アメリカにおいて、どういう人が昇進しているかなど昇進する条件のようなものを探しています。そういう関係の資料や本などなにか情報を知っているかたがいたら教えてください。

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155513
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新しく取引するとこの会社情報などを書き込んでもらうフォームありますか?

会社で新しい取引先とお金のやり取りなどをする時、相手先の情報がわからないのでよく社員数や、取り扱い先銀行、設立などいろいろかきこんだりするのですが、、
そういったフォームの見本みたいなものはありますか?
教えて下さい
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

そんなひな形ってあるんでしょうかね?
別にどんなんでもOKだと思いますよ
今までいろんなところから貰ってますが同じのって無いですよ
たぶん業態調査票の様なものだと思いますが
相手の社名 本社所在地 取引支店所在地 代表者名 資本金等と支払い条件 取引製品 とかの記載をお願いすればOKじゃないでしょうか?
今までの取引先とは取り交わしはしてないでしょうか? 
もしあればどこかで保管されていると思いますが

Qビジネスの中で多くの情報をできるだけ早く収集し、有意な情報を見つけるにはどうすれば良いか?

情報について学んでいる学生です。自分はなにか情報を探すときはインターネットや本などを参照してその中から自分にとって重要か重要でないかを自分の経験などから判断して、有意な情報を得ます。

ですがビジネスの世界ではどうなのでしょうか?
情報といってもかなり曖昧ですが、どんなビジネスを進めるにしろ情報というのがそのビジネスを左右するものなのではないでしょうか?
そのように仮説するとまずはじめに情報をできるだけ収集する。そしてその中から企業にとって有意な情報をろ過する。ということが重要ではないかと思います。また情報には時間的なことも絡むと思います。いかに早く情報収集することも大事であると思います。

そのような中で通常企業ではどのようにスムーズに情報を収集して、またどのような基準でそこから有意な情報を手に入れ、またそれをどのように営業などに結び付けているのでしょうか?またそこには経営システムなども大きく関係しているのでしょうか?
例えば、ERPやSCMなどのシステムはこの場合大きく影響を及ぼしたりするのではないかと自分では思っております。ですがこれらがどのように影響するかなどは検討がつきません。


自分は今年から就職です。金融機関に進みます。
企業の情報に関しての活動にとても興味を持っております。
みなさんの意見をお待ちしています。
よろしくお願いします。

情報について学んでいる学生です。自分はなにか情報を探すときはインターネットや本などを参照してその中から自分にとって重要か重要でないかを自分の経験などから判断して、有意な情報を得ます。

ですがビジネスの世界ではどうなのでしょうか?
情報といってもかなり曖昧ですが、どんなビジネスを進めるにしろ情報というのがそのビジネスを左右するものなのではないでしょうか?
そのように仮説するとまずはじめに情報をできるだけ収集する。そしてその中から企業にとって有意な情報をろ過する。ということ...続きを読む

Aベストアンサー

ひと言に「情報」と言っても色々あります。
経営判断をする上でやはり一番大切なのは、その会社が事業活動をする過程で蓄積される様々な情報です。
これについては、事業の流れの中でシステム的に収集蓄積して、経営判断をするために必要な分析資料として定番メニューで提供するシステムを作ったり、状況に応じて元データから加工して分析資料を作成したりします。

次に、重要視する「情報」は、業界や取引先等事業に密接に関連する周辺情報です。これは、集める情報を定型化して収集するようにします。

最後に、もしかすると有用かもしれないと思われる「情報」です。これについては、インターネットで検索する等、必要になった都度集めることが多いものです。

Q商談資料の作り方

自社商品(食品です)を売り込むために、パワーポイントで商談資料をつくりたいのですが、
1)「商品を売り込むための」また、「今、これから売れるよ」といった根拠、裏づけを示す資料も添えて作りたいと思っています。
2)あいにく会社にはマーケティング部といった部署はなく、また専門に商談資料を作成する人がいませんし、販売のための資料の蓄積もありません。また、個人レベルでも作っている人は社内にいません。
3)売り込みの根拠を示す資料はいろいろな角度から探せばあると思うのですが、参考になるものがなく、どこからどのように入手した良いかわかりません。
※国レベルで統計を出している資料が良いのか(消費量など)、他のルートが良いのか、またどのように商談時に訴えるよう加工したら良いのか・・・・。
基本的なことで構いませんので、良いやり方ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

資料がないのであれば、作るという方法もあると思います。
まず、商品を開発した際のコンセプトがあると思いますので、それを聞き取りし、それに基づき、資料を作成することは可能かと思います。また、追加資料を作成する場合、このコンセプトが正しいことを裏付ける資料を作成していくことになります。
どこに売り込むのかが分かりませんが、例えば、スーパーに売り込むとした場合、市場の人口がどうで、競合がどうであるとか、先にお願いしてお客様にアンケート(スーパーにも有益になる情報もとれる)をさせてもらうとかをして、まさに「これは売れる」という結果を持っていくと良いかと思います。(もちろん、アンケートの質問をうまく考えて、商品コンセプトが間違っていないことが証明されるようにもって行く必要があります。)

QHRシステムの費用対効果資料

お世話様です。

標題の件、
来期、今まで使っていた人事システムを別の会社の物に
入れ替えることとなりました。

その際に費用対効果資料を作成するようにとの指示を
上司から貰ったのですが、

費用対効果資料自体も作成したことがなく、
しかも人事システム導入という、効果が見えにくい物を対象と
している為、非常に困っております。

どなたか、こんな所に焦点を当てて資料を作成したらどうか?等
ご教授頂けないでしょうか。

尚、導入にあたっての理由は下記の通りです。

・会社合併にあたり、管理人数が大幅にUPする。
・現在の人事システムでもライセンス的には足りるのだが、
 非常に使い勝手が悪い為、この期に換えることとなる。
 (逆に使い続けようとすればなんとか使い続けられます)
・ワークフローの機能がいままで無かった為、追加で導入
・旧新システムで他に機能が追加された部分は、本人が自分の登録
 情報を見て、修正をかけることができること。

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご苦労様です。
人事システムの入替が決定してから、費用対効果の検証ですか?
なんだか、順序が逆のような気もしますが。。。。

<費用項目について>
・現在の人事システムのランニングコスト(償却分も含む)をそのまま使い続けてあと5年間で毎年どの程度必要か。
・新しいシステムの初期導入コストとランニングコストを同様に算出する。
<効果項目>
人事システムの場合、売り上げ効果が期待できないので、削減可能な事務負担で比較してみては如何でしょうか。
・使い勝手の悪いいまのシステムと、新しいシステムで、同じ作業をおこなった場合、1日で何時間短縮できるか。
 →短縮できる時間を積み上げ、人件費を算出すれば、浮く費用が算出できます。
・ワークフローが導入されることで、書面等の起票や承認に関する時間短縮効果を、同様に積算する。
・本人情報の修正については、いままで人事に依頼されていた作業工数を算出し、金額換算する。

上記で算出されたコスト(1年ラップ×5年間)と削減できる予定のコスト(人件費)を新旧比較すれば、「費用対効果」もでるのではないでしょうか。
ポイントは、効果を削減可能な人件費に置き換えて考えれば良いかと。

ご苦労様です。
人事システムの入替が決定してから、費用対効果の検証ですか?
なんだか、順序が逆のような気もしますが。。。。

<費用項目について>
・現在の人事システムのランニングコスト(償却分も含む)をそのまま使い続けてあと5年間で毎年どの程度必要か。
・新しいシステムの初期導入コストとランニングコストを同様に算出する。
<効果項目>
人事システムの場合、売り上げ効果が期待できないので、削減可能な事務負担で比較してみては如何でしょうか。
・使い勝手の悪いいまのシステムと...続きを読む

Q労務管理、労務対策に役立つ資料を教えてください

労務管理,労務対策についての現場の管理者に対する基本指針を纏めることになりました。何か参考になる本や資料をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

労務関係の参考資料といえば「労政時報」が一番だと思います。書店での取扱がなく年間購読での
対応になるのですが、色々な本を見ましたがこれが一番でした。
http://www.rosei.or.jp/work/pub/index.cgi
月に2冊、その他に色々な別冊が発行されています。価格は高いですがお勧めします。
もしかしたら見本みたいな物があるかもしれませんので、一度確認されてはどうでしょう。

参考まで。

参考URL:http://www.rosei.or.jp/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報