プロが教えるわが家の防犯対策術!

八月下旬から二週間くらい行こうと考えています。関東からなので大洗からフェリーを考えています。お金が厳しいので車中泊を予定しています。持ち物や行き方、注意点等のアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

フェリーは少し大洗より遠いかもしれませんが新潟~小樽の新日本海フェリーの方が5or4ナンバーの場合渡航費が安かったと思います。


太平洋側のフェリーは4ナンバー(主に貨物車がメインのようで)な場合渡航費用が安かったはずです。
車中泊も結構疲れますね。私も昨年夏1人で軽自動車で旭川から青函フェリーで京都まで行きました。
北海道の場合結構、黎明薬湯(れいめいやくとう)とか24時間のスーパー銭湯や日帰り入浴入浴可能な温泉(登別~白老の虎杖浜温泉ほくようなど)休憩室で眠れる場所が有るところも有ります。大洗~室蘭でしたら室蘭港から50キロ位です。
地図はカーナビが有るかどうかわかりませんが、移動距離が多分そちらに比べ多いと思いますので、広範囲でみれる地図(ホクレンスタンドでのroadMAP道南,道央,道北昨年度のでもあればの3つ分けて貰うと良いとおもいます。)コンパスと。
国道道路と広域道道はそちらから比べればかなり広いところが多いのでので市街地やカーブでなければ路肩に自動車止めるのは用意だと思います。夜間山間部など狐や狸、鹿などが道路で暖まっている事も有りますからまめに遠目にして走行しての注意が必要です。ひ熊も遇えるかもしれませんが(^o^)国道には道の駅沢山有りますからスタンプラリーに参加してみては如何ですか?
お盆すぎるとこちらは夜気温が一気に下がります。
車中泊の場合、服は長袖トレーナー、スエットなどが良いのではないかと思います。
とりあえずホクレンスタンドで給油時に地図手に入れると良いと思います。交通安全で。良い旅で有りますように。
    • good
    • 0

軽自動車は意地悪される事もありますので


気を引き締めて負けずに運転するか、
「お先にどうぞ!」か、のどちらかで走って下さい。
私は後者をおすすめします。イライラして事故っても損です。
    • good
    • 0

北海道在住の物です。


川崎からもフェリーが出てますよ~

お金がないのであれば北海道は無料のキャンプ場が結構あるので
キャンプ場でテントを張るのもいいかと思います。
寝るだけのためにキャンプ場を使用するのもありかと思います。
寝袋が無くても毛布1枚あれば大丈夫でしょう。
できれば2枚あったほうがいいかと思います。
バンガローも安いところだと1000円以下で結構あります。
軽での車中泊は疲れがとれずキツいと思います。
北海道の本屋でキャンプ場ガイドブックが売っているので買ってみるといいです。
1000円以下のバンガロー けっこう多いですよ。
ただ、当日の昼までには電話予約したほうがいいです。
いきなり行ってもいっぱいなんてこともあります。

とにかく一番持って行ったほうがいいと思うのは【レーダー探知機】です。
北海道はスピードの取り締まりがすごく多いです。
さらに北海道は道が広いので郊外だとみんなバンバン飛ばします。
80 90は当たり前です。
で、地元の人はどこで取り締まりをしているか知っているので
その箇所だけスピードを落とすので知らない人はあっという間に餌食になります。
のろのろ法定速度で走っているとすぐにあおられるので気をつけてください。
後ろから速い車が来たらすぐにウインカーを出して少し左に寄っていれば
みんな追い抜いていってくれます。
あのスピードについて行けないようであれば初心者マークを
つけておくのも一つの手です。
無理にあおったりはしないです。
それから話が前後しますがレーダー探知機はカーロケ対応という物があるのですが
ちかくにパトカーがいると教えてくれるのですが
北海道では最近周波数が変わったらしく北海道では現在この機能は使えないようです。
一応、書いておきます。
レーダー探知機にお金をかけてもいいのであれば
GPSで固定オービスを教えてくれるタイプが非常に安心できます。
ただヤフーオークションでも最低8000円くらいはするかと思います。
一応、参考URLに張っておきます。

警察の取り締まりは覆面パトカーや固定オービス、それからステルスとよばれる
狙い打ちの取り締まりが多いですね。
ステルスだけはレーダー探知機でも防ぎようがないので
できるかぎり先頭を走らないように気をつけてください。

道路地図が必要ですが、そのほかにも全体を見れる地図として
ダイソーの100円ショップで売っている北海道の地図があるといいですよ。
7月8月はこっちではどの店に行ってもみんな観光客が買っていってほとんど無いです。
関東で買っておかれたほうがいいかと思います。

参考URL:http://qrl.jp/?199878
    • good
    • 0

5晩です。


追加で.
もし1日300km以上走った経験がないのであれば.近くの観光地(でなくても可)までの往復を頻繁にして長距離走行の経験を積むこと。
軽は普通車に比べて振動が激しいです。私も子供もかなりの距離を乗っていますのでそれ穂と疲れないのですが.ほとんど乗ったことが内方ですと100kmで足腰が立たなくなってしまいます。500km/日走れとは言いません(東北道仙台日帰りなど)100km/日以上走って疲れない運転姿勢を覚えてください。
    • good
    • 0

しばらく前に子供といってきました。



今の軽ですと.2サイクルオイルの心配はなし。
加速も普通車並に出るでしょうから心配話(360, 550で中山峠がロー. セカントでしか上れなかったとの子と)。
ガソリンはどうでしょう。360も550も群馬県-栃木県の金精峠で低音でかかりにくかったのですが。できれば.北海道で入れてください(沸点が異なる)。
8月下旬でオホーツク会-太平洋岸ですと.かなり気温が下がります。10度が日高でした。それなりの服装と.予備の服を。室内はそれなりに高温なので夏服も忘れずに。

東京の北海道東京事務所で北海道の観光地図(北海道全体の地図が昔は2種類)を入手してください。
大洗の途中でつくばの国土地理院でご質問者の能力にあった地図を(フェリーの中で行きたい場所の地名と国道番号を暗記のこと。道の駅ばかり書いてある地図もあります)。私も子供も食費を考え東北道を飛ばしました。

車の1年点検を事前に。スズキですと「長距離運転する」といえばそれなりにエンジンなどの調節(含エンジンオイルの交換等)をしてくれました。
予備のタイヤ(積むスペースがあったらば)を追加で1つ。2週間ですと3000-4000走るでしょうから(子供と出かけた時は3500km/1週間)。北海道旅行で1回.その他1000km以上の旅行で2回.スペアタイヤを使いました。その他ご自身で修理できる範囲で。5-10年走った古い車ですと.ヒューズ・ランプ類が切れやすいです。長距離旅行中では発生していませんが.近所を橋っていてその場で交換したことがあります。ご自身で交換できなければ必要ありません。
金属製タイヤチェーン・タオルケット。これはぬかるみから出られなくなったときに使います。タオルケットでタイヤの回りの泥をふき取ったり.泥水を穴から移動したりするときに使います。通常は.野宿の時の毛布代わりですが.タオルケットでないと水を吸わないので.ぬかるみから出るときに使えないのです。未舗装道路(農道にあふれる台風の大水を含む)を走らなければ使いません。

出かける前に.何km走ったらばどれだけ給油するか.メーターの読みと実際に入るガソリンの量の関係を調べておくこと。ガソリンスタンドを見かけて.戻るガソリンがなくなる前に給油できるときは四位ですが.戻るガソリンがなくなれそうならば.見かけたスタンドまで戻って給油を。スタンドが極端に少ないので.このくらいにしておかないと給油先が見つかりません。5時が子供の場合最終給油時刻で.5時ごろにはとにかく万反にしています。軽は普通車並の速度で走ると普通車よりも燃費が悪くなる車種がありますから燃料には注意してください。

日本海岸沿いは温かいです。屋外での天となし野宿を希望するのであれば.日本会川を利用してください(北海道慣行マップを見るとこの手の施設の記載あり)。関東地方の平均的気温30度になれた体では太平洋岸は寒いですから。

食料は農協購買部が見つけやすいでしょう。ホクレン(北海道農協連合会)の看板のあるガソリンスタンドで「購買部」の所在を聞いてください。当然農協の預金講座と郵便局の通帳も用意してください。

テーブレコーダー・ラジオ(もしあれば短波も受信可能な機種)等は.電池式のものがアルならばもって行くこと。車のバッテリーが上がったらば動くことができなくなります。エンジンを切ったらば.バッテリーを使う機会は使わないこと。

湯沸し用コンロとキャンプ用容器セット。これは.インスタントラーメンを作るのに使います。どうしても食品販売店が見つからないときに使います。多くの商店が夕方5-7時にしまってしまいますから。

車の部品の中に「全国ディーラー一覧表」なる小冊子があるはずです。もしなければ購入してください。場所によっては「部品がなくて修理できない」ことがあります。というのは.本州仕様の車の部品を北海道では普通置いていませんから。デーラーならば電話1本で本州から1-2日で入手可能です。

海水浴用の道具を1セット。温泉入浴料金は結構高いです。金がないのであれば.海水浴+海水浴場でのシャワー。
針金とゴミ袋。ゴミ袋にみやげ物を押し込んで.針金で縛ると小さくなります。くしゃくしゃに丸めて困るみやげ物は購入しないこと。ゴミ袋は穴をあけて使い捨て雨具としても使えます。2重にきつく縛れば中身は大方の場合ぬれないので雨天時の梱包材としても便利です。
100円玉と500えンだま。ちょっとした支払いに便利です。1-50円玉は巾着袋に貯めておいて金融期間で預金し.お札に変更。

治安のよい場所にお住まいならば.夜間は窓を空けて寝てください。夜低温で寝る習慣ができてないと.風邪を引いたりしますから。

フォグランプの使い方(フォグランプ付車種の場合に限る)の練習を。太平洋岸は8月下旬ですと結構霧が出ますから。何回か.フォグランプのスイッチの切り忘れをしています。

北海道についたらば.現地の時刻表(バス・鉄道)を購入。車が壊れたときにどのように帰るかを決定するために使います。駅に行けばいろいろな資材が購入できます。そのような駅の選定にも使います(私は特急停車駅・交換駅を選定しています)。
    • good
    • 2

私も関東から何度も軽自動車(二人乗り、荷室ミニマム)で北海道に行ったことがあります。


行くときは1週間から10日間前後の旅をして、トータルでほぼ一周しました。
やはりレンタカーを借りるより乗り慣れた愛車で行く方が安心だし、気持ちが良いです。
滞在期間が数日以上ならレンタカーを借りるより安いし、燃費も良いので助かります。

8月下旬となるとシーズンのピークは過ぎていますが、往復のフェリーは必ず予約して下さい。
大洗近くでガソリンを満タンにしておいた方が北海道上陸後にGS探し(営業時間外だったりするので)に苦労しません。
安さで言えば2等(大部屋で雑魚寝)になりますが、疲れを癒すには2等寝台の方をお薦めします。
値段も少しプラスするだけなので、精神的な疲労度が全然違います。長い船旅なので少しでも快適に過ごして下さい。
乗船する際は車は車両甲板(駐車場)に置き、荷物を持って各自部屋に向かいます。
出航すると車には戻れなくなりますので、必要なモノは全て鞄に詰めておいて下さい。
部屋に荷物を置いたら混む前にすぐに大浴場(無料)で汗を流すと気分爽快です。かなりお薦めです。
食堂は学食、駅前大衆食堂並みの定番メニュー(カレー、そば、ハンバーグなど)なので、食べたい物があったらお弁当やインスタント食品持参した方が良いです。
値段もあの味で~??って感じのプライスです。
給湯器は完備で安心です。

苫小牧起点でそこに帰ってくるルートになると思います。
チャレンジ精神があるのなら小樽ー新潟ルートもお薦めします。苫小牧に戻らなくても良いのなら結構あちこち周遊出来ます。
フェリーの値段はそう変わらないのに船室はきれいでかなり豪華で快適です。
レストランもメニューが多くて安めでそこそこ美味しいです。快適さではずっと上です。

2週間もあると色々あちこち見て回れますが、無理して1周しようとすると日程的に厳しいです。
自由気ままな旅も結構ですが、ある程度大まかなテーマを決めておくともっと旅が楽しくなります。
例えば岬・滝巡り、海の幸、自然散策、ドライブ、温泉、秘湯、絶景...などメインテーマを考えると行きたい所が漠然と浮かんできます。
そしてどのブロックに行きたいか考えます。バイク用ですが、昭文社のツーリングマップル北海道を参考にすると良いルートを考えやすいです。
道南(函館、ニセコ、小樽...)、道西(積丹、小樽、ニセコ...)、道央(旭川、美瑛、富良野、十勝...)、道北(稚内...)、道東(釧路、網走、知床...)などです。
そうしたらどこのエリアに行くかざっと決めておき、当日は余裕を持ったスケジュールで回ると良いです。
1日の移動距離は200~300Kmにしておいた方が余裕があって安心です。
500Km超の移動も経験しましたが、各スポットをゆっくり見て回る時間がなく忙しなく良い思い出はありません。
また日没前には給油して、宿なり車中泊ポイントに到着する事をお薦めします。

8月下旬は朝晩やお天気の悪い日中は結構冷えますので、ウィンドーブレーカーやフリースジャケットがあると重宝します。
標高の高いところに行くときはエマージェンシーでジャンパー(防寒着)を圧縮袋に入れて積んでおくと心強いです。

荷物は着替え4日分(現地で洗濯前提)、かさ張るようなら衣服圧縮袋を使うと便利です。
地図やガイド本(後述)、食料、飲み物、サングラス、ランタン(懐中電灯)、レーダー探知機(もちろん安全運転厳守で)、好きな音楽(CDなど)、携帯電話、寝袋、毛布は必須でしょうか。
無料露天風呂なんかもありますのでアメニティーグッズは持参した方が良いです。
お金はコンビニATMや郵便ATMを利用すると便利です。
車中泊はトイレ、自販機を完備する道の駅が比較的お薦めです。ただし、アイドリングは禁止されているところが多く、テントを張るなどの野営は禁止されています。
テントを張るならオートキャンプ場です。

車中泊をする時はサンシェードと新聞紙、セロテープ(ガムテープ)があればかなり重宝します。
夜間はかなり冷えますので寝る前に車内から窓に新聞紙をピッタリ貼り付けます。
こうしているだけでかなり断熱効果があり、快適な室温を維持出来ます。

詳しい車種は分かりませんが、車中泊の連泊はお薦めしません。
貧乏旅行は大いに結構なのですが、ドライブは意外に精神的、体力的に消耗の激しいものです。
車中泊では完全に疲れを癒すことは私の経験上難しい事です。
短時間でも布団に横たわるか床に寝袋で雑魚寝でも疲労回復具合が全然違います。
そこで宿ですが、北海道各地に点在するライダーハウス(無料~3000円程度)、とほの宿やユースホステル(3000円~5000円)、ビジネスホテル(4000円~)をお薦めします。
特にライダーハウス、とほの宿やユースホステルは料金も安く、各地を旅しているライダーさんたちからの情報収集に便利です。
食事の美味しい宿や近くに美味しいお店が有る宿だったりと道の駅とは違い思わぬ発見が有ったりします。
コインランドリー完備の所も多いのでかなり重宝します。

飛んでる虫にぶつかってかなりフロントや窓が汚れることがあります。簡単な洗車グッズあるとこれも便利です。


情報収集として
昭文社のツーリングマップル北海道
http://www.mapple.net/touring/07box/touringmappl …

月刊雑誌 ツーリングGO!GO!
http://www.sun-a.com/master/teiki/see_new.cgi?tb …

月刊雑誌 ジャパンツーリング
http://www.apollo-pr.co.jp/variety/bike/zipangu/ …

宿は
道の駅
http://www.mlit.go.jp/road/station/road-station_ …

ライダーハウス
公式サイトはないので検索して下さい。
無料の所より2000円~3000円払うところの方が衛生的で安心です。

とほの宿
http://www.toho.net/

ユースホステル
http://www.jyh.or.jp/index2fr.html

ビジネスホテル
http://travel.rakuten.co.jp/

長くなりましたが、良い旅にして大いに楽しんで来て下さい。
    • good
    • 0

10月下旬に車中泊をしたことがあります。

毛布があれば良いですね。あとはエンジンをかけておけば問題はありません。真冬に車中泊、といっても仮眠ですが、したこともあります。もちろん暖房はつけますね。そのときはパーキングエリアでした。排気管の周りの雪にだけはきおつけてください。
    • good
    • 1

こんにちは



「北海道」いいですね~(^。^)
私はバイクで何度か行っていますが。
「軽自動車」でも1BOXで 一人なら 充分寝れますが 複数やセダンタイプなら
やめといた方がいいです。2000ccクラスの1BOX(ミニバン)ならもう少しマシですが。

キャンプをお薦めします。

装備等は 車の屋根にキャリアもしくはルーフバーがある事を前提にして
タープもしくはブルーシートで代用し、昼は日除けに。雨の場合の雨除けがメインですが。ここで 「安く旅行したい」事を考え、自炊の為 スペースにします。
自炊道具は 普段家で使用されているものでも構いません(もちろんキャンプ用のクッカーは小さくまとまり便利ですが)
調理器具としては カセットコンロが便利です。ガスはコンビニやホームセンター、地場のHOKURENで入手可能。

後 水用のタンク(2~4L)。生水は絶対飲まないで下さい。エキノコックスなどに感染の怖れがあります。水は煮沸してから飲んで下さい。

北海道の場合 無料や格安の宿(ライダーズハウスやYHなど)や無料のキャンプ場は多く点在しています。そういったものは事前に調べておくと便利ですよ。
    • good
    • 0

北海道を車中泊でのドライブ、私も過去に経験しました。


本州の感覚と大きく違う点がいくつかありました。

・一般道においても走行スピードが高い
 70km/hで走っていてもバスに追い抜かれたのには驚きました。
 かといっても調子に乗って先頭を切って飛ばすのは危険ですから、地元のクルマに先を譲りマイペースで行きましょう。
 また路上に鹿やキツネなど動物の飛び出しがあります(経験しました)ので注意してください。
・給油・食材の買出しは早めに
 北海道はとにかく広いです、隣の町までの距離感覚は本州の比ではないです。
 ガソリンが半分くらいになったら入れるくらいの気持ちでいないとガス欠の恐れがあります。
 食材も同様です、コンビにもありますがガソリンスタンド同様、街を出ると次の街まで何十キロも無いということがあります。
・夏でも寒いことがある
 根室など道東は真夏でも寒いです。お盆休みに行ったのですが、雨が降った晩は寝袋に包まっても寒いくらいでした。
 ある程度の防寒対策の装備は必要ですね。

車中泊の装備についてはスタイルがいろいろあるので一概にこれとは言えません。
食事は外食中心なのか、自炊をするのかでも大きく違いますし、宿泊ポイントも夜間も移動をして寝る場所を確保するだけでいいのか、ロケーションを優先して夕方からじっくり構えるのかでも大きく違いますね。
これはご質問者の普段のドライブのスタイルが解らないので補足をいただければ何かお答えできるかもしれませんね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京からクルマで北海道に行く最も安い方法

本州と北海道は確か車のトンネルはなかったと思うのですが、そうすると、自分の車で北海道にいくにはどういう方法があるのでしょうか?
フェリーという手があると聞きましたが、夏休みの北海道行きはプラチナチケットである上に相当高額になると聞きました。
自分の車で北海道に行くのに一番安い方法を教えてください。
なお、車は2003年式エスティマ、乗るのは家族4人です。

Aベストアンサー

>夏休みの北海道行きはプラチナチケットである上に相当高額になると聞きました

お盆の時期ではそうかもしれませんが、お盆以外はプラチナとまではいかないと思います。
そして、キャンセル待ちをすれば2等なら予約なしで乗れることが多いです。

そして、北海道へ行くには道路もなくカートレインもないので最終はフェリーを利用するしかないです。東京からなら航路は
大洗~苫小牧,新潟~苫小牧,新潟~小樽,仙台~苫小牧,八戸~苫小牧,青森~函館,大間~函館
のどれかだと思います。

大雑把ですがルートを絞って計算したいと思います。条件は
出発地は東京外環道の沿線,到着地は札幌とします。
燃費は10km/L,ガソリンは120円/L、ETC割引は最大限に使用。
フェリーはお盆に使用して1等。
そして、高速を出来るだけ利用するという設定にします。

☆大洗~八戸航路http://www.sunflower.co.jp/ferry/tariff/index.shtml
フェリー料金:109500
高速料金:2250円
ガソリン代(約160km):約1920円

合計:113670円

☆新潟~北海道航路(苫小牧も小樽も同料金です)
http://www.snf.jp/fare/niigata_otaru.html
フェリー料金:94000円
高速料金:2000円
ガソリン代(約350km):約4200円

合計:100200円

☆八戸~苫小牧航路
http://www.silverferry.jp/05/fare_2009_1.html
フェリー料金:54000円
高速料金:2300円
ガソリン代(約690km):約8280円

合計:64580円

☆青森~函館航路(津軽海峡フェリー利用)
http://www.tsugarukaikyo.com/01timetable/timetable_aomori.html
フェリー料金:37300円
高速料金:2450円
ガソリン代(約980km):約11760円

合計:51510円

これだけみれば青森~函館航路を使うのが一番安いですが、函館に用がないなら八戸~苫小牧航路を使った方がいいと思います。

もし、お盆の時期に商船三井フェリーや新日本海フェリーを使うのなら予約は必須だと思います。
2ヶ月前から予約が可能なのでオススメします。
青函航路はまず予約なしで乗れると思います。(キャンセル待ちをして乗れなかったことはない)

>夏休みの北海道行きはプラチナチケットである上に相当高額になると聞きました

お盆の時期ではそうかもしれませんが、お盆以外はプラチナとまではいかないと思います。
そして、キャンセル待ちをすれば2等なら予約なしで乗れることが多いです。

そして、北海道へ行くには道路もなくカートレインもないので最終はフェリーを利用するしかないです。東京からなら航路は
大洗~苫小牧,新潟~苫小牧,新潟~小樽,仙台~苫小牧,八戸~苫小牧,青森~函館,大間~函館
のどれかだと思います。

大雑把で...続きを読む

Q軽ターボ車のオイル交換のサイクルは?

軽ターボ車に乗っています。新車で購入して丸年、3万3千km乗りました。
説明書には「5000kmでオイル交換を」と書いてありますが、
カーショップに行くと「3,000kmで」と言われるし、
車に詳しい友人からは「5,000kmで十分」と言われるし、
中には「10,000kmでも大丈夫」という声もあるし・・・
ただ、新車時はカス(?)が出るからマメに、とのことだったので
今まではきっちり3,000km毎に交換していたんです。
エレメントも一回おきに交換しています。

私の愛車、本当は、どのくらいのサイクルで交換すべきなのでしょうか?
ちなみに、毎日90km位走り、しかも15分間は高速を走っています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 今の車の乗り方ですと非常に良い条件で使っておられると思います。
 おそらくエンジンを分解しても余分なカーボンの堆積もなく、シリンダー内もピカピカでしょう。
 ターボ車は熱的にオイルに負荷をかけますから、一般の車より交換サイクルを短くする必要はありますが、貴方のような使い方だったら純正クラス(以上)のオイルで取り説どおり(おそらく5000キロまたは6ヶ月の早くきたほう)の交換で全く問題ないと思います。

 交換サイクルに諸説あるのは

1.カー用品店、ガソリンスタンドなどは売り上げを上げたいがために短い目の交換を勧める。(3000キロ以下が多い)
2.ターボをガンガン効かせて峠を攻めるなんて走り方をする人たちは早く交換する。(1回で交換なんてのもあるみたい)
3.取り説ではふつう5000キロないし6ヶ月となっている。
4.とにかくオイルがきれいでないと気が済まないからメチャメチャ短いサイクルで交換し、それが良いと思っている人がいる。

等々が、使用条件などを抜きにしてごちゃ混ぜに語られるからでしょう。
 またオイルオタクっていう人種(あまり人のことは言えないです)もいて、それぞれに独自の交換サイクルを持っており、それを自信をもって語るっていうのもあったりしますからね。

 今の車の乗り方ですと非常に良い条件で使っておられると思います。
 おそらくエンジンを分解しても余分なカーボンの堆積もなく、シリンダー内もピカピカでしょう。
 ターボ車は熱的にオイルに負荷をかけますから、一般の車より交換サイクルを短くする必要はありますが、貴方のような使い方だったら純正クラス(以上)のオイルで取り説どおり(おそらく5000キロまたは6ヶ月の早くきたほう)の交換で全く問題ないと思います。

 交換サイクルに諸説あるのは

1.カー用品店、ガソリンスタンドなど...続きを読む

Q軽自動車で高速道路、長距離は大丈夫ですか?

車を買い換えて、初めて軽自動車に乗るんですが、
高速を200kmほど走る予定です。大丈夫でしょうか?
それと、ノンストップで200km走っても大丈夫でしょうか?

車種は、ダイハツ ミラ 660cc 3AT ターボなし、です。

Aベストアンサー

いろんな側面から考えると

機械的には…大丈夫です。
その昔550CCのアルト(キャブ車・ノンターボ)で横浜⇔名古屋間を東名で3回ほど往復した事があります。
何の問題もありませんでした。
550の時代でも大丈夫なのですから、今大丈夫でないわけがないと思います。

身体的には…個人差ありますね。
上記アルトで高速以外も含めると片道370kmくらいでした。
普通車だとノリがよければ休憩なしで走りきってしまうのですが
さすがに2回ほど休憩入れました。
質問者さんはおいくつでしょう?
当時私は20代でした。若いから出来たのかも。
今(40代)550CCで片道370kmはちょっと遠慮したいです。
今年家族がR2を買ったのですが、それでなら高速走行しても心配ないように思います。

安全面では…
550の当時、軽のことを「走る棺桶」なんて揶揄する人もいました。
660CCのミラでも200系と呼ばれている車でしたら
そういう意味での安全性は550CC時代と大差ないと思います。
(200系も3年ほどウチにありました)
500系700系と進化してきて今の250系ですが、
質問者さんのミラはどの車でしょう?
最新の250系ならかなりいいと思いますが。


色々書きましたが結論を言うと、ぜんぜん大丈夫です。

いろんな側面から考えると

機械的には…大丈夫です。
その昔550CCのアルト(キャブ車・ノンターボ)で横浜⇔名古屋間を東名で3回ほど往復した事があります。
何の問題もありませんでした。
550の時代でも大丈夫なのですから、今大丈夫でないわけがないと思います。

身体的には…個人差ありますね。
上記アルトで高速以外も含めると片道370kmくらいでした。
普通車だとノリがよければ休憩なしで走りきってしまうのですが
さすがに2回ほど休憩入れました。
質問者さんはおいくつでしょう?
当時私は2...続きを読む

Q車で北海道に安価で渡る為には?

自家用車で新潟県から北海道へ行きたいと思いましたが、カーフェリーを新潟から使用するとかなり金額がかかる為に断念しかかっています。車で青森まで走ってもかまわないので安価で北海道まで行けないでしょうか?

Aベストアンサー

No4です。補足しておきます。

ちなみに北海道に渡る一番安いフェリーは、青森県の下北半島の突端にある大間から函館に渡るフェリーですが、ここでも車は12530円です。目的地が函館なら、新潟から高速を使わずに大間までくれば、新潟~苫小牧または小樽よりも安いかもしれませんが、非常に微妙なところですね。北海道での目的地が札幌や富良野など道央ならば、函館からの自走距離を考えると、確実に大間~函館のほうが高いです。しかも、高速を使わずに新潟から大間まで走ると丸一日以上は潰れますから、もったいないですよ。

新潟~北海道のフェリーは、全国的に見ると非常に割安なフェリーなので、これよりも安く移動するのは難しいです。

Q車中泊での自炊はどこでしていますか?

みなさん、こんにちは。

私は、最近、車中泊についての本を読みました。

私もやってみたいと思っています。

そこで、車中泊中の自炊は、キャンプ場以外では、

やっぱりSA・PA(宿泊地)の駐車場でするのでしょうか?

その時は、恥ずかしくありませんか? また、人に見られたり、注意されたりしますか?

そのような場合は、どう対処しますか?

車中泊経験者の方々はどうしているのか、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年中、車で移動し、車中泊も度々しております。

食事ですが、外食と自前で用意と半々くらいでしょうか。
麺類やどんぶり、弁当は食べ飽きてしまいましたので。

とはいえ、まともに調理することは、S.Aなどでは、場所が場所ですから、できかねます。
お湯を沸かすくらいでしょうか。痕は精々、キューり切ったり、果実を剥いたり。

駐車場では火気が禁止されてますので、窓を開けて車中でバーナーを使います。
S.Aで給湯器があればそれを利用しますが、ないところも多いです。
ピクニックエリアでバーナーを使うときもあります。

車にはいつもクーラーボックスを置いてますので、通りがかりにおいしそうなものがあると買ってます。
町の中ではスーパー、観光地で魚貝類の炉端焼きがあれば、即購入です。

高速道路のS.Aの軽食コーナーは持ち込み可ですから、そこでライスのみ頼んだりします。

一応、非常用に、アルファ米と缶詰、ラスク、乾パンは持ってます。

Q軽自動車で峠を越えたいのですが…

初めて質問を致します。

LIFEの2WD(FF)で真冬の峠を越えるのは危険でしょうか?
もちろんスタッドレスタイヤです。

具体的には、北海道旭川市から中標津町まで行きたいのです。

その道すがら峠が二箇所あるので
不安です。

皆様の御意見をお聞かせください!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

まず、旭川紋別自動車道を使うのは決定でいいでしょう。
「紋別」とはついていますが、紋別には行きません。
北見峠をトンネルで抜けて、遠軽を通っていきます。
トンネルですし、石北峠を越えるより圧倒的に楽です。
峠を降りた後も、石北峠は北見の市街地を通りますので、交通量が多くて大変です。

悩むのはその先ですね。いくつもルートがあります。
まず絶対に避けたほうがいいのは、阿寒横断道路。
ここは夏でもカーブが多くて大変です。

小清水峠も外していいでしょう。ここを通るくらいなら、美幌峠と大差ありません。

なので、選択肢としては、
美幌峠
野上峠
清里峠
ですね。
最短距離なのが美幌峠
一番標高が低いのは野上峠。
峠として一番カーブが少ないのが清里峠です。

美幌峠は最短距離ではありますが、屈斜路湖側がかなりの急カーブが続きます。
野上峠と清里峠は、少々遠回りなのと、東藻琴~小清水の間で、若干カーブか多い道となります。
あと、清里峠は道道ですので、除雪体制は国道よりも落ちると思います。

難しい選択ですね。

私でしたら・・・・
・天気がよければ美幌峠
・天気が悪かったら、小清水へ回り、除雪に問題がなければ、清里峠。
除雪に問題があるようなら、野上峠

という感じにするかと思います。

まず、旭川紋別自動車道を使うのは決定でいいでしょう。
「紋別」とはついていますが、紋別には行きません。
北見峠をトンネルで抜けて、遠軽を通っていきます。
トンネルですし、石北峠を越えるより圧倒的に楽です。
峠を降りた後も、石北峠は北見の市街地を通りますので、交通量が多くて大変です。

悩むのはその先ですね。いくつもルートがあります。
まず絶対に避けたほうがいいのは、阿寒横断道路。
ここは夏でもカーブが多くて大変です。

小清水峠も外していいでしょう。ここを通るくらいなら、美幌峠と大...続きを読む

Q後部座席を取り外して運行するとマズイですか

車検証で乗車定員が5人と記載されている車があるとします。
後部座席を取り外して、多くの荷物を積もうと思います。
取り外した後部座席は、車検時や下取り用に保管しておくつもりです。
構造変更を申し出て、車検証を2人定員とするのが最も良いのでしょうが、「面倒だろうなぁ」「費用は?」と二の足を踏んでいます。

後部座席に人を乗せることは、私が車の所有者である限りありえません。
以前の車では、車検の度に一時的に後部座席を取り付けてディーラーでの車検を通してきました。

1)車検証の変更を申請せずにこの自動車の運行をした場合、マズイ点は有りますか?
法律・法令違反、実運用、検問時、事故時の法律や保険関係・・・
2)車検証を2人定員に変更するためには、どんな手間がかかりますか?週末に個人で「安く」出来るのであれば、やっちまった方がイイのかな?

Aベストアンサー

参考になりそうなのがあったので、リンクを張っておきます。
読んだ感じでは、引越しして免許証の住所変更をしていない程度の違反、でいいのかな。

http://minkara.carview.co.jp/userid/132018/blog/179798/

Q新日本海フェリーの揺れ具合

9月の始めに、秋田から敦賀まで新日本海フェリーに乗る予定です。ただ、私は、船に弱いので、心配です。この時期に乗られた方、船の揺れ具合はどんな感じでしょうか?

Aベストアンサー

船に弱い私は、往復乗りました。

行きは、快晴、波なし、二等大広間です。
前方の部屋にしましたが、いくら波がないとしても、
左右の小刻みな揺れはありました。
エンジンの超低音の響きもあります。
CMのような快適な船旅には程遠いです。
DS等のゲームをしている子供は全員酔いました。
私も酔いました。吐くまでは酔いませんが。
ジェットコースター後の感じくらい。

帰り、曇り、波なし、個室(二段ベット4人部屋)
テレビ見ながら酒飲んで、寝ました。
よく眠れます。ゆれなんて気になりません。
大広間と個室のレベルはまったく違います。
CMのような快適な旅です。

ぜひ、個室で船旅してください。


人気Q&Aランキング