こんにちは! さっそく質問させてください!

太宰治「葉」の中の、ロシア人の女の子が売っている花は、何の花かご存知の方はいらっしゃいませんか?

太宰が好きだった花は桃だったと聞いていますが、文面から判断するに、ここでは違うかな……、と。

すごく気になっているんです。よろしくお願いします!

A 回答 (1件)

こんにちは。



文面から察するにですが、これは何々の花の種類・・・と言うのは断言は出来ないのではないでしょうか。

花屋から払下げられた屑花、と文面にも描かれていますので、多分に幾種類かの花を無作為に払下げられたに過ぎず、その花自体に太宰は、何らかの意味を持たせようとは思わなかったのではないかと推察します。

個人的には、踊り子が買ったのはアネモネ、紳士が買ったのは白桔梗のようなイメージを持っていますが・・・

私見ですが・・・ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおそくなってしまってすみませんでした&ご回答ありがとうございました!

当時の花の流通など、いろいろ調べてみたのですが、やはり限定はできませんでした。
残念。

お礼日時:2005/05/12 01:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【ヴィヨンの妻】を御覧になり、太宰治氏にも詳しい方に質問いたします。

太宰氏は闘病の末、愛人と入水自殺(心中)したと記憶しています。
映画で広末涼子さんが演じた役が、その女性なのでしょうか?
記憶していた女性のイメージと随分違っていたので、
疑問に思い質問を立てました。
私の記憶違いでしょうか?

御存知の方、御回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ウィキぺディアによると、
太宰は2回心中未遂を起こして、3回目に完遂しているようです。
女給と心中した時は、女給だけ亡くなっていますね。
その他に何回か自殺未遂をしています。

映画は観ました。
広末が松と廊下ですれ違う時の、
あの微笑が印象的でした。

この映画は太宰の生涯を描くというよりは・・
映画公式HPイントロダクションによると、
太宰の数冊の小説をベースに、オリジナルストーリーと
なっています。
イメージが違うのも当然かも知れませんね。

Q太宰治の地主一代は太宰が何歳の時の習作ですか

太宰治の地主一代は
習作ですよね。太宰が何歳の時のですか、十代だと思いますが、さすがですね…宜しくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます^^3度目の投稿失礼致しますm(_"_)m

下記によれば…
「地主一代」初出連載は『座標』<1930(昭和5)年1月、3月、5月>で、
執筆開始も概ね昭和4(1929)年10・11月頃の様子ですから、執筆&発表ともに
満年齢でも既に20歳とは言えますが、20歳直前の19歳時点で発表された
「哀蚊」の「地主一代」への引用を含めると、19歳と言えるかもしれませんね^^

遙かにお詳しい izayoibara 様に試されているようにも思えますが…ボソッ(笑)
お陰様で改めて太宰治を振り返る機会が増えた今日この頃でございます^^

太宰治 略年譜
・明治42(1909)年6月19日/出生。
・昭和2(1927)年4月/官立弘前高等学校(現・弘前大学)文科甲類入学。
・昭和3(1928)年5月/同人雑誌『細胞文芸』創刊、
 辻島衆二の筆名で「無間奈落(未完)」や「彼等と其のいとしき母」等発表、
 9月、四号で廃刊、12月、新聞雑誌部参加、『交友会雑誌』に「此の夫婦」発表。
・昭和4(1929)年/「弘高新聞」や県内同人誌に評論や創作を発表。
 「弘高新聞第6号/5月」に筆名小菅銀吉で「哀蚊」発表、
 10・11月頃「地主一代」を執筆し始めたが、12月10日、第二学期末試験前夜、
 下宿先で多量のカルモチンを飲み昏睡状態に…11日午後意識を取り戻す。
・昭和5(1930)年/3月、弘前高等学校卒業。4月、東京帝国大学仏文科入学。
 青森の同人文芸総合雑誌『座標』に1月から「地主一代」を3回(1・3・5号)までと、
 7月から「学生群」を4回(7・8・9・11号)まで連載、
 長兄からの圧力で、何れも未完、筆名大藤熊太。

引用
「哀蚊」筆名小菅銀吉(初出『弘高新聞』第6号1929(昭和4)年5月13日)は、後に、
「地主一代」(初出『座標』創刊号1930(昭和5)年1月1日)と「葉」にも引用。

参考URL
太宰治と歩く現代の「津軽」の旅>太宰治文学・初期習作
18<21/52>
http://www.aptinet.jp/userfiles/file/pamphlet04.pdf
中央大学文学部文学科国文学専攻渡部芳紀研究室>太宰治資料館>評釈「葉」渡部芳紀
http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~houki/dazai/HA.HTML

おはようございます^^3度目の投稿失礼致しますm(_"_)m

下記によれば…
「地主一代」初出連載は『座標』<1930(昭和5)年1月、3月、5月>で、
執筆開始も概ね昭和4(1929)年10・11月頃の様子ですから、執筆&発表ともに
満年齢でも既に20歳とは言えますが、20歳直前の19歳時点で発表された
「哀蚊」の「地主一代」への引用を含めると、19歳と言えるかもしれませんね^^

遙かにお詳しい izayoibara 様に試されているようにも思えますが…ボソッ(笑)
お陰様で改めて太宰治を振り返る機会が増えた今日この頃でございます^^...続きを読む

Q★★太宰治★★

太宰治についてレポートを書くのですが、テーマはなんでもいいとのことで、太宰治自信のことや、太宰治の小説について何をテーマにしようか考えています。何か考えやすくて、書きやすいテーマはないでしょうか?

Aベストアンサー

1.「太宰と西洋文学」
芥川をものすごく意識してた太宰は、芥川の趣味にも呼応しながら
聖書を題材にしたり(駆け込み訴え)ギリシア神話や、詩人の引用
チェーホフへのオマージュなどを
おこなっています。太宰治にとって西洋文学とはなんだったのか?
そんなことをいくつかの作品から調べられるのもおもしろいかもしれません。

2.「太宰と女性原理」
斜陽では世界はすべて女のためにあるのだという、女性原理が結末に
あらわれます。3人の女性と心中して、最後に奥さんだけが
残されたという皮肉も不思議な感じがします。
また彼は今でこそ普通ですが、当時お化粧をする男性でした。
もちろん倒錯ではなく、きれいでありたいと願ったためです。
男性の中の女性原理というのは、太宰治の作品の随所から
感じられるのではないでしょうか?

3.「太宰と民話、そして方言」
津軽弁にこだわった作家に寺山もいましたが、太宰は「雀こ」で
全編津軽弁の小説をかいています。また津軽というルポタージュには
豊富な方言が散逸します。また表現方法だけでなく、おおくの
民話や言い伝えにも関心をしめしました。お伽草子のパロディも
書いているくらいです。

思いつくまま書いてみました。なにかの参考になれば。

1.「太宰と西洋文学」
芥川をものすごく意識してた太宰は、芥川の趣味にも呼応しながら
聖書を題材にしたり(駆け込み訴え)ギリシア神話や、詩人の引用
チェーホフへのオマージュなどを
おこなっています。太宰治にとって西洋文学とはなんだったのか?
そんなことをいくつかの作品から調べられるのもおもしろいかもしれません。

2.「太宰と女性原理」
斜陽では世界はすべて女のためにあるのだという、女性原理が結末に
あらわれます。3人の女性と心中して、最後に奥さんだけが
残されたという皮肉も...続きを読む

Q太宰 治はモテるのか……?

こんばんは!! 私は今、『人間失格』を読んでいます。
太宰ほど私と遠い人物は いないと思い、
今まで彼の本を読んだことはありませんでした。
それがふと読んでみると、どうでしょう。
物凄く共感を覚えてしまったのです。(笑)
「こりゃ太宰ッて、私と近いカモ……」と。

しかし、彼と私とでは 似ても似附かぬトコロがありました。
とても彼みたいにはモテないのです。(爆)
そこで、QUESTION。

太宰治は、21世紀の現代でも やっぱりモテますか?
もしモテそうなら、私も太宰みたいに振舞ッテみよっかナ~
……なんて考えております。(^.^;

▼特に女性のご意見、歓迎!!(って、不埒でごめんなさい m(_ _;)m)

Aベストアンサー

こんにちは^^。

太宰が21世紀にいたら、やっぱりモテると思いますよ。

ちょっと見方が違うのかもしれませんけれど、『人間失格』に書かれているような自分の弱さについての体験をした人はたくさんいると思いますが、それをうまく表現した人はあまりいなかったのではないでしょうか。また普通ならあんなダメぶりをつらつら書いても人に共感を与えることができないでしょうから、それができる才能を持った太宰に私は非常に興味を持ちますねぇ。心中は困りますけど、それ以前に「この人は何を考えているのか」というところでいろいろ話を聞いてみたいです。

また短編のなかで女性を主人公にしたものがありますが、書く時に参考資料があったとは言っても、女性っぽい思考の流れをうまく書いているなぁと思ったのがいくつかあります。そのような女性心理の把握もやっぱりモテる要因のひとつだと思います。

で、太宰みたいな振る舞いがモテるかどうかですが、これは、ちょっと違うのでは^^;。もしそれでうまく成功してもずっと振る舞っていけるのでしょうか? 大変だと思いますよ(笑)。
それよりもそのままのキャラでいいのではないでしょうか。先のお礼を読みましたが、失礼かもしれませんけれど、素直でちょっとお茶目な感じがしたのですけれど^^。変に他の人の振りをするよりは、自分のいいところを伸ばされたほうが100倍モテると思いますよ。

頑張ってくださいね。

こんにちは^^。

太宰が21世紀にいたら、やっぱりモテると思いますよ。

ちょっと見方が違うのかもしれませんけれど、『人間失格』に書かれているような自分の弱さについての体験をした人はたくさんいると思いますが、それをうまく表現した人はあまりいなかったのではないでしょうか。また普通ならあんなダメぶりをつらつら書いても人に共感を与えることができないでしょうから、それができる才能を持った太宰に私は非常に興味を持ちますねぇ。心中は困りますけど、それ以前に「この人は何を考えているのか...続きを読む

Q太宰治の「トカトントン」について。

最近、気になっていた、太宰治の「トカトントン」を読んだのですが、
意味がわかりません。
いろいろな解釈ができると思いますが。
文学的、社会学的、哲学的、神学的、いろいろな解釈をお待ちしています。
ちなみに、私は、さっぱり意味がわかりませんでした。

Aベストアンサー

何かをしようとすると、「トカトントン」という音が聞こえて、醒めてしまう、というストーリーでしたね。終戦直後の、価値観が全くひっくり返った虚無感を表現しているのだろうと解釈しています。
人が拠り所をなくした現在、「虚無感」を表現しているという意味では、今も全く色あせない小説ですよね。

Q太宰治の小説に出てくる「無学な女」について。

質問です。
太宰の小説には「無学な女」「無教養な女」が結構な頻度で出てきますが、
なぜ彼女らは無学でなくてはならないのでしょうか。

そして小説に出てくる男性主人公は、
なぜ無学な女をバカにするだけバカにして、教育しようとしないのでしょうか。

Aベストアンサー

太宰修は学歴主義者で、無学なものを卑下していた。無学の女とするのは、太宰が恐れた女を、無学の女と書くことでウサ晴らしていた。あとは、太宰自信のように見ずからを弱小と見せることで、読者を引き込み、読者の共感を得やすい文学的技法の一つです。

Q太宰治のヴィヨンの妻について。

奥さんがお客に汚される下りがイマイチよく分かりません。
これは何を意味しているのでしょうか。

Aベストアンサー

全くの私見ですが、
夫の罪を償おうと、小料理屋で働き始めた妻は
予想外に、夜の客商売の楽しさを知るようになりますよね。
お店での人気も出て、家にはほとんど帰らない夫とも
そこでは会えるという好都合も、楽しみの一つになります。
生活にちょっとした生き甲斐も見い出して、なぜか浮き浮きと
幸福さえ感じるのです。
この、ヴィヨンの妻、つまり放蕩者の妻は、決して
単に無償の愛や耐え忍ぶ愛だけを夫に捧げているのではなく、
また、ダメな夫に面と向かって恨み辛みを言って非難するわけでもなく、
明るく、たくましく、みじめさを感じさせずに生きています。
若いお客にあっけなく"手に入れられ"ても、何事もなかったように
翌日からまた働きに出ます。
この、ある意味、したたかな面も持ち、後ろめたさを表さず
(本当は感じていたのかも知れませんが)(^^)
あっけらかんとした生き方が、ヴィヨンの妻の妻たるところで、
どう考えても身勝手な夫の行動にも、暗黙の許容で、静かに夫を愛している………
そんな妻のあり方を太宰は描きたかったのかなぁ、という気がしました。
現代でしたら、たまったもんじゃありませんね~。(^^)
最後、「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいのよ」
のせりふは、妻が人生を達観(諦観かな)しているようで、
湿っぽく終わらすに、なぜかホッとさせられます。

参考までに書いてみました。

全くの私見ですが、
夫の罪を償おうと、小料理屋で働き始めた妻は
予想外に、夜の客商売の楽しさを知るようになりますよね。
お店での人気も出て、家にはほとんど帰らない夫とも
そこでは会えるという好都合も、楽しみの一つになります。
生活にちょっとした生き甲斐も見い出して、なぜか浮き浮きと
幸福さえ感じるのです。
この、ヴィヨンの妻、つまり放蕩者の妻は、決して
単に無償の愛や耐え忍ぶ愛だけを夫に捧げているのではなく、
また、ダメな夫に面と向かって恨み辛みを言って非難するわけでもな...続きを読む

Q三島由紀夫と太宰治

作家を研究するとしたら、三島由紀夫と太宰治ではどちらが調べやすく、また楽しいでしょうか。
他におすすめの作家がいたら教えてください。

Aベストアンサー

どちらも自殺した作家ですね。
自分について深く考察する作家がお好きですか?
近年、太宰の人気が高いですが太宰は分かりやすいと思います。
(テーマを決めやすい、という意味です)
対して三島は川端康成がノーベル文学賞を取ったときに「本当は君が取るべきだった」と言われた作家です。なかなか一筋縄ではいきません。
時代の寵児でしたから、婦人向けの恋愛小説から戯曲まで作品数だけでも膨大です。
時間に余裕があるなら三島、ないなら太宰をされたら如何でしょう。
どちらも面白い作家です。
お勧めの作家は、この2人が好きならば、という勝手な思いこみで、アメリカの作家ですがJ・D・サリンジャーはいかがでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/J%E3%83%BBD%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC
村上春樹が精力的に新訳をおこなっていますが、訳者でかなり印象が変わる作家ですので、もし読まれたことがないなら最初は他の訳者をお薦めします。

Q【太宰治】斜陽が太宰治の分身なら太宰治は麻薬をやっていたということになりますが実際にやっていたという

【太宰治】斜陽が太宰治の分身なら太宰治は麻薬をやっていたということになりますが実際にやっていたという記録は残っているのでしょうか。

Aベストアンサー

太宰治は重度のパビナール(麻薬鎮痛剤)中毒で、精神病院に入院歴があり、その経験から人間失格を書いています。

Q太宰治の魚服記のスワ

父親に犯されたスワは「おど!」と低く言って滝に飛びこみます。この言葉に私はスワの父親への愛惜を感じるのですが、まだまだ読みが甘いでしょうか。甘いと思う方のご意見をお伺いしたいです、お手柔らかにお願いします(*^^*)

Aベストアンサー

後期高齢者です。

>父親に犯されたスワは「おど!」と低く言って滝に飛びこみ・・・

「低く云って」ですから根本は恨みでしょうね。

でも、貴方が肉親への愛情を感じるとおっしゃるのはあてずっぽうではありません。

今と異なりこの話の時代の日本じゃ親の命令は絶対ですから、少女の心境は複雑でしょう。

愛情と感じられたならその感覚を「愛憎」と言う言葉に置き換えられたら如何でしょうか?

太宰治がこれを書いた心境は推察できませんが、戦前の、特に貧しい農村などではこう言う事件はよくありました。(今と異なり新聞を取ることもラジオを聴くこともままならぬ貧しい時代ですから、人々の伝聞でしか事件は伝わりませんけれどね)

生まれたのが男なら濡らした和紙を使った間引き、女なら女衒への売買、近親相姦などは普通にあった事なのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報