数の位を全部、知りたいのです。一、十、百、千、万、・・・億・・兆・・京・・がい・・のその後が知りたいのです。最終の位、無量大数までの位の名前を教えてください。確か、「黄河砂」とか「あそうぎ」とか「奈由多」など、仏教用語的な言葉が含まれていたと思いますが・・・。

A 回答 (2件)

前に同じような質問がありました。


その中で細かく回答した人がいます。参考にして下さい下記のURLです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=111858
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございました。以前にも質問があったのですね。ふっと、昔のCMを思いだし、何だかとても印象的な名前が出ていたような気がして、気になっていたんです。

お礼日時:2001/09/16 17:29

ちょう・けい・がい・じょ・じょう・こう・かん・せい・さい・ごく・こうがしゃ・あそうぎ・なゆた・ふかしぎ・むりょうたいすう



漢字は参考URLを見てね

参考URL:http://www2.wbs.ne.jp/~sci/science/unit/meisu.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 ありがとうございました。参考にします。

お礼日時:2001/09/16 17:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q万、億、兆、京、垓……

しょーもない質問で、すみません。

万、億、兆、京、垓……と続く数のかぞえかたがありますよね。この単位をつかって地球の重さ、

6,580,000,000,000,000,000,000,000 kg

を表現すると、どうなりますか?

Aベストアンサー

6,580,000,000,000,000,000,000,000ですから

6,じょう580,0がい00,00京0,000,兆000,0億00,00万0,000

ってわけで、6じょう5800がいかな?

でもこういう表記は意味がないと思います。

6.58*10^24

という表記の方が便利ですし、有効数値の兼ね合いからも望ましいと考えます

Q単位の万億兆以降の単位を使う数値

万億兆はお金の単位としてよくみかけますが、それ以降の垓や京などが実際に使われた例があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「あから2010」はあり?

Q無量大数

数字の単位(桁の名前)で無量大数というのがありますが、文献やサイトによって10の68乗としているものと88乗としているものがあります。
解釈の違いでしょうか。

Aベストアンサー

時代により異なります。

日本では、江戸前期の和算書として有名な『塵劫記』の寛永8年の版で「無量大数」が初めて登場します。この版では、「載」までを万進、「極」以上を万万進としていたため、「無量大数」は「不可思議」(10の80乗)の万万倍で10の88乗となります。
『塵劫記』の寛永11年版で「極」以上も万進に統一されましたので、「無量大数」は「不可思議」(10の64乗)の万倍の10の68乗となりました。

面白いことに、『塵劫記』では、版を重ねるごとに「無量」と「大数」の間にできた傷の間隔が広がり、後の版では「無量」と「大数」という別の数と誤解されるようになったようです。この場合は、「無量」が10の68乗、「大数」が10の72乗ということになります。現在でも「無量」と「大数」が別の数として紹介されることもあるようですが、「無量大数」で一つの数とする方が一般的です。

Q10の220乗は無量大数より何桁多いのか。

無量大数が10の68乗とした場合、10の220乗は単純に『152桁上』で良いのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/f9305710/kazu.html
典拠:華厳経

10^5洛叉 らくしゃ
10^7倶胝 くてい
10^14阿多 あゆた
10^28那由他 なゆた
10^56頻波羅 びんばら
10^112矜羯羅 こんがら
10^224阿伽羅 あから
10^ 448最勝 さいしょう
     ・
     ・
     ・

ですので、10^220 は 阿伽羅 あから より4桁小さいです

20^220 は 無量大数 10^68

より、220 ー 68 = 152桁 大きいです

Q無量大数

数の数え方で無量大数というのがありますが、実際にこれを使うことがありますか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

実際には使われないと思います。
雑学の一つとして出てくる程度でしょう。

漢数字の単位については、参考URLをご覧ください。
数の単位としてではなく、日常的に使われている言葉もちらほら見受けられます。
大きい数にしても、小さい数にしても仏教用語から来ているようですね。なんと英語では10の600乗という単位があるんですね!

これだけでは回答として物足りないので、同じく仏教用語的な時間の単位を紹介します。

刹那 (せつな)  = 1/75秒
怛刹那(たんせつな)= 120刹那
臘縛 (ろうばく) = 60怛刹那
須臾 (しゅゆ)  = 30臘縛 
昼夜 (ちゅうや) = 30須臾 
月  (つき)   = 30昼夜
年  (ねん)   = 12月
劫  (こう)   = 不明

「刹那」というのは、「一瞬」という意味で普通は使われますが、本来は時間の単位として明確に、ほかの単位と関係付けられています。

問題は「劫」です。よく「未来永劫」など、ずーっと永遠に、という意味で使われますが、時間の単位として具体的に(ほかの単位とくらべて)語られた事はないと思います。

経典に書かれている説明では、

「1辺が1ヨージャナ(=約7.4km)の立方体の中を、ケシつぶで満たし、百年に1粒ずつ取り出して行き、全部取り終わっても、まだ1劫にはならない。」

とか、

「1辺が1ヨージャナの立方体の岩を、天女の衣が百年に1度はらい、岩が磨り減ってなくなってしまっても、まだ1劫にはならない。」

というように、比喩的にしか語られていません。

さらにすごい事に、この劫が80で「大劫」、大劫が64で「六十四転大劫」となるらしいです。もうほとんど私たちの感覚では永遠といっていいぐらいですが、これも単位である以上、永遠ではないはずです。

参考URL:http://www.people.or.jp/~Niki/kazu.htm

実際には使われないと思います。
雑学の一つとして出てくる程度でしょう。

漢数字の単位については、参考URLをご覧ください。
数の単位としてではなく、日常的に使われている言葉もちらほら見受けられます。
大きい数にしても、小さい数にしても仏教用語から来ているようですね。なんと英語では10の600乗という単位があるんですね!

これだけでは回答として物足りないので、同じく仏教用語的な時間の単位を紹介します。

刹那 (せつな)  = 1/75秒
怛刹那(たんせつな)= 120刹那
臘縛 (ろ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報