dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

東京の日枝神社で、「好きな人と恋人になれますように」と願いながら引いたところ、次のようなおみくじをいただきました。

しかし、どういう意味かわからず、どなたか解釈を教えていただけるとありがたいです。

【歌】
八十神に ひとりおくれて おひ給ふ 袋にこもる 百のさひはひ

【文】
身の飾や心の誇のみすぎると、大国主命と兄神達との神話のような結果となる。重荷を背負ってよく忍び、志を崩さず大国主命は幸福を創られた。人のために物惜しみない心を養いなさい。

【願望】
二つのことに乱される。一事に進め。

【交際】
慎みを忘れ、思わぬ失敗がある

【縁談】
親・頂上の意見を聞け。良縁あり。

神話のところも気になりますが、願い事その他のところも併せて教えていただけると嬉しいです。

「東京の日枝神社で、「好きな人と恋人になれ」の質問画像

A 回答 (2件)

出雲大社に存在したとされる大国主命(オオクニヌシノミコト)って知ってますか?彼には大勢の兄弟がいて その人たちの事を八十神( ヤソカミ )と言われてた。


ある国に 素敵な女神が居ると聞いたので
競い合って女神を娶ろうとしたが その場所へ行くには大変な苦難が有り
たくさんの荷物を背負って行かなければならず
そこでヤソカミたちは 企んだの。大きな体をしてたくましい大国主命に
荷物を背負わして連れて行く事で素敵な彼が荷運び人として
従者であるかの様に思われ女神をめとる事ができなくさせようとした。
下記の歌は大国主命の思いなのかもね。
>八十神に ひとりおくれて おひ給ふ 袋にこもる 百のさひはひ

大きな荷物を抱えてみんなから後れを取った大国主命は
重たい大きな袋を背負う事で百にも及ぶ多くの幸せを賜ったと思っていた。

と言う様な意味だったかな。

苦難や苦境を自ら受け入れて背負う事で 色んな感情を垣間見ることができるが そこでマイナスイメージを払拭し
できるだけたくさん、他人の苦労を背負い込むことを喜びとする事で
幸せが訪れますよ。という事なのかも。
汚い真似をして手に入れようとしても そうは問屋が卸さないという事ですよね。
地道にまっとうに向かい合ってこそ 真の幸せを手にする事ができます。
苦しくても 思いやりある心
感謝の心を持って接する事こそ意味があるのです。
という教えかな。

願望:文字通り 二兎負うものは一兎をも負えず。一点集中に。
交際:何事も控えめな心で。謙虚さを忘れない様に。出しゃばると思わぬ落とし穴がありますよ。
縁談:親の意見に耳を傾けて向かい合えば良縁に恵まれます。年上の言葉や思いを一旦は素直に受け止めてみてはどうでしょうか。

おおよそ そのような内容だと思います。

要するに
好きな人と恋人になるには 常日頃から
人に対して謙虚さや感謝やごめんなさいが素直に言えるように
心がけるしかないのかもしれませんね。
    • good
    • 0

迷わず行けよ


行けば分かるさッ!

いちにいさん
だぁーッ!

って事です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!