現在IEEE802.11b(11Mbps)が主流ですが
IEEE802.11a(54Mhz)商品がそろそろ出ようとしています
「11b」、「11a」のそれぞれの特徴と
短所について教えてください。
また「11h」が「11a」の後継と聞いていますが
その特徴も教えてください。

A 回答 (1件)

>現在IEEE802.11b(11Mbps)が主流ですが


>IEEE802.11a(54Mhz)商品がそろそろ出ようとしています
>「11b」、「11a」のそれぞれの特徴と
>短所について教えてください。

IEEE802.11b(11Mbps)
IEEE802.11a(54Mbps)
ですね。
無線の周波数帯が異なります。
IEEE802.11bは2.4GHz帯、IEEE802.11aは5GHz帯です。
周波数帯の特性から、IEEE802.11aは直進性が強く、間の障害物などに弱い、また、54Mbpsは10mまでで、それより距離が遠い場合は速度を落とす、といった制限がかかってきます。(IEEE802.11bは11Mbpsで100mまで)
ただ、電波的特性がどーのこーのいう前に、IEEE802.11aの5GHz帯は、ETCだとか気象レーダーがすでに使っている周波数帯ともろにぶつかっています。
そのため、「屋内」の利用しか認められておりません。屋外でIEEE802.11aの恩恵にあずかる、ということはできませんし、最近多少やっているところがある、無線インターネット接続サービスがIEEE802.11aの規格でサービスされるということはあり得ないでしょう。

>また「11h」が「11a」の後継と聞いていますが
すみません。不勉強からか、11hというのは存じませんが、11gならば聞いたことがあります。11bの後継で、同じ2.4GHz帯を使い、22Mbpsまで電送速度を引き上げた規格です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング