都内のボタン屋さんで、
種類が多くて、価格も安い店はありませんか?

もとから安いボタンが、安く買えるのではなく
リネンやコットンのおしゃれな雑貨に付けられるような
おしゃれなボタンを、安く買える店が知りたいのです。

(1)種類が多い
(2)安い
(3)おしゃれな品揃え

・・・・の以上3つの条件に合う店があればいいのですが
無理なら、条件のうち1つでも2つでもかまいません。

どうぞ、よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

浅草橋にある「クラフトショップヒント」が最適です。

リネンやコットンに付けられるボタンでしたら天然素材のボタンがいいんじゃない。「クラフトショップヒント」には天然素材のボタンがいっぱいあります。ボタンは一ヶから購入できます。またリネンやコットンのテープやブレード、レースもあります。是非行ってみてはどうでしょうか。

参考URL:http://www.bel-art.co.jp/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
すぐにでも行きたくなりました。
週明けにでもさっそく行ってみます。

お礼日時:2005/05/07 11:52

日暮里の生地問屋さんの通りにボタンの専門店があります。

「熊谷商事」です。小売りもしてくれます。

参考URL:http://www.netlaputa.ne.jp/~nippori/kameiten/kum …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
日暮里なら、生地屋さんもたくさんあるのでいいですね。
熊谷商事、見に行きたいと思います。

お礼日時:2005/05/09 11:05

ユザワヤはいかがですか?


蒲田店でボタンを見たことがあるのですが、沢山置いてありました。
なんとなく見ただけですので、おしゃれな品揃えかどうかまでは分からないのですが、あれだけの種類があればお洒落な物もあるのではないかと思うのですが・・。
(1)(2)の要件は、多分満たしてると思いますよ。

参考URL:http://www.yuzawaya.co.jp/goods/fukusyoku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・・安くて種類の多い店で、
おしゃれなものを探すのがコツなのかもしれませんね。
そうなると、ユザワヤは要チェックですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/07 11:50

代官山の「paolo bottoni」。


ビーズとボタンのお店です。
条件のうち、3は間違いなく満たしますが、1はうーん、という感じで、2はダメかも。
でも、見て損はない、と思います。

参考になれば幸いです。
http://www.paolo-bottoni.com/company18.html

参考URL:http://www.paolo-bottoni.com/company18.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お安くはないけれど、めずらしいボタンがありそうですね。近々、のぞいてみたいと思います。

お礼日時:2005/05/07 11:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日暮里繊維街って実際安いですか?

日暮里繊維街って実際安いですか?

普段はネットショップ等で生地や副材料などを買っています。
また近隣の手芸店にもよく行きますが、材料によってここが一番安い!とか一応気にしてお店を選んでます。
でも、それらのお店と比べても日暮里は安い!という話を聞きます。
服から小物、バッグ等もよく作りますので、少量しか買わない、と言うわけではないです。大量仕入れも可なので今度、日暮里に行こうと思っています。

ただ、お値段なんかはやっぱり安いですか?
通常の(少量でも買える)手芸店などと比べてどうでしょう?

また、レースやモチーフ、ファスナーなどの副材料も通常の手芸店よりは安いんですか?

特に指名買いではなく、プラプラ楽しみながら歩こうと思ってます。品揃えに関しては二三、めぼしをつけているお店もありますが、お値段が調べられませんので質問してみました。

Aベストアンサー

今の時代ではネットでも割と安く生地や材料を手に入れることができる時代なので、お店で直接見て・触って納得した物を安く買える…という点では出向く価値はあるかもしれません。

私も数年前に度々『日暮里は安い!』とあちらこちらで聞いたので、実際に行ってみよう!と思い立って買い物に行った一人です。

最近は滅多に行かなくなりましたが、以前によく行っておりました。

私の個人的な意見ですが、日暮里は問屋街なので大量買い(生地などは基本的に1m単位での販売・時には『数(←自分の希望)mお願いします』と言って、それがたまたま残り少なかった場合は全部お買い上げ…なんてことも何度かありましたし・一反買いの場合はもっと安く買えた気がしますが…)が基本なので、単価あたりで計算すると安く買えたことになるのですが、結果的には必要以上に買い物することになってしまい、交通費なども考慮すると『もの凄く安かった!』という印象にはなりませんでした。

激安品に関しては、製造過程でミスプリントがあった物『=難あり品・B品』だったりも結構ありますので確認の上で購入しないといけませんね。(当然、お店では告知したうえで販売していますが…)

それでも、掘り出し物や・思いがけずこんなモノが…!なんていうこともあるので、一度出向いて見る価値はあると思っています。

お店の数も沢山あるので、あちこち回りながら買い物をし続けると帰りはもの凄い荷物ととてつもない疲労が。。。なんてこともよくありました(笑)

レースやモチーフに関しても、以前に買い物していた際は1m単位だったり・モチーフなどは10枚単位だったり・パック売りだったりも…。

…なので、結果的には『それでもどうしても買いたい!』と思った物をあちこちで買ってしまったりしたので、出向いた際のトータルの予算は結構かさんでしまったりしました。。。

店頭やネットでの買い物は、自分が欲しい分だけ買えるけれどその分、カットする手間や色々(流通の段階・店員が品出ししたり…ネットの場合は画像をアップしたり…)な経費が上乗せされての定価だと改めて思ったものです。

行くなら平日の午前中が良かったような気がします。

お昼~午後以降はお店によってはかなり混んでいて、生地をカットしてもらうだけでもかなり待ったりするお店もあったりなかったり…。

日暮里に行くと、日暮里繊維街のマップがあると思うので、それを参考に回られると良いと思います。

参考URL:http://www.to-yu-realtor.co.jp/guide/map_seni.htm

今の時代ではネットでも割と安く生地や材料を手に入れることができる時代なので、お店で直接見て・触って納得した物を安く買える…という点では出向く価値はあるかもしれません。

私も数年前に度々『日暮里は安い!』とあちらこちらで聞いたので、実際に行ってみよう!と思い立って買い物に行った一人です。

最近は滅多に行かなくなりましたが、以前によく行っておりました。

私の個人的な意見ですが、日暮里は問屋街なので大量買い(生地などは基本的に1m単位での販売・時には『数(←自分の希望)mお願いし...続きを読む

Qアクセサリーパーツの安い店問屋探してます。

アクセサリーを作っていて、
ピアスのフックの部分を100個や
チェーン100本
(素材は真鍮、シルバー)

安く売っていただけるお店を
探しているのですが
なかなか見つけれません。

1個10個というところは
見つけれました。

どなたか
ご存知の方見えませんでしょうか、

買い物をするならば、名古屋に近いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

作ろ!ドットコム
http://www.tsukuro.com/
こちらの大口注文は、ピアス金具200ペアより、チェーン20mよりですが、いかがですか?

貴和
http://www.kiwa-inc.co.jp/index.html
こちらのカタログでは、ピアス金具50ペア単位、チェーン50本単位の販売があるようです。

パーツクラブ
http://www.partsclub.jp/home/index.html
こちらのカタログには、大口注文の際はお問い合わせください。とあります。

大口になるとお得になる場合も多いようですので、一度問い合わせてみるといいかもしれませんね。

Qドミット芯とキルト芯の違い

ドミット芯とキルト芯というのはどういった違いがあるのでしょうか?

主に接着タイプを使用するのですが、パリッと仕上がるものとふわっと仕上がるものがあったり、接着のりがスパイダーのものと全体に小さな糊の粒がついているものなどがあるみたいなのですが、この辺の違いで区別しているのでしょうか?
自力で結構調べましたがはっきりした答えが出ないのです(涙)

お店だと何となく使い心地を触って確かめて買えるのですが、
ネットで買う時に困っているのでぜひ区別を教えてください。

Aベストアンサー

キルト芯はごく普通の綿状の芯です。薄いもの、厚いもの、ポリエステルのもの、コットンのものなど色々あります。
ドミット芯はキルト芯の裏に、言ってみればネット上の裏をつけたものです。伸びにくいので、バッグの持ち手や、ミシンでプレストキルトを作るときなどに使います。
接着芯はバッグを作るときに使うと張りが出ます。
それぞれメーカーによって使い心地はさまざまです。
作るものの目的によって選ぶのが良いと思います。

Qハンドメイドアクセサリーのパーツ通販でおすすめは?

ハンドメイドアクセサリーにハマっています!(買う側)
最近ふと「自分でも作れるのでは?」と、ハンドメイドアクセサリー作りに挑戦してみようと思いました。
普段はミンネやクリーマを見ていますが、ああいったハンドメイド作家さんたちはどこでパーツ材料を調達しているのでしょうか?
手芸屋さんを巡ってもいいのですが、効率よく通販でさくっと集められればと思っています。

アクセサリーパーツでおすすめの通販があれば教えてください!

Aベストアンサー

クリエイトオンライン
http://create-online.jp/

Time Shuffle
http://time-shuffle.com/

貴和製作所
http://www.kiwaseisakujo.jp/shop/

ユザワヤ
http://www.rakuten.co.jp/yuzawaya/

(参考)
ハンドメイドアクセサリーパーツ通販のおすすめ8選
http://matome.naver.jp/odai/2143659840556224201

卸となると100点~まとめ買いなどになってしまいますが、
上記のような通販サイトでしたら1点から安く買えますよ!

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q洋裁教室でストレスを感じます

数年前から趣味で市販の本を使って子供服や自分の服を作っていましたが、4月から月2回2時間ほどの洋裁教室にも通い始めました。

教室では伊藤式を習っており、製図から行っています。
綿のワンピースを作っていますが、今までの縫い代付き型紙を使ってぱぱっと縫うやり方とは全然違い、製図作り、切りじつけ、仮縫い、補正など、とにかく時間がかかり、やっと本縫いを始めたところです。

始めたばかりなので、先生にも「はじめは時間がかかる、じっくり、こつこつ根気よく、丁寧に正確に手間暇かけて仕上げるのが肝心」と言われています。

確かに知らないことを教えていただけるので、良かったと思うこともあるのですが、時間がかかることに正直かなりストレスを感じます。
生徒の人数も多く、待ち時間もあり、時間ばかりが過ぎ、思うように進みません。
なるべく自宅でできることは、宿題として自分で進めているのですが、宿題をしなきゃと思うと、勉強嫌いな子供に戻ったような気持ちになります(泣)

8月は子供も夏休みなので、教室を休んでいるのですが、その間、心が本当に軽くなって、市販の型紙を使って子供のワンピースなど作って楽しんでいました。

教室で教えていただけると、自分の体型にあった服を作れる、いずれは裏地つきの服に挑戦できるなど良い面もあると思うのですが、ただの綿のワンピースにここまで時間をかける必要があるのか?この数か月のお月謝代で布をいっぱい買えるではないか!?と思ってしまうのです。
作りたいものはナチュラル系の綿や麻のチュニック、ブラウス、ワンピースなどです。

私の根気の無さが悪いのか?
今まで独学で資格なども取ってきたので、人に教わることも苦手かもしれません。
教室に通い出してから、洋裁が楽しくなくなってきたのですが、嫌々ながらも続けていたら、切りじつけや仮縫いなども面倒に思わず慣れてくるのか、結果が出てくるのか?
市販の本を利用しての洋服作りにはやはり限界があるのでしょうか?

教室に通い続けている方に、ご意見をうかがいたいです。

数年前から趣味で市販の本を使って子供服や自分の服を作っていましたが、4月から月2回2時間ほどの洋裁教室にも通い始めました。

教室では伊藤式を習っており、製図から行っています。
綿のワンピースを作っていますが、今までの縫い代付き型紙を使ってぱぱっと縫うやり方とは全然違い、製図作り、切りじつけ、仮縫い、補正など、とにかく時間がかかり、やっと本縫いを始めたところです。

始めたばかりなので、先生にも「はじめは時間がかかる、じっくり、こつこつ根気よく、丁寧に正確に手間暇かけて仕上げる...続きを読む

Aベストアンサー

市販の本での洋服作りには限界があると思います。
よくできているようで、細かいところがわからないのが本なんです。
わかりやすそうで、できそうにみえるけど、いざやってみたらここは?という疑問が出てくるのが本。
「1番わかりやすい」とか「丁寧な」「初心者でも簡単」なんて書かれた本がありますが、本当の初心者がやったら結構わからないところが多いものですよ。
見ながらできる人はある程度の知識・経験がある人です。
先生達だって、先生になるまでには色々な苦労があります。時間も費用もかかっています。
それを本に全部載せてしまうと思いますか?上手にできるコツを簡単に人に教えてしまうと思いますか?
市販の本はそれをみてやってみたけどよくわからないから、教室に通ってみよう・・・という生徒集めの部分もあるんです。
・・・というのが、母の言っていたことです。
(母は和裁以外は編み物・洋裁等全部習っていましたし、今もパッチワークなど習っています)

でも、教える先生もピンキリですよ。
先生の先生のまた先生の・・・という感じです。
先生自体が合わないのであれば、他の教室を探してもいいと思います。
色々教えてくれる人、教えてくれない人、教え方が上手い人、下手な人・・・先生もそれぞれですから。
ただ、やっぱり何でも基本は大切だと思いますよ。
基本ができないと応用で絶対に躓きます。
面倒なしつけやアイロンかけ・・・でも、その一手間が出来上がりを左右するんだと思います。

どの程度のものを作りたいのか・・・にもよると思いますが、習うのが苦痛ならやめて自分でできる範囲で楽しむのもありだと思います。
ただ、趣味というのは時間もお金もかかるものだと思います。
無駄なような月謝代もきっと役にたっているのではないでしょうか?

市販の本での洋服作りには限界があると思います。
よくできているようで、細かいところがわからないのが本なんです。
わかりやすそうで、できそうにみえるけど、いざやってみたらここは?という疑問が出てくるのが本。
「1番わかりやすい」とか「丁寧な」「初心者でも簡単」なんて書かれた本がありますが、本当の初心者がやったら結構わからないところが多いものですよ。
見ながらできる人はある程度の知識・経験がある人です。
先生達だって、先生になるまでには色々な苦労があります。時間も費用もかかっていま...続きを読む

Q日暮里でボタンの種類が多い店を教えて下さい

ずいぶん昔に買ったシャネルのコートのボタンが取れてしまいました。知らないうちに何個か取れていたので、ボタンを全部取り替えるしかなさそうです。ボタンの数も多いので、かなりの金額になりそうです。

それなりに高くて良いボタンをつけないと、コートと釣り合いが取れないと思うので、ボタンのお店を探していたところ、日暮里にボタン屋さんが多いということを知りました。
高級で素敵なボタンを比較的安く売っているお店がありましたら、教えていただけませんでしょうか。よろしくお願い致します。

もちろん、日暮里でなくても構いませんが、日暮里は問屋街だそうですので、安いのかなと思いまして...。

Aベストアンサー

日暮里なら
・熊谷商事(株)
・やまよ(支店)

あと,オークションで「装飾サンプル品」「ボタン サンプル品」で検索すると
1個5~400円くらいで扱ってる所もあります

あとはクリーニング屋さんに訊ねてみるのも良いでしょう

Qバウチャーってなんですか?

旅のしおりに「ホテルのバウチャー」という言葉が出てきましたが、何のことなのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

 簡単明瞭にご説明します。
バウチャーとは、ホテルの予約確認券(金額が入っているもの、いないもの両方があります。)を指し、ホテルクーポン(券面の表示は宿泊券/ホテル券/旅館券 等)とはホテルに泊まるためのクーポン(金券)です。
 クーポン券は金券ですから紛失したらそれまでで、再発行はできません。予約はそのままに、再度お金を払って買い直します。また、現物を忘れてきても原則として宿泊できません。
 バウチャーは予約確認券ですから、紛失しても宿泊には大きな影響はありませんし、もちろん時間さえあればいくらでも再発行できます。また、FAXなんかで送ってもらっても大丈夫です。

 ただし、旅行会社(または職員)によっては混同している事もあります。ご注意を・・・

Q煩悩ってどういう意味ですか?

煩悩(ぼんのう)ってどういう意味ですか?
辞書で調べても難しくて理解できません。
具体的に、わかりやすく教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。
 
  しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。
  「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。
 
  煩悩とは、わずらわしく、悩みになることだ、ということになります。しかし、そんなに煩わしく悩む、困ったことなのかというと、日常の用法では、ちょっとニュアンスが違います。ここは、仏教のお坊様に出てもらって、具体的な使い方の説明をしましょう。
 
  仏教では、覚りを開くため、修行する人が、元々「坊様」だった訳です。従って、元の仏教の「戒め」では、修行者は、例えば女性となれなれしく口をきいてはならないとか、女性の姿もまともに見てはならないなどとなっていました。女性の美しさなどは、「迷い」の元だというのです。
 
  しかし、坊様がすべてそうではないでしょうが、すけべな坊様もいる訳で、道で通りがかりの、和服の美人を見て、ほわ、と口を開けて見とれ、なんちゅう、綺麗なべっぴんさんや、いや目の毒じゃ、これも「煩悩、煩悩」などと云いながら、女性の後ろ姿を見送ったりします。別に和服でなく、洋装でも構わないのです。また、坊様も、そんな女を見るとすぐ見とれるような人は珍しいでしょうが、やはり、坊様も男ですから、美人と道ですれ違うと、ふと、心が動くこともあるのです。
 
  あるいは、仏教では、イスラム教と同様、精神の安定や、日常の心の状態を興奮させたり、おかしくする飲み物などは禁じています。例えば、麻薬などは無論駄目ですし、煙草やお酒も駄目なはずです。しかし、日本の坊様は、何時頃からか、「般若湯(はんにゃとう)」と称して、酒を店で買って飲んでいたりします。坊様が、良い酒を味わいながら飲みつつ、何という味わい、この酔い心地、さすがに銘酒は違う。極楽じゃ。しかし、考えてみれば、これも「煩悩、煩悩……仏様よ、お許しあれ、南無阿弥陀仏、いやもう一杯、何ともうまい」などと云っていると、どこが、煩い、悩みの煩悩か分からないでしょう。
 
  また仏教では、生き物のいのちを大切にせよと教え、殺生を禁じ、従って、動物の肉は無論、鳥の肉も、魚も食べてはならないことになっているのですが、それも何のことかです。酒のさかなに、コイのあらいを食べつつ、いい気分になって来て、坊様が、いや、浮き世もまた楽しいぞよ、酒はうまいし、ねえちゃんは綺麗だ……などと歌っていると、「生臭坊主」ということになるのですが、以上は極端に戯画化しているので、日本では、昔から、坊様が、妻帯し、子供がおり、酒は飲み、魚も食べ、それで別に社会から糾弾などされていません。
 
  大酒を飲み、酔っぱらって、寺の本堂で乱交パーティを開くような坊様は、それは別に坊様でなくとも、普通の人でも社会から糾弾されます。
 
  仏教の坊様にとっては、女性と触れたり、メイクラヴすること、酒を飲んだり魚を食べたりすることは、仏教の教えに反することで、こういう「欲望」を、修行の妨げになる「煩悩」と呼ぶのですが、煩悩というのは、多くの坊様の日常生活から云うと、自然なことのようです。
 
  もう一つ、坊様ではありませんが、一般に、「子煩悩」という言葉があります。これは、別に、子供が煩わしく悩みの種で、何かの邪魔になるのかと云えば、そうではなく、子供が可愛く、何時も子供のことを考え、細かいことにも、子どものためにと、あれこれ気も身も使う親のことを、こう呼びます。別に、子どもが、何かの「妨げ」になっているのではないのです。親にしてみれば、ふと、思うと、「ああ、おれは、何と子どものことばかり思っているのか。これも煩悩か」などとなります。
 
  「煩悩」というのは、仏教の教えとか、人間の生き方はいかにあるか、などということの前では、何か安楽な、気持ちよい、楽しい方にばかり気が向くようで、困ったことだという考えもある他方、「自然な欲求」「自然な望みのおもむく方向」であって、煩悩だが、しかし、これもまた良しなどというものです。
 
  これは、仏教の教義として、煩悩に迷う人の姿こそ、すなわち、仏の姿に他ならないという考えもあるのです。
 
  煙草をやめないと、肺ガン確実と云われていて、それでも吸いたいという人の場合、煩悩とは云いません。また、大学受験中なのに、異性のことに意識が向いて勉強に集中できない高校生も、それを煩悩とは云いません。(ただし、高校生の親が、寺の住職だったりして、子どもに、そんな煩悩は振り払え、と説教するかも知れません)。
 
  煩悩というのは、本来の仏教の教えでは、たいへん厳しい、覚りの道にあって、克服せねばならない誘惑や欲望だったのですが、「煩悩すなわち仏」というような考えは、人間は自然に振るまい、自然に生きるのがやはり一番であるという考え方でしょう。
 
  肺ガン寸前の喫煙者や、受験勉強に必死な高校生にとっては、喫煙や、恋愛は、自然のままを楽しもうなどということではないのです。
 
  人間は、欲望が強すぎると、色々不都合なことが起こることが、或る程度分かっているともいえます。分からない人、自制がきかない人は、酒に溺れて身を滅ぼすとか、守銭奴になって、世人の顰蹙を買うなどとなり、そういう人自身は、煩悩も何もないでしょう。しかし、そういう人を横目で見ていると、酒を飲み、恋愛をし、ギャンブルで小銭を失い、自堕落な生活を少々しても、歯止めがかかっていて、ああ、これが煩悩というものか……で片が付きます。
 
  「わかっちゃいるけどやめられない」というのは、確か古い歌の言葉ですが、そういう心境の「分かっている」のが、煩悩だと分かっているということで、度を超さなければ、やめる必要もない訳です。本格的な修行をしている坊様にとっては、厳しいことでまた別ですが、普通には、煩悩はまた楽しいことなのです。本来しない方がよい、というのをするのは何とも楽しいことなのでしょう。
 
  世界中の文化がそうだとは分かりませんが、日本は、煩悩を楽しむ文化です。
 

 
  煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。
 
  しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。
  「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報