最新閲覧日:

見る角度を変えていくと変わっていく絵ってありますよね。表面がざらざら(ぎざぎざ?)のやつ。最近では展示用の携帯電話のレプリカの画面に使用されていたりします。あれの名前ってなんていうんですか?また、絵が変わる仕組みはどうなっているのですか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (5件)

 なんか色々出てますね(笑)


 ami_mizuno さんの「チェンジングシート」が正解です。

 で、具体的な仕組みですが、方法はいくつかありまして、一番単純なのは、ぎざぎざを三角形にしておく方法です。
 この山の右側と左側に、それぞれ別の絵を書いておくわけです。

 しかしそれよりもメジャーなのは、複数のイラストが混ざった絵を描いて、その上にぎざぎざを起き、特定の方向から見ると、山に隠された仕切りの隙間から、特定の絵だけが見えるという方法でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回は名前より仕組みのほうが知りたかったので、ここに質問しないで直接インターネットで調べようかと思っていたのですが、その前に名前が分からなかったので、調べようがありませんでした。そこで今回のような質問をしたわけです。
もうちょっと仕組みについて詳しく知りたいと思うので、今度は自分で調べてみます。解答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 17:44

すみません、確認補足なのですが、


gessiさんが仰ってるのって、昔ワッペンやゲームの偽物の画面部に貼ってあるので、
それ自体を傾けていくと、どんどん絵が変わっていって(と言っても2.3パターン)
表面に溝(そんなに深くない物)が何本も入っていて、表面がプラスティックみたいな物で
加工されている物ですよね?
それなら間違いないと思うのですが・・・

長くなってすみません。

この回答への補足

それです。

補足日時:2001/11/15 17:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へー。チェンジングカードっていうんですか。
思ってたより普通な名前・・・
もっと学名的な、難しそうな名前だと思っていました。
解答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 17:40

「チェンジングカード」だと思います。


某DVDの初回特典で付いてきたのに、そう書いてありました。
    • good
    • 0

gessiさん、こんにちは。



トリックアートの事でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーむ、それもちょっと違いますね。
私のたずねてたのは、チェンジングカード
だそうです。

お礼日時:2001/11/15 17:37

万華鏡のことでしょうか?



参考URLに、仕組みについての詳しい説明が書いてあります。

違っていたら、ごめんなさい!

参考URL:http://kaleido-japan.com/structure/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に詳しく書かなくってすいません。
万華鏡じゃないです。
ちょっとお礼が遅れたのでもう上のほうに回答(解答)
が出ちゃいましたね。

お礼日時:2001/11/15 17:35

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ