『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

オーボエについての質問2回目です・・。

私の吹いてるオーボエは「ラリリー」です。
本題なのですが・・・
チューニングの音(B♭)をあわせて吹くんですが
それであわせた口、息(?)などで吹いても レ♭ と ド♯ がどうしてもあわないんです。((他にも ファ と ド があわないんですけど・・
口をゆるめたり、きつくしても変なんです・・・
リードの位置はあってると思うんですけど・・

それでチューニングを使ってみると レ♭ ド♯ が以上に高いんです。

これは私の練習不足なんでしょうか?楽器が壊れているんでしょうか?

ちなみに私は中学2です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以前、アマチェアで吹いてました。



オーボエはシステム上、自分で調整しないと
きちんとした音程は出ません。

正しい音程を耳で判定できるようにして、
調整していくしかないです。
オーボエは奏者の方で音程をずらしやすい(=ずれやすい)ので
微調整を行ってください。
息の勢い、あたりどころ、向き等
口以外を使うことを薦めます。
奏法に関しては先生につくのが一番です。


学校の楽器などであまり手入れをしていないようであれば、
楽器屋にもっていってメンテナンスを薦めます。
できればダブルリード専門店がよいですが。


オーボエは調整が狂いやすく、定期的なメンテナンスは
必須です。
    • good
    • 0

こんばんは、趣味でオーボエを吹いているものです。



B♭でチューニングしても、他の音がずれる、ということですね?
それは楽器の特性として、仕方がないことです。

私が先生に習ったことは、「息の圧力を変える」ということです。
つまり、高くなってしまう音のときは息の圧力を弱く、低い音程に
なってしまう音のときは息の圧力を強くして吹きます。
あまり口の締め方(アンブシュア)を変えてはいけないそうです。

結局練習を積んで上達していけば、キチンとした音程を自然に
体が覚えていきます。

あまりに音程が違う場合は楽器の故障も考えられますので、
楽器屋さんに持ち込んで見てください。
    • good
    • 0

オーボエはほとんど経験無いので、他の経験、知識からの推測です。



オーボエは音程が変え辛い楽器と言われていて、そのためにオーケストラのチューニングでAを音を出すとも言われてます。(Bでチューニングするからブラスバンドですよね?)
ですが、知り合いのアマのオーボエ吹きで、平気で半音以上音程を変えて出せる人を知っています。

また、楽器の音程は近代のはかなり正確になっているようですが、構造上や運指の都合上などでどうしても音程が不正確になったり、音色の均質性に欠けてしまう音があります。
フルートは経験ありますが、やはり楽器の特性からくる音程が高い音、低い音があります。

実際に楽器が具合が悪いかどうかは判断できませんが、
音程が悪くなるような壊れ方はあまり無いと思いますので、基本的に吹き方による音程調整で解決しなければならない問題のように推測します。
多分、オーボエでは難しいのでしょうが、練習していくしかないのでは。

あと、可能性としてBの音が実はかなり低めに出ていてそれにチューニングしてしまうために、全体のピッチが本来より高くなってしまっていて、
余計に他の音が高くなって調整がつかないということも考えられます。
ためしにAの音でチューニングしてから、Des,Cisの音が高くなっているかどうかを確認してみてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーボエファンですが、中古のオーボエについて

3大メーカー、マリゴ、ロレー、リグータの中で選ぶとすると、どれが良いのでしょうか?
あまり資金がなく、中古で購入したいのです。
個々の楽器を吹いて選ぶべきでしょうが、私の力ではあまり差が表れないと思われます(しかし、練習次第で今後楽器の違いも実感できる程度に上達するかもしれません)。
ロレーは価格が高めですが、けっこういっぱい出ています。
マリゴは人気のメーカーであまり出ていませんが、できたらマリゴが欲しいです。
多くの方が支持していらっしゃる安心感もあります。
正直言ってリグータはあまり希望していません。というのも、以前使っていたときに、下管とベルの継ぎ目に金属がない響きを計算に入れた機種で、しかし、そのため楽器の組み立てに非常に神経を遣い、きつく、でもそのことが原因でキーを曲げてしまったりした、苦い経験があるからです(数万取られました)。
本当はマリゴで気持ちは半ば決まっているのですが、なにしろマリゴは少ない。
マリゴの管の素材は何が良いのでしょう?グラディナラって、クラによく使われているのですが、それでもよいのですかね?それともグラディナラが主流なのですか?
また、1985年ぐらいのが40万ほどで出ていたのですが、一方で2000年前後で38万のがありました。機種の違いはないと思われますが、どうしてでしょうか?
楽器本体は見ていないのですが、1985年のものは、やはりキーも古く曇って管も2箇所割れの補修がありました。しっかり直っているから問題ないとは言いますが、少し不安です。
それから、ロレーは、どうしてあんなにたくさん出てきているのでしょう?何か問題があるのですかね?

3大メーカー、マリゴ、ロレー、リグータの中で選ぶとすると、どれが良いのでしょうか?
あまり資金がなく、中古で購入したいのです。
個々の楽器を吹いて選ぶべきでしょうが、私の力ではあまり差が表れないと思われます(しかし、練習次第で今後楽器の違いも実感できる程度に上達するかもしれません)。
ロレーは価格が高めですが、けっこういっぱい出ています。
マリゴは人気のメーカーであまり出ていませんが、できたらマリゴが欲しいです。
多くの方が支持していらっしゃる安心感もあります。
正直言ってリグ...続きを読む

Aベストアンサー

 オーボエを吹いて40年以上のアマチュアです。自分の回りでリグターとロレーをずっと使い続けている人は私の回りには皆無です。フランス、ドイツといった音色の棲み分けがなくなりインターナショナルな音色を求めるとマリゴーということになるのではないかと思います。あくまで私見ですがマリゴーは太くて暖かみのある音が出しやすくリードもあまり選ばないような気がします。ロレーの中古が多いということは自分の狙った音が出ないから手放したのではないかと推測します。

 マリゴーはモデルが同じでも製造時期によって作りが違うのは周知のことで古い方の価格が高いのは人気のある時期に作られたのものかもしれませんが、割れまで入って40万は高過ぎです。管体はグラナディラが主流ですがヴァイオレッド、ココボロなどの木で作られた物もあります。(大編成のオーケストラや吹奏楽には向かないという話ですが.....)

 管楽器は個体差が激しいので実際に見て吹いて納得されてお買いになることをおすすめします。中古とはいっても結構な買い物になりますのでジックリ構えてはいかがですか?また、オークションを頻繁にチェックすると結構、出物がありますすし、中古の相場も掴めると思います。ストアが出品しているものなら調整済みでまず間違いはないと思います。

また選択肢にYAMAHAを入れてみることをおすすめします。マリゴーに非常に良く似た鳴りをしますし楽器によってバラツキが殆どありません。廉価版でもプロモデルと遜色のない音が出ます。

 よい楽器にめぐりあえますように!
 

 オーボエを吹いて40年以上のアマチュアです。自分の回りでリグターとロレーをずっと使い続けている人は私の回りには皆無です。フランス、ドイツといった音色の棲み分けがなくなりインターナショナルな音色を求めるとマリゴーということになるのではないかと思います。あくまで私見ですがマリゴーは太くて暖かみのある音が出しやすくリードもあまり選ばないような気がします。ロレーの中古が多いということは自分の狙った音が出ないから手放したのではないかと推測します。

 マリゴーはモデルが同じでも製造時...続きを読む

Qオーボエやりたいんですが

全くの素人で音楽の知識もほとんどないんですが
2か月ほど前から楽器をやりたいな(のだめの影響ではないです)、と思いましてお金をためはじめました。現在15万ほどためました(まだまだなんですけど)。

それでオーボエを始めたいんですが、吹奏楽部だった父から
オーボエは難しいうえに楽曲も少ないからやめろと言われたんですが
どのくらい難しいんでしょうか?音を出すのに1か月以上かかったりするんですかね??

あと銀座の山野楽器でYAMAHAのスタンダードモデルが35万で売ってたんで、今のところはそれを目指してるんですけど
父は最初は中古にしなさいって言うんですが、どうすればいいでしょうか?
もし中古がいいならどのようなもの(どこ製、価格、質等)にすればいいでしょうか?

長々すいませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

>ところで学校の先生の元でオーボエを教わった人は
なぜ癖がないのでしょうか?(実はあるかもしれないけど)
学校の先生でオーボエ経験者ってそうはいないと思うんですけども・・

吹奏楽部等の部活の顧問の先生は、指揮を振ることはあっても、
管や弦の楽器の演奏をすることは大抵の場合できません。勿論生徒に演奏方法を教えることもできません。
その先生が何らかの楽器の経験者だった場合に、その楽器に限って指導できるに過ぎないです。

繰り返しになりますが、部活等で演奏方法を習うのは「その楽器の先輩or同学年の経験者」が基本です。
それらがいなくて新入りの初心者だけしかいない場合に、プロの方を呼んで教えてもらったりします。

吹奏楽部等の部活では、代々その楽器の先輩が、後輩の子がきちんと演奏できるようになるまで面倒を見る、
という雰囲気がどこの学校でも強いので(つまりはやや過保護な傾向がある)、
在籍期間の被るその1~2年の間に、「どうやって吹くと良い音が出るか」とか
「どういう状態の時は間違った吹き方をしているのか」という「演奏のコツ」のようなものが
その部活の、ひいてはそのパートの中で代々受け継がれています。
大体の先輩は、自分が先輩から習ったことをそのまま(たまにアレンジを加えつつ)後輩に教えているだけです。
そういった経年の伝統に加え、その団体にそれなりの存続期間があれば、
小中高でその楽器をやっていた経験者や、プロに個人レッスンを受けているような子が
毎年ないし数年に一度は普通入ってきますから、たとえプロに習わないにしろ、
その代々受け継がれた演奏方法はある程度信用のおけるものとなっています。
もちろん誤ったことを教えてしまっていることも場合によってはあるでしょうが、
それでも「何が合ってて何が間違っているのかも判断できない」独学よりは遥かにマシです。

また、学校の部活での自分の担当楽器というのは、どこの団体でも
「自分の希望」以上に、「その部活の事情(人数構成等)」が優先されることが大体です。
たとえばオーボエ志望の初心者が、同学年にオーボエ経験者が既にいたために
(泣く泣く)クラリネットになってしまう、ということは珍しくありません。
当初の希望楽器ではないとはいえ、続けていれば(全員がというわけではありませんが)その楽器に愛着が沸いてきますし、
一見残酷なようですが、こういった仕組みが根付いているからこそ、
上記の代々の引継ぎが(あまり)途切れることなく続いているのです。


あと、山野って高いんですねぇ。
私の場合、知り合い(のまた知り合い)であったり、クラリネットという
指導者を探すのに困らない楽器のおかげもあるかもしれないのですが、
プロオケ所属の方やフリーの方等4名ほどのレッスンを受けたことがありますが、
いずれの方も1回5000円で1~2時間のレッスンというのが多いです。
また私の場合、大抵は先生の自宅に通ってのレッスンで場所代も掛からないのですが、
山野の料金は練習場レンタル代も込みでの料金なのかもしれませんね。

確かに負担が大きくなるとは思いますが、もし質問者さんの周りに経験者の方がいない環境であるならば、
最低でも最初の3ヶ月間(できれば半年~1年)ぐらいは、レッスンを受けた方が良いと思いますよ。

>ところで学校の先生の元でオーボエを教わった人は
なぜ癖がないのでしょうか?(実はあるかもしれないけど)
学校の先生でオーボエ経験者ってそうはいないと思うんですけども・・

吹奏楽部等の部活の顧問の先生は、指揮を振ることはあっても、
管や弦の楽器の演奏をすることは大抵の場合できません。勿論生徒に演奏方法を教えることもできません。
その先生が何らかの楽器の経験者だった場合に、その楽器に限って指導できるに過ぎないです。

繰り返しになりますが、部活等で演奏方法を習うのは「その楽...続きを読む

Qオーボエを始めてみたいのですが・・・

 私の家族がオーボエに魅入ったようでオーボエをしたいと思っています。今まで音楽に携わったこともないし、大分大人です。まずはレッスンからかとは思うのですが、それ以前にまずオーボエに親しんだほうがいいのではないかと思っています。
 例えば、お勧めのCDなんか教えていただけたらと思います。入門者のための本なんかでもお勧めのものなどあれば・・。
 何にもわからない状態なので、今から初めてみたい家族のために何かアドバイスをいただけないでしょうか?おおざっぱな質問ですみません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

楽器をレンタル込みでレッスンが受けられる場所が中にはあるので、最初にそのような場所を探して体験レッスンに行ってみるのはどうでしょうか?
地域によっては条件が多少難しいかもしれませんが探してみる価値はあると思います

二つ目に自分の住んでいる地域や活動範囲の中でやっている社会人一般の楽団を探してたずねてみるのもよいと思います
楽団に行けば無条件で楽器が借りられる状況が発生する可能性がとても高い事と知識やスキルの高い人が多く集まっているケースがあるので
「初心者ですがどうでしょうか?」という事を含めて話してみて、それでも大丈夫だという話に至ればその楽団に所属するという方法もかなりよいと思います

レッスンを受けるとなると個人レッスンで与えられた曲をこなしながらある程度のレベルになったら発表会など時期的なものもありますが
社会人の楽団などに所属すればいろんな曲に出会うことも出来ますし実践的に考えれば楽団の方がいいのかもしれません

ただ、オーボエはリード楽器の中でも更にダブルリードと言って二枚重ねのリードを唇で調節しながら吹く楽器です
だから他のリード楽器のクラリネットやサックスなんかを吹くのとは難易度の高さが違い吹きこなすようになるまでは結構かかることが予想されます
楽器屋さんに行って試演奏させてもらって音が出てからやるかやらないかを決めるという方法もあるので心配なようなら試してみるといいと思いますよ

楽器をレンタル込みでレッスンが受けられる場所が中にはあるので、最初にそのような場所を探して体験レッスンに行ってみるのはどうでしょうか?
地域によっては条件が多少難しいかもしれませんが探してみる価値はあると思います

二つ目に自分の住んでいる地域や活動範囲の中でやっている社会人一般の楽団を探してたずねてみるのもよいと思います
楽団に行けば無条件で楽器が借りられる状況が発生する可能性がとても高い事と知識やスキルの高い人が多く集まっているケースがあるので
「初心者ですがどうでし...続きを読む

Qオーケストラの演奏会で着る衣装(女性)で困っています

アマチュアオーケストラに所属している者です。
近々演奏会を控えているのですが、ステージ衣装として、下記を着用しても大丈夫かどうか悩んでいます。

種類:ワンピース
色:黒
生地:サテン
袖:キャミソール風
スカートの丈:ひざがすっぽり隠れる位
補足:袖をカバーするためボレロ着用、足を目立たなくするため黒タイツ着用予定

過去に友人の結婚式でも着用したもので、フォーマルな雰囲気ではありますが、丈が短めなので心配しています。
黒タイツでカバーするつもりではいますが・・
規定では女性の衣装は、上下黒(スカートまたはパンツ)と決まっていますが、黒のロングスカートは持ち合わせていません。

オーケストラに所属していらっしゃる方や、演奏会によく足を運ばれる方など、ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんばんは、私もオーケストラに所属している者です。
そちらのオーケストラでは当日の服の規定とかはないですか?

友人はプロのオーケストラに所属していますが、基本は
足首まで隠れる物を指定される様です。
ただ、演奏の時間にもよる様で、昼開演の場合は膝下までOKで
夜開演の場合はくるぶしが隠れるまで、また夏季は上は白を
着用する事があるそうです。

ちなみに私が所属している楽団は基本くるぶしまで隠れる物です。

一度、同じ楽団の人に相談してみるのもいいかも知れませんね。
当日は頑張って下さい。

Q(至急)オーボエの音程について

最近先輩からすごいピッチの事を言われます。(オーボエの先輩ではないです)自分でもピッチがどうしても高くなることは自覚していて、治そうと努力しています、ですが言い訳になってしまうかもしれませんが、リードは一ヶ月に2、3本でやり繰りしていて(お金がないので)私はプロのように全然上手くなくオーボエ歴も三年と少しで、これでチューナーピッタリの音をいつも出せと言うのも限界があります、、、、コンクールの時期で、精神的に追い込まれてるのに、これ以上言われるととても辛いです
何かピッチの解決策はありませんか?
誤字脱字、つたない文章ですみませんm(_ _)m

Aベストアンサー

オーボエではないですが、管楽器経験者です。
プロ管楽器奏者に教わったことです。

~~~~~~~~~
チューニングするって言って管を入れたり出したりするでしょ。
それってほとんど気休めだから。
管楽器っていうのは、その楽器を充分に鳴らして美しい音が出ていれば、ピッチなんて少しぐらい違っててもいいの。
充分にロングトーンをして、美しい音が出ていれば、聞いていてピッチなんてどうでもいいんだよ。
オーケストラをバックに管楽器ソリストが演奏するときは、ピッチは少し高いぐらいで音合わせをするんです。
聞いてる人にはそれでちょうどいい。
あと吹いてると、楽器が温まるので音程は上がります。そして口が疲れてくるのでだんだんピッチが下がります。
全体としてはちょうどいいって話ですな。

トランペットなんて楽器は一発間違えると、聞いてる人にすぐわかるのですが、あいつらって「間違っても、おれが間違えたんじゃない」って平気で吹いてるんです。
ホルンなんてのは間違っても目立たないから、こういう考え方はしてないようで。
ピッチがあってるとかどうかよりも「間違えても平気だ」って思いながら吹いてるってんですよ。
気にしてたらラッパなんてやってられないんでしょうね。
ピッチが難しい楽器の代表でオーボエがありますね。
友人のオーボエ奏者(プロです)は、自分の音程にみんなが合わせてくれって思ってると言ってます。
抜き差ししたところで、劇的に音程が変わるわけじゃないんで、高いって言われたら抜くというジェスチャーをしてるとか、
ソロの時だけは外さないように気を付けてて、ピッチなんて後回しだと言います。
プロのオーケストラのCDなんかでも、明らかにピッチが違ってる演奏なんていくらでもありますよ。

あなたたちアマチュアは音程が高いだ低いだとわあわあ言うまえに、美しい豊かな音色(ねいろ。おんしょくではないそうだ)を出すようにすればいいんです。

オーボエではないですが、管楽器経験者です。
プロ管楽器奏者に教わったことです。

~~~~~~~~~
チューニングするって言って管を入れたり出したりするでしょ。
それってほとんど気休めだから。
管楽器っていうのは、その楽器を充分に鳴らして美しい音が出ていれば、ピッチなんて少しぐらい違っててもいいの。
充分にロングトーンをして、美しい音が出ていれば、聞いていてピッチなんてどうでもいいんだよ。
オーケストラをバックに管楽器ソリストが演奏するときは、ピッチは少し高いぐらいで音合わせをす...続きを読む


人気Q&Aランキング