電子部品の製造おうひなどで今、耳にする企業ですが次の質問の一つだけでも結構ですのでお願いします。答えというものはないので考えで結構なので・・・
1この会社の強みは何でしょうか?
2マーケットでの評価は?
3消費者ニーズの期間は?
4売れ残ったものはどうしているか?
5戦略の変革率ー変われる会社か?
6マーケットでの変化に対応しているか?
7この他に知っていることがあったら何かお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1)赤外線センサーやフェライトといった特定分野に強い会社


2)マーケットというのが、金融マーケットという意味であればまあ、良い。
3)最終製品を作っているわけではないので消費者ニーズは無関係
4)同上
5)この手の会社は、どんどん変わっていく会社と
  最後まで同系統の製品を作りつづける会社がある。
  たぶん両方やるでしょう
6)ン?

というわけで、ご質問の内容は、どこかの経済誌の投資家向け
チェックリストをそのまま利用していませんか?
このタイプの会社には不適当です。

平文で書き直します。

特定分野に強い、典型的な技術開発型企業。
主力の赤外線センサー、フェライト材共に今需要が高いので収益は
安定しているが、今後、価格競争の激化と、更なる技術開発が要求される
可能性がある。しかし、市場全体も伸びる見込み。

専業できたが、近年、同分野のニーズの伸びに伴って急成長した。
この企業規模で安定化できるかどうかが、今後のかぎ

こんな感じです。”変革”じゃないんです。この会社の場合。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。経営学を勉強していてその一つとしてこの会社を取り上げたのですが何分知識不足なので質問もままならなくてすみませんでした。まだ調べている途中なのですが情報が足りないので今後もよかったらお願いします。

お礼日時:2001/11/14 00:37

新聞などの記事からの受け売りですが・・



元はセラミックを製造していたが、数年前からフェライトの製造に特化してきた。

携帯電話などの発達によりノイズフィルターとしてのフェライトの需要が急増し時代に乗った。

現在の利益率が50%近くあり、まだ消費ニーズに対できる余力がある。

この程度です
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェライト磁石と金属は接着剤でくっつきますか?

フェライト磁石と金属は接着剤でくっつきますか?

Aベストアンサー

コンビニによく売られている
汎用の接着剤で固定したことがあります。

ゴムボンドとか瞬間接着剤ではなく
説明書によると、水分と反応して固まるという接着剤。
(商品名は忘れたけど、ファミマとかに普通に売ってる)

耐久性については、一年くらいくっついていますね。
ただ落下で磁石が割れて、一部は(接着面が剥がれて)脱落しています。

衝撃を与えなければ、それなりの強度は維持されるみたいです。
まぁ、接着面とかかる力の兼ね合いなので、保証しかねますが…

#世の中には、接着剤に限らず、見た目や理屈や手応えで
#その強度を感じ取ることができない人がいるらしいことは知ってる。

Q出口戦略って

出口戦略って、どういう意味ですか?

Aベストアンサー

不動産コンサルティングを主にやっています。
出口戦略とは、予想される保有期間経過後に、不動産などの資産等の換金方法(不動産でいえば売却方法)をあらかじめ決めておくことです。
ある不動産を購入できる機会があったとすると、どのような形で売却をすることが費用対効果の面でもっとも有利か(収益が上がるか)ということを検討し、その最大の効果のある投資を行うことができるとするものです。

Qフェライトコアのノイズ低減原理

チョークコイルの説明
http://www.tdk.co.jp/techmag/emc/200412/emc041201.htm
は理解できるのですが、
フェライトコア
http://www.oyaide.com/i_home/emc/felaitcore.htm
の原理が分かりません。

上記2つはノイズ低減の原理が根本的に異なるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原理は同じだと思います。フェライトコアは0.5回のバイファイラ巻きでしょう。

Qサプライチェーン戦略における・・

サプライチェーン戦略における
Many suppliers Strategy および
Few Suppliers Strategy の役割について
資料を集め、プレゼンしなければなりません。
英語の本で訳しているのですが、
この二つの戦略の訳がうまく思いつきません。
ご存知の方よろしければ情報お願いします。。><
訳も自信が無いので、よろしければ二つの果たす役割についてもお願いします。。

Aベストアンサー

"Few suppliers Strategy" SCM

で検索したら、パワーポイントが引っかかりました。
英語の部分が多いので、参考になるかと思います。

それぞれのメリットも書いてありました。

Qフェライトコアの寸法について

フェライトコアの体積を測ろうと思っています。
TDKのカタログなど一般的に示されている「実効体積」が
何を表しているのか正直分かりません...。

コアの図体を単に示しているのでしょうか?
それとも,ほかに定義があるのでしょうか?

調べてもいまいち分からなかったので,ご存知の方が
おられたらご回答いただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

JIS C2560-1992 によると「実効体積」は,「実効断面積」と「実効磁路長」の積として定義されています.
「実効断面積」と「実効磁路長」の定義も,JIS C2560-1992 にあります.
JISはJISCのhpからJIS検索で,閲覧のみ可能になっています.
http://www.jisc.go.jp/

Q東京駅などの出店方法      弊社は和菓子材料の製造卸を全国的にして

東京駅などの出店方法      弊社は和菓子材料の製造卸を全国的にしておりますが、新規分野でエキューとや販売コーナーなどで自社製品展開を考えています。失礼ですが「東京バナナ」など味というより、販売戦略に秘訣があるように思います。なにとぞ方法論を教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

 想像力です。
 よく新聞の片隅に、地元しか知らないお菓子や食品が載っていますが、なぜ売れたかをその記事を熟読して、想像してみると鍛えられます。デザインか、名前か、伝統か、こだわりか、でもだいたい共通しているのは、おそらくは物語性。つまり、頑固一徹で作ってきた絶対の自信作というわけです。(あの虎屋さんのように、創業が大昔とか、先代の孤軍奮闘とか、)、要は、涙なくしては語れない物語がまぶしてある訳です。つまり何かの売りを際立たせる。
 それと、通販ができるようになったので、地方の物産を全国に流通できるようになったことは大きい。とはいえ、横浜シュウマイみたいな、その地方でしか売っていないのに、名前が知れ渡っているのもあります。
 以下URLにいろいろなストーリーが載っています。一読して「ああ、欲しい」と思ったら、それが秘訣です。

参考URL:http://www.nttcom.co.jp/comzine/new/long_seller/index.html

Q電線とフェライトコア

フェライトコアでノイズを取ろうと、二つのブレーカにコールドとホットに、それぞれ二つ付けようとコールド二本を束ねてフェライトを付けたところ、フェライトコアが携帯のバイブなみに振動しました。このまま使い続けても大丈夫ですか?いつもではなく指で動かしていると、振動する場所があります。

わかりにくいかもしれませんが、違うブレーカのホットとコールド線 計4本をホットとコールドごとにフェライトコアで束べました。問題ないかどうか教えてください。

Aベストアンサー

別の経路の電線を一個のフェライトでまとめるのは問題があります。
振動しているのは位相がずれて互いに干渉しているためだと思う。

経路1本にフェライト1個が普通だと思う。

Q製造業はどうなっちゃうんでしょうか?

当社は製造業向け生産管理システムを作っている、ソフトウェア会社ですが、お客様が製造業ばかりの為、まったくソフトウェア投資が無くなってしまいまして困っています。個別受注生産管理&原価計算システムで鋼板加工が得意なのですが、こんな時期にお客様をゲットする方法がありましたらお知恵を頂けませんでしょうか。商品サイトはhttp://www.seepa.jp/u/sbk/です。こういう場所での質問ではないかもしれませんが、どなたかアドバイスいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

元SEです。開発をしていました。
現製造業の車内SEです。(開発はしません、外注丸投げ)

一太郎とWordどっちがいい?
と聞かれた場合、ほとんどの人はWordと答えます。
理由は普及率、メジャーであることです。
一太郎は、日本語変換機能のATOK優れています。
ほかにもこういった機能が優れています。
なんて説明しても一太郎の販売増加には難しいです。
普通の人が通常使う分にはどちらでも同じ。
文字は打てるし、画像挿入もできるし、罫線もかける。
基礎的な機能だけで十分なので尚難しいですよね。

他のたとえだと、車って形は違うけど「走る」という機能は同じです。


生産管理ソフトの場合、特に製造業の場合はよほど大手でない限り
社内SEのような人はいません。
また詳しい説明をしてもよくわからない。

ベンダー数社から選びましたが、こういう時期なので予算も厳しいです。
そんな仲重視されるのは導入コスト、維持費はもちろん、導入することによるメリットです。
実際に使う末端ユーザーより、経営側からみたメリットの方がベンダー選定につながります。
一般的に経営層はIT詳しくありません。
また困ったことに、ソフトはタダ(違法コピーも含め、グリーなどの携帯ゲームもタダの時代)
だと思っている人もいます。
そしてこの機械を入れると、製造時間が短縮され、より優れた製品ができあがる。
等と言った費用対効果も出せません。


細かな機能は多少不便だとしても、残念ながら経営層は使わないので説明しても上の空ですよ。

製品から、原料、部品を追う機能とかは当たり前ですし、各社やり方が多少違って
不便だとしてもやはり経営側からみた機能がポイントです。

簡単に画面を見せていただきましたが、あーよくあるシステムだな・・・。
画面のデザインは、好みがあるけどやはり特別優れているわけでもなさそうだ。
程度にしか感じませんでした。
もちろん開発側にいたので作るの大変だな~。というのは知っています。
PRの仕方で売れると思いますよ。


月次売上高、原価推移をグラフで一目でわかるようなシステムなどいかがでしょうか?
人件費、稼働日数などもわかるとうれしいです。

元SEです。開発をしていました。
現製造業の車内SEです。(開発はしません、外注丸投げ)

一太郎とWordどっちがいい?
と聞かれた場合、ほとんどの人はWordと答えます。
理由は普及率、メジャーであることです。
一太郎は、日本語変換機能のATOK優れています。
ほかにもこういった機能が優れています。
なんて説明しても一太郎の販売増加には難しいです。
普通の人が通常使う分にはどちらでも同じ。
文字は打てるし、画像挿入もできるし、罫線もかける。
基礎的な機能だけで十分なので尚難しいですよね。

他のた...続きを読む

Qコモンモードノイズとフェライトコアに付いて

USBケーブルや電源ケーブルによくフェライトコアが付いていますが、あれはコモンモードノイズ対策だと解釈しております。
ノイズの無い理想の状態では、通信信号の電流にしろ電源の電流にしろ、フェライトコアの中を通っている全電流の総和は常に+-0で、このような電流(ディファレンシャルモード)に対してはフェライトコアはほとんど働かず(インピーダンス≒0Ω)、電流の総和が0ではない信号(コモンモード)に対してフェライトコアはインピーダンスが高くなり、抵抗として働くものと理解しております。このように、コモンモードに対してのみ抵抗として働くことで、コモンモードのフィルターになるものと思っております。

そこで質問なのですが、
【質問1】
上記の私の解釈は正しいのでしょうか? 正しくはフェライトコアとはどのような物なのか、教えて下さい。
【質問2】
上記の私の解釈が正しいとしての質問です。
ディファレンシャルモードに対しては働かないとは言っても、全くの0Ωでは無いはずで、いくらかはインピーダンスが生じるものと思います。フェライトコアのデータシートにはインピーダンス特性図が一種類だけ載っていますが、これはコモンモードに対しての特性図と思います。そこでメーカーにディファレンシャルモードに対してのインピーダンス特性図も要求したのですが、なかなか出してもらえません。特にUSBケーブルにフェライトコアを装着する場合は、USBの通信信号帯域のディファレンシャルモードに対して、十分にインピーダンスが低いことを確認しなければ使用できないはずです。
どうしてメーカーは、ディファレンシャルモードに対してのインピーダンス特性図を出さないのでしょうか? 私の解釈およびメーカーへの要求が頓珍漢な内容なのでしょうか?

以上よろしくお願い致します。

USBケーブルや電源ケーブルによくフェライトコアが付いていますが、あれはコモンモードノイズ対策だと解釈しております。
ノイズの無い理想の状態では、通信信号の電流にしろ電源の電流にしろ、フェライトコアの中を通っている全電流の総和は常に+-0で、このような電流(ディファレンシャルモード)に対してはフェライトコアはほとんど働かず(インピーダンス≒0Ω)、電流の総和が0ではない信号(コモンモード)に対してフェライトコアはインピーダンスが高くなり、抵抗として働くものと理解しております...続きを読む

Aベストアンサー

>どうしてメーカーは、ディファレンシャルモードに対してのインピーダンス特性図を出さないのでしょうか?

比較的高性能を要求される製品だと、挿入損失(insertion loss)特性の代表値を示す場合があります。
[一例]
 http://www.murata.co.jp/articles/ta05e2.html
>ハイビジョン機器に用いられるHDMI(High-Definition Multimedia Interface)のノイズ対策
>●コモンモードチョークコイルの選択
>図8:巻線タイプコモンモードチョークコイルの特性差(ディファレンシャルモードの挿入損失特性)

一般用については、挿入損失が実用上問題にならないほど小さいので、わざわざ提示はしないとも思われます。

Qポケベルを製造している会社について

特定の範囲内で親機から子機(携帯端末)に対して音声や文字で呼び出しを行える製品が無いか探しています。
すぐに思いつくのは携帯電話やポケベルですが、通信キャリアを通さずに直接信号を送りたいと思っています。ポケベルを製造している会社に電波の周波数を変えて販売してもらうことができるか問い合わせたいのですが、一体どこが作成しているのでしょうか?
実際に作成している中小の製造メーカを探しています。

また、もしもこれを自作しようとしたら、個人で作成できるものでしょうか?

Aベストアンサー

アロー電子の 「メンテコール」が近い感じです。

http://www.arrow-elec.co.jp/arrow/newcome/mc/mainte1.htm

制御系のFA商社で扱ってます。

参考URL:http://www.arrow-elec.co.jp/indexjp.htm


人気Q&Aランキング