かなり古いB&Wのスピーカー(ソリッド)が気に入っていますが、デッキもつなぐため、MD端子がないのアンプは何かと不便。セレクターでチェンジする方法は、機械音痴の家族が「面倒だ」と拒否……。CDMDラジカセをつなぐ方法も、録音レベル等の調整が不自由なようなので選択肢から消えてしまいました。

いろいろ考えた末の結論としては、最も気に入っているB&Wを残して、その他をできるだけ安く買い換える予定。
とりあえず、アンプとCDが必要なのですが以下質問させてください。

B&Wと相性のいいアンプのメーカーは?予算は実売価格で3万円以内です。
(今はナカミチのアンプで8Ωで35W×35Wです)あた、マランツのPM4200辺りが激安で、8Ω30W×30W・ブラックもあるので考えていますが、いかがでしょう? 量販店の店員さんに「 B&Wとマランツでは硬質な音同士で合わない」と言われましたが、いかんせん試聴ができず確かめられません。
SONYのTA-FE570やスペースをとらないハイコンポ単体、例えばオンキョーのインテック275も視野に入れています。
皆さん、アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私の正直な意見を述べると


3万円クラスのアンプでは、相性を気にする程の
音質差は出ないと思います。
さすがに10万円を超えると、相性の良し悪しまで
再生する実力が出てきますが・・・

>B&Wとマランツでは硬質な音同士で合わない
PM4200の音が分からないので確かなことは言えませんが
基本的には「B&Wとマランツの音が硬質」というのは
間違いです。

B&Wの音質は超ハイファイ、超リニアですが
音色は暖色で柔軟です。
B&Wはもともとフィリップス系のモニタースピーカー
つまり、ヨーロッパのクラシック系スタジオの
代表的なモニタースピーカーです。
一方、マランツはもともとフィリップス系の
日本の高級オーディオメーカーです。
よって両者はともにハイファイ高性能でありながら
それをこれみよがしにすることなく
ヨーロッパ系のアダルトで優しく洗練された音を
もっています。

ただ日本のメーカーの悪い所は
高級品と安物とでは音を変えてくる傾向が強く
安物は音を派手に、いわゆる高音と低音を強調する
ドンシャリ型の音にする傾向があります。
(以前に較べればドンシャリ型は減ったらしいですが。)
そういう意味ではヨーロッパ製品の方が
音の相性という意味ではいい筈です。
アメリカ東海岸系のメーカーも相性は悪くないと思います。
それらの中古を探す、という手もあります。
でも、3万円ぐらいなら
デザインで選んでもイイんじゃないかと思います。

この回答への補足

貴重なアドバイス、本当にたすかります。
量販店の店員さんの言葉に惑わされなくてよかったです。度々すみませんが……

>ヨーロッパ製品の方が音の相性という意味ではいい筈です。アメリカ東海岸系のメーカーも相性は悪くないと思います。それらの中古を探す、という手もあります。

1.ヨーロッパやアメリカ東海岸系のメーカー名など、もしよろしければ教えていただけませんか?

2.東京在住ですが、そういった中古をおいている専門店をご存じでしたら教えてください。

補足日時:2001/10/06 15:03
    • good
    • 0

マランツのPM4200がいいと思いますよ。

価格以上の良さを持っているようです。

マランツは、B&Wの輸入代理店をつとめているだけでなく、B&Wのスピーカーを鳴らすことを意識して造っているのも事実です。

下記のお店で、つい最近B&Wのスピーカーを買いましたが、メールでの問い合わせにも丁寧に答えてくれます。ほんとは他のお店で試聴していて、機種は決めていたんですが、ここで買うことに決めました。何度メールを取り交わしたかしれません。それくらい丁寧なんです。ソリッドなら持ち込むこともできるかと思いますけど…。相談してみて下さい。お店は藤沢市にあります。

相談してみるといいと思いますよ。下記の参考URLに、PM4200のショートレビューも載っていますし、お問い合わせのところに、B&Wソリッドモニターを使ってるんですが…、とメールを出してみるのもいいと思います。一度試聴されることをお奨めします。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/avc/web-audio/amp001. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マランツのPM4200、気になっていたんです。海外でもかなり評価されているとか。でも、あまりの値段の安さに不安を抱いていました。量販店の10%ポイント分を差し引くと、実質1万8000円弱なんですから……。
参考URLに行ってきます!
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/06 22:50

すいません。

ちょっと間違いました。
> 総合メーカーで有名なのは、なんといってもBOSEでしょう。
BOSEは東海岸のメーカーです。
LAに代表される西海岸サウンドは
ロックもオーディオも明るく元気な傾向があります。
一方東海岸はインテリっぽくて、渋い傾向があります。
NYとかBOSTONとかのイメージそのまま。

先ほど書き忘れたヨーロッパのメーカーは
最近、沢山入ってきてます。
現在出ているモノ・マガジン10-16号のP86~とかを
読んでみて下さい。
価格的には要求から外れますが
参考にはなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モノ・マガジン、探して読んでみます。それと試聴だけは大事にします。度々ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/06 17:06

再びコンニチハ。


>1.ヨーロッパやアメリカ東海岸系のメーカー名など、
もしよろしければ教えていただけませんか?
>2.東京在住ですが、そういった中古をおいている専門店を
ご存じでしたら教えてください。

1.総合メーカーで有名なのは、なんといってもBOSEでしょう。
2.秋葉原のヤマギワとかは、結構試聴も出来ます。
 中古店がかたまっているのも、やっぱり秋葉原でしょう。
 AUDIO UNIONとかが定番です。
 AVACなんかは通販が充実しているからイイかも。
 下記URLを参照下さい

参考URL:http://www.avac.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。
やっぱりBOSEですか。
ここ十年くらい秋葉はPC関係ばかりで、中古店の情報がわからなくなっていたので(消えた店も多いような)、助かりました。ヤマギワ→AVACその他のコースで、一度じっくり秋葉巡りをしてみます。
いい音を聞いてしまうと、当初の予算やインテリアなんて吹っ飛びそうですが……。
2度にわたり素人の質問に答えてくださり、本当にありがとうございました。感謝!!

お礼日時:2001/10/06 16:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンプ20W6Ω→スピーカー12W4Ω

最大出力20W×5chのサウンドシステムアンプに、12W4Ωのスピーカーを2つつけたいと思っています。
残りの3chは、二つだけ既存のセットのスピーカー(MAX40W6Ω)をつなげ
計4chにしたいと思っています。

今回の場合、音量を上げず、アンプ内の出力調整を行えば問題は無いでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

NO2です。

>>有難うございます。ちなみに異常がでるとすると、スピーカー、アンプどちらに来るのですか? 両方でしょうか? よろしくお願いします。

アンプです。  最悪事は、逝ってしまいます。 (@_@;)

まぁ、一般家庭で出せるレベルの音量であれば問題な無いと思われますが・・・

Q8Ωのアンプと4Ωのスピーカー(elac&aura

elac310IBを持っているのですが、4Ωです。同じユキムのaura grooveの購入を検討しているのですが、今まで同じΩ数の機器しか使用した事がありません。やはりアンプ(もしくはスピーカー)に悪いでしょうか?それとも最近のものはその辺も考えられて作られているのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

8Ωのアンプと4Ωのスピーカーのアンプに与える影響の違いは、流す電流の違いということが出来ます。
オームの法則で
 I=E/R (R インピーダンス、E 電圧、I 電流)
ですから、同じアンプの出力電圧ならば、4オームのスピーカーは8オームの倍の電流が流れます。

また W=Iの二乗*R(w ワット)
となりますから、電力では4倍になります。

ということはアンプがその大出力に耐えるかどうかが問題なのです。

ただしこれはそのアンプの最大出力を出すときの問題です。
普通の日本家屋では通常聞く音量は10W盛れば十分というのは他の方の答えの通りです。
従って普通に使うには問題ないが、PAなどの大出力では問題かも知れないということです。
ただ現実にはアンプにはプロテクター回路があって、上記の大出力のときは自動的に回路を遮断すると思います。
従って実用上まず問題にはなりません。

Qヘッドホンアンプ 32Ω というアンプに 8Ωのスピーカーを接続しても

ヘッドホンアンプ 32Ω というアンプに 8Ωのスピーカーを接続しても
大丈夫なのでしょうか??
音はなりますか?
音質はこだわりません
スピーカーの入力定格は8Ω0.5Wです。

Aベストアンサー

問題が在るか無いかと聞かれれば、在る
大丈夫かどうかと聞かれればそれはわからない

ただ、なんとかなるかと聞かれれば問題ない
つまり、いくつか問題はあるが許容できる



下ではデシベルがどうとか言ってる方も居ますが
10dB=10倍なんて言ってる人の言う事は全く信頼できないので鵜呑みにするのはやめましょう

Q4Ωのアンプの出力を6Ωのスピーカに接続しても問題

ないでしょうか?
具体的には
PC内蔵型 Tripath製 TA2021B搭載 デジタルアンプ PCIカード(オリジナル版)
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v287050438?u=%3bnfj_2009
にDENONのスピーカRCD-N7
http://www.denon.jp/jp/Product/Pages/Product-Detail.aspx?Catid=8c0df413-b8d2-40c1-a09d-e42128cea96b&SubId=38c1ec23-c813-4a33-b53c-0c0b399a3a4f&ProductId=c0d8aecf-611e-4939-9bef-9d3b93030162#.UWDNpqpb_b0
を接続したいと思っています.
この場合に性能劣化はあるのでしょうか?
単なる不整合による少しの電力損失だけで済むのでしょうか?
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

>単なる不整合による少しの電力損失だけで済むのでしょうか?

その通りです。・・・電力損失ではなく最大電力出力が少し小さくなるだけですが・・・。

下図のように Speaker の Impedance 特性は周波数によって変化するものであり、fo (最低共振周波数) よりも高い周波数域の中で最も低い Impedance 値を定格 Impedance として表示するようになっています。

Amplifier は一般に 8Ω の Impedance 負荷で 10W の出力が保証されているものならば 4Ω 時に 20W、2Ω 時に 80W、1Ω 時に 160W を出そうとしますが、定格 10W の出力で設計されている素子回路が 10W 以上の出力を出そうとすれば熱破壊を起こすでしょう。

そのため Speaker の Impedance は「これ以上高い出力 Impedance が指定されている Amplifier に接続すると Amplifier が破壊される恐れがあります」という『安全保障値』に過ぎないのです。

電力損失はなく、8Ω の Impedance 負荷で 10W の出力が保証されている Amplifier に 16Ω の Speaker を繋げれば最大出力が 5W に、32Ω の Speaker を繋げれば 2.5W になるわけですが、下図のように高周波ほど Impedane が大きくなって Amplifier の出力が小さくなり、fo での Impedance 値は定格 Impedance 値の 4 倍以上大きくなる (音圧出力で 6dB SPL 以上小さくなる) のですから 4Ω負荷が 6Ω 負荷になったぐらいの差など微々たるものです。

Impedance 負荷の高い Speaker Unit を繋いで最大音圧出力が小さくなることを懸念するのは「定格出力 32Ω の Amplifier に定格 Impedance 300Ω の Headphone を繋いでも出力不足にはならないか?」といった Headphone の世界だけですね。・・・確かに Volume Controller の角度は 10dB 分ほど (多分 15 度にも満たない程度) 右に回す計算になりますが、実際の 300Ω Impedance 型 Headphone は 32Ω 型に較べて同じ 1mW の入力でも 10dB ほど能率が高かったりしますので Volume Controller を大きく右に回さなくても同じ音量を得られるものです。

4Ω で 10W の定格最大出力の Amplifier に 6Ω の負荷をかけると最大出力は 2dB 弱ほど下がりますが、50 接点ぐらいクリクリと接点の感触がある Volume Controller の 1 Click 程度の違いしかなく、+- 4dB といった Speaker の周波数特性偏差よりも小さな違いでしかありませんので耳で聴いて違いが判るようなものではありませんので御安心を。

なお御紹介の RCD-N7 は Receiver であり、同 Page にある Speaker は SC-N7 ですね。

素敵な Audio Life を(^_^)/

>単なる不整合による少しの電力損失だけで済むのでしょうか?

その通りです。・・・電力損失ではなく最大電力出力が少し小さくなるだけですが・・・。

下図のように Speaker の Impedance 特性は周波数によって変化するものであり、fo (最低共振周波数) よりも高い周波数域の中で最も低い Impedance 値を定格 Impedance として表示するようになっています。

Amplifier は一般に 8Ω の Impedance 負荷で 10W の出力が保証されているものならば 4Ω 時に 20W、2Ω 時に 80W、1Ω 時に 160W を出そうとしますが、定...続きを読む

Qインピーダンス6Ωのアンプと4Ωのスピーカー

KENWOOD R-K731-Bを愛用してます。インピーダンス:6Ωのデジタルアンプです。欲しいスピーカーのインピーダンスは4Ωです。一般的に、6Ω以上のスピーカーが適切みたいですが、4Ωのスピーカーだと、不具合は生じますか?そこそこ、ボリュームを上げて聴く時も、たまにあります。

Aベストアンサー

はじめまして♪

アンプから見た場合、同じ電圧出力で、4Ωの場合は6Ωの時と比べておよそ1.5倍の電流が流れます。
逆に言えば、電圧が1/1.5までに押さえて、最大出力が同じW数の範囲なら、おおむね大丈夫という考え方も有ります。

パワーIC型のデジタルンプですと、多くの場合4Ω負荷による電力供給を前提としています。
この製品の場合は、ブロック図を見る限り、デジタルICの後にMOS-FETバッファーと言う最終電力供給を行った、こった造りの様ですね。

アナログアンプの場合は、アンプの負担が多く成ってくるとアンプが熱く成ったり等である程度予測が出来ますが、発熱が少ない(その分高効率)デジタルアンプの場合は安全圏が人の感覚で解りにくいものです。

壊れる場合は一瞬です。アナログ方式の石アンプもほぼ同じ様な物。真空管なら見た目や臭いでも完全破壊の前に対処も出来易いのですけれど(苦笑)

まぁ、一般的に過負荷状態でアンプに異常が出る前に回路を保護する為の遮断回路が有ります。
今でこそビクターと一緒でパナソニックの傘下では有りますが、元々は無線機器のトリオ。
簡単に壊れてしまう様な安全策の無い製品は作っていないと思いますので、危険性を知った上で慎重に扱えば問題ないと思われますよ。

音量よりも、バスブーストで中高域より10倍ものパワーを出していたり、接続換えや再生機器の発するショックノイズなどによる過大出力に十分注意しましょう。
けっこう、デジタル関連機器やポータブル再生機器等は音として聞こえない直流域や高周波域のショックノイズ対策が不十分で、ボリューム上げたままの操作は控えた方が良いケースが多い物です。

一般的に隣室に迷惑に成らな程度の音量範囲でしたら、実用上は問題ない可能性が高いのですが、万が一の際にメーカー保障は効かないので自己責任と言う範囲となります。

ただ、目的のスピーカーが極端に能率(効率)が悪い製品ですと、通常の音量でもアンプのパワーが過大となっている可能性はあります。
一般家庭内で平均90dBの音量はかなり大きい方です。しかし瞬間100dBの状況を考えた場合、1Wで90dBのスピーカーなら安全な10Wと言うパワーで100dBの音量が得られます。
しかし、1Wで80dBのスピーカーですと、100Wで同じ音量、そうです、アンプが壊れます。

3dBの差がアンプのパワーで2倍、6dBなら4倍、9dBなら8倍、10dBでは10倍、20dBなら100倍

そういう物ですので、ボリュームの回転角度や音量感だけで考えては落とし穴もありますので、想定しているスピーカーと、実際の室内の音量をしっかり考えてください。

ちなみに、100dBの音量なら一戸建ての場合、道路でも音がしっかり聞こえる様な大音量です。
バイオリンやピアノ、ドラム等の練習が家の前を通る人に聞こえるくらいの状況ですね。

はじめまして♪

アンプから見た場合、同じ電圧出力で、4Ωの場合は6Ωの時と比べておよそ1.5倍の電流が流れます。
逆に言えば、電圧が1/1.5までに押さえて、最大出力が同じW数の範囲なら、おおむね大丈夫という考え方も有ります。

パワーIC型のデジタルンプですと、多くの場合4Ω負荷による電力供給を前提としています。
この製品の場合は、ブロック図を見る限り、デジタルICの後にMOS-FETバッファーと言う最終電力供給を行った、こった造りの様ですね。

アナログアンプの場合は、アンプの負担が多く成ってく...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報