たくさんあるこれらの物ですが一本何円くらいするのでしょうか?

A 回答 (1件)

電柱は2~10万円だそうです。

(柱のみ)
下記URLには、信号や標識などの値段も出ています。
中には1億円というものまで・・・・

参考URL:http://www.biwa.ne.jp/~mic/nedan.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q淡路島の双子鉄塔は何の施設?

車で高速道路を走り、明石海峡大橋を通って淡路島に渡ると、左手に観覧車が設置されているサービスエリアがあります。そこを通り過ぎてもうしばらく進むと、左手海沿いに高さ100メーターはあろうかという、大きな鉄塔が建っています。鉄塔に別段用はないんですが、よく目立っていたので、気になっています。

【質問】
あれは何の鉄塔ですか?

【情報】
・鉄塔の高さは100メートルより高いように見えました。
・鉄塔は2本建っていて、互いに同じ形をしていました。
・鉄塔各所にはランプがついていて、ちかっ、ちかっ、と光っていました。
・鉄塔の手前、つまり山側には倉庫か工場のような建物があり、その壁には「SANYO」のロゴが見えました。SANYOと鉄塔に関係があるのかないのかはわかりません。

Aベストアンサー

大磯の鉄塔ですね。
AM神戸のアンテナです。

下記のURL参照下さい。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/masayan_kansai/koneta/koneta101.htm

Qダムのそば、崖の中腹にある建造物。これは何でしょう?

先日、兵庫県朝来市生野町にある黒川ダムへ行った際に、気になる物を見つけました。
それは近くの崖の中腹にあった建造物らしき物なのですが・・・
これは一体何なのでしょう?

どうしても気になるもので、わかる方がいらっしゃったら是非教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

岩盤の崩れを防ぐ為に岩に打ち込むボルト(ロックボルト)の頭の部分と思われます。
こんな感じで打ち込みます。

SHS永久アンカー協会-ロックボルト-
http://www.shs.gr.jp/hp/html/kohou/shsrokkuboruto.htm

見えているのはこの部分。

STマイクロキャップ/ロックボルト工法/エスティーエンジニアリング株式会社
http://www.st-eng.co.jp/rockbolt/st-microcap.asp

Q鉄塔近くの土地の契約破棄について

少し前に契約した土地なのですが、近くに鉄塔があります。
鉄塔の近くはよくないだとかいうことを全然知らなかったのですが、最近知りました。
鉄塔近くだと地価が安いそうですが、この土地に限っては相場どおりです。鉄塔があることは見て分かりましたが、HMから鉄塔の説明は一切ありませんでした。この場合、重要説明事項の不利益なことを隠したことにはならないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なんの鉄塔ですか?

鉄塔が良くないのではなく、高圧電線の下が良くないという説がある(断定ではない)のですね。
土地の一部を高圧線が横切っているのでなければ、重要事項の対象にはならないでしょう。
気になる人は500mの距離でも気になるでしょうし、気にならない人は真下でも平気です。第一、明白な因果関係のあるものなら、立ち入り禁止区域に指定されてしまいます。

Q【貨幣価値】1950-1953年当時の400万円というと現在の貨幣価値で幾らくらいですか?

【貨幣価値】1950-1953年当時の400万円というと現在の貨幣価値で幾らくらいですか?

Aベストアンサー

基準にするものによって答も変わります。
下記、サラリーマンの月給で換算した場合と、おコメの値段で換算した場合です。

月給で換算した場合、
・1952年の都市勤労者世帯の平均月収は、2万822円です。
・2013年のサラリーマン平均月収は、34万5000円です。
・恐らく調査対象が違うため、単純比較はできませんが、
 勤労者の月収を基準にすると16.6倍になり、1952年の400万円は2013年の6640万円に相当します。

おコメの値段で換算した場合、
・1950年のおコメ5キロの価格は500円くらい
・2015年のおコメ5キロの価格は1500円くらい
コメの値段で換算すれば1950年の400万円は2015年の1200万円

(なお計算に使った数値はすべてgoogle検索によるもので正確なものかどうかは分かりません)

Q山に立ってるある鉄塔って・・・

高速道路を走っていて、ふと疑問になったのですが・・・
山から山にかけて、電線(→?)を繋いでいる大きい鉄塔が立ってますよね。
あの電線て、どうやって鉄塔から鉄塔に引っ張っていくんだろう?と不思議になっちゃって・・・。
鉄塔から鉄塔への間って、結構距離もあるし、木がモサモサ生えていて人が入れそうもない様な箇所もあって「どうやって作業するのかな?」って・・・。

くだらない質問かもしれませんが気になってしまって(*_*)
しかもわかりにくくてゴメンナサイ*
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

色々書いてありました。

タケコプターを使うのですね(笑)

大変勉強になりました。有難う御座います。

参考URL:http://www.ayame.sakura.ne.jp/~yosihiro/13Lineman/3Ensen/1Rope_Ensen/1Rope_Ensen.html

Q会社に関する税金は何種類位ありますか?

会社に関する税金は何種類位ありますか?

Aベストアンサー

企業が納める税金
・法人税
企業の儲け(利益)に対して、支払義務の生じる税金。
・住民税
利益にかかわらず生じる(均等割)と利益が出て法人税を支払った場合に生じる(法人税割)に分けられます。
・事業税
会社の行う事業に対して課せられる税金。
・消費税
受け取った消費税と支払った消費税を相殺し、受け取った税金が多い場合に納付。


他には…、
保険料
・労働保険(労災保険・雇用保険)
・社会保険

Q鉄塔の重量を教えてください。

鉄塔の重量を教えてください。
建物はRC244の上に鉄塔を建てます。
鉄塔はアングルトラス15mを想定しており、
パラボラ3mφ、送信アンテナを2基搭載します。
10トンくらいでしょうか?

Aベストアンサー

鉄塔の重量は1本あたり約6トン

Q世界には僕の知らないことがたくさんあります。

ちなみにゴルゴ13みたいなフリーランスのスナイパーって存在するんですか。

Aベストアンサー

フリーランスのスナイパーはいますが、PMCや傭兵として雇われて働く場合が殆どで、民間人や犯罪組織に雇われるようなことはまずないです。
先進国では狙撃よりも仕掛け爆弾の方に注意すべきでしょう。

Q高圧電線の鉄塔について。

今度一人暮らしすることになりまして,いろいろ物件を探しています。
なかなかいい物件があったのですが,その裏には高圧電線の鉄塔が建ってました。
電磁波などの問題もさることながら,私はこの鉄塔が倒れないのかが心配です。

そこで質問なんですが,この鉄塔が転倒した事例ってどのくらいあるのでしょうか?
結構不安定に見えるので……

Aベストアンサー

>基礎は鉄塔の高さの1/4
そんなにあるものなんですか!?

あるそうです、このあたりの設計は会社によってちがうかもしれませんが、少なくとも住友さんが作っている
鉄塔がそれくらいあると聞いたことあります、

で傾斜地はもっとすごい基礎になっていると
傾斜地でも全部がおなじ設計ではないそうですが<その傾斜にあった基礎工事をするみたいです
聞いた話では少なくとも幹線の鉄塔では
高さの半分の長さの基礎が地下に埋まっていると聞いています。

Q日本人の長い苗字はたしてひらがなにして何文字くらいなのでしょうか

日本人の苗字で一番長いのははたして何文字くらいあるのでしょうか。
私が知っているのは東麻生原(ひがしあそうばら)8文字です。
誰か教えてください。苗字に関するサイトなどがありましたらうれしいです。

Aベストアンサー

 今晩は。3番の方の補足等をしておきます。尚、私が使用している参考文献は「日本人の姓」、佐久間英、1972年、六芸書房、並びにほかの同氏の著作です。

 リンク先をきちんと見れば判りますが、勘解由小路、左衛門三郎、それぞれ別個の日本に2種類しか実在が確認されていない漢字五文字姓です。かでのこうじは山口県、さえもんさぶろうは埼玉県にあります。
 またカナで一番長いのは質問にも有るように8文字で、佐久間さんは石川県の東四柳=ひがしよつやなぎ、を挙げています。これ以外にもカナ8文字姓はあるかもしれません。
 私の経験から言うと、およそ200種在るという漢字四文字姓の人に会うことも滅多に有りません。有名人にいればともかくとして、普段の生活で出会うことは稀です。今までの40数年で実際に会ったのは南波佐間(なばさま)さんだけです。

 さて、このような質問が有ると、ある種の難読珍姓辞典にはこういうものが載っているという、実際には存在が確認されていないものを挙げる人がいます。実は名字の研究者にも、文書や文献に頼りきっている机上(歴史学)派と、私が参照している著書の佐久間さんのような現場に即した実証(民族学)派との二大派閥があります。既にお名前博士として知られた佐久間さんが亡くなられて十数年、生前より
机上派の方が優勢でしたが、今は明らかにその親分格が君臨しているかの様相を呈しています。
 長くなって来たのでこれくらいにしますが、とにかく早い話が嘘も多いので気を付けましょう、というところです。3番の方の挙げているページと↓のページは実証的な信頼の置けるところですから、データの利用には全く問題が有りません。
 共に基本的な資料として電話帳を挙げていますが、これは昔からの有力な情報源で、今でも極めて重要な位置を占めています。
 余談が長くなり恐縮です。でも、名字は面白いですね。人口に対してこんなに名字の種類が多い国は世界中にほとんど例が無いそうです(あとはフィンランドだとか)。それでは。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/myoujis/

 今晩は。3番の方の補足等をしておきます。尚、私が使用している参考文献は「日本人の姓」、佐久間英、1972年、六芸書房、並びにほかの同氏の著作です。

 リンク先をきちんと見れば判りますが、勘解由小路、左衛門三郎、それぞれ別個の日本に2種類しか実在が確認されていない漢字五文字姓です。かでのこうじは山口県、さえもんさぶろうは埼玉県にあります。
 またカナで一番長いのは質問にも有るように8文字で、佐久間さんは石川県の東四柳=ひがしよつやなぎ、を挙げています。これ以外にもカナ8文字...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報