子供の頃は、大人になった今よりもいろんなことが楽しく感じられたことでしょう。
あなたには、どんな楽しかった遊びがありましたか?
あなたには、どんな楽しかった思い出がありますか?
ちなみに、私は、缶けりや田んぼでサッカー(ボールが何処に行くか解りづらい。凸凹していて楽しい。草があって倒れてもそっと柔らかい。)などが楽しかった。
それとか、さらに幼い頃にやってたのが、いろんなところに数を1.2.3.4....50位までと書いていって、あとからそれが何処だったか1から順にたどっていく記憶力ゲーム。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

私は17なんですは、小学生のころはテレビゲームですねえ・・・外で遊ぶことはあまりなかったです。

友達の家に遊びに行っても、人生ゲームとかやっぱりテレビゲームです。

でもやっぱり何でしょうか・・・確かに楽しいけれど心に残るくらい楽しかった!とは思えませんね・・・寂しいー!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分のうちはあんまり裕福でなく、ゲームソフトを買ってばかりいられないから、ゲーム機買ってもらったことがなかった。だから周りの人がゲーム談議しててもよくわかんなくて寂しかったな。でもそんな中でもその辺を心している人の心に触れられたのが、お宝だなあって。人間だなあってね。ありがとう。

お礼日時:2005/09/16 11:06

スーパーマリオ現実版



当時、スーパーマリオブラザーズが流行していたので、それを近所で実践。

下水道、あぜ道、沼地の近く、裏山など、地形の入り組んだところを走り回る。
特に、下水道はすごい!!臭いのを我慢すれば、かなり楽しい。
沼地の近くでは、転倒者続出。
底なしではなかったので、おぼれる奴はいなかった。
たまに「キノコ」ならぬ、「柿」をゲットする輩も発生。
踏んづけることができず、追い掛け回される。
つかまれば、おしりペンペン♪
されるとイヤだが、見てると楽しい。

で、最後は町中を2,3週して帰宅。
泥だらけで帰ってきましたとさ♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ゲームを身をもって体験してみると、凄まじい事となりますね。子供の頃って何でも楽しくっていいよね。おぶりがあと。

お礼日時:2005/09/16 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さい頃を思い出すと泣けてきます

小さい頃を思い出すと泣けてきます。
毎回、涙が出てきます。

これって精神的にあまり健康でない状態ですか?
不健康な状態であれば、
どうすれば良くなるでしょうか?

思い出す内容は、子供のころ辛かった記憶が多い気がします。
恋人とケンカした後、思い出すことが多いです。

漠然とした質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めに、体験談が主なので非常に長文な事をお詫びを致します。m(_ _)m


>これって精神的にあまり健康でない状態ですか?

はい。良くありません。
子供時代、泣きたかったときに涙を堪えていたあなたが、恋人と喧嘩して孤独になったときに、記憶の淵から蘇ってきて、あなたを泣かせているんです。

「泣いちゃいけない。辛いと思ってはいけない。甘えちゃいけない」
色々禁止して我慢していた 心の中の子供のままのあなたが、泣き叫んでいるんです。また独りぼっちになるのが怖くて泣いているんです。


>どうすれば良くなるでしょうか?

私の場合、母との関係が上手く行っていませんでした。
実家は父親が酒乱で、母はその父の暴力から子供達を守る砦のようでもあったけれど、私が本当に傷ついていたのは、父の暴力ではなくて母の暴言でした。でも、母は私たち姉妹を父の暴力から救ってくれる人。
そんな母が私を愛していないなどと言うことはないと、どのような暴言を吐かれても自分が悪いのだと、母は悪くないんだと、見捨てられたくない一心で母を信じて来ました。

でも、母が心から可愛いと思っていたのは長姉と妹でした。
それを聞かされたのは、妹の結婚式の時でした。
「あんたと△△(次姉)には悪いけれど、お父さん、やっぱり○○(長姉)と××(妹)が可愛いのよ」と泣きながら語っていました。
…心が凍り付きそうでした。

もう、途中から気が付いていました。
母が、「お父さんが~」と言うのは、自分が思っていることなのです。
母は自分を良く見せたいから、その様なことを平然と言うのです。

何故だか母は、私たち姉妹にしてきたことと同じ事を、自分の孫達にもします。母は孫にも“長子と末子には優しい”のです。
初めの子と終わりの子は特別なのです。母自身の兄妹にもそうなのです。

子供の頃から感じてきたけれど、認めたくはなかったけれど、母は長姉と妹には“えこひいき”をします。姉妹で喧嘩などしよう物なら、必ず私や次姉が長姉や妹を傷つけたと激怒していました。

自分だけなら我慢できましたが、それと同じ事を自分の子供にもされたときは、フラッシュバックが起こりました。
母は私の上の子には、とても優しいのですが、下の子には辛く当たります。
下の子は私にとって末子なのですが、母には孫が多いので、下の子は母にとっては中間子なのです。辛いことには耐えねばならない立場にある子だと思っているのだと思います。孫で一番小さいのは妹の子供達ですが、母はこの二人は“ねこっかわいがり”をします。二人はどんなに我が儘を言っても、泣き叫んでも、暴れてもOKなのです。
次姉の下二人の子と、私の下の子には、幼い頃から決して許されないことなのにです。

母の訳の分からない法則には、もう我慢できませんでした。
母は、私の下の子がどんなに泣いて詫びても、いつも決して許しませんでした。いつまでもいつまでも責め続けるのです。
次姉の下二人の子供達には目の前では言いませんが、私たち おばの前で陰口を言います。次姉には遠慮があるからでしょう。結婚式での発言も次姉には言わずに私にだけしました。
それと同じです。私の下の子には、目の前で平気で冷酷なことを言います。
4年前の夏、その事に耐えきれなくなって、ついに私は爆発しました。

母がどれだけ下の子(私の息子)の心を傷つけているか言いました。
母は「はあ?」と言う顔をしました。
鈍い人だと思っていたけれど、ここまで酷いとは…。怒りが収まりません。

「お母さんは、いつも人を差別している。お母さんは私の幼稚園の入園式に来てくれなかった。入園式は、お父さんも誰もいなくて一人っきりだった。遠足だってそうだった。側にいて欲しいときにいつもいてくれなかった」
「だって、仕方ないでしょう。××は赤ちゃんだったんだから」
「子供の時は私もそう思ってた。でも、そんなのはお母さんの言い訳だ。私が上の子の遠足の時に、赤ちゃんや弟まで連れてきていた人だっていたよ。△△ちゃんだって上の子の遠足の時は、下の子はまだ赤ちゃんだったけど、おぶって連れて行ったって言っていたよ。入園式に独りぼっちの子なんか、何処にもいなかったよ、」“お母さんは××ちゃんを誰かにみて貰えば、入園式だって遠足にだって行けた筈だ”――そう言葉を続けたかったけれど、もうやめました。

母にとっては“たったそれだけのこと”だったからです。
母は完璧主義なので、人に頭を下げることなど出来ないのです。
だから、人に赤ん坊の世話を頼むなどと言うことは、端から考えられないことなのです。祖母に頼むなどと言うことも選択肢にはないのです。


私が幼稚園の頃、初めて いじめにあったとき母に相談すると、母は、
「おまえが悪い。太っていたり鼻が悪いぐらいで虐められるわけがない」
妹や姉がいじめに遭うと、あんなにムキになって怒っていたのに…。
そしてその頃、予防注射で熱を出してフラフラしていたときも、
「副作用ね。なんともないわ。いってらっしゃい」でした。

母にとって、次姉は姉妹の仲で一番頭が良くスポーツもそこそこ出来るので、自慢の子。自分の虚栄心を満たしてくれる子。
でも、“父に刃向かう、かわいげのない子”と言ったところでしょう。
そして、私は母の嫌いな父方の“叔父に似ている出来の悪い子”なのです。
母はこの叔父を、父との婚約後に知って「知的障害者が生まれたら困る」と後悔したそうです。母はその様な酷いことを、4才になったか ならないかの幼い私に言ったのです。
自分が母親になって、母が私にしてきたことは理解を超えています。


私は、母には辛かったことは、努めて言わないようにしてきました。
でも、入園式と遠足のことだけは分かって欲しいと思って言いました。
泣きながら、母の腕をたたき付けました。そんな風に取り乱したのも初めてでした。いつも母の前では感情を押し殺していました。
でも、母には私がどの様に淋しかったのか分かっては貰えませんでした。

後に次姉から聞きましたが、母は私が何故怒ったのか分からなかったそうです。それでも、母は私にも人並みに怒りや悲しみがあると言うことだけは理解してくれたようです。以前のような皮肉や嫌味は言わなくなりました。下の子にも優しくなりました。
何故、私が怒ったのかは完全には分からなくても、何か悪いことをして悲しませていたのだと思ってくれたようです。

質問者さんの場合は、精神科に行って親子でカウンセリングというのが理想的なのでしょうが、私は長年押し殺してきた感情を母親にぶつける事によって、呪縛から解かれたように思えます。
全部は分かって貰えなくても、母が変わってくれたのは、母が私にすまないと感じてくれたからなんです。本当に欲しかった言葉は、
「それはすまなかったね。寂しい思いをさせてごめんね」だったのですが、母の“ごめんね”は時折伝わってきます。

暑い中、足が悪いのに歩いて果物を届けてくれたり、お米を妹に届けさせたり…。不器用で変に馬鹿正直なところもある人だけれど、やはり母のことは憎みきれません。母には大切にされていた、可愛がられていた時期があったのも確かだし、幼い頃母が大好きだったのも事実ですから。

私の母への怒りが爆発したとき、父はもう、この世にいませんでした。
父は晩年は良いお祖父さんで、私の良き理解者でした。
子育てに悩む私を励ましてくれたり、夜泣きする息子を上手にあやしてくれました。
幼い頃の私は両親が大好きで、特に父は母よりも好きでした。
晩年の父は、私が幼い頃の父そのものでした。
なのに、あんなに父を憎く思ってしまったのは、父が酒乱で暴力を振るっていただけではなかったのです。父を憎むことで母が自分から離れていくのを引き留めようとしていたのです。

色んな事が分かってくると、心が楽になりました。
質問者さんも、ご両親に思い切って辛かったことを打ち明けると心が楽になると思います。ほんの少しでも伝われば、何かスルスル解けていくのが感じられると思います。

初めに、体験談が主なので非常に長文な事をお詫びを致します。m(_ _)m


>これって精神的にあまり健康でない状態ですか?

はい。良くありません。
子供時代、泣きたかったときに涙を堪えていたあなたが、恋人と喧嘩して孤独になったときに、記憶の淵から蘇ってきて、あなたを泣かせているんです。

「泣いちゃいけない。辛いと思ってはいけない。甘えちゃいけない」
色々禁止して我慢していた 心の中の子供のままのあなたが、泣き叫んでいるんです。また独りぼっちになるのが怖くて泣いているんです。...続きを読む

Qあなたは子供の頃どんな子でしたか?

自分の小さい頃って記憶でつながってるだけで、今の自分とは別人なんじゃないかと思う事があります。人は成長とともに心も変わっていくのは当たり前でしょうけど、今でも変わらない部分もあると思います。

あなたはどんな子供でしたか?今と比べてどうですか?

・・・私は小柄でとても可愛い少年だった(笑)ので、友達にかまわれまくり、いじめられ、それが嫌で、近所の友達が遊びに誘いに来ても居留守して1人で絵を描いてるのが好きな子供でした。・・・今もどうゆうわけか家で1人で仕事してます。友達が遊びに誘いに来れば喜んで出ていきますけど、誘ってくれる友達がいませんorz

Aベストアンサー

可愛い少年だったのはmikasaさんと同じですが、私はかなり大柄でしたので「電柱」「鉄塔」などのあだ名でからわかわれたことがあります。

実家の倉庫には未だに小学生のころの成績表やテストなどが保存されているのですが、数年前これを見返して自分が小学校の低学年だったころはかなり独創的な思考の持ち主だったということを知りました。
テストではほとんど0点しかとっていません。漫画の世界です。のび太です。
内容を見ると問題がわかっていないのではなくて、問題を解かなければいけないというテストのルールそのものがわかってなかったようです。問に対して問で返す挑戦的な回答をしたり、勝手に文章問題の物語の続きを作ってたりと自由気ままな振る舞いが目につきます。
成績表の担任からの寸評には「周りとは違う見方や意見をもってる」などとかなり気遣いのあふれるコメントが書かれていました。少し自閉症の気があったのでは?と思いました。

高学年になってからは空気を読むことを覚え、学級委員や児童会長などもやりました。
卒業アルバムではクラスのなんでもランキングという企画で「勉強ができる人3位」「おもしろい人ランキングで2位」に入っております。
大阪の小学校でおもしろい人2位というのはすごいことですよあなた。これはもう世界で2位と同じ意味だと思います。

可愛い少年だったのはmikasaさんと同じですが、私はかなり大柄でしたので「電柱」「鉄塔」などのあだ名でからわかわれたことがあります。

実家の倉庫には未だに小学生のころの成績表やテストなどが保存されているのですが、数年前これを見返して自分が小学校の低学年だったころはかなり独創的な思考の持ち主だったということを知りました。
テストではほとんど0点しかとっていません。漫画の世界です。のび太です。
内容を見ると問題がわかっていないのではなくて、問題を解かなければいけないというテストのルー...続きを読む

Q子供の頃みたいな気持ちにはなれないんですかね?

子供の頃って何でもすごい熱中できますよね。
ゲームやアニメ、人との会話も楽しかったと思います。


今は何をやっても楽しくないです。
すぐに飽きるし、もうそれは秒速で。
もういいやって感じで。


やばい!これ楽しい!
あぁはやく家帰ってやりたい!


そんなワクワクしていた頃には戻れないんですかね。


子供の時は感情そのものでした。
でも少し大きくなると、我慢することが多かったからでしょうか。
感情を客観的に見て、それと自分が分離しているような……そんな気がしていました。


僕は怒ってるんだ!
っていう感覚より


あ、僕は今怒りを感じてるんだな。
みたいな感じでしょうか。


昔みたいにワクワクしたり、楽しんだり、感動したりするようにはもうなれないんですかね?

Aベストアンサー

 子供の頃というのは純心で、心にバリアのない無防備な状態だと思うんです、だから無邪気に楽しんだり、心のままに素直でいられる

なぜ無防備でいられるか、やはり親に守られているという安心感が大きいと思います、しかし無防備であるが故に少しづつ傷ついていくことも
その心にどんどん鎧を着せていく、鎧とは、大人とはこうであるとか、こうあるべきなどの規範意識、この年でこんなこと思ったら笑われるなどなど他者から見た自分を意識したりなど、
厳しい世の中を生きていく為のもの

その鎧を脱げる場所を見つける、作ると戻れるのではないでしょうか。

子供心が完璧に満たされて大人になった人を私は知りません、出会った事がありません、少なからず子供っぽいところや、傷ついた心を皆持っていると思います

だから世の経済は成り立つのだとも思います、本心は皆質問者様と同じ気持ちだと思います
本当に大人になるというのは、そういった心を解決し続けた先にあり

解決していくには、まず考え方などは大人になれたとしても、自分はまだまだ子供心が満たされていないことに気付き、それを出しても批判されない環境や人を探す、そこで大人になってからの楽しみ、感動が得られるのではないでしょうか。

これを理解してある程度満たし結婚すると、無碍に自分の子供心を満たす為に海や山へ行ったり、ゲームばかりしている親になったりすることもなく、子供の心を満たしてあげる為に子供のしたいことを優先してあげることのできる大人になれることと思います

蛇足でした。

 子供の頃というのは純心で、心にバリアのない無防備な状態だと思うんです、だから無邪気に楽しんだり、心のままに素直でいられる

なぜ無防備でいられるか、やはり親に守られているという安心感が大きいと思います、しかし無防備であるが故に少しづつ傷ついていくことも
その心にどんどん鎧を着せていく、鎧とは、大人とはこうであるとか、こうあるべきなどの規範意識、この年でこんなこと思ったら笑われるなどなど他者から見た自分を意識したりなど、
厳しい世の中を生きていく為のもの

その鎧を脱げる場所を...続きを読む

Qプロフィール

来月結婚式を控えているのですが、司会者の方にやっていただく
プロフィール紹介の内容について質問です。
どのような内容を盛り込んだら、楽しく、2人の人柄がよく分かる
プロフィール紹介になるのでしょうか。
子供の頃のエピソードなどどんな風に書けばいいのでしょうか・・

それと、もう一つ質問なのですが、挙式や披露宴での
新郎新婦がより美しく?素敵に見える立ち居振る舞いが知りたいのですが。
目線やしぐさ等・・・。
緊張して目が泳いだり、照れてうつむき加減になってしまいそうで・・・。

Aベストアンサー

#1です。補足ありがとうございます。

私たちも宿題みたいに書きました!
そしてそれをもとに、司会者さんとの打ち合わせ時に話をまとめていった感じです。
堅苦しく考えず、その当時の思い出をいくつか書いておくとうまくまとめてくれますよ。

ちなみに私は
「幼少時の思い出」・・・どこに行くのも姉妹と一緒でした
「小学校の思い出」・・・おてんばでよく自転車にのって遊びました
「中学・高校時代の思い出」・・・部活に燃えました。まさに青春!
とかこんな感じだったような。

当日はさくっと紹介されるだけなので、それなりでも大丈夫ですよ。
(いままで行かれたご友人の式でも、正直覚えてないですよね?
 出身校や今の勤め先くらいは印象に残るかもしれないけど)

がんばってください。

Q子供の頃の思い出

子供の頃の思い出で、今も強く残ってる事はありますか?
学校の先生で今の印象に残ってる先生っていますか?

Aベストアンサー

男です。
子供の頃の思い出

○親が外出していておなかがすいたので、なすを
素揚げして食べたら親のいないときに火を使うなと
怒られた
○いつもはぎりぎりまで寝ているのに日曜日は
5時過ぎには目が覚めて、バカの一つ覚えで
両親・妹の分もホットケーキを焼いて朝食としていた
○石油ストーブの真ん中の火をつける部分の上に
皿がありそこにはじめは水を入れて蒸発させて
遊んでいたのですが、何を血迷ったのかそこに
灯油を入れて部屋の中で火柱がたった、家が
焼けなくて良かった・・・
○これまた何を考えていたのか、コンセントの差込口に
1本づつ針金を差し込んだら針金が自然と近づき
接触したとたんにバチッという音と共に煙がでて
その頃ブレーカなどというものの存在を知らず
外出先から親が帰ってくると家を壊したと言いながら
泣いてわびた。今考えると感電しなくて良かった・・・
○デパートでトイレに行き大を済ませティッシュを
取ろうと中腰になって紙を巻き取っていたら紙が
はずれ体制を崩しそのまま前に突っ込んでしまい
とりあえず処理をして打ったところを両手で押さえ
トイレから出て手を見ると真っ赤に・・・(前に突っ
込んだ時に紙を切る鉄のギザギザの所で目の上を
ザックリと切っていた)それをみて死ぬかと思い
おお泣きした
すべて幼稚園から小学1・2年ぐらいのことです。
まあ、色々ありますが止まらないのでこのへんで

先生の思い出
○小学4年生の終わりに転校するときに当時の
担任のとてもやさしかった女の先生と一緒に
食事をした。
○高校の時の男の先生は女の子は触らないがすれ違う
時など男のお尻を触ったり男の体に良く触る先生
だった。いつもは頼りない先生だが、その先生が
私の得意な科目を考慮した大学受験を見つけてくれ
その大学に合格した。先生のおかげです。
また、冗談で卒業式が終わったらラーメンでも食べに
行きましょうと約束していたら、ちゃんと約束を
守ってくれ、更に人数が10人弱と多くなってしまった
のに、全額出してくれた。

男です。
子供の頃の思い出

○親が外出していておなかがすいたので、なすを
素揚げして食べたら親のいないときに火を使うなと
怒られた
○いつもはぎりぎりまで寝ているのに日曜日は
5時過ぎには目が覚めて、バカの一つ覚えで
両親・妹の分もホットケーキを焼いて朝食としていた
○石油ストーブの真ん中の火をつける部分の上に
皿がありそこにはじめは水を入れて蒸発させて
遊んでいたのですが、何を血迷ったのかそこに
灯油を入れて部屋の中で火柱がたった、家が
焼けなくて良かった・・・
○これま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報