私は、個人事業を営んでいます。この事業を行うに当たって、最初はお金が無く
必要機器を全てリースに致しております。
もうすぐ、リース契約から5年が経ちます。ここで質問です。
1.リース物件は所有権がリース会社にあるので、このまま使用するとなれば、永遠に自分の物にならないのか?
2.リース料をストップし物件を自分の物にするにはどの様にすればいいのか?

以上2点お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

bigbone5555さん、おはようございます。



リース物件満了についてのご質問拝見しました。
まず、お手元のリース物件のご契約書の控えを参照される事をお勧めします。
リース形態の内容により、若干取り扱いが変わる内容があります。
通常一般的なリース物件の契約書であれば、ご回答者の皆様のご回答で
そう大差はないと思いますが‥。
通常一般的な70カ月リース物件であり、その物件だけの取得金額のリース
であれば、多くのご回答者の皆様のご記入の通りです。
1.リース期間満了前3ヶ月~6ヶ月前になると、リース会社より、リース満了
  によるお知らせが文書で通知されます。
  そこには、その後の物件についての取扱をどのようにされるかの問い合わせ
  も記載されている筈です。
  (これは、リース契約書(控)にも、記載されていると思います。)
  期間満了にともない、その後も再リースされるかどうか。
  (概ね、1ヶ月のリース料で、12ヶ月分使用できる内容になっています。)
  期間満了にともない、リース契約を解除するかどうか。~です。
  この時点では、その物件をリース会社がどう取り扱うかの記載はないのが
  普通ですが、廃棄処分にするか引き取るかは、その物件に対しての
  リース会社の判断によります。
  この時点で、リース会社とのお話し合いをもたれれば、それらを取得する事
  も可能です。

  但し、ここで留意しておかなければならない点は、それらの物件が通信機器
  である場合です。
  既に取得して70ヶ月ご使用になっている点であれば、それらの機器は
  現在流通市販されている機器より5世代及び10世代前の機器かと思われ
  ます。
  そうすると、法的には、修補部品の保持がありますが、その代替部品が
  まずなく、(あったとしても修繕費用が高くつく場合が存在します。)
  その後の使用に問題が出る場合も存在します。
  これらを良く見極める必要があります。
  前述した、物件金額以外の金額が追加で記載されている場合(保守料)も
  存在しますので、もう一度よくご契約書をご参照下さい。
2.これらを取得する場合は、1に記載している時点で、リース会社とお話し合い
  になれば、リース会社でのその資産分の簿価金額で下取りする事も可能
  です。
  これらの金額は、あくまでもその物件の金額だけのリースであれば、金額
  自体の5%内外であろうと思います。
  (これもリース会社の起算計算方法により、若干違いがありますが‥)
  bigbone5555さんの会社で、リース満了によるリース契約
  解除された場合これらの物件の処分は、引き取るか廃棄するかになり
  ますが、リース会社によっては、それらが廃棄処分する場合に
  産業廃棄物相当になる物件であれば、引き取り業者ではなく、
  産業廃棄物処理業者に引き取りを依頼する
  場合が殆どです。
  そして、彼らから、産業廃物処理証明書を受領します。
  リース会社には、いずれにしても、満了にともない下記の書類のいずれかが
  必要となります。
  A‥‥リース期間満了にともなうリース契約解除の書類。
   A1‥‥満了にともない、解除の場合の簿価格下取りを示す書類。
   A2‥‥満了にともない、廃棄する場合の廃棄証明書。
  B‥‥リース期間満了にともない、その後の再リース契約書類。

余外.
  下取りされた場合に、今度は、リース料による損金処理は行う事は出来ず
  自社の資産の取扱になります。
  ご回答者の方が記載されておりましたが、簿価での取得に応じた事務処理が
  必要になります。

以上、通常リース契約における概要を書き記しましたが、お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に良い回答を頂き有り難う御座いました。
是非参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/10/31 20:03

1.リース物件は所有権がリース会社にあるので、このまま使用するとなれば、永遠に自分の物にならないのか?



A・基本的になりません。リース会社からの貸し出しとな  っている為あくまでもリース会社の物です。

2.リース料をストップし物件を自分の物にするにはどの様にすればいいのか?

A・リース期間が満了したあとで買取が出来るものもあり  ます。が、再リース(期間終了後年間10/1の金額)  の金額で物件の期間延長ができます。

*どんなものでもリースであれば返却は要求されます。
何年リースで組んでいらっしゃるか、物件の種類、どちらのリース会社か、補足入れていただければもう少しアドバイス出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。参考になりました。

お礼日時:2001/10/31 20:04

>1.買い取りの場合いくら支払う事になるのですか?


解約して買い取る場合やリース期間終了後買い取る場合、
再リース期間中の買取などで支払い金額はだいぶ異なると思います。
買い取りの経験がないのですが、
リース期間終了後に買い取る場合では
以後3年間再リースをしたと仮定すれば月額リース料×3となりますから
この計算式を参考にされれば良いかと思います。
もちろん、リース会社にきちんと確認してくださいね。

>2.返却を要求しない物件とは、どの様な物なのか?
リース会社や時と場合によると思うのですが、
過去には事務用電話機や無線機は
「廃棄しました」で返却しないで済みました。

>3.これらの事はリース会社に問い合わせるのか?
買い取りの件についてはまったく問題がありませんので
問い合わせ可能ですね。
返却の件については「返却しなくて良いですか?」と聞いたところで
「リース期間満了後は返却していただきます。」と返答されるのが落ちです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/10/31 20:05

1.リース期間満了後は


再リース、返却、買い取りの3通りです。
よって、買い取りすることで自分の物になります。

再リースの場合は月額リース料(1ヶ月分)で
1年間の延長が出来ます。
リース期間終了後の返却にかかる費用は
契約者が負担します。

リース物件やリース会社によっては
返却を要求しないこともあります。
この場合はお好きなように使ってとなるでしょうね。

2.リース残額を完済して、さらに買い取りでお金を支払えば
自分の物になります。
リースでは中途解約が(無料で)出来ませんので
残額を支払うことにより解約が出来ます。

この回答への補足

もう3つ質問をお願いします。
1.買い取りの場合いくら支払う事になるのですか?
>リース物件やリース会社によっては返却を要求しないこともあります。
2.返却を要求しない物件とは、どの様な物なのか?
3.これらの事はリース会社に問い合わせるのか?
以上お願いします。

補足日時:2001/10/25 12:51
    • good
    • 0

1.契約満了後(当初契約期間経過後)に同一物件を継続して使用したい場合は再リースという契約を新たに締結しなければいけません。

書かれている通り所有権はリース会社にあるので再リースを繰り返すだけで永遠に自分の物にはなりません。
2.中途解約もしくは満了時に当該物件を買取るとすれば、リース会社の承諾が必要になりますし、場合によっては当初導入時にまで遡って資産として購入した場合の減価償却へのやり直しが必要となることもあり煩雑な作業が伴います。なので一度リースした物件の買取りはリース会社としてもユーザーに対しては勧めていないのが現状です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。参考にさせて頂きます。
(リース会社と話し合いをして決断致します。)

お礼日時:2001/10/31 20:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニュースサイト運営事業の事業計画書 雛形について

お世話になります。

とあるジャンルに特化したニュースサイト運営事業を立ち上げるにあたり、
事業計画書を作っているのですが、雛形になるようなテンプレートデータを
探しています。

無料、有料かかわらず、ネット上でダウンロードできるところをお教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 あるわけない
 どんなサイトにせよ起ち上げた瞬間から競争にさらされるんだから、必ず独自に考えた部分が必要。それを他人に教えるようなところがあるわけない。
 なに甘えてんだ?

Qネットショップを営んでおりますが 脅迫メールが

ネットショップを営んでおりますが、「所得税、消費税をちゃんと払え」とか
「脱税の疑いがあるので税務署へ報告しました」などといったメールが頻繁に来ます。

同じメールアドレスから送られてきますが、相手先の情報は全く分かりません。
凄く気持ち悪いので無視しております。

こちらの、住所や連絡先など特定されているので怖いです。
税務署へも相談しましたが、誰か分からないのでどうしようもないとの事です。

何か良い対策は無いでしょうか?

Aベストアンサー

迷惑メールを送ってくるアドレスから、インターネットサービスプロバイダをしらべ、相談されてはいかがでしょうか?インターネットサービスプロバイダは、ほとんどが相談窓口を設けています。以下をお知らせし、判断を仰ぐことになるかと思います。

1. 脅迫行為の詳細な内容
2. 脅迫行為が行われているURL情報および当該URL内の具体的な場所、記述内容、IPアドレス、その他情報を特定するために必要な情報
3. 脅迫行為であると判断された理由・根拠


ただ、本文を読んでいる限りにおいては、脅迫メールとは言い難いきがします。脅迫メール・迷惑メールと判断された場合やそのプロバイダの規約に違反している場合には、対応してくれるようです。
対応とは、迷惑メールに対する注意、それでも改められない場合には、規約違反等による退会処分などです。

Qネットショプで見つけた物を自分の店(実店舗)で売りたい。

ネット上で買い物をしてとても気に入った商品を見つけました。 自分の店でも売りたいと思っていますが製造元は簡単に車でいける距離でもないので、メール、電話での交渉となりそうなのですが経験が無いので不安です。 1つは1000円程度、もう1つは25000円(こちらは高価の為,取次店となる事を希望)なのですが、どのような契約方法が良いのでしょうか? また実店舗がネットショプの商品を売るメリットとデメリット(品数、売り上げが増える以外で)アドバイスなど教えてください。

Aベストアンサー

実際にネットで購入したのでしたら、その御礼メールの中で自分の店の話をして、自分の店に置きたいという旨を伝えて相手の出方を見るのがいいと思います。
相手の生産体制次第ではそういった話は無理だと言われるでしょうが、一般的には販売ルート拡大は「イイ話」です。自分が初めてでも相手はネット販売をしてるわけですから対応も慣れてるでしょう。誠実な電話やメールなら大丈夫です。岩手・東京(ナムコさん)間でそういう実例ありましたが実際に会う事なくオンラインで話が決定しました。ネットショップでの78%くらいで買い取って120%くらいの販売価格で実店舗販売してるという状況です。1000円で売ってるのなら780円でネットショップから買い取って1200円で実店舗で売ってるわけです。このくらいでないとお互いの利益にならないかもしれません。実店舗がネットショップ商品を取り扱うメリットですが一般の問屋を介するより製造元と直接取引きする分のコストダウンとなるでしょう。また発注から納品までの期間の短さも特徴で在庫を薄めにして対応できます。店舗にはサンプルだけを置き、予約受注制でネットショッピングに発注を流し、直接そこから客に発送して貰うなどの新しい手法等もとれます。デメリットとしてはネットの世界はどんどん変化するものなのでいつまでもそのネットショップが存在するかどうかは誰も保証してくれないって事でしょうか。契約間の両者の信頼関係も普通より重要視されますし。あとは転売という形になると古物商免許が必要だとか古物の仕入れは対面が基本だとか色々面倒くさいって事です。なので転売でなくて仕入れで対応するのがいいでしょう。

実際にネットで購入したのでしたら、その御礼メールの中で自分の店の話をして、自分の店に置きたいという旨を伝えて相手の出方を見るのがいいと思います。
相手の生産体制次第ではそういった話は無理だと言われるでしょうが、一般的には販売ルート拡大は「イイ話」です。自分が初めてでも相手はネット販売をしてるわけですから対応も慣れてるでしょう。誠実な電話やメールなら大丈夫です。岩手・東京(ナムコさん)間でそういう実例ありましたが実際に会う事なくオンラインで話が決定しました。ネットショップで...続きを読む

QリースHPについて

更新頻度の多いHPを作成するにあたり某会社にリース契約で依頼しようかどうか迷っているのですが、初期費用なしで月額28000円で更新はしてくれる様で2年契約。SEO対策もそこそこのようなのですが高いですか?

Aベストアンサー

年間1.5万円のところもあるぐらいですから、高いといえば高いですね。

Qリース契約を解約する方法

この度あまり儲からないので会社(自営)をやめてサラリーマンになろうと思いましたが、現在リース契約をしている「パソコン、電話、周辺機器」はリース期間がまだ残っています。2006年6月、2007年8月、2009年7月其々終了となっております。先日販売会社に問い合わせたら、リース会社との問題だと指摘されました。最悪パソコンは自宅でも置いておけますが他のものは到底不必要です。途中でやめられるのでしょうか。保証人は私になっております。

Aベストアンサー

基本的には、リース契約を解約するには、リース会社に残債を支払わないと解約は出来ません。

リースというのは、申込者の希望する機器をリース会社が購入するものですから、解約・返品されても、他への販売が難しいからです。

念のために、リース会社と交渉してみましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報