こんにちわ、ふと思ったのですが火葬するのは日本だけなのでしょうか?アメリカとかはミイラ状態で棺にいれるイメージがあるのですが…だれかおねがいします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

仏教やヒンドゥー教において、火葬を行うのは、輪廻転生の考えからだと思います。


それに対し、キリスト教やイスラム教で、火葬を嫌うのは、死者復活の考えからです。

輪廻転生では、「死者は別のものに生まれ変わる」と考えられ、火葬にすることにより、姿形を失くせば、早く生まれ変われると考えられています。
されに対し、死者復活では、復活の時がくれば、生前と同じ姿で、死者が復活すると考えられ、死体が無くなってしまうと、復活できなくなると考えられるからです。

西洋での魔女裁判で、魔女を死刑にするとき、火刑にしたのは、魔女を復活させないためです。
中世ヨーロッパで、ペストなどの疫病が猛威をふるったのも、火葬の習慣が無かったため、病原菌がいつまでも残ったためとも言われています。

この間のスマトラ島沖大地震の被害者を、宗教的見地からタイ政府は、火葬にできず、困ったそうです。

また、ゾロアスター教徒も、絶対に火葬にはしないそうです。
ゾロアスター教にとって、火は特別神聖なものであるため、死体を焼くと、火が汚されると考えているためだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!魔女が火刑されたのはそんな理由があったなんて…驚きです!

お礼日時:2005/04/28 03:00

日本の火葬が始まったのも、此処数十年前からではないでしょうか、



土葬用の土地の不足で、都市部から火葬に変わって行ったと思います、山深い山村や、離島ではまだ土葬されている所も在るかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!そんな地域あったら是非
一回行ってみたいと思いました!火葬反対派なんで

お礼日時:2005/04/28 03:02

 宗教的背景もあるようです。


 仏教やヒンズー教は火葬,キリスト教やイスラム教などは土葬なのだそうです。
 
 この世に再び出づる時,仏教では新たな肉体を得るということになっていて,火葬しても構わないのですが,キリスト教などでは,元の肉体で蘇えるということになっているので,元の肉体を焼いてしまってはいけないんだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。宗教が絡んでるのですね、火葬は個人的にイヤです~

お礼日時:2005/04/28 02:59

火葬は、インドにその起源があると言われています。


おそらく死体の消滅による魂の迅速な浄化を動機としていると思われますが、そのほかにも例えば,敵や妖術師の危害から遺体を守るために、動民のあいだで保存に便利なように灰のみを残すために (ベトナムのマン・コック族)、あるいは死者の害力を除去するために火葬は行われるました。
都市における火葬の普及も、墓地確保の困難さや衛生学的見地が理由ではありますが、火葬の特質に基づくことには変りありません。
ヨーロッパでは青銅器時代にひろく行われました。
東南アジア島嶼 (とうしよ) 部で散発的に見られる火葬は、インドからの影響です。
このほか、北米、中米の多くのインディアンのもとで火葬はかなり頻繁に行われていたことが知られています。

平凡社世界大百科事典より
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!火葬はインドからの由来だったのですか。個人的には火葬反対なんですが、伝統文化だから仕方の無いことですねぇ。

お礼日時:2005/04/24 21:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング