人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんにちは。

大学の課題で「世紀の違うイギリス文学を2つ選んで読んで比較しろ」というのがでたのですが、
文学については疎く、ネットや本屋でいろいろ探したのですが、どの本を選んだら良いかわかりません。
なかなか適当な本が決められず、提出期限も迫ってきてものすごく焦っています。。。

どなたか、初心者でも読みやすく、なるべく短めの内容のイギリス文学を
教えていただけないでしょうか?
(都合よすぎるかもしれませんが、5巻とか続くのは時間的に厳しいので…)

よろしくお願いします!(><)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

個人的な趣味がだいぶ入ってしまいますが・・・


デビッド・ロッジの「交換教授」「素敵な仕事」などはどうでしょう。ちゃんとした文学なのに、爆笑に次ぐ爆笑で読み出したら止まりません。しかもよーく読むと構成や叙述・視点の取り方などがイギリス古今の名作のパロディになっていたりして、レポートのツボになりそうなところもたくさんありますよ。
 あと、カズオ・イシグロの「日の名残り」も、信頼できない語り手を使っていてとても面白い作品です。後半に行ってからのぼろぼろ皮がめくれていくような快感! たまりませんねー。
 2作とも、十九世紀の作品群と比較しやすい技法を割合はっきりと使っているので、その意味でもオススメです。
 がんばれー☆
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

爆笑できる作品なんですね!紹介していただいてうれしいです♪
19世紀のものと比較しやすいとのことなので、よんでみようと思います。

本当にありがとうございました!レポートがんばりますっ!

お礼日時:2005/08/17 22:19

同じ大学の学生です。

あの課題は「比較しろ」ではないと思います。
「世紀が違うイギリス文学を2つ選んでそれぞれの感想文を書け」です。
あれは文学の授業ではないので、比較するのは難しすぎるでしょう。
ただ、それぞれの小説の感想を書くだけでいいはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、すみません!(>_<)
回答ありがとうございます。
同じ大学の方ですか~。先生に直接聞いたときに感想だけでは不充分だと言われたものですから。。。
びびってたのですが、そんなに難しく考えなくて良さそうですね。
すみません、tummy0715さんの回答を見たのレポート提出した後になってしまったのですが、でも回答を見てすごく気が楽になりました♪

本当にありがとうございました~!

遅くなりましたが…他の皆様にもこの場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m
とても参考になりました!!
本当にありがとうございました!

お礼日時:2005/09/14 01:10

>大学の課題で「世紀の違うイギリス文学を2つ選んで読んで比較しろ」というのがでたのですが、文学については疎く、ネットや本屋でいろいろ探したのですが、どの本を選んだら良いかわかりません。



時間がないのですから、2段階で、比較される文学(作者)をお選びになってはどうでしょうか。

1 お近くの区立の図書館で、館員にお聞きしてイギリス文学の概説がかかれたかかれた本を立ち読みして、あなたがはっきりした視点があれば、その本を、無ければ、適当に、比較しうる短編を2つ選ぶ。

2 図書館で2冊借りて、読んで、ある視点で比較して、レポートにまとめる。

他の回答者のお答えになったすばらしい本で、うまく書けなければ、上記の記の方法ではどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

レポートの書く方法をアドバイスしてくださって助かります!
要領悪いので大変参考になります。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2005/08/17 22:26

個人的に好きなので。

古い方のを1つ挙げときます。

岩波文庫で詩人テニスンの「イノック・アーデン」があります。非常に薄い本ですからご安心を。ちなみに19世紀です。

中学くらいの時読みましたが、ほんと古典的なメロドラマです。基本線は今考えるとチープな昼メロみたいな内容ですが、時代背景を考えると適当に泣けます。気が向いたら読んでみて下さい。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/32/X/3222610.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

具体的な作品名を挙げていただき感謝します。
値段も手ごろで良さそうですね!早速探してきます!

本当にありがとうございました!

お礼日時:2005/08/17 22:14

時代的・作風的に偏ってしまいますが、


お急ぎのようなので取り急ぎ…。
参考になれば幸いです。

キプリング(2)
ディケンズ(3)
コナン・ドイル(17)
オスカー・ワイルド(2)
スティーブンソン(2)

以上が青空文庫にて無料で公開されています。
()内は公開作品数です。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

さっき青空文庫のサイトを見てきました。
すごいですね!!こんなサイトあるなんて知りませんでした!
これからもっと見てこようと思います。

本当にありがとうございました!!

お礼日時:2005/08/16 08:18

日本語訳を読むのでしょうか。


原文(英語)の本を読むのでしょうか。

日本語訳を読むとしておすすめしますね。

まず、『イギリス文学ガイド』
日本イギリス文学文化研究所 (編集)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4752100 …
が役立ちそうですよ。

時代の古い物から新しい物まで
あります。

アマゾンなどで
「イギリス文学」で検索すると
いろいろ出てきます。

>なるべく短め
文庫本で比較的値段が安い物なら
短い内容だと思います。

その作家をまた検索すれば
時代は分かるでしょうから
調べてみるもの一つの方法でしょう。

イギリスはシェークスピアから
オスカー・ワイルドまで戯曲・文学が
有名ですし、女性作家も多いですね。
話の内容は一市民の生活に焦点をあてたものや
ミステリー、同性愛とずいぶん幅もありますし。

がんばってくださいね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

日本語訳でOKです!すみません、説明不足でした(><)
紹介してくださった本、参考になりそうですね!!
本屋で見てみます。

本当にありがとうございました!!

お礼日時:2005/08/16 08:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初心者にも読めるオススメ英文学作品

初心者にも読めるオススメ英文学作品教えてください。
ただしジェーンエアは読んだことあるので除外で。
あとシェークスピアも除外でお願いします。

Aベストアンサー

(慣れ親しんでいて)読みやすいという意味では、
Alice's Adventures in Wonderland
Christmas Carol
かな。 文学といえるかどうかは微妙だけど。

Q卒論で何を扱いましたか?【英・米文学科の方】

現在、大学の英米文学科3年生なのですが、卒論で扱う作品やテーマについて悩んでいます。

今もいくつか翻訳で作品を読んでいるところなのですが、これ!というものを決めかねています。

もちろん作品はしっかり読んで、真面目に研究していきたいと思っていますが、よかったらみなさんが卒論でどのような作品を取り上げたかを教えていただきたく投稿致しました。

学科の都合上、イギリス文学かアメリカ文学の作品について研究していくことになります。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

懐かしいですね。私もこの時期奮闘しました。

某英文学科で児童文学を専攻した私が取り上げた作品は誰もが知ってる「ピーターパン」。児童心理に興味があった私は、文学部であるにもかかわらず、医学、心理学の文献を数多く扱い児童心理からみた切り口で卒論を書きました。

研究対象にしやすいからと嫌いな作品を取り上げても只でさえ大変な論文書き、とても乗り切れません。自分が大好きな作品を取り上げるといいんじゃないかと思います。1冊丸ごと暗唱できるほど読みました。
これも扱いたかったなぁと後から思った作品は次の通りです。

「トムは真夜中の庭で」
「不思議の国のアリス」
「嵐が丘」
「レベッカ」

参考になれば幸いです。

Q初心者に最適なイギリス文学史(邦語)

初心者に最適なイギリス文学史を探しています
(日本語で書かれたもので,できれば著者は日本人が望ましい)。

手許の本によると,

  吉田健一『英国の近代文学』岩波文庫(購入決定済み)

のほかに,


(1)平井正穂『イギリス文学史』筑摩

(2)内田能嗣『イギリス文学史』大阪教育図書

が推薦されていました。

“著者ならこの人! 著作ならこの1冊!”というのが
英(米)文学を専攻された方でお心にあれば,
どうか哀れな経済学部出身者にお教え願えませんか?
# (^^)/

# 複数著作をご推薦戴く際,最大の特徴を素人にもわかり易く,
  一言添えていただけると重宝すると思います。

Aベストアンサー

川崎寿彦「イギリス文学史入門」(研究社出版)でしょうか。

アマゾンの解説にある通り、読みやすい。
おかげでイギリス文学を鑑賞する楽しさを知りました。

この本、新刊だと2300円!するけど、
今ならアマゾンのユーズドストアで700円で出ています。

Qイギリス文学で卒論

イギリス文学で卒論を書く予定ですが、作品がまだ決まっていません。ちなみにオースティン、フォースター、カポーティ、カーヴァー、ウルフは読みましたが、書けそうにありませんでした。なかなかこれだと思う本がなくてあせっています。
カーヴァーはなかなか好きですが、以前に取り扱ったことがあるため除外です。好みとしては、カーヴァー、アメリカ文学ですがフィッツジェラルド、サリンジャーあたりは好きです。時代小説、北方謙三とか好きです。貧乏人が苦労して生きる話が好きです。不屈の精神をうたったものや、世の悪と戦うものだとか、感動作品とか探していますが、なかなかうまくみつかりません。アメリカ文学ですがアリス・ウォーカーの「紫のふるえ」は苦手でした。あまり人種差別や宗教色が強いものは苦手です。どなたかこんな私におすすめの本ありませんでしょうか。できれば20世紀の作家希望です。。薦められた本は必ず調べます、どなたかアドバイスを下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トルーマン・カポーティ、レイモンド・カーヴァーはアメリカの作家ですが・・・・。

イギリスの小説家
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E5%AE%B6


時代小説。
アメリカ出身なのですが英国在住の作家なら読んだことあります。
トレイシー・シュヴァリエ。洋書としては読みやすい部類だと思います。あまり得意でない私でも楽しめましたので。
http://www.tchevalier.com/

あとは・・・ナイジェリア人ですがイギリスのオレンジ賞(女流文学賞なんでしょうか)を受賞した若手。
民族とか宗教は出てきます。それが主題ではないんですが。
http://www.amazon.co.jp/Half-Yellow-Sun-Harper-Perennial/dp/0007200285
http://www.halfofayellowsun.com/content.php?page=links&f=2
あ、しかしこのひとは20世紀でなく21世紀の作家でした。

卒論ってどういうのか分からないので、不向きかもしれませんが、とりあえず。

トルーマン・カポーティ、レイモンド・カーヴァーはアメリカの作家ですが・・・・。

イギリスの小説家
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E5%AE%B6


時代小説。
アメリカ出身なのですが英国在住の作家なら読んだことあります。
トレイシー・シュヴァリエ。洋書としては読みやすい部類だと思います。あまり得意でない私でも楽しめましたので。
http://www.tchevalier.com/

あとは・・・ナイジェリア人ですがイギリスのオレン...続きを読む

Qアメリカ文学に詳しい方

アメリカ文学史上における代表作を、10冊から15冊くらいの範囲で年代順に挙げていただけませんか?ベスト10というより、全集的な視点でお願いします。もちろん個人的な意見で結構ですが、ただ、あまり趣味に走ったものにならぬよう、穏当な線でのご回答をお待ちしています。

まあ10~15冊という数は少なすぎるだろうとは思いますけれども、それ以上になるとちょっと読むのが億劫になりそうなので(^_^;)。
それから、
1.SFやミステリなど、エンタメ性の強いものは今回はなるべく別扱いとしてください。ただしどうしても外せないものは入れてください。
2.現代ものより、古典といわれる作品により比重を置いていただきたく思います。目安は作者が亡くなっているかどうかということで。

なお、併せてアメリカ文学の全集や、ベスト○○(ただし総合的なもの)などの情報も、ご存知でしたら教えてください。
wikipediaの「アメリカ文学」は参考にはなるのですが、作家の人数が多すぎることと、作品名が挙がっていないことがマイナスです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカ文学というものをおおざっぱに分類すると、

1.植民地時代~建国
2.独立革命前後
3.十九世紀前半から南北戦争まで
4.十九世紀後半
5.1920年代まで
6.大恐慌から「怒れる30年代」~第二次世界大戦まで
7.第二次世界大戦以降

ということになるかと思います。もちろんいろんなわけかたがあるし、'50年代、'60年代、というふうにもっと細かく分けるやりかたもあります。

「文学史上における代表作」というのは、その時代を代表するものをあげていく、ということになるかと思うんです。
で、これは、まじめにやっていくとカナーリ大変な仕事でもあります。
ですから、あんまり真剣にならず(ゴメンナサイ)とりあえずは時代的にわたしが考える代表作をあげていきます。

本によっては、手に入りにくいものもあるかと思いますが。
あと、韻文に関しては、ヨーロッパからの移民、またヨーロッパへ渡った人をどうするか、という難問がありますし、戯曲になるとこれまた込み入ったあれやこれやがあるので、ここでは除外して、散文に限定することにします。

もし、こういうのが知りたい、というご希望があれば、補足なさってください。
いつになるかわかりませんが、お答えします。
ということで、晩ご飯の時間まで、サクサクとやっていきましょう。

1.植民地時代から建国まで

この時期で一番有名なものは、「フランクリン自伝」です。これは発刊は1791年。
自伝の中心は、フランクリンの生活信条を要約した「13の徳」です。
これはのちに『グレート・ギャツビー』のなかで一種のパロディとして登場します。
いわばハウツー本の元祖、ビジネス書の元祖ではあるのですが、アメリカ人がいったいどういうものを是としているか、あるいは植民地時代の人々がどのような暮らしをしていたか、いろんな意味で興味深いものです。

2.独立革命以降

そうだなあ、この時期は、あんまりマニアックになるので、パスです。ゴシック小説の元祖みたいなものが生まれているのですが、翻訳もされてないし。

3.19世紀前半

そうして、いよいよ輝かしい19世紀、文学の時代の幕開けです。

まず下にも出ているワシントン・アーヴィング。
有名なところではアメリカの浦島太郎、リップ・ヴァン・ウィンクルを書いたのもこの人(短編小説集『スケッチブック』(1820)所収)。映画にもなった「スリーピー・ホロー」も入っています。

もうひとり、ジョージ・フェニモア・クーパーを。
五部作『レザー・ストッキング物語』を著します。この五部作のなかでは『最後のモヒカン族』が有名。映画にもなりましたが、邦訳では福音館から出ている『モヒカン族の最後』がおすすめ。ワイエスの挿絵が楽しい。

4.19世紀中葉

これは三人の偉人をあげましょう。
ホーソーン、メルビル、そうしてエドガー・アラン・ポーです。

ホーソーンはやっぱり『緋文字』(1850)、今読むと相当かったるい(笑)ですが、アメリカ文学史上避けては通れない人です。

メルビルはもう『白鯨』(1851)が圧倒的に有名ですが、これはいま読んでも十分におもしろい。

エドガー・アラン・ポーはもうことさら作品をあげるまでもないでしょう。

5.南北戦争から19世紀後半

この時期はもう挙げたい人は山のようにいますが、順当にいってマーク・トウェイン、セオドア・ドライサー、ヘンリー・ジェイムズを。

まず、マーク・トウェインは作品はいいですね。

セオドア・ドライサーは『シスター・キャリー』(1900)、あるいは『アメリカの悲劇』(1925)をあげておきましょう。アメリカの自然主義文学を代表する作品と言われています。

ヘンリー・ジェイムズはヨーロッパ生活が長い人ですが、『ある貴婦人の肖像』(1881)にしても『鳩の翼』(1902)にしても、ヨーロッパにおけるアメリカ人を終生テーマにとりあげています。後代のアメリカばかりでなく、多くの作家に多大なる影響を与えた、19世紀文学から現代文学へと架橋していくような巨星であると思います。

6.二十世紀~1920年代
この時期はやはり第一次世界大戦以降、重要な人物がきら星のごとく登場します。

まずシャーウッド・アンダーソン、ウィリアム・フォークナー、アーネスト・ヘミングウェイ、スコット・フィッツジェラルド、シンクレア・ルイス、とりあえずざっとこんなところかな。

まずシャーウッド・アンダーソンは代表作である連作短編『ワインズバーグ・オハイオ』(1919)を。

フォークナーは、とりあえずは『八月の光』(1932)から。

ヘミングウェイはやっぱり『日はまたのぼる』(1926)など。できれば短編より長編の方が慣れるまではわかりやすいと思います。

フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』(1925)はお読みでしょうか。

日本ではどういうわけかあまり有名ではないですがシンクレア・ルイスは『本町通り』(1920)などでアメリカ初のノーベル文学賞を受賞しています。

4.大恐慌以降

この前の時代に引き続き、フォークナーとかヘミングウェイとかも活躍していますが、この時期の作家といえば、ジョン・スタインベック、ドス・パソス、トマス・ウルフでしょう。

ジョン・スタインベックというと、『怒りの葡萄』(1939)(アメリカではシンクレア・ルイス、ウィリアム・フォークナー、そうしてこのスタインベックの三人がノーベル文学賞を受賞しています)。

ドス・パソスは三部作『U.S.A.』(1938)が代表作。ただしこれは手法的にものすごく斬新なので(新聞記事や広告などのコラージュ、あるいは意識の流れ)、相当に読みにくいかもしれませんし、翻訳もいまはかなり手に入りにくい。

トマス・ウルフは『天使よ故郷を見よ』(1929)を。

あー、ここまで書いたら疲れた。
戦後はご希望があれば、書きます。
ということで。

アメリカ文学というものをおおざっぱに分類すると、

1.植民地時代~建国
2.独立革命前後
3.十九世紀前半から南北戦争まで
4.十九世紀後半
5.1920年代まで
6.大恐慌から「怒れる30年代」~第二次世界大戦まで
7.第二次世界大戦以降

ということになるかと思います。もちろんいろんなわけかたがあるし、'50年代、'60年代、というふうにもっと細かく分けるやりかたもあります。

「文学史上における代表作」というのは、その時代を代表するものをあげていく、ということになるかと思うん...続きを読む

Qおすすめのイギリスの小説

もうすぐ大学生になる者です。大学生は学問にバイトに遊びにといろいろやりたいのですが、せっかくの春休みなので読書を満喫しています。今まで大衆向けの軽い小説ばかり読んでいたのでこの機会に様々な文学作品に触れたいです。また自分のよく聴く音楽がUKロック(coldplay,oasis,The Beatles,radiohead,muse等)で、そのおかげで英語も好きだし得意科目になりました。ただ、イギリスの小説についてはあまり知りません。是非イギリスの小説で面白い、これは読んでおいた方がいいというような作品がありましたら教えてください。よく読む作家は村上春樹、ポール・オースター、ヘルマン・ヘッセ等です。まとまりのない文章ですみません。
回答の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クラシックな英国小説でしたら、やはりジェーン・オースティン、チャールズ・ディケンズはお勧めから外せないと思うのですが、村上春樹、ポール・オースター、ヘルマン・ヘッセ等を良く読まれるのですね。ヘッセも、古典的というよりは近代的な20世紀の方であるし、村上春樹、ポール・オースターは現代的な作風の方に思えます。

オースティン、ディケンズ以外にもっと新しいところもということであれば、ブッカー賞受賞作を当たるのも良いかもしれません。ブッカー賞はイギリス連邦およびアイルランド国籍の著者によって英語で書かれた長編小説で、その年に出版された中で最も優れた作品に与えられる賞でありまして、1968年に創設されています。映画にもなりましたマイケル・オンダーチェの『イギリス人の患者』はブッカー賞受賞作、J・G・バラードの『太陽の帝国』も ブッカー賞最終候補作ですね。

私のお勧めはカズオ・イシグロ。『日の名残り』(ブッカー賞受賞作)、『わたしたちが孤児だったころ』(ブッカー賞最終候補作)などありますが、 一番のお勧めは『わたしを離さないで』(ブッカー賞最終候補作)です。

クラシックな英国小説でしたら、やはりジェーン・オースティン、チャールズ・ディケンズはお勧めから外せないと思うのですが、村上春樹、ポール・オースター、ヘルマン・ヘッセ等を良く読まれるのですね。ヘッセも、古典的というよりは近代的な20世紀の方であるし、村上春樹、ポール・オースターは現代的な作風の方に思えます。

オースティン、ディケンズ以外にもっと新しいところもということであれば、ブッカー賞受賞作を当たるのも良いかもしれません。ブッカー賞はイギリス連邦およびアイルランド国籍の著...続きを読む

Q18、19世紀のイギリス文学

についての日本語(または簡単な英語)サイト、もしくは本をご存知の方がいたら、是非教えて下さい。
*作家
*作品(その簡単なあらすじ、特徴)
*時代背景
等がわかるものを探しています。
大学でイギリス文学を受講しており、テストも近いので総まとめをしたいのですが、授業用のテキストは洋書なので、できたら日本語で補いたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

内容未読で自信はありませんが、検索上では以下のような資料が出てきました。
大学図書館や大きな図書館で、分類番号が「930.2」か「930.26」のあたりを探すと類書があると思います。


「イギリス小説入門 」
内田能嗣∥編
出版地 :大阪
出版者 :創元社
出版年月:1997.10
資料形態:243p  22cm  3000円
件名  : イギリス小説―歴史
内容  : 文献あり 年表あり 索引あり
ISBN:442281057X
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9970790285


「イギリス小説  その伝統と特質」
榊正子∥著
出版地 :東京
出版者 :鷹書房弓プレス
出版年月:1992.6
資料形態:204p  20cm  2500円
件名  : イギリス小説―歴史
内容  : 主要参考文献:p197~204
ISBN:4803403864


「イギリス小説鑑賞  ヴィクトリア朝初期の作家たち」
デイヴィッド・セシル∥著  鮎沢乗光∥〔ほか〕共訳
出版地 :東京
出版者 :開文社出版
出版年月:1983.2


「イギリス小説入門  ディケンズからコンラッドまで」
A.ジョンソン∥著  植松靖夫∥訳
出版地 :東京
出版者 :高科書店
出版年月:1988.5


「十八世紀イギリス小説」
ISBN:4590011093
298p 19cm(B6)
北星堂書店 (2001-10-15出版)
塩谷 清人【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975215106


◆あと、以下は、イギリス文学に関する辞典です。こちらの分類は「930.33」「930.2」あたりだと思います。
ご参考までに。

「イギリス文学小事典」
深沢俊,塚野千晶∥共編著
出版地 :東京
出版者 :北星堂書店
出版年月:1989.5


「研究社英米文学辞典」
斎藤勇∥〔ほか〕編
版表示 :第3版
出版地 :東京
出版者 :研究社出版
出版年月:1985.2
資料形態:1655p  25cm  35000円
件名  : イギリス文学―辞書/ アメリカ文学―辞書
内容  : 英米文学年表:p1523~1655
ISBN:4327140023


「イギリス・ロマン主義事典」
松島正一∥編著
出版地 :東京
出版者 :北星堂書店
出版年月:1995.7
資料形態:680p  19cm  6500円
件名  : イギリス文学―辞書/ ロマン主義(文学上)
ISBN:4590009854
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=95027418

内容未読で自信はありませんが、検索上では以下のような資料が出てきました。
大学図書館や大きな図書館で、分類番号が「930.2」か「930.26」のあたりを探すと類書があると思います。


「イギリス小説入門 」
内田能嗣∥編
出版地 :大阪
出版者 :創元社
出版年月:1997.10
資料形態:243p  22cm  3000円
件名  : イギリス小説―歴史
内容  : 文献あり 年表あり 索引あり
ISBN:442281057X
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/...続きを読む

Q文学のレポートの書き方

イギリス文学についてレポートを4000字以上書かないといけないのですが、

今までこれだけの字数のレポートを書いたことが無く、困っております。

テーマを決めたのはいいのですが、どういう構成で書くべきか見当が付きません。

構成や書く手順をアドバイスをお願い致します。

ちなみに「園遊会」を読んでの「階級制度について」というテーマです。

Aベストアンサー

上の回答をしたものです。
大切なことを書き忘れていました。

4000字のレポートでしたら、
ご自分のご意見だけですべて書かれるのは難しいと思いますし、
また、それだけですと、説得力も不足することが考えられます。

そこで、重要になるのが参考文献です。
「園遊会」という作品における階級制度について、
どなたかが書かれている論文や本はないでしょうか?
あるのでしたら、それを探して、読むのがまず第一です。

それを読まれてから、
それに対するあなたの賛成意見、
あるいはあなたの反対意見、
などを書かれるのがいいと思いますよ。

あなたが何か結論を述べたいとき、
「誰々さんがこれこれの論文でこう言っている」と
論文を引用することで、あなたの意見への説得力が増します。

論文は、Cini(サイニー)という検索サイトなどで検索できます。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qアメリカ文学のおすすめを教えてください。

レポートの課題なのですが、アメリカ文学ならなんでもいいというので作品がありすぎて何を選んでよいのかわかりません。この前ヘミングウェイの短編をはじめてよんでおもしろかったので、ヘミングウェイにしようか考えていますが、おすすめがありましたら参考にしたいので教えてください。今まで読んだのは、マーク・トウィン、トムソーヤの冒険、ハックルベリーの冒険、不思議な少年は読み終えたばかりです。

Aベストアンサー

16. Theodore Dreiser, An American Tragedy (1925)
  宮本陽吉訳『アメリカの悲劇』(集英社)
  (立身出世を夢見た一青年の悲劇──自然主義的リアリズム)

17. F. Scott Fitzgerald, The Great Gatsby (1925)
  野崎孝訳『グレート・ギャツビー』(新潮文庫)
  (失われた世代──物質主義と純愛)

41. John Irving, The World According to Garp (1978)
  筒井正明訳『ガープの世界』(新潮文庫)
  (愛と性と暴力の物語・・コミカルに描かれる現代世界)


原文か和訳かは別として、(17)(41)は特にお薦めです・・・(41)などはかなり目新しいと思います。


[アメリカ小説リスト]から抜粋・・・  http://www.ni.bekkoame.ne.jp/eu-eibun/ohno_01_lecture01.html


人気Q&Aランキング