「法律」のカテゴリでも質問させていただきました。

現在姦通罪についてい調べています。
時代が少しさかのぼるのですが、
明治十五年施行の←ここがポイントです

旧刑法353条、「有夫ノ婦姦通シタルモノハ二年以下ノ懲役ニ処ス其相姦シタル者亦同シ、前項ノ罪ハ本夫ノ告訴ヲ待テ之ヲ論ス但本夫姦通ヲ縦容シタルトキハ告訴ノ効ナシ」

を勉強しています。
これは姦通をした妻には罪があります。
(夫が告訴すればですが)
女の浮気相手の男性には罪があるのでしょうか??

>其相姦シタル者亦同シ
これは男性のことを指すんですよね??

また世間体(男側)などが悪くなるのでしょうか??
悪くなるとしたらどのようにでしょうか??

現在明治29年に起きた姦通の研究をしています。
イマイチ上の訳(?)がわからなくて
いろいろ調べたのですが、すべて当時の言葉で書かれてあり、少し苦戦しています。

本などでもどこからきりだして調べたらいいかわからず、
「姦通」で調べても本がほとんどないです。
参考程度にとサイトなどでも検索したのですが、イマイチで…

ご存知の方、アドバイスお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中11~17件)

こんにちは。



「姦夫又ハ姦婦ヲ殺傷シタル者ハ其罪ヲ宥恕ス」
ですが、
「姦通者を殺害しても罪に問わない 」
ということだと思います。
宥恕(ユウジョ)は許す、見逃すという意味です。
(もっと)昔から、
「姦夫姦婦をかさねて4つにする」(2人とも真っ二つにするわけです)のは
夫に許されていたことのようですね。
    • good
    • 0

たびたびお邪魔します。

ninomaeです。
311条の条文ですが、「宥恕(ゆうじょ)」は「寛大な心で許すこと。見のがしてやること。」と大辞林にあります。

ということは、
夫が現場に踏み込んで「この不義者が!」とばかりに浮気相手または自分の妻を殺傷した場合、殺人や傷害の罪にはあたらない、お咎めなし。
となるのでしょうか?

何度もしゃしゃり出てごめんなさい。興味深かったもので…。
詳しい方の訂正お待ちします。
    • good
    • 0

1 現代語訳@justiniani私見


(姦通罪)
第353条
1 婚姻して夫を持つ女性が、夫以外の男性と性交をした場合には、2年以下の懲役に処する。相手方の男性も、同様に2年以下の懲役に処する。
2 前項の罪は、夫の告訴がなければ公訴を提起することができない。ただし、夫がいったん姦通を「許した」にもかかわらず告訴した場合には、その告訴は無効である。

※1 1項の「同様に」とは、姦通を犯した女性と相手方の男性が同じ刑期になることを意味しません。女性は懲役6月、男性は懲役2年ということもあり得ます。
※2 2項の「許した」は「縦容」の訳ですが、法律用語かもしれませんので、当時の刑法の教科書等でご確認ください。

2 世間体が悪くなるのか?
 申し訳ありません。この方面での知識は持ち合わせておりません。
 姦通罪の社会学的側面をご研究になるには、姦通をテーマにした当時の文学作品をあたられるのもよいかと思います。
 ちなみに、googleで「姦通 研究」をキーワードにして検索すると、約490件ヒットします(どこまでお役に立てるのか・・・?)。

3 ご参考までに(罪滅ぼし)
 韓国刑法には、最近まで姦通罪の規定が残っていました。今も残っているかもしれません。日韓比較ができればおもしろいと思うのですが、我が国で公刊されている韓国法の書籍は、民法のものがほとんどなんですよね・・・。その他、スイスやオーストリアにも姦通罪の規定が残っているようです(下記参考URL→「scrap book」→「99年9月274号」とリンクをたどってください。)。

 以下、目にとまった範囲でご参考になりそうな文献を挙げておきます。
・ 『講座家族 4.婚姻の解消』(弘文堂 昭和49年)
・ 『離婚の比較社会史』(三省堂 平成4年)。

参考URL:http://www.altasia.org/

この回答への補足

質問の刑法を間違えてしまいました!!ゴメンナサイ!!

訂正です。

旧刑法(明治十五年施行)
311条 
「本夫其妻ノ姦通ヲ覚知シ姦処ニ於テ直於ニ姦夫又ハ姦婦ヲ殺傷シタル者ハ其罪ヲ宥恕ス」

353条
「有夫ノ婦姦通シタル者ハ六月以上二年以下ノ重禁錮に処ス」

でした!上記のは41年施行の刑法です。

311条が??です。
始めの方はわかるのですが、
「姦処ニ於テ」
「姦夫又ハ姦婦ヲ殺傷シタル者ハ其罪ヲ宥恕ス」
殺傷??がどうしてでてくるんでしょう?
最後の「宥恕ス」というのも??で…

度々スミマセン!
よろしくおねがいします。

補足日時:2001/11/18 19:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。
そしてスミマセン!!>間違い

文献、明日大学図書館で調べてみます。
メモさせていただきました。

始めに書いたのは明治41年施行の刑法なのですが
明治15年の刑法には、相手側の男性のことがのっていないような気がします。
それとも私が理解していないだけなのでしょうか??

お礼日時:2001/11/18 20:05

詩人の北原白秋が、明治45年に姦通罪で告訴されています。

結果的には示談が成立しましたが、未決監に二週間ほど拘置されました。

詳しいことはあまり覚えていないのですが、世間からの指弾はなかなか厳しかったようです。彼の場合、それ以前の作品が風俗壊乱にあたって雑誌発禁、などという前歴もあったので、風当たりはより強かったかもしれません。

回答とは言えませんが、ご参考までに。

この回答への補足

質問の刑法を間違えてしまいました!!ゴメンナサイ!!

訂正です。

旧刑法(明治十五年施行)
311条 
「本夫其妻ノ姦通ヲ覚知シ姦処ニ於テ直於ニ姦夫又ハ姦婦ヲ殺傷シタル者ハ其罪ヲ宥恕ス」

353条
「有夫ノ婦姦通シタル者ハ六月以上二年以下ノ重禁錮に処ス」

でした!上記のは41年施行の刑法です。

311条が??です。
始めの方はわかるのですが、
「姦処ニ於テ」
「姦夫又ハ姦婦ヲ殺傷シタル者ハ其罪ヲ宥恕ス」
殺傷??がどうしてでてくるんでしょう?
最後の「宥恕ス」というのも??で…

度々スミマセン!
よろしくおねがいします。

補足日時:2001/11/18 19:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

>詩人の北原白秋が、明治45年に姦通罪で告訴されています。結果的には示談が成立しましたが、未決監に二週間ほど拘置されました。

これはなにかで目にしたことがありました!
「北原白秋」 「姦通罪」で詳しいことを検索してみようと思います。

ただ明治45年となると、明治30年に民法が新しくなりますよね。
なので姦通罪も変わってきてしまうので、実例を挙げるのがとても難しいです。

いろいろ調べてみます。

お礼日時:2001/11/18 19:28

ボワソナード刑法ですか。

フランスのナポレオン刑法の流れをくむ旧刑法ですね。

質問に書かれてある条文からすると、姦通の相手方である男性にも罪に問われますね。

他の質問にはちょっと答えられませんが・・・・。

現在でも、民事では不倫の相手方にも不法行為責任があるとされてますので、当時では尚更ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

>姦通の相手方である男性にも罪に問われますね。

やはりそうですか。
いくら男性でも姦通相手となると、罪にとわれたんですね。

これが確定できただけでもだいぶ調べやすくなりました!

お礼日時:2001/11/18 19:31

 おっしゃる通り、「其相姦シタル者」は姦通行為の相手方の男性を指します。

相手方の男性も、女性と同じ刑罰を科せられます(2年以下の懲役)。

 今でこそ、不倫是認の風潮のおかげで姦通行為が非難されることはありませんが、姦通罪が存在していた時代は、姦通行為は厳しく非難されていたと思います。儒教的な道徳と法律が混合視されていた感がありますので、社会的な非難もあったかと思います。

 ちなみに、この不合理な条文は憲法制定後に削除されますが、その際、「妻に加えて夫の姦通行為も処罰するようにして平等を保つ」という案も出されましたが、結局は両方とも罰しないという結論に達したようです。

この回答への補足

ご回答、ありがとうございます。

やっぱり男性も「2年以下の懲役」なんですね。
この時代はまだ男性が他の女性と関係をもつことはOKだったので
男性側には罪はないのかな??とも少し疑ったのです。

姦通罪というと、女性だけにある不利な法というイメージがあったのですが、
相手側にも同じとは…
ここでは男女の差別がないのですね>お互い2年以下の懲役

補足になるのですが「2年以下の懲役」の「懲役」とは具体的に
どんなことなのでしょうか??
ケースバイケースなのでしょうか??

ちなみに明日にでも「民法制定史」という本を探して、どんな処罰を受けていたか
例を引っぱってこようと思っています。

補足日時:2001/11/18 19:12
    • good
    • 0

法令の内容は、夫が認めていない姦通行為について、夫が提訴した場合には妻及び不倫相手が罪に問われるということですよネ。


日本では昔から男性の行為には非常に甘いのが通例でしたネ。
昭和初期までは妾さんを本妻と同じように家に住まわせていた人は珍しくありませんでしたし、それは、甲斐性があると評価されていましたから。
ただ、他人の妻に手を出すというのは、誉められた行為ではないと考えられていたようです。ですから、密会という形式をとり、隠匿しようとしたのですネ。
姦通相手も同罪となることで、相手男性も世間体などは悪くなったことと思われます。
現在も韓国には姦通罪が残っていますし、インドも少し前はあったと記憶しています(今もあるかも知れませんが)。特にインドでは地方によっては姦通罪に対して死刑が適用されていたようですネ。
大した回答ができませんが‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

ここでkawakawaさんにお会いするとは…
(以前にスキンケアのことでアドバイスいただきました)

>ただ、他人の妻に手を出すというのは、誉められた行為ではないと考えられていたようです。ですから、密会という形式をとり、隠匿しようとしたのですネ。

??
後半部分は「こっそり会う」ということですよね。
ということは男側も姦通罪を理解して、
もしみつかったら罪が大きいことを把握した上で
人妻と会っていると解釈してOKなのでしょうか??

お礼日時:2001/11/18 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画チラシやCDジャケットをHPに使用したい。

個人サイトを開設しようと計画中です。
内容は主に今まで観た映画や本のレビュー、お勧めの洋楽などですが、映画と音楽を紹介するページで、できればそのチラシやジャケット写真を使いたいと思っています。
ここで検索をしてみたところ、チラシやCDジャケットには版権があり、配給元に許可をとらなければならない、とありました。
使いたいチラシの数がかなり多いのですが、そのチラシ一枚ごとに許可をとらなければならないのでしょうか?
あと、個人サイトなどでチラシをたくさん使っているのを見かけますが、どうも許可なしで使っているのも多いようです。
滅多にばれることがないから大丈夫、と言われましたが、やはりちゃんと許可をとったほうがいいですよね?
版権のあるチラシやCDジャケットを使用するにあたって、許可をとる手順、注意点などに詳しい方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小さな個人サイトで商用目的とかでなければ、一つ一つ許可を得なくても、
つかった画像の下とか、横とかに「著作権は誰誰にあります」とか「どこで手に入れたチラシです」とか出所をはっきり明記してれば、トラブルになったりしないと思います。

でもそういうのはあまり使わない方がいいと思います。
版権、著作権、くらいだったら上の方法で許される部分ってのはあるんですが、肖像権というのもありますから。

ま、滅多にばれることがないから大丈夫というのも事実ですけど、最も恐いのは熱狂的ファンですよん(w

Q姦通と文学

姦通、不義密通などに関する小説・神話・文学・物語を探しています。もしくは人妻に恋をしてしまう話でも構いません。
例として、アンナカレーニナ、ボヴァリー夫人、クロイツェルソナタ、新エロイーズ、親和力、緋文字、金瓶梅、源氏物語、少将滋幹の母、谷間の百合、チャタレイ夫人の恋人、赤と黒を挙げておきます。
上記以外の作品を何かご存知でしたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

この男女の組みあわせ、永遠のテーマの一つでしょうね。

「イリアス」トロイ戦争も人妻ヘレネをパリスがかっさらったのが原因だし、
「オデュッセイア」では最後、彼の妻ペネロペに言い寄る者どもを殲滅するので、
まったく無罪(無関係)ではない(笑)

旧約聖書でこれに関し、まっさきに思い出すのは、バテシバ(バト・シェバ)のくだり。
人妻の魅力に、賢王ダビデも誤る。「サムエル記下」 絵画の題材にもよくなってると思います。

ほかでは当方の思いつけるところはほとんど出てるので、
「ドン・ジュアン」モリエール
「犬を連れた奥さん」「ともしび」「決闘」チェーホフ
「ロベルトは今夜」ピエール・クロソウスキー

あたりでお茶を濁しておき、本邦では、
「寝園」横光利一
プロテスタンティズムからの影響なのか、
心理的な姦通がテーマで、なにやら高尚で微妙です。

不運にも姦通罪で告訴されたのが北原白秋。
名歌集「桐の花」でもそのあたりの心境をうかがうことができます。

また、柳原白蓮は前夫のもとを出奔、公の場で絶縁状をたたきつけ、
富豪の秀麗な歌人であったこともあいまって大正期の話題をさらったようです。
・寂しさのありのすさびに唯ひとり狂乱を舞ふ冷たき部屋に
・摩訶不思議噂の生みし我といふ魔性の女いくたりか棲む

姦通罪が日本の法律で廃止されるのが1947年のことだそうで、
この寸前ぎりぎりがすでにお答えあがってる「武蔵野夫人」の時代設定ではなかったでしょうか。
以後、作家は書きにくくなった(笑)

あと、「盲目物語」に便乗させてもらって
「瘋癲老人日記」谷崎潤一郎

この男女の組みあわせ、永遠のテーマの一つでしょうね。

「イリアス」トロイ戦争も人妻ヘレネをパリスがかっさらったのが原因だし、
「オデュッセイア」では最後、彼の妻ペネロペに言い寄る者どもを殲滅するので、
まったく無罪(無関係)ではない(笑)

旧約聖書でこれに関し、まっさきに思い出すのは、バテシバ(バト・シェバ)のくだり。
人妻の魅力に、賢王ダビデも誤る。「サムエル記下」 絵画の題材にもよくなってると思います。

ほかでは当方の思いつけるところはほとんど出てるので、
「ド...続きを読む

Q昭和19年は「戦前」?

一般的に、単に「戦前」「戦中」「戦後」といえば、先の大戦の「前」「中」「後」ということですよね。

したがって、昭和20年の8月15日以降は「戦後」といっていいと思います。

でも、それ以前は、「戦前」という場合もあれば、「戦中」という場合もあります。

確かに「戦前」は「戦争前」のことですから、昭和16年12月8日の開戦より前の時期は間違いなく「戦前」ですが、S16/12/8~S20/8/14は「戦中」のはずなのに「戦前」ということもあります。

例えば、国語関係の話題であれば、「戦前は右横書き、戦後は左横書きだった」とか「戦前は最初にカタカナを習ったが、戦後はひらがなから習う」などです。

どうしてS16/12/8~S20/8/14を「戦前」ということもあるのでしょうか?これって、「間違い」といっていいのでしょうか?

Aベストアンサー

戦前、戦後の二つに分ける場合の考え方は、政治や経済、社会システムの根幹である憲法が敗戦と同時に変わったからではないでしょうか。

・大日本帝国(大日本帝国憲法)1889年(明治22年)から1947年(昭和22年)
・・・戦争中は旧憲法での法律で国が成り立っていた。
・日本国(日本国憲法)1946年(昭和21年)11月3日に公布され、1947年(昭和22年)5月3日に施行

旧憲法は、昭和22年で新憲法にバトンタッチしますが、実際には、敗戦日より連合国の占領下の統治となったので、敗戦日以降が戦後、敗戦日以前が戦前ということだと思います。

Q肉を切らせて骨を断つの出典を教えて下さい

「肉を切らせて骨を断つ」と言う諺の出典を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

薩摩示顕一刀流だと思います。

さらにたどれば中国の古典だと思いますが何であったか失念しました。

参考URL:http://sarariman.fc2web.com/zuakusya/nikuwokiru.htm

Q戦前の日本を愚かだと嗤えるほど今の日本は立派か?

戦前は真っ暗だったと言われますが、
今の日本だって、かなり真っ暗のような
気がするのですが・・・
政治・経済・国民道徳

Aベストアンサー

政府はどっちもどっちでしょう。戦前も今も、官僚の暴走を制御できていません(戦前は軍部、特に陸軍、戦後は財務官僚)。外務省が無能なのも変わりませんね。

個人レベルでは、戦前の方が「キツい」と思います。男子には兵役という避けることができない試練があり、女性の立場は言わずもがなです。おやすみは日曜だけですし、祝祭日も今より少ないです。労働条件もよくありません。

ただ、単純に暗い世界とも考えにくいです。アメリカの映画にはまり(世界最初の定期刊行映画情報雑誌は、日本のキネマ旬報です)、医学はドイツ、芸術はフランス、社会主義・サヨクしたい人にはソ連がありますし、日刊の新聞が全国に情報を流していました。また、当時の日刊新聞は今でいうゴシップ記事も盛んにのせていたので、娯楽でもありました。

本当に戦前、ひどい目に遭っていた人は、天皇制を否定する人と、共産主義革命を目指したひとたちでしょう。ただ、こういう人たちは基本的には社会から浮いていたので、当時でも同情されませんでした。ただ、プロレタリア文学が本屋さんに並んでいたし、過激な労働争議もよくおきたので(組合側が勝つ事例もありました)、物事は単純には推し量れないようです。

今の日本は、治安がよく、戦争に発展しそうな外的案件もなく、言論の自由はほぼ認められています。兵役もない(韓国の人にとってはこれが大変なプレッシャーです)、週休2日。
簡単な「豊かさの単位」として、マクドナルドのハンバーガー1個買うために、どれだけの労働をしなければならないか、というのがありますが、時給が800円と考えると、ねぇ。

さらに、外貨準備高は世界トップクラスです。国民の教育レベルも世界トップクラスですし、そこから生まれた日本の特許は世界中でお金を稼いでいます。中国という無法者がいますが、まねしている限り、超えることはありません。
あと、今の日本は外国に嫌がらせを全くしていない、珍しい国です。人種差別も、日本のレベルなら「無い」といえるでしょう。宗教によるいさかいが皆無なのも、特異なことです。
政府は無能ですが、国民の質は、よいとおもいます。
お先まっくらだなんて、やめましょう。今の日本は食料にも、燃料にも、資源にも困っていません。なぜなら、戦前の日本より世界的な地位が高く、カネもってますから。
よい未来を追求し、日々をレベルアップさせてこその、文明人ですよ。

無能な政府をよくするためには、投票にいくしかありません。投票率が低いことは、よくないと思います。で、これは一人一人の心がけで改善できることです。
一票に値する人がいないと思ったら、白票を投じて抗議しましょう。

政府はどっちもどっちでしょう。戦前も今も、官僚の暴走を制御できていません(戦前は軍部、特に陸軍、戦後は財務官僚)。外務省が無能なのも変わりませんね。

個人レベルでは、戦前の方が「キツい」と思います。男子には兵役という避けることができない試練があり、女性の立場は言わずもがなです。おやすみは日曜だけですし、祝祭日も今より少ないです。労働条件もよくありません。

ただ、単純に暗い世界とも考えにくいです。アメリカの映画にはまり(世界最初の定期刊行映画情報雑誌は、日本のキネマ旬報です...続きを読む

Q百人一首(カテゴリあってますか?)

百人一首について質問です。
試合を開始するとき初めに一句
読みますよね?札に無いやつです。
それってなんていう句だか分かりますか?
聞いただけだと"このは"とか"さくや"って
聞こえるんですが響き的にそれが凄く好きなんです。

できれば意味や作者など教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

全国かるた協会では、藤原定家の

「なにはずに 咲くやこの花冬ごもり
    今を春辺と咲くや この花」
この歌を指定序歌として、から札として使用します。

他のかるた会では、やはり藤原定家の

「忍ぶれむ ものともなしに小倉山 
     軒端の松ぞ なれて久しき」
この歌を詠むことも多いようですね。
注:この歌は定家の小倉山山荘にちなんだゆかりの歌です。

試合は朗読者が美声で、独特の節回しで
から札の下の句を再度朗読すると試合開始ですね。
ここが緊張の一瞬ですね。

Q特定秘密保護法案と治安維持法

特定秘密保護法案と治安維持法の、似ているところと違うところを教えてください

Aベストアンサー

 似ているのは処罰対象が曖昧で範囲を広げられること。政府の

さじ加減で広範な人々を弾圧できること。

 違う点は少なくとも「治安維持法」は天皇制護持の精神的支柱が

あったこと。共産主義者撲滅の初志があったこと。

 恐らく「特定秘密保護法」も隠された真意があるのでしょうけれど

政府がどのような秘密を処罰するのかまったく知らされない点では、

「治安維持法」よりも始末が悪いですね。

Q月光は「つきびかり」?それとも「つきひかり」?

今度、朗読を人に依頼しなきゃいけないのですが、「月光」という漢字の読み方が「つきびかり」か「つきひかり」かで迷っています。

どちらが用法的に正しいなどはあるのでしょうか?

ちなみに文は以下のようなものです。
「夜露をいっぱいに浴びたくもの巣が、やわらかな月光に照らし出されて、ピカピカ、キラキラと輝いていました。」

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「げっこう」です。
ただし、音読みすると、堅苦しく聞こえる場合がありますので、この文章が個人的なもの、校正の利くものであるなら、「やわらかな月の光に照らし出されて」とすべきですね。

Q戦前の無戸籍児

戦前の戦前の戸籍制度について、現代では戸籍がないと選挙権が無い・運転免許等の国家資格が取れない・学校に入れないというデメリットがあると思います。
戦前では私生児がそのまま無戸籍児となることがあったようですが、戦前ではどのようなデメリットがあったのでしょうか。

Aベストアンサー

戦前では、選挙権自体か女性にはなかったし、地元の名士しか

選挙は出来ませんでした。

運転免許にしても、戦前は、「車」自体が、珍しかった、、ですから、、。

平成26年現在でも、戸籍のない子供が3000人いるそうです。

未婚の女性が、勝手に子供を産んで届けも出さないで

そのまま、、、なのだとか、、、。

病気になったときどうしてるのでしょうかね?

学校にも、勿論、いけないでしょうし、、、。


戦前では、「生きていく」だけなら 何の問題もなかったのでは?

女の子なら、だれかの妾になって生きていく、、。

男の子なら、商家の丁稚として生きていく、、、。

Q花泥棒は罪にならない

「花泥棒は罪にならない」の初出はなんでしょうか。

本来は愛の告白の言葉のようなのですが
「花泥棒は・・・と言いますが(窃盗です)」
というような使用例をたくさん見るにつけ、
いったい誰が言い出したのか気になっています。

Aベストアンサー

初出かどうかはわかりませんが……。

日本ではけっこう古く、たとえば明治初年までは京都の保昌山は「花盗人山」と呼ばれていたそうです。

たぶん由来は狂言「花盗人」からだと思います。
桜の枝を折って捕まった僧が、桜の木に縛り付けられたまま「この春は花のもとにて縄つきぬ烏帽子桜と人や見るらん」という歌を詠んだそうです。その歌に感動した花見の衆が、罪を許して花見の宴に加えたことから、花盗人は罪にはならないと言われるようになったのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング