一般には、アルミ電解コンデンサを包んだりする物らしいのですが、10mばかり必要です。切り売りしていそうなお店をご存知でしたら情報をお願いします。「ヒシチューブVW」という商品名らしいです。実は竹を包んで室内の装飾に使うつもりなのですが・・・。よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

そうなりますと東急ハンズなどの店に聞いてみるといいかもしれません。


東急ハンズは電気関係の部材もかなり取り扱っていたと思いますので。
あと検索して出たところでは、参考URLの会社などで扱っているかもしれません。
在庫品目としてヒシチューブVWがあります。

最終的な手段としては製造元の三菱樹脂に連絡し、製品を取り扱っている代理店などを紹介してもらうといいかもしれません。
http://www.mpi.co.jp/product/detail/6/
あと、ヒシチューブでなければ駄目というわけではないのなら
"熱収縮チューブ"で検索するといろいろと出てくると思います。
ヒシチューブも熱収縮チューブのひとつでして、他に住友電工が生産しているスミチューブというものもあります。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/furukawa-ele/parts/su …
http://www.hagitec.co.jp/15mokuji-netsutube.htm

参考URL:http://www.ryoju.co.jp/company/kyoten.htm

この回答への補足

東急ハンズが利用する問屋さんでは住友しか扱いは無いので、スミチューブは切り売り出来ないという事でした。もうちょっと待ってみて回答を得られないようなら、100m購入も止むを得ないようです。お世話になりました・・・。

補足日時:2005/04/25 23:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mita5さん何度もありがとうございます。ハンズが最後の手ですよね~。直径5cmの竹を包むんで、ヒシチューブしか大きさで対応できないんですけど、何とか入りそうなのが、渋谷ハンズにあるかも?という未確認情報を得ました。週末に見に行ってきます。

お礼日時:2005/04/21 13:59

秋葉原の愛三電機で取り扱っているようですね。


通販もしているようです。

参考URL:http://www.aisan.co.jp/products/heat_shrinkable_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなりマニアな投稿なので返事なしと思いきや、こんなに早くに頂けるとは! mita5さんありがとうございます。
しかし残念な事に、愛三電機さんは「全サイズ巻単位での取り寄せ品となります。」だそうです。こういう特殊な商材って、やっぱり切り売りは在り得ないのでしょうね。仕方ない。200m買うか・・・(?)

お礼日時:2005/04/19 09:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q収縮チューブを収縮させる方法

収縮チューブを購入したのですが、うまく収縮させることができません。
ドライヤーであぶってみたのですがどうも・・・。
収縮チューブをうまく収縮させる方法についてお願いします。

Aベストアンサー

家庭用のドライヤーならかなり近づかないと収縮しません。
200W程度のドライヤーでは無理かもしれません。
ヒートガンは1200Wあり、風の噴出し口も加熱のために太いストロー程度まで絞っています。
皮膚なら火傷するぐらい近づけてください。
現場でヒートガンが無い場合ライターの火の中に入れるぐらい加熱します。

Q接点復活剤の使い方と種類について教えて下さい

最近アンプのジャック部の接触が悪いらしく、音が出ないことがあるので接点復活剤を購入しようと考えているのですが、
原因がケーブルではなく差し込まれる側であるアンプに問題があるということで、どのように接点復活剤を塗布したらよいか困っています。
やはりケーブルに塗布しておいて抜き差しするのでしょうか?

また、接点復活剤にはスプレータイプのものから綿棒で塗るタイプのものまで色々あってどれを買って良いのか悩んでいます。
オーディオ用に適しているもの、またそれの説明書に載っていないような正しい(詳しい)使い方などご教示いただければ幸いです。

以上宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤスリをチョット当てて2~3回擦るだけで接点の回復ははかれますので、『接点復活材』は不要です。
ボリュームやバランス、セレクターに復活材を何度も塗布している方がおられますが、どんなに高級な製品を使っても「百害あって一利無し」と私は断じます。
清掃後はチョット高いのですが、本物のシリコンオイル(10mリットル;2500円前後)をお奨めします。
数十年は変質しませんし、温度に強く水分・ヤニなどから守ってくれます。

販売から20~30年物の修理を数多くこなしてきましたが、底板を外すと、フロントパネル下に一面油や緑色のシミが出来ているものを多く見かけます。
これは接点復活材の付けすぎによる故障です。
元々製造時に塗布してあったオイルまたはグリースを「接点復活材」は溶かしてしまいます。
ガリ、音の途切れ、切り換え時の異音、音の歪みなどは殆どがこの「接点復活材」による障害です。
復活材が底に流れず基盤上に流れている場合などは、最悪ショートや腐食、溶解させている事さえあります。
可変器やセレクター、スイッチ類は基本的には無水アルコールでの洗浄ですが、これはある程度修理や補修の出来る人にしかお奨めできません。

修理に出した場合は殆どそのまま部品交換となる事が多いようです。

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤ...続きを読む


人気Q&Aランキング