昨年末TVで放送されたものをやっと見ました。
が、私の頭がかたいのか?真剣に見ていなかったからか、よく理解できていません。
ネット回線を通じて係わった人がいなくなる?だとしたら赤いガムテープで止められるの?赤いガムテープの先に入った人がいなくなるのだとしたら、どうして最後の女性はいろいろ係わったはずなのに生き残れたのか?黒い影の幽霊(?)はすべて同一人物?
・・・はっきり言って全然わかってません。
どなたか「あの映画はこういうものだ」と詳しく教えて下さい。

A 回答 (2件)

加藤晴彦さん主演のと言うより、黒沢清監督の『回路』ですね。


黒沢清監督は、今やヨーロッパにおいてはクロサワと言えばアキラではなくキヨシを意味するほど、
世界的に有名かつ重要な監督で、
この春に開設した東京芸術大学大学院の映画科の教授に
北野武と二人して選ばれている人物です。

いわゆる芸術系の作品を作る人ではありますが、
もともとホラー映画に関してはマニアを自任しており、
『回路』以外にも多くのホラー映画を作っています。
彼には彼なりの独特のホラー映画観があるのですが、
それを簡略化するなら「見えないもの(正体の分からないもの)に対する恐怖」だと言えるでしょう。
つまり見えないあるいはわからないことこそが恐怖であり、
その恐怖を味わう(感じる)ことがホラー映画の醍醐味なのだから、
解決策だとかネタや種を知ることが目的ではない、と言うことになると思います。

もちろん一つの劇映画にしているのですから意図的に支離滅裂にしているのではなく、
彼には彼なりの意図やタネはあると思うのですが、
黒沢清は映画に解決(策)を求めることを好んでいませんので、
意識的にわからない要素も持ち込んでいるのでしょう。
映画は作者(監督や脚本家)の準備したものを淡々とかつ一方的に受け取るのではなく、
見る側が自由かつ多用に楽しめることこそが大切だと言うのが彼の主張ですから。

要するに見る側が自由に感じ解釈すればいいのです。
もし訳のわからなさを感じたのでしたら、そのわからなさをそのまま受け取ればよろしい。
なにがしかの解決策が提示されることはそれなりの爽快感はあるでしょうが、
多くの場合その解決策が消費されて終ってしまうものです。
違和感のようなもの、どこか居心地の悪さを感じながら、
容易には解消できない不思議な気持ちを抱き続けること、
それができることこそが彼の作品の醍醐味であり重要性だと思います。

一般的な映画鑑賞(観)とは大きく異なるため、
にわかには受け入れがたいことだとは思いますが、
そんな映画の愉しみものある、こんな映画の楽しみ方もあることを知っているだけで、
映画からより広く多くの楽しみを得られるようになるのだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごく映画に対する理解がある方ですね。
なるほどーと思ってしまいました。
私の性格が物事に白黒はっきりつけるタイプであやふやになるのがすっきりしないので
きちんと内容を把握できなかったことが嫌だったのですが、それこそが黒沢清監督の作品の
醍醐味であり重要性という意見を頂いたのでそれはそれで納得しました。
でも他の方がどう理解したのかも聞いてみたいなとも思いました。
小さい子供がいるのでゆっくり見る時間がないのですが、
自分の時間ができた時にもう一度見てみようと思います。
ありがとうございました♪

お礼日時:2005/04/13 19:30

こんばんは。



私は公開時、劇場で見てもう忘れてしまってます。

すみませんです。ただ恐怖の雰囲気が強い映画でしたね。

一応、下記にストーリーが紹介されていますので少しでも参考になればと思います。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD32354/story …

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD32354/story …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実はとても怖がりで「真剣に見ていなかった」と言うよりも「怖くて見れなかった」
という感じもあるのであらすじを見て全体を見直せてよかったです。
ありがとうございました♪

お礼日時:2005/04/13 19:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着信あり 意味がわかりません(ねたばれですのでご注意ください)

「着信あり」を今日のロードショーで見ました

謎が残ったのですが、
1、何で電話がかかってきたのに柴咲コウは死ななかったのでしょう?
2、喘息の女の子にくすりを与えてるまぼろしは何?夢?
3、最後の刃物を握った柴咲コウのほほえみと飴玉の意味は?
4、そもそもあの女の子は何で呪い殺していたの?
(柴咲コウ以外を)

どなたか分かる方いたら教えて下さい
個人的な解釈でも構いません

Aベストアンサー

お答えします。

以降、若干着信アリ2のネタばれにもなりますのでご注意を。

まず1ですが、美々子が乗り移っています。由美は本当は死んでいます。

次に2ですが、これは夢です。

そして3ですが、飴玉の意味は、美々子は人を傷つけては看病する病気の持ち主なので、妹と同じく看病のときにあげた飴玉です。
入院させたので看病で飴玉をあげました。
着信アリ2でわかることですが、この後由美は殺します。

最後に4ですが、着信アリ2をご覧になれば解決します。

着信アリ2のネタばれは避けたほうがいいと思いますので書きません。

QCURE(キュア)の結末が???

先日、CURE(キュア)を借りて観たのですが、結局なんだったのか、役所光司はなにものなのか、よくわからなかったです。何回も巻き戻してみたんですが、わかりません。
みなさんの見解をお聞かせください。

余談ですが、とても怖くて、映画公開当時は怖い映画ランキングで1位と聞いていたのですが、怖くなかった。ちなみにそのときリングは3位だったそうで。(私はこの世で一番怖い映画がリングです。リングについては意識の奥底にしずめてしまいました。ので、私の前でリングについて話すことは固く禁じられています。)

Aベストアンサー

いろいろな意見があるでしょうが、覚えているかぎりの私的見解では、「役所広司は萩原聖人からあの催眠術をひきついだことによって本能の赴くまま、自分にとって日常生活に制約をもたらす妻を殺す=癒された(CURE)」って感じで終わってると思います。
最後、レストランのシーンがありますが、役所さん見るからにスッキリとした身なりで美味しそうに食事をとっています。(そこへのフリのシーンとして、途中で同じレストランでボロ雑巾のような格好で不味そうに食事してます)
彼が妻を殺して1人になってやり直す、ということが本当の「癒し」かどうかはわからなかったけれど、あの人間の心の奥底にある欲望を呼び覚ます催眠術が怖かった…ふと考えたことが当然となってしまう恐怖ときたらこの上なし!

Q通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?普通は、亡くなった翌日

通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?普通は、亡くなった翌日か当日ですよね?教えて下さい!

Aベストアンサー

> 通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?
「通常」はないです。決まっていません。

> 普通は、亡くなった翌日か当日ですよね?
普通は、「葬儀の日の前夜」が「通夜式」です。
普通は、「通夜式」の日について、亡くなった日を基準に考えることはしません。

亡くなった日を基準に「通夜式」の日から決めてしまうと、「通夜式」の日と「葬儀」の日の間に、日にちが開いてしまうことが起こり得るからです。

私の勤務先の方のお母さまが亡くなられた時は、亡くなった日から7日後に「通夜式」があり、その翌日が「葬儀」でした。
火葬場の都合ではなく、お寺さまの都合だったので、「通夜式」の際には、既に荼毘に付されていました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報