単にタイムスリップものというわけではなくて、
いくつか条件があるんですが・・
自分の身内と出会ってしまう、というやつが読みたいです(笑)
特に恋愛関係になってしまう話が好きなのですが。
そういう話は大抵ラストがせつない感じですが、そこがまたすごく好き。
例を挙げると(漫画ですが)
「スロップマンションにおかえり」、「純粋培養閲覧図」など。
簡単に言うと、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を
恋愛や感情重視にした感じです;;

それから、SFが苦手なのでなるべく「SFっぽくないもの」!
電子回路とか思考を感知して動くオートマチックカーとか(笑)が
がんがん出てくると駄目です。
ブラッドベリの「ウは宇宙船のウ」が読みたくて、
先日借りてみたのですがこの短編すら読めませんでした;
あとなるべく国内ものだと嬉しいです。
駄目元で言えば中心人物が若い(学生とか)方がいいんですけど・・
わがままですみませんが条件にあった本をご存知の方は教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (22件中21~22件)

ちょっと条件を外してしまうかもしれませんが、「時をかける少女」「続・時をかける少女」は如何でしょうか?


メジャーなのでご存じかもしれませんが、文章で読むとまた新鮮な感じです。
映画にもなっていますが、私は原作本とTVシリーズが好きでした。
TVシリーズの方は「タイムトラベラー」というタイトルで昔NHKで放映されていました。
特に「続…」の方はちょっと怖い展開でドキドキしたものですが、お好みの条件からすると「続…」でない方がお勧めですね。
もしまだお読みでなかったら一度御覧下さい。(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
「時をかける少女」「続・時をかける少女」、両方未読です;
気になってはいたんですが、映画があまりにも有名なので敬遠してしまって。
映画のほうも見たことないんで先入観ゼロで読めそうです(笑)
しかし続も出ていたなんて知らなかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/30 05:59

高畑京一郎の『タイム・リープ-あしたはきのう[上][下]』(電撃文庫)を読んでみて、おもしろいと思いました。



この本の「タイム・リープ」とは、「意識だけの時間移動現象」のことです。だから、過去や未来の自分と出会ったりすることはありません。

> SFっぽくないもの
> 中心人物が若い(学生とか)
> 国内もの
主人公が高校生で、宇宙船などが出てくることはないので(笑)、この条件は満たしています。
ただ、一番大切な
> 自分の身内と出会ってしまう、というやつが読みたいです(笑)
> 特に恋愛関係になってしまう話が好きなのですが。
は、ご希望通りではないかもしれません。
確かに身内との出会いはありますが、1週間の範囲内でほとんど「現在」と同じなので・・。身内との恋愛関係はありませんし。

時間を行ったり来たりして時系列が入り組んでいるので、1回目よりも2回目に読んだ時の方が楽しめた本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
「タイム・リープ」ですね。チェックいたします。
電撃文庫作品という事で・・
電撃文庫は「キノの旅」が好きでひいきしてるので(笑)
是非読んでみたいと思います。
他の方もおすすめなさっているようなので興味深々です。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/30 05:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレイ・ブラッドベリ頌 あなたのベストは?

SF作家のレイ・ブラッドベリが亡くなりました。
故人を偲んで、というわけではありませんが、
あなたの好きなブラッドベリ作品を教えてください。
長編、短編を問いません。また短編集単位でも結構です。

ちなみに私は『火星年代記』の中の「百万年ピクニック」です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1のM_Satoです。
『われは虚空の王たらん』は、『ウは宇宙船のウ』(大西尹明訳)収載の『「ウ」は宇宙船の略号さ』R Is for Rocketのことです。
Famous Fantastic Mysteries 1943/12に発表されたときの題名は"King of the Gray Spaces"でした。これが1962年2月号のSFマガジンに『われは虚空の王たらん』(永井淳訳)として紹介されました。オールドSFファンにはこちらの題名のほうが愛着があります。

ブラッドベリの邦訳作品の詳細は下記をご参照ください。
http://homepage1.nifty.com/ta/sfb/bradbury.htm

Qオススメのせつない小説

ただ今、せつなくなる小説にハマっています。
ぜひぜひ皆さんのオススメを教えて下さい。

<希望>
中短編で、後味のいい物、だと嬉しいです

<好きな書籍>
乙一のホラー以外の作品「さみしさの周波数」「Caling you」等
氷室冴子「海がきこえる」シリーズ
村山由佳「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズ

Aベストアンサー

NO7です。
読んでいただけたんですね。とても嬉しいです。
wowowでドラマ化されました。もし機会があったらレンタルしてみてください。
ツキコ=小泉今日子
センセイ=柄本明
http://www.wowow.co.jp/drama_anime/sensei/contents.html


再度、おススメを考えてみました。
伊集院静「乳房」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061855174/250-6024458-5777831?v=glance&n=465392&s=books
短編集です。この方は、亡くなった夏目雅子さんの元旦那さんです。

連城三紀彦「恋文」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101405042/250-6024458-5777831?v=glance&n=465392&s=books
こちらも短編集。こちらもドラマになったので観られたかな?

Q2,30代が主人公のせつなく、はかない恋愛小説

現在30代前半の男性です。
読んでいて切なくなる恋愛小説を教えてください。
出来れば現代の日本の作家が書いたもので、
長編より短編のほうが良いです。

Aベストアンサー

吉本ばななさん。お勧めです。
「うたかた/サンクチュアリ」
「白河夜船」など。

どこぞの駄文学のように、事故や病気で人が死ぬなんてありきたりな展開は書きませんから。それは悲しいけど、儚いとは違うでしょう。

Qノルウェーの森 とかねじまき鳥とか ジャンル

村上春樹の
ノルウェーの森 とか
ねじまき鳥
とかは、一体なんのジャンルですか?

あと、いぬさんとか、ねこさんとか
でてくるあの村上春樹の本のジャンルは?
えーとタイトルわすれました。
おじいさんが、石とかをあっためてる話です。
カーネルサンダースとかでてきて
すっごい意味わからなくって
最後は少年が鳥になったり。。
あれは、ファンタジーだったのでしょうか?

それから村上龍の
限りなく透明に近いブルーは
なんのジャンルですか?


わたし、ジャンルわけするのが
すごくむずかしくて
よくわからないんです

Aベストアンサー

龍さんも春樹さんも「純文学」なんじゃないでしょうか。
エンタテイメントでもありますが。
エンタテイメント性のある純文学?

春樹さんは広く考えたらSF的なときもあります。
幻想文学というのもあるし、魔術的リアリズム(magic realism, Magical Realism)というのもあるし。
マジックリアリズムは南米文学なんかが有名です。

それと、『ノルウェイの森』は著者曰く「リアリズム小説(現実世界)」ですが、『羊をめぐる冒険』などは架空の世界が多分に入っているとのこと。
『ねじまき鳥クロニクル』も現実と不思議な世界がまじっているようですね。


>カーネルサンダースとかでてきて
>すっごい意味わからなくって

これは『海辺のカフカ』です。


>わたし、ジャンルわけするのが
>すごくむずかしくて
>よくわからないんです

最近はジャンル分けができない作品、作家は多いと思いますよ。
SFとは言わないけど広義のSF的要素を持っている作品とか、1人の作家がいろいろな路線の小説を書くとか。
ジャンル分けしたいなら評論や何か読むといいのかもしれませんが、無理して分ける必要もないと思います。

「現在では純文学、大衆文学の境界はきわめてあいまい」だそうです(参考URLの『純文学と大衆文学』)。
だけどウィキペディアを読んだって何だかややこしいですよねえ(笑)


エッセイや対談で読んだところでは、春樹さんは自作を、筋を練った小説というより、偶然性も取り入れた「物語」と考えているフシがあるかもしれません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E8%AA%AC

龍さんも春樹さんも「純文学」なんじゃないでしょうか。
エンタテイメントでもありますが。
エンタテイメント性のある純文学?

春樹さんは広く考えたらSF的なときもあります。
幻想文学というのもあるし、魔術的リアリズム(magic realism, Magical Realism)というのもあるし。
マジックリアリズムは南米文学なんかが有名です。

それと、『ノルウェイの森』は著者曰く「リアリズム小説(現実世界)」ですが、『羊をめぐる冒険』などは架空の世界が多分に入っているとのこと。
『ねじまき鳥クロニク...続きを読む

Q生贄の風習とか昔の伝説とか過去の事件なんかが背景にある小説を教えてください。

生贄、伝説、事件の設定は、もちろんフィクションでいいんですけど、過去に起こりえたかもしれない悲劇なんかが感じられる作品がいいです。こういう部類の小説はあまり読んだことがないんでよくわからないんですけど、ホラー小説とかミステリー小説とかにチャレンジしてみたくて質問しました。ゴーストハントの迷宮の話とか、ゲームの零作品とか、アニメの地獄少女1期の最後らへんとかが好きです。普通の小説でもライトノベルでも構わないんでよろしくお願いします!

Aベストアンサー

有名どころですが、京極夏彦作品は如何でしょうか。
私も零や地獄少女が好きなのですが(ゴーストハントは読んだことがないのです、ごめんなさい)古本屋の探偵が活躍する「京極堂シリーズ」はややレトロ味が入ったホラーミステリーといった感じで、質問者様の言われる「生贄や伝説、悲劇などを背景に」といった点にあっているように思います。
舞台は昭和です。旧家の風習・少女・美しい女性・彼岸と此岸・旧字体・錯乱や異常事件等…がキーワードになると思います。幻想的で耽美的な雰囲気もあるなと感じつつ読んでいます。
もしまだ未読で、ご参考になりましたら、是非。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報