ヤマトタケルノミコトの伝説について教えてください。

A 回答 (2件)

倭建命(古事記 中巻)、日本武尊(日本書紀 巻七景行天皇)。


日本書紀と古事記で若干の違いがありますが一般的なエピソードをいくつか(全部だと本が書けてしまいます)。

景行天皇の皇后が妊娠し産屋に入ったとき、(当時の風習で)天皇は臼を抱えて産屋の周りを歩いていました。
産声が聞こえて天皇が「やっと終わった」と思ったとき、また皇后の陣痛に耐える声。
天皇は悪態をつきながら臼を抱えて歩き出しました。
このとき生まれた皇子が大碓皇子(おおうすのみこ)と小碓皇子(おうすのみこ=日本武尊)です。

父の景行天皇が「大碓皇子が言うことを聞かないので注意をするように」と小碓皇子に伝えたところ、小碓皇子は厠(便所)で兄の手足をもぎ取って殺してしまいます。
小碓皇子を恐れた天皇は彼を西国征伐、東国征伐の旅に追いやります。

西国征伐では有名な熊蘇武尊(クマソタケル)征伐(女装して宴会で勺をしながら油断した熊蘇武尊を突き殺した)が行われ、熊蘇武尊から「今後は日本武尊(熊蘇武尊より強い男)と名乗れ」といわれ、その後は日本武尊と呼ばれます。
また、出雲武尊(イズモタケル)征伐も行われています。

次の東国征伐では伊勢神宮で草薙の剣を手に入れます。
この東国征伐では弟橘媛(オトタチバナヒメ)との出会いと別れ、美夜受比売(ミヤズヒメ)との結婚を経験しますが伊服岐(イブキ)の山の神退治のときに受けた大氷雨(オオヒサメ)によって体調を崩し伊勢能褒野(三重県鈴鹿郡)で命を落とします。

日本武尊の魂は白鳥になって大和を目指しました。
このことから日本武尊の古墳を白鳥陵と呼びます。

特に東国征伐については古事記、日本書紀で大きな違いがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変丁寧に、詳しく説明していただきありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

ヤマトタケルノミコトの伝説は、日本書紀にあります。



ヤマトタケルノミコト(日本武尊)は、景行天皇の皇子。
別名、オウスノミコト、兄をも凌ぐ武勇の持ち主。景行天皇の命により、ミコトは、九州の「くまそ」や東国の「エミシ」の征服。しかし、東国からの帰路に死亡(30歳)。ミコトを葬ると、白鳥になって飛んでいった・・・というのが、「ヤマトタケルノミコト白鳥伝説」です。

詳しくは
http://www.mydome.or.jp/habikino-city/format/bas …
→メニュー→ ヤマトタケルノミコト 白鳥伝説

参考URL:http://www.mydome.or.jp/habikino-city/format/bas …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。白鳥伝説というのもあったのですね。勉強になりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤマトタケル

クマソタケルを征伐する場面から言われたのだと思うのですが、
ヤマトタケルは男色だったのですか?

Aベストアンサー

クマソタケルを征伐する場面とは、
おそらく古事記の
「その背皮を取りて 剣を尻より刺し通したまひき」
を指していると思われます。

HNから女性の方だと思われ、
「クマソタケルを討伐する場面」とだけ書かれ、
表記を憚られたのではないかと推測します。

剣は男根の象徴とされます。
それを尻から刺したのだから性交だ。
ヤマトタケルは男色だ。
と、考えられたのではないでしょうか。

しかし、
古事記の記述をもう少し前から見てみると、
クマソタケルは二人いて、
兄は
「衣の衿を取りて 剣もちてその胸より刺し通したまひし」
とあります。

つまり
兄⇔弟
衣の衿⇔背皮
胸⇔尻
と、対句表現になっていることに気がつきます。

ですから、
「兄は前から、
 弟は後ろから(古事記には「逃げた」からとも書かれています)
 討ち果たした」
の解釈で良いのではないでしょうか。

何より、あくまで、尻であり尻の穴ではないのですから(苦笑)
尻とは最後の意、後ろの意味です。

もちろん、
戦国武将の織田信長に代表されるように、
英雄に男色はツキモノとされ、100%否定はできませんが、
ヤマトタケル男色説は、
尻と剣を拡大解釈した(し過ぎた?)ユニークな説
(悪く言えばトンデモ説)ではないでしょうか。

クマソタケルを征伐する場面とは、
おそらく古事記の
「その背皮を取りて 剣を尻より刺し通したまひき」
を指していると思われます。

HNから女性の方だと思われ、
「クマソタケルを討伐する場面」とだけ書かれ、
表記を憚られたのではないかと推測します。

剣は男根の象徴とされます。
それを尻から刺したのだから性交だ。
ヤマトタケルは男色だ。
と、考えられたのではないでしょうか。

しかし、
古事記の記述をもう少し前から見てみると、
クマソタケルは二人いて、
兄は
「衣の衿を取...続きを読む

Q「青い」がキーになる神話・伝説などを探しています。

「青い」がキーになる神話・伝説などを探しています。

たとえば「青い鳥」や「サムシングフォーのサムシングブルー」など、
「青」がポイントとなる話を探しています。
あらすじもあるとうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 んー・・・「青」に関連したものに「ラピス・ラズリ」がありますが、
シュメール系の創世神話(エヌマ・エリシュとか)にはよく出てきます。


「・・・平らな大地があらわれ、その姿は--の様に緑になった。
 広い大地は貴金属とラピス・ラズリをその身に満たした・・・」

「・・・アブズ(深淵)の主、王なるエンキ、天命を定める主なるエンキは
 銀とラピス・ラズリをもってその神殿を建てた・・・」

「・・・女神イナンナ(イシュタル)は紅玉の首飾りをし、足には
 ラピス・ラズリの紐を巻いている。7つの頭を持つ武器シタ(光の矛)を
 振り回す・・・」


済みません、こんなぼやーんとした感じで(汗)

Qヤマトタケル=ドラゴンについて

僕は今ランク58の新人ですがヤマトタケル=ドラゴンをゲットしたのですが使えそうですか?

Aベストアンサー

封印耐性以前に他のサブも難易度高いですよね。僕の意見w
取り敢えず真面目にそのランクでも出来そうな編成考えると、
LFヤマタケドラゴン、椿Sヤマタケドラゴン×4
これならあんまりスキルレベルあげなくても良いですし。
椿は上方修正きますし。
最初の方でスキルためしないといけませんが、スキルためは序盤は基本ですし。
封印耐性なんてそのランクじゃ気にしても仕方ないですし。
バインドなんて気にしても仕方ないですし。
という訳でこのチームはどうですか?


...まぁ、このチームでクリアできるのはスキルためできる上に封印もこない地獄級までですが...


boxのモンスター晒してもらえたらもっと考えられるので晒してもらえると嬉しいです。

椿フレは居ないのであればフレンドになりますよ。

Q桜の伝説を教えてください

『桜』にまつわる民話や伝説、民間伝承などを探しています。
最近の創作でなく、実際に地域に根ざしたものが知りたいです。
地元の小さな伝説なども是非知りたいです。
青春、恋愛、怪談、どんなジャンルのものでも構いません。

ご存知の伝説を教えて下さる方。
良いサイトや書籍を教えてくださる方。
どちらも大歓迎です!

サイトのご紹介も、もちろん歓迎ですが
書籍の方が信頼が置けるので、良い書籍をご存知の方は特にお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
もう葉桜となってるかもしれませんが。
桜の各種の民話や伝説、民間伝承、小説の類は探せばかなり沢山あるかと思います。
有名なところでは、こちらの薄墨桜などいかがでしょうか。
http://www.mitene.or.jp/~hayamine/file/usuzumi.html


こちらは書籍のご案内です。

コノハナサクヤヒメ物語  著者 : 縷衣香(Ruiico) 出版社名 : 而立書房

「スサノオ桜伝説」
著者名を失念しましたが、こちらには、桜の言われについて各種伝承などが載っておりますので、ご質問者さんもご満足いただける内容かと存じます。

以下小説などです。

梶井基次郎 桜の樹の下には
坂口安吾 桜の森の満開の下
岡本かの子 桜
石川淳 山桜
九鬼周造 祇園の枝垂桜

Qヤマトタケルについて

どうもこんにちは
自分でも色々検索してみたが、わからなかったので質問させていただきます。

ヤマトタケルの親や兄との確執について詳しい本を教えてください。

Aベストアンサー

あわわわ・・・書名を最初に書いたつもりで抜けていました(汗)#3です!

えっと書名は 太田善麿著、教養文庫の『古事記物語若い人への古典案内』です。今、丁度読みかけの本ですが、なかなか分かりやすいですよ!
因みに絶版らしくて書店では手に入りませんが、古本市場やイージーシークなどで結構簡単に見つかりますよ。

おっちょこちょいで、失礼しました~(滝汗)

Qカゲロウのついて

カゲロウってなんですか??

「君を思う気持ちはカゲロウ」という歌詞
があるんですが意味が分かりません。

中学生なのでまだ知識が浅いので
教えていただけませんか??

Aベストアンサー

カゲロウには昆虫の蜉蝣と
光学現象の陽炎があります。
これは夏に地面が高温となり地面付近の空気のみ熱くなるため
空気の温度差で光が屈折して、遠景がゆらゆら歪んで見える
現象です。
その歌詞は後者であり、熱くてあやしく揺らいでいるという
心象です。

Qヤマトタケル…

ヤマトタケル…チャレンジした事無いのですが…
クシナダ×2ジライヤ神化でクリア出来そうでしょうか。(T^T)
おすすめのフレンド‥メンバー等々‥アドバイス頂けたらお願いします。

Aベストアンサー

動けないが苦戦しそう。

実はバジリスク艦隊でも倒せる。
端に2体ずつのステージは近くの間ではなく、対角の方が安全にハマれますね。

アンチ重力バリアを1体入れると鬼が楽。

フレ枠は神化おりょうでSSは最初のデカ鬼のとこで、小さい鬼2体を倒すと即死のリスクは減るでしょう。

指の間に矢印の先を合わせるようにだいたい45度で。左上から右下で鬼が下の場合は髪と鉄球の境に合わせるとハマりやすい。
絵の中の境じゃないよ?外側の境だよ。

自信なかったら45度で弾けばどっかでハマるはず?

Q「我輩は猫である」ついて

吾輩はついに路傍(ろぼう)に餓死(がし)したかも知れんのである。一樹の蔭とはよく云(い)ったものだ。この垣根の穴は今日(こんにち)に至るまで吾輩が隣家(となり)の三毛を訪問する時の通路になっている。

質問(1)「一樹の蔭とはよく云(い)ったものだ。」
「一樹」という単語はどうよむのですか。
このセンテンスの意味でなんですか。
知っている方はおしえてください。よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

たまたまおなじ木の陰に宿るのも前世からの因縁

垣根の穴から入って、この家に飼われることになったのも前世からの因縁。

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=00960300&p=%B0%EC%BC%F9&dtype=0&stype=0&dname=0na&pagenum=1

Q不意打ち名人 ヤマトタケル

不意打ち名人 ヤマトタケル

こんばんは。

神話には事実が隠されていることは知っています。
現在の通説として、
ヤマトタケル神話は複数のアチコチの勇者の説話が纏められたものである、
と言う認識もあります。
で編集及び装飾されて作り手側の都合で美化される傾向もあると思います。

ところが征西において熊襲の兄弟とカワカミタケル?だったかな、
だまし討ちで殺してしまいます。
(多勢に無勢と言う事情は解りますが)
カワカミタケル?の時はひどい。
年少とは言え兄貴の両手両足をもぎ取ってしまうのだから1対1なら正々堂々と
戦えますよね。

なぜ記紀であんな卑怯な方法が書き残されるに至ったのか?
立場は皇位継承者なのだから(一応話の中では)
かっこ悪い処は削除するか、改ざんするか、考えますよね。

日本史上最大のヒーローのこの年少期の件が気になります.
どんな思惑または事情があったと考えられますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、カワカミタケルで合っています。しかし私の手元の資料では熊襲の首長とされていますね。

ヤマトタケルとはご存知とは思いますが、ヤマトタケルノミコト。景行天皇の皇子で、仲哀天皇の父とされる人物であり名は小碓尊(おうすのみこと)です。記紀に登場しますが、実際には4世紀から 6、7世紀頃の数人の大和の英雄を統合した架空の人物という見方もあります。これは津田左右吉の説ですが。

だいたいが景光天皇も仲哀天皇も実在したのかどうかも疑われています。応神天皇が「ほぼ間違いなく実在した最初の天皇」とされ、神武天皇初代では無く、応神天皇初代説もあります。

日本の神々、天皇に関する神話は、日本書記、古事記、記紀に記述されています。ところが日本書記も古事記も記紀も、同じ史記でも内容が全く違う事を書いてる話が実に多い。記紀ではヤマトタケルはその様に残虐性に富んで書かれていますが、そもそもが実在した大和の国の英雄の集まりだとすれば、納得がいく様な気もするんです。熊襲征伐、神武東征、土蜘蛛征伐もやはり一つの実話と伝説と修正の集大成だと思うんです。故にヤマトタケルもその様な書かれ方をされたのではないでしょうか。権力に逆らうとこうゆう目に遭うぞという警告もあると思います。ヤマトタケルも当時は日本最大の英雄という概念は無く、それが時代が進むに連れて、逸話に英雄譚が付き、神話時代の日本の象徴とされたのでしょう。その少年期話は、別に隠す必要性は無いし、権力の中心にいたとすれば、もっともな話であるとも考えられます。


事実、日本の天皇の歴史を紐解けば、結構残虐な事をしている天皇はいます。武烈天皇、雄略天皇がそのいい例です。崇徳天皇も死後は「怨霊」として恐れられ、現在に至るまでその怨霊は信じられており、丁重に祀られています。


実にまとまりの無い回答でごめんなさい。

まず、カワカミタケルで合っています。しかし私の手元の資料では熊襲の首長とされていますね。

ヤマトタケルとはご存知とは思いますが、ヤマトタケルノミコト。景行天皇の皇子で、仲哀天皇の父とされる人物であり名は小碓尊(おうすのみこと)です。記紀に登場しますが、実際には4世紀から 6、7世紀頃の数人の大和の英雄を統合した架空の人物という見方もあります。これは津田左右吉の説ですが。

だいたいが景光天皇も仲哀天皇も実在したのかどうかも疑われています。応神天皇が「ほぼ間違いなく実在した最初の...続きを読む

Q俳句の賞、雑誌、支援サイトついて

俳句の賞、雑誌、支援サイトついて質問します。下記の質問にわかる範囲で教えて下さい。

(1)俳句に関する主だった公募新人賞をいくつか
(2)俳句に関する主だった雑誌をいくつか
(3)俳句に関する著名な歌人支援サイト、ホームページをいくつか

Aベストアンサー

(1)俳句に関する主だった公募新人賞をいくつか
黛まどかさんを輩出した、「角川俳句賞」がメジャーではないでしょうか。
「朝日俳句新人賞」もあります。
あと「毎日俳句大賞」
http://mainichi-shuppan.com/taisyou/

(2)俳句に関する主だった雑誌をいくつか
雑誌も上記を主催する出版社から、各雑誌が発行されています。
角川書店 は「俳句」
朝日新聞社からは、「俳句朝日」
毎日新聞社は「俳句αあるふぁ」
他にも多々あることでしょう。もし機会があれば、
大きな図書館に行かれてみてはいかがでしょうか。
文藝雑誌のコーナーに設置されていると思います。
恐らくバックナンバーを貸していただけるはずです。
(当方が元図書館勤務だったため、つい勧めてしまいます)

あと御存じかと思われますが、伊藤園の主催する「おーいお茶新俳句大賞」は
いかがでしょうか。
http://www.itoen.co.jp/new-haiku/

俳句のみならず、「登竜門」
http://compe.japandesign.ne.jp/index.php3
というサイトでは文藝、その他のコンペ情報を多数掲載されています。

(3)俳句に関する著名な歌人支援サイト、ホームページをいくつか
現代有名俳人と言われて思い出したのがこの方です
金子兜太さん (NHKにも出演してらっしゃいました)
http://tohtaworld.cool.ne.jp/
あとファンも多い、黛まどかさん
http://blog.nikkansports.com/user/madoka/
そして自分が敬愛する
黒田杏子さん
http://www.mmjp.or.jp/aoi/all/menu.html

かたよりがある紹介ですが、参考になれば幸甚です。
お互い素敵な俳句ができるといいですね!

(1)俳句に関する主だった公募新人賞をいくつか
黛まどかさんを輩出した、「角川俳句賞」がメジャーではないでしょうか。
「朝日俳句新人賞」もあります。
あと「毎日俳句大賞」
http://mainichi-shuppan.com/taisyou/

(2)俳句に関する主だった雑誌をいくつか
雑誌も上記を主催する出版社から、各雑誌が発行されています。
角川書店 は「俳句」
朝日新聞社からは、「俳句朝日」
毎日新聞社は「俳句αあるふぁ」
他にも多々あることでしょう。もし機会があれば、
大きな図書館に行かれてみてはいかがで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報