小学校のころ父から贈られた、やなせたかしさんの詩
たしか『ほほえむことを 忘れちゃいけない
   涙は今も こぼれているが 忘れちゃいけない ほほえむことを』

だったと思いますが、この詩の全文と題名とイラストを調べられるサイトってありますか?
また、知ってる人教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

題名は「おもいだしちゃいけない」ですね。



やなせたかし著「詩集 愛する歌 上巻(サンリオ出版)」にありました。かなり古い詩集です。
『ほおのえくぼをけしてはいけない 涙はあつくあふれてきても すぎてしまえば夢とおなじ』
で始まります。

検索してみましたが、残念ながら全文掲載されているサイトは見つかりませんでした。以下の22に一部の抜粋があります。

著作権上の問題がありますので全文の紹介はご容赦願います。

参考URL:http://www1.ezbbs.net/cgi/bbs?id=stera&dd=17&p=1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
わざわざ調べてくださって本当にありがとうございます。さっそく書店で探してみます。

お礼日時:2005/05/21 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供のころに読んだ絵本

子供のころに凄く好きで、図書館で一人占めするようにして何度も何度も繰り返し読んでいた本があります。しかし、もう10年以上前のことで思いだすことができません、タイトルも内容も。それでもなぜか急に読みたくなりました。タイトルは覚えているのが「ありとあかえんぴつ」なのですが、その題名で探しても見つからず、ましてや子供の頃の記憶なんて当てにできないため「あり」も「あかえんぴつ」も間違っている可能性があるのです。ただ覚えていることとして、たくさんのお話しが入っている絵本で、動物がたくさん出てくること。絵がとてもかわいらしく、綺麗で、本物の動物みたいだったことです。これだけの記憶ですが、わかる方がいらっしゃいましたら教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

ありではないのですが、
いくつもお話が入っていたとのことなので、
これはどうでしょうか?

『こねずみとえんぴつ』

参考URL:http://www.ehonnavi.net/ehon/9419/%E3%81%93%E3%81%AD%E3%81%9A%E3%81%BF%E3%81%A8%E3%81%88%E3%82%93%E3%81%B4%E3%81%A4/

Q小さいころに見たのですが

タイトルは「走れ黒馬」と思っていたのですが、どうも違うみたいなので、質問してみました。

内容なんですが、アメリカの西部劇の世界で、とても足の速い黒馬がいるのです。その黒馬を何人ものカウボーイたちが必死になって捕まえようとするのですが、なかなか捕まえられないのです。

しかし、あるカウボーイがカウボーイ仲間を集めてどこまでもその馬を追いかける話なんですが、知っている方いますか??

ちなみにアニメでも放送されていたので、そのアニメについての情報も教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

No.1です。ご記憶の本は絵本でしたか?
調べてみたらシートンの原作を絵本化した『はしれ!くろうま』というのがありました。「チャイルド絵本館・絵本版シートン動物記」というシリーズのようです。

Q1990年ころ読んだ児童書のタイトルと作者

1990年ころ子供のころ読んだ本のタイトル作者が知りたいのですが思い出せません。
内容は、冒険物で勇者が探検するようなストーリーで、あの伝説の剣が抜けるとあなたは敵を倒せると住民に言われ剣を抜いた主人公であるが実は全ての剣が抜けるように細工してありだまされているというようなエピソードがありました。
恐らく偕成社ではないかと思います。その作者の本の新刊を注文したらなぜか直筆のお礼の手紙が届き驚いたのを覚えています。

Aベストアンサー

岡田淳「二分間の冒険」偕成社 (1985/04)
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/7542/syohyou/05o/2hunkan.html

Q子供のころ読んだ絵本を探しています。

 25~30年くらい前に移動図書館で借りた絵本を探しています。タイトルはうる覚えで、「はいいろのまち」か「ねずみいろのまち」だと思ったのですが、そのタイトルでは本屋さんや図書館のデータベースでひっかかったことがありません。
 内要は、昔世の中には色がなくて街や人々はみんな灰色だったのですが、染物屋(ペンキ屋?)さんがある日赤色を発明して、町中を赤く塗ったら、皆が怒りんぼうになっていしまい、「こりゃいかん」ということで別の色を…と、青色を発明し、町中を青にしたら、皆が暗~くなってしまい…、黄色に塗ったら、人々が狂ってしまい…、結局いろんな色ができて町中を色んな色に染めたら皆がハッピーになりました。というような内要です。御存じの方がいらっしゃったらすごく嬉しいです。教えて下さい。

Aベストアンサー

 『はいいろのまちのおはなし』でしょうか?

参考URL:http://www.bk1.co.jp/product/1531998

Q子供のころに読んだ児童書のタイトルがわかりません。

子供のころ持っていた児童書なのですが、現在手元にはなくタイトルを失念してしまいました。もう一度読みたいのでどうかわかる方いらしたらお願いいたします。

外国の児童書だったと思うのですが、子供たちの家では犬を飼っています。
ある日お風呂の水?が溢れてしまいその水にのって犬と子供たちが街中とかをずっと流れていく冒険するといった内容でした。。。海に流れ着いてしまう前に助かったような。。。犬がもじゃもじゃの大きい犬だった気がします

あやふやですみません。。。
水が溢れて街中にどんどん流されていくのがすごく印象的でした。

Aベストアンサー

フィリップ・デュマ作の「ローラのぼうけんえほん」シリーズの中の、「まっくろローラ おふろのぼうけん」ではないかなと思います。
 真っ黒で大きな犬(ニューファンドランド犬かな?)のローラが出てくるシリーズです。私は昔、市立図書館で読んだのですが、記憶があやふやなので自信はありません。
 懐かしい本にまた再会できるといいですね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報