こんにちわ、ふと思ったのですが火葬するのは日本だけなのでしょうか?アメリカとかはミイラ状態で棺にいれるイメージがあるのですが…だれかおねがいします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

仏教やヒンドゥー教において、火葬を行うのは、輪廻転生の考えからだと思います。


それに対し、キリスト教やイスラム教で、火葬を嫌うのは、死者復活の考えからです。

輪廻転生では、「死者は別のものに生まれ変わる」と考えられ、火葬にすることにより、姿形を失くせば、早く生まれ変われると考えられています。
されに対し、死者復活では、復活の時がくれば、生前と同じ姿で、死者が復活すると考えられ、死体が無くなってしまうと、復活できなくなると考えられるからです。

西洋での魔女裁判で、魔女を死刑にするとき、火刑にしたのは、魔女を復活させないためです。
中世ヨーロッパで、ペストなどの疫病が猛威をふるったのも、火葬の習慣が無かったため、病原菌がいつまでも残ったためとも言われています。

この間のスマトラ島沖大地震の被害者を、宗教的見地からタイ政府は、火葬にできず、困ったそうです。

また、ゾロアスター教徒も、絶対に火葬にはしないそうです。
ゾロアスター教にとって、火は特別神聖なものであるため、死体を焼くと、火が汚されると考えているためだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!魔女が火刑されたのはそんな理由があったなんて…驚きです!

お礼日時:2005/04/28 03:00

日本の火葬が始まったのも、此処数十年前からではないでしょうか、



土葬用の土地の不足で、都市部から火葬に変わって行ったと思います、山深い山村や、離島ではまだ土葬されている所も在るかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!そんな地域あったら是非
一回行ってみたいと思いました!火葬反対派なんで

お礼日時:2005/04/28 03:02

 宗教的背景もあるようです。


 仏教やヒンズー教は火葬,キリスト教やイスラム教などは土葬なのだそうです。
 
 この世に再び出づる時,仏教では新たな肉体を得るということになっていて,火葬しても構わないのですが,キリスト教などでは,元の肉体で蘇えるということになっているので,元の肉体を焼いてしまってはいけないんだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。宗教が絡んでるのですね、火葬は個人的にイヤです~

お礼日時:2005/04/28 02:59

火葬は、インドにその起源があると言われています。


おそらく死体の消滅による魂の迅速な浄化を動機としていると思われますが、そのほかにも例えば,敵や妖術師の危害から遺体を守るために、動民のあいだで保存に便利なように灰のみを残すために (ベトナムのマン・コック族)、あるいは死者の害力を除去するために火葬は行われるました。
都市における火葬の普及も、墓地確保の困難さや衛生学的見地が理由ではありますが、火葬の特質に基づくことには変りありません。
ヨーロッパでは青銅器時代にひろく行われました。
東南アジア島嶼 (とうしよ) 部で散発的に見られる火葬は、インドからの影響です。
このほか、北米、中米の多くのインディアンのもとで火葬はかなり頻繁に行われていたことが知られています。

平凡社世界大百科事典より
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!火葬はインドからの由来だったのですか。個人的には火葬反対なんですが、伝統文化だから仕方の無いことですねぇ。

お礼日時:2005/04/24 21:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q納棺の仕事としてる人いますか?

納棺(遺体を湯灌し、棺に納める仕事)の仕事に就かれている方、または以前した経験のある方、詳しく教えてください。
求人で納棺スタッフがあり、女性が多数配属してるらしいんのですが。。。

今年、祖父が亡くなったときも女性が納棺していました。仕事ぶりを見ていたのですが、興味があります。
1日の仕事の流れを知っている方、お願いします。

Aベストアンサー

補足に対する回答。

>私の興味のある会社は葬儀屋ではなく、納棺サービス会社って感じです。
知ってますよ~。その上での発言です。
実際に、こちらの地方でも、専門業者は1社ありますね。車にゆかんを行うための設備(お風呂など)を一通り積み込んで、あちらこちら走り回っているようです。
車に搭載している設備そのものは、デイケア用として入浴出張サービスを行っている車とほとんど同じのような印象がありますね。

基本的には、ゆかん(納棺含む)には、各地方にそれぞれ風習が違う部分があり、これが正しいって言うことが言えないんですよ。
で、「女性が多い」ってのは、女性の遺体を男性が洗浄するのは、精神的にはいかがなものか…という配慮からだと思いますよ。
ちなみに、葬儀屋は、ゆかんの知識もしっかりあります♪

なお、ゆかんを行う時間帯については、あくまで一般論。
場合によっては夜行う事もあると思う。
そのあたりは、面接を受けるときに色々と聞いてみるといいです。

Q「フジヤマ ハラキリ ゲイシャ」の日本のイメージはどうすればなくなるの

「フジヤマ ハラキリ ゲイシャ」の日本のイメージはどうすればなくなるのでしょうか?

外国人はいまだに日本のイメージをそのようなイメージで考えていると思うとります。

そのような骨董品的な外国人の思考を新しい夜明けの日本のイメージに変えるには
どのようなチェンジや働きかけが必要でしょうか?

Aベストアンサー

日本人が外国に対して抱いているイメージもそのようなものです
そういうことを日本に期待しているのですから変えることは不可能です
なぜなら自分たちの日常と異なるからこそ憧れるのです
外国が日本と同じだったら金をかけてまで出かけますか?

Q映画おくりびと 納棺師

遅ればせながら、映画『おくりびと』を観ました。

私の職業は仕事の一つに納棺師のようなことをすることも含まれていて
これまでに数えきれないほどおこなってきました。

なので『おくりびと』での納棺師の精神はもちろんの事
その技術面でも関心してしまいました。

また尊い仕事でありとても大事な責任がありすばらしい仕事だなと思ったのも感想のひとつでした。

ですが映画の中では広末涼子演じる美香の「けがらわしい」と言うセリフがあったり
他にも差別的なセリフが多々ありました。

たしかこの映画の影響で納棺師という仕事が注目を集めてるというのを聞いた覚えはありますが
一般的に納棺師という仕事を差別する方が多いものなのでしょうか?
納棺師という職業をどう思われますか?

Aベストアンサー

昔は丁重に葬られるご遺体ばかりじゃなかったと思います。
身分の低い身よりのない人が亡くなった時は使い走りの下男のような人が共同墓地や無縁墓地などに葬ったでしょう。
墓地といえば聞こえがよくて単なる遺棄場所であった場合も。
また江戸時代当時は火葬されるのは身分の高い人に限ったことでしたが、この火葬を担当したのがいわゆる穢多非人といわれる人の仕事だった事もあったようです。
もともと牛馬の死体の処理なども生業としていたのがこのような人たちで「穢れ多い」という意味でそう呼ばれたとも言われます。
飢饉や伝染病の流行で大量に遺体が発生した時にはその処理係を行ったであろう事は想像に難くありません。

現代においてそのような差別的思想がそのまま残っているとは思いませんが、もともと日本人のなかにご遺体が穢れたものという意識はあるのではないでしょうか。
塩で清めたりという儀式もそこから発生してると思います。
もちろん宗教的な意味合いも強いでしょうが。

映画のなかでは遺体を扱った手で自分に触られるのを「けがわらしい」と感じた正直な気持ちだったと思います。
穢れ多き職業との認識も明示されていましたね。
まともな仕事ではない、恥ずかしい、というセリフもあったと記憶しています。
決してきれいな仕事という印象は持てないのがまあ正直なところではないでしょうか。
しかし映画が進行して行くに従ってその考えが間違ったことであったと認識して行きます。
そこにこそ観た人が感動する要素が強く表現されていると思います。

遺体を扱うと言えば検死官などもそうですね。
私個人は偏見や差別的な考えは持っていないつもりですが、身近にそうした職業の人がいるわけではないので実際にそうした方の身内になったらどんな気持ちになるのか想像はできません。
少なくとも絶対に必要とされる立派な仕事だと認識しています。
赤ちゃんを取り上げる助産師さんと同じように。

昔は丁重に葬られるご遺体ばかりじゃなかったと思います。
身分の低い身よりのない人が亡くなった時は使い走りの下男のような人が共同墓地や無縁墓地などに葬ったでしょう。
墓地といえば聞こえがよくて単なる遺棄場所であった場合も。
また江戸時代当時は火葬されるのは身分の高い人に限ったことでしたが、この火葬を担当したのがいわゆる穢多非人といわれる人の仕事だった事もあったようです。
もともと牛馬の死体の処理なども生業としていたのがこのような人たちで「穢れ多い」という意味でそう呼ばれたとも言...続きを読む

Q自衛隊員は短髪のイメージがありますが、短髪の中にも

自衛隊員は短髪のイメージがありますが、短髪の中にも長さ何cmまでって決まってるのでしょうか?短髪なら何cmでもいいんですか?

Aベストアンサー

具体的な長さまでは規定されませんが、基本的には組織柄、規則上は何かと「うるさい」です。
要は「自衛隊員として、みだしなみはキチっとしなさい!」です。

頭髪に関しては、配属部隊などによって、緩い配属先もあるし、逆にうるさく言われる場合もあります。

そもそも自衛隊に限らず、各国の軍籍の兵士なども短髪でしょ?
理由は簡単で、たとえば「格闘」などを想定し、髪の毛を掴まれないために、短髪にしているのです。
すなわち、軍人の短髪には実用性や合理性があると言えますね。

そう言う観点で、うるさく言う部署や上官がいたり、部隊毎に流行の短髪ヘアスタイルがあったりするし、ロン毛などには特にうるさいです。

一方、佐官,将官級とか、海外の大使館付の武官などになれば、現場から離れデスクワークなどが増加したり、対外的な仕事や儀礼色なども出てきますので、スキンヘッドの様ないかつい髪形はしません。
ただ、それでも襟足を伸ばしてる様な軍人はまず居らず、基本は「刈り上げ」ですね。

Q納棺師の仕事について。相談願います。

納棺師の仕事について。相談願います。

“納棺師”という仕事に興味があります。
この仕事についてメリットとデメリットを教えてください。

ちなみに私は27歳女(未婚)です。この歳からでも挑戦する事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

以前葬儀専門の派遣会社で働いていました。
映画のおくりびとのような納棺師、という方は見ませんでした。
葬儀社の方が納棺、湯灌をされてましたが、その他葬儀の進行や遺族のサポート、
葬儀に関する全ての手続き、事務仕事などされてました。
一度だけ死化粧専門のメークさんを見かけた事があります。

葬儀社はけっこう求人もありますし、私が勤めていた葬儀専門の派遣会社から
引き抜かれて社員になる人もいました。
人が嫌がる仕事ですし若い方も少ないので、20代後半なら転職しやすいと思います。

私は仕事自体大変だったのでメリットは浮かびません。
人生の最期をお見送りする、という素晴らしい仕事だとは思いますが…。

デメリットは、
●死体を扱うので感染症の心配がある。皆さん予防接種を受けたりされてるようです。
●仕事が急に入るので休みが不定期。冬場はほとんど休みなし、なんて話も聞きました。
●警察と関係の深い葬儀社では、変死体や腐乱死体など、凄惨な現場へ引き取りに伺う事も…。
●とにかく体力勝負。重労働です。
●たいして給料は高くないらしいです。派遣の方が儲かる、という話を聞きました。
…くらいでしょうか…。

私が一番つらかったのは子供さんの葬儀ですね。
2件あったんですが、1件は難病でずっと闘病されていたお子さん。
もう1件は突然亡くなられたお子さん。
どちらも小さな棺でかわいそうでしたし、親御さんが泣き叫ぶのは見ていられませんでした。

まずは派遣で様子を見てはいかがでしょうか。未経験でも大丈夫です。
それでやりがいを感じられれば葬儀社に転職されてもいいと思います。

以前葬儀専門の派遣会社で働いていました。
映画のおくりびとのような納棺師、という方は見ませんでした。
葬儀社の方が納棺、湯灌をされてましたが、その他葬儀の進行や遺族のサポート、
葬儀に関する全ての手続き、事務仕事などされてました。
一度だけ死化粧専門のメークさんを見かけた事があります。

葬儀社はけっこう求人もありますし、私が勤めていた葬儀専門の派遣会社から
引き抜かれて社員になる人もいました。
人が嫌がる仕事ですし若い方も少ないので、20代後半なら転職しやすいと思います。

私は仕...続きを読む

Qアメリカ大統領選

オバマ・ヒラリーの対戦かと思っていましたが、マケインが副大統領候補(アラスカ州知事)云々など、どのようになっているのか、分かりやすく簡単に御教示下さい。

Aベストアンサー

オバマ氏、ヒラリー氏は民主党の大統領予備選挙で戦い、
オバマ氏が勝利し、先ごろの民主党大会で正式に大統領候補になりました。
オバマ氏は47歳で経験不足を補うため民主党の大物のバイデン上院議員を副大統領候補に指名しました。


一方、共和党にマケイン氏は早々と予備選で勝利し正式に大統領候補となりました。
マケイン氏はおじいちゃんなので女性のペイリン・アラスカ州知事を副大統領候補に指名しました。
先ごろの調査ではマケイン氏の支持率が白人女性の間で上昇しているそうです。

アメリカ大統領選は事実上この民主党と共和党の2大政党の一騎打ちで、大統領候補は副大統領候補とともに選挙戦を戦うのです。
副大統領候補は大統領が重病になった場合は、大統領の権限が与えられる重要な役職で、4年後の大統領選の有力候補です。
特にペイリンさんはマケイン氏が年齢から4年後には引退するので、
十分可能性があります。

どちらが勝つかは全く分からないほど接戦になると思います。
なお、大雑把に言って共和党は保守で田舎に強い政党。
民主党は革新で都会で強い政党です。

オバマ氏、ヒラリー氏は民主党の大統領予備選挙で戦い、
オバマ氏が勝利し、先ごろの民主党大会で正式に大統領候補になりました。
オバマ氏は47歳で経験不足を補うため民主党の大物のバイデン上院議員を副大統領候補に指名しました。


一方、共和党にマケイン氏は早々と予備選で勝利し正式に大統領候補となりました。
マケイン氏はおじいちゃんなので女性のペイリン・アラスカ州知事を副大統領候補に指名しました。
先ごろの調査ではマケイン氏の支持率が白人女性の間で上昇しているそうです。

アメ...続きを読む

Q「おくりびと」と「納棺夫日記」

いま「おくりびと」という映画をやっています。まだ見ていないのですが、宣伝などで見る限りでは、青木新門さんという方の書いた「納棺夫日記」と重なる部分があって、原案ではないかと思っていました。しかし原案というわけではないようで、なんとなくすっきりしません。「納棺夫日記」もたいへんすばらしい本なのに、この機会にどこかで取り上げられているふうでもないのが残念です。
「納棺夫日記」を読んで「おくりびと」をご覧になった方はどのように思われましたか? 感想をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

映画「おくりびと」を見てから、「納棺夫日記」(文春文庫版)を読んだ者です(後者は「ウィキペディア」の記事から知りました)。

おくりびと - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%B3%E3%81%A8

映画に出てくるエピソードや描き方のいくつか、特に「納棺師」という職業に対する周囲の差別的な見方などは、「納棺夫日記」に綴られているものが元になっているのではという感想を持ちました。

映画では、夫の仕事を知った妻が、夫に「穢らわしい」という言葉を浴びせる場面があります。多少シチュエーションは異なりますが、これなどは明らかに「納棺夫日記」から採っていると思われます。

また、「おくりびと」と「納棺夫日記」の関係をネットで調べていたら、あるブログの記事が目に留まりました。

映画『おくりびと』と青木新門著『定本納棺夫日記』との関係
http://blog.auone.jp/enmusubito/entry/detail/?EP=27241529

映画で主役を演じた本木雅弘さんと「納棺夫日記」の著者の青木新門さんとの関係や映画のクレジットに青木さんの名前や青木さんの著書のことが出てこない理由などを伺い知ることができて興味深かったです。

「納棺夫日記」も素晴らしいですが、映画も素晴らしかったので、是非ご覧になることをお勧めします。青木さんの思いは、映画で描いているもの、あるいは描こうとしたものと必ずしも一致するものではないと思いますが、根底のところではかなり重なる部分があるように思いました。

映画「おくりびと」を見てから、「納棺夫日記」(文春文庫版)を読んだ者です(後者は「ウィキペディア」の記事から知りました)。

おくりびと - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%B3%E3%81%A8

映画に出てくるエピソードや描き方のいくつか、特に「納棺師」という職業に対する周囲の差別的な見方などは、「納棺夫日記」に綴られているものが元になっているのではという感想を持ちました。

映画では、夫の仕事を知った妻が、夫に「穢らわしい」という言葉を浴...続きを読む

Qアメリカの文化

ある本で、
「アメリカのテーマパークは子供より30代の大人がよく行く、大人の第一の遊び場」
と書いてあったのですが、この理由がその本を読んでも書いてありませんでした。
この理由分かる方いたら教えてもらえないでしょうか、
もし分からなくてもこうじゃないかなと思う事でもかまいません。
お願いします。

Aベストアンサー

子供を喜ばせるつもりで家族でテーマパークへ行ったが、
実際は親が子供の頃を思い出し、童心へ帰りはしゃいでしまう
って意味ではないでしょうか??
私が実際そうでしたから(笑)

Q納棺師になるには、どうしたらいいでしょうか?

先日、映画「おくりびと」を観ました。
これまでこんな職業があることすら知らなかった私には衝撃でした。

私にとって、仕事とは、
ただ与えられたものをこなしていくだけのものでした。

でも、この映画で考えさせられました。
仕事で人を癒していくってすごいことだと。

もっとちゃんと誰かと向き合った仕事がしたいと強く思うようになり、
納棺師を目指したい、と思っています。

納棺師は、どうすればなれるのでしょうか?
映画のように、求人広告とか本当に出ているものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 私は家族を何人も送りましたが、「おくりびと」は良い映画ですね。それだけに遺族の立場から一言。

 職業として目指すならば、数年でもアルバイトでも良いので、葬祭業者の仕事を経験されてからの方が良いかと思います。葬祭業なら、求人は見つかりやすいですし、後々、納棺師を目指すにしても縁がありますから転職はしやすいです。

 死者を送る「お葬式」において、納棺師の仕事は一部分に過ぎませんから、葬儀全体の流れを知っておくことは大切だと思いますし、キャリア形成として必要でしょう。

 また、宗教ごとに納棺の仕方も異なりますし、同じ仏教でさえも、宗派によって思いがけない作法の違いがありますので、それを身につけるだけでも時間はかかります。

 具体的に書くのは避けておきますが、ご遺体の現実を知る場合、最初から納棺師では酷だと思います。一度、葬祭業者の方と話してみてはいかがでしょうか?

Qアメリカ人がよくする仕草について

よくアメリカの映画やドラマなどを見ていると、「片手もしくは両手の中指と人差し指の第二間接辺りでクイックイッと曲げる」仕草をよく見ますが、あれは何を意味するジェスチャーなのでしょうか?

Aベストアンサー

“”のことではあるのですが、強調したい言葉というよりも、「いわゆる(“”内のもの)」という意味で使う場合が多いです。例えば、「準備しなきゃね。“大事な”お客様がいらっしゃるんだから」と言ったとすると、そのお客は本当は「大事」というよりも、ただの「うるさい」客だ、とかね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報