TODAY関数で日付が自動更新されるセルがあるのですが、この日付を関数を消去することなく、確定的な日数をとりあえず入れたまま保存するにはどうしたらよいでしょうか?

無知な私を助けてください。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

関数を残したままだと関数の結果が反映されてしまうので、「関数を入れたまま」というのは不可能です。



どうしても、ということであれば
「=if(A1="",Today(),A1)」
という関数に変えれば、セルA1に確定した日付が入っている場合にはA1の日付を、空白の場合には今日の日付を代入する、というようなことは出来ます。もちろん、A1は別のセルにする事も、別シートにすることも可能です。ここまでする必要があるのか分かりませんがご参考までに。

通常の用途であれば関数は諦めて、先に回答されているizayoi2004さんの方法が正解だと思います。
    • good
    • 0

表示セルをC2(表示形式を”日付け”に設定)とすればマクロを下記の様に作り


日付けの変更が必要な時にマクロを直接起動するなり起動釦を(HLPの”マクロを登録して実行する”を参照)
作って実行すればOK

Sub 日付けセット()
  Cells(2, 3) = Date
End Sub
    • good
    • 0

#4の方の回答と同様ですが、


例えば、A1のセルに自動的に更新されるセルがあるとして
適当なセルを使用して
=A1と入力してENTERを押さずにF9キーを押すことで、値として確定できます。
元にした値からなんらかの計算を行う場合もこれでいけます。
書式が異なる場合は、書式のコピー/貼り付けをしてください。
    • good
    • 0

それではtoday関数を使う意味がありませんね。



ただ、書類に任意のタイムスタンプを押すために、today関数で日付を表示し、書類を変更したときの日時を残しておきたいという用途はありますね。

私はマクロを使っていますが、手動でも良いでしょう。
日付を更新日として、現在は更新日のセルにtoday関数がある訳です。

まず、today関数の場所を変更します。どこでも良いですが、画面内にあったほうが使いやすいです。これを現在日としましょう。

手順はこうです、現在日のセルでコピーを選択し、更新日のセルで形式を選択して貼り付け>数値を選びます。
これで作業時点の日付や時刻を更新日に残しておけます。(日付の表示形式はセルの設定でしてください)
    • good
    • 0

TODAY関数を消去せず、確定的な日付を表示させるのは不可能です。



質問をよく読むと『確定的な日数をとりあえず入れたまま保存』とありますね。

推測するに、TODAYの単独表示ではなく、関数の中に入っているのでしょうか?

だとしたら、数式の中の「TODAY()」を削除して、その代わりに利用したい日付の「シリアル値」を入力すると出来ます。

「シリアル値」の意味は、検索するとすぐ出てくるので調べてください。
答えから言うと、今日(4/12)にしたければシリアル値は【38454】です。
明日なら1足す。昨日なら1引く。ずれる日数分足したり引いたりして入力してください。
    • good
    • 0

ctrl+;

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング