最近ブルックナーの8番のシンフォニーに、はまっておりますが、お奨めのCDがありましたらご紹介いただけないでしょうか。特に第3楽章の冒頭の弦の刻みがはっきりしていて、しかも最後は天国にいるような気分になるもの。第4楽章のド派手なものなど。たくさん出ていますが、買い切れないのでお願いします。

A 回答 (3件)

私もブルックナーよりはマーラーが好きですが、ブルックナーも聴いてはいるのでひとことふたこと。



私が持っていることがあるのは
1 オイゲン・ヨッフム指揮、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団(?シュターツカペレ・ドレスデンというやつです)
2 クナッパーツブッシュ指揮、ウィーン・フィル
3 クナッパーツブッシュ指揮、バイエルン放送交響楽団(?)
4 カール・シューリヒト指揮、ウィーン・フィル
の4つですが、クナッパーツブッシュのものはいわゆる「改訂版」というやつであまりよくないと言われています。他の2つは一般的には「名録音」と言われているようですが、とりあえず「一般的な演奏で耳を慣らしたい」のなら、クナッパーツブッシュの指揮したものを避けるほうがいいのでは、と思います。あとは「ハース版」とかいてあるものよりは「ノーヴァク版」と書いてあるもののほうがより多く演奏されているようです。あとは私も時々書きこんでいるBBSの「クラシック」のところに書きこんではいかがでしょうか。もっとマニアックな人達がてぐすね引いて待ってます。URL挙げときます。

参考URL:http://pone.pro.tok2.com/cgi-bin/top.cgi
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。早速登録させていただきました。マーラーはずっと大好きです。いつまでも。しかし、ブルックナーという名前を知りながら、(マーラーとほとんど同時に知りながら)遠ざけていたんです。断片的には、聴いていたんですが
好きにはなれなかった。今はちょっと大人の雰囲気に浸っています。8番は、ダントツに素晴らしいです。ご紹介有難うございました。

お礼日時:2001/10/09 08:19

下の方とほぼ同じ状況ですが(私は3Bの中の一番古い人が特に好きな人で、勿論真中の人も素晴らしいですが、最後の人はほとんど知りません)、楽章の冒頭の部分を聴きたいということなら、以下のサイトで試聴してみてはどうでしょうか。

各演奏30秒までですが、これでもそれなりに役に立つかもしれません。

参考URL:http://www.cdconnection.com/bin/nph-main/Zl6XK95 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。CDNOWで視聴させていただいたりしましたが、どうも全体がわからないので。ブルックナーは、初心者なんですが、これをきっかけに全体像に迫りたいと思っています。しかし、最終的には、BACHです。

お礼日時:2001/10/09 08:08

ブル8についての質問がこんなところで出てくるとは。



ブルックナーは詳しくありませんが、一般に人気が高い(口コミというか、噂で判断せず、実際に聴いてみなくてはしょうがないとは思っているのですが、ブル8はフルトヴェングラーのもの1枚しか持っていないので、なんとも)と言えるのは、ヴァント、朝比奈隆らへんじゃないでしょうか。

あと、盤の問題もありますが、クナッパーツブッシュも面白いんではないかと思います。

参考URL:http://www.pluto.dti.ne.jp/~relax/rakutou99.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になるURLを有難うございました。ブルックナー初心者で、8番のCDを何枚か聴いてみたんですが、まさか指揮者の解釈の違い、オーケストラの音そのものの違い、速度で、こんなにもイメージが違ってしまう曲は初めてなもので驚いております。nabayoshさんには、ショスタコービチでポイントを戴き有難うございました。この質問をさせて頂くとき、なんとなくnabayoshさんがいらっしゃるような気はしていました。またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/10/06 18:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアランフェス協奏曲第2楽章について

ポピュラー音楽(映画音楽)で聴いた覚えがあるのですが

どんな場面とかなんて題名が付いていたか思い出せないので

知っていたら教えてください

Aベストアンサー

参考までに「ブラス」の紹介URLを乗せておきます。

以下の文章は、参考URLからです。

グロリアを加えたバンドが最初に演奏する「アランフェス協奏曲」がすばらしかった。ブラスバンドから想像する高い金属性の音ではなく、低く落ち着いた抱擁力のある合奏が始まり、グロリアのフリューゲル・ホーンがアランフェスの第2楽章のメロディーを奏でると、私はたちまちこの映画の虜になった。なんともいえない美しい音が炭坑の町にながれてゆく。町の工場では労使双方の交渉が行われている。そんなさびれる一方の町の隅々にも、ブラスの音はやさしく鳴りひびく。

参考URL:http://www.hb-arts.co.jp/3-10/screen.html

Qドとド#の間の音作れますか?

ドとド#の間の音の作り方
教えてください。

Aベストアンサー

実際にドとド♯の間には無数の音が存在します。
いわゆる音程が悪いというのもこれにあてはまると思うのですが、どうでしょうか。
ピアノなどのきめられた音をたたく楽器では基本的には無理ですが、息を吹き込むような楽器や弦楽器などは簡単にできると思います。
電子楽器でしたらチューニングの音を微妙に変えれば可能です。
実際にこの様な音を使用して作られている曲も現代曲であります。
こういう音程を微分音といい、ブゾッティ、ペンデレツキ、ツィンマーマンなどが実際に記号も自分で決めて使用しています。

Qおもちゃのシンフォニーのふるさと?

レオポルド・モーツアルトの「おもちゃのシンフォニー」作曲のきっかけに
なった(?)ヨーロッパのおもちゃの村の名前をご存知の方、
いらっしゃいましたら教えてください。
以前、NHKの「名曲アルバム」で紹介されていたように記憶しています。

Aベストアンサー

ヨーロッパでおもちゃの村といったら「ザイフェン」ではないでしょうか。

Qなぜ1オクターブは12刻みなのか

なぜ音楽はたいてい(日本の音楽も西洋音楽も)1オクターブを12刻みにした音階で表現されるのでしょうか。
日本民謡はドレミソラド
沖縄民謡はドミファソシド
ですが、これも12刻みの音階の一部が脱落しただけで、ピアノで引くことができます。
これには何か必然性があるのでしょうか。それとも、かつては民族ごとにいろいろな音階(8とか15とか)があったものが、西洋の力が強くて滅ぼされてしまったのでしょうか。

Aベストアンサー

>なぜ音楽はたいてい(日本の音楽も西洋音楽も)1オクターブを12刻みにした音階で表現されるのでしょうか。
>これには何か必然性があるのでしょうか。

私は音楽の素養も何もないので、ほんの参考意見という事でお聞き流しください。

「音階は、弦楽器の絃が鳴りたがっている(音を出したがっている)点をポイントする事によって出来た」という説を以前何かで知りました。

私は馬頭琴という擦弦楽器(草原のチェロとも呼ばれるモンゴルの楽器)を習っているのですが、上記の説を確かめてみようと、こんな実験をしてみたことがあります。

【実験】
1本の絃に軽く指を当て、指を上から下(駒)へ滑らしながら、倍音(ハーモニクス)が軽く出る位置を観察します。もちろん弓をボーイングしながら)

【結果】
絃に当てた指を下にずらしていくと、ずらすスピードにも寄りますが、倍音による妙なる天上のメロディーが聴こえてきます。
その倍音の出やすい位置をポイントすると、開放絃をドとすると、普段演奏している時のミ、ファ、ソ、ラ、ド(オクターブ上のド)に、見事に合致しているのです。
(オクターブ上でも倍音は勿論出ますが、ここでは省略します。また、ミ、ファ、ソ、ラ、ドの位置以外でも倍音は出ます)

その倍音の出る位置は、ミ:絃の長さの上から1/5、ファ:同じく1/4、ソ:同じく1/3、ラ:絃長の何分割かちょっと不明、ド(オクターブ上のド):絃長の1/2 の各位置である事がわかります。
ここで欠落しているレとシが、どうして倍音が出にくいのかについては、私にはわかりかねます。また、他の楽器ではどうか(例えばバイオリンなど)についても同じ結果になるのかどうか、わかりません。

そんな自分の体験から、「音階は絃の音の出やすい位置をポイントする事によって成り立った」、つまり「必然性がある」という説を信じています。(自分の実験からはレとシについての説明ができないのが苦しいのですが…)

多少なりとも参考になれば幸いです。


>かつては民族ごとにいろいろな音階(8とか15とか)があったものが、西洋の力が強くて滅ぼされてしまったのでしょうか。

これについては、私はよく判りません(^^;

>なぜ音楽はたいてい(日本の音楽も西洋音楽も)1オクターブを12刻みにした音階で表現されるのでしょうか。
>これには何か必然性があるのでしょうか。

私は音楽の素養も何もないので、ほんの参考意見という事でお聞き流しください。

「音階は、弦楽器の絃が鳴りたがっている(音を出したがっている)点をポイントする事によって出来た」という説を以前何かで知りました。

私は馬頭琴という擦弦楽器(草原のチェロとも呼ばれるモンゴルの楽器)を習っているのですが、上記の説を確かめてみようと、こんな...続きを読む

Qシンフォニーのたまらない部分

古今東西のシンフォニーの中で、たまらなく好きな開始、終結部、曲中のフレーズがあったら教えてください。当然、シンフォニーのつまみ食いでご批判もあるでしょうが、あえておたずねします。また、大好きなのに、あの部分が退屈というものでも教えてください。

Aベストアンサー

ラフマニノフの2番1楽章。心に焼きつくメロディーが、音程が飛ぶ魅力的なものに限らない事を思い知らせてくれました。なお、3楽章は、あのlyricism(と私は思わないのですが)が、どうしても私の性に合わないのですが、評判はいいですね。ブラームスの4番ト同様です。
ラフマニノフの3番1楽章もいいですね。こちらも上と同様ですが、さらにurbanisitcityや冷静さ等といったものが大変際立って、私は好きです。冷淡に聞こえると言う向きもあるかと思います。
マーラー2番、これは最初も終わりもいいですね。
マーラーの6番、最初はいいですね。私は終わりもいいと思うのですが、これはあまりの悲惨さに、やや敬遠される無決まるかと思います。
ブルックナー8番4楽章最初。言及するには及びません。ぐっと惹きつけるだけではありませんね。
ブルックナーは何れの曲も例外無くいいと思います。冗長さが嫌だと言われる向きも根強くありますが。
スクリャービンも何れの曲とていいですね。
ヒンデミットは言うまでもありません。もちろん、若干壊れ気味が嫌だと言われる「正常」な音感の持ち主の方にはいただけないものかもしれません。私は思想も何もかも含め、手放しで実に素晴らしいと思います。
ストラヴィンスキィー、これもいいですね。このあたりになりますと、ご本人も認めておられますように、如何なる楽器もある種打楽器のような認識で用いられている点を理解できないと仰られる方がおられるのも事実ですが。
ヤナーチェクも大変いいですね。あの魂の雄叫び。実にいいですね。
プロコフィエフ。私はショスタコーヴィッチと大きく一線を画す、又独特な叙情性に満ちた作曲家であると思います。何れの曲も例外なくいいと思いますが。

何の参考にもならないと思います。どうかお許しください。簡潔に書くことが出来ません文ですから。

ラフマニノフの2番1楽章。心に焼きつくメロディーが、音程が飛ぶ魅力的なものに限らない事を思い知らせてくれました。なお、3楽章は、あのlyricism(と私は思わないのですが)が、どうしても私の性に合わないのですが、評判はいいですね。ブラームスの4番ト同様です。
ラフマニノフの3番1楽章もいいですね。こちらも上と同様ですが、さらにurbanisitcityや冷静さ等といったものが大変際立って、私は好きです。冷淡に聞こえると言う向きもあるかと思います。
マーラー2番、これは最初も終わりもいいですね。...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報