・cc:・bcc: 宛先の使い分け方


http://www.xucker.jpn.org/pc/to_cc_bcc.html

参考URL:http://www.xucker.jpn.org/pc/to_cc_bcc.html
    • good
    • 0

普通はToを使います。

1対1のメールのやり取りの時は
To以外はほとんど使いません。
CCはカーボンコピーで、同じメールを複数の方に送るときに使用します。なにかの案内や、複数の友達との
打ち合わせの時など。
BCCはBlinded Carbon Copyで、受信した人に他の受信者が見えません。プライバシーの問題などがあるので、たくさんの人に同じメールを送るとき、送っているリストを知られたくない時などに使います。
    • good
    • 0

to


 本当に関係する人
cc
 情報として伝えたい人
bcc
 to、ccの人には送ったことを知らせないで送りたい人

たとえば、
toをA、ccをB、bccをCとすると
本当はAにだけ必要とするが、Bにも情報として伝えておこう、Cにも情報として伝えるがA,Bには内緒にしよう

だいたい、こんなかんじですかね。
    • good
    • 0

以前、私も質問したことがあります。


多分参考になると思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1299081
    • good
    • 0

Toは「本来のあて先」


CCは「ついでに送っておきたい人」
BCCは「ついでに送っておきたい人」の中で「送ったことが他の人にばれたくない人(To/CCは送ったことがわかります)」
という違いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報