小説って言うのは主人公が自分で物語を組み立てていくのと自分は入ってなくて客観的に見た形式があるんですか?例をあげると、綿矢りささんのは前者で山田悠介さんが後者ですよね?

A 回答 (3件)

まあ、そういうことになりますが、すっぱり2つに分かれているわけではありません。



まず、記述形式と視点は、微妙に違います。

「私」「僕」などが語りかける調子の文章で書かれたものは、一人称の記述形式です。また、第三者が客観的に見た形で書かれているのは、三人称の記述形式です。

一人称の小説でも、途中で三人称になったり、別の人物の一人称になったりと、小説の部分によって切り替わることがあります。

一人称の場合は、通常、「僕」「私」などの視点で書かれています。では、三人称の場合は完全に客観的に書かれているかというと、そうではありません。三人称でも、たいていは登場人物の誰かの視点で書かれています。

例えば花子の視点で書かれている場合は、こんな感じです。

*****
花子がドアを開けると、いまにも泣きそうな顔をして太郎が立っていた。「きっとふられたんだわ」と花子は思った。
*****

という具合に、三人称でも花子の行動や考えが主体で話が進んでいて、太郎がどう思っているか、なぜそこにいたのかは、地文では語られていません。読者は花子に感情移入して読んでいくことになります。

ミステリでは、三人称でも、たいていは探偵や被害者側の視点で書かれています。本当に客観的な視点であれば、誰が犯人で何をやったかは明確なわけですから、面白くありません。

この視点が、章や節、ときには段落によって切り替わっていく小説もあります。

一応小説を書く基本的なテクニックとして、視点をあまりころころ変えないというのがあります。読者が混乱するからです。

どういう視点で書くかというのは、小説の重要な要素の1つです。私は綿矢りささんのも山田悠介のも読んだことがないので、実際にはどうなのかわかりませんが、小説家によって好きな手法、得意な手法はありますね。でも、多くの小説家は、小説によって一人称にしたり、三人称にしたり、1人の視点で通したり、複数の視点を次々と切り替えたりと、工夫を凝らしています。同じ小説家でも、作品によって違います。
    • good
    • 0

よく言う「一人称」と「三人称」という視点での書き方ですね。



「一人称」は誰か一人登場人物の視点で書かれるものです。主人公視点のものが多いですね。
「わたしは」や「ぼくが」といった書き方です。
こちらは一人称の対象となった登場人物、(主人公など)の内面や心情を描きやすいのが特徴です。
ただし、あくまでも視点は主人公本人ですから、主人公が知らない事や、その場にいない場面の事は書くことができない、というのもポイントです。

「三人称」は他者の視点からみた書き方。いわゆる「神の視点」です。
どの登場人物でもない、第3者からみた視点が描かれます。
「彼らは」とか「彼女は」といった視点です。

他に「二人称」というものありますが、こちらは殆ど使われない書き方です。
    • good
    • 0

俗に言う「一人称」と「三人称」ですね。


主人公の視点で描かれているのが一人称、
他の登場人物あるいは「神の視点(登場人物でないところからの視点)」で描かれているのが三人称
です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、一人称の「ワレ」や「自分」が二人称にも使われるのか、教えて下さい。

「ワレ」や「自分」は、古くから一人称の代名詞として使われています。
しかし、関西の一部では、これらの単語は、「お前」などの二人称にも使われます。
同じ単語を、一人称と二人称の双方に使うのは、ややこしい、と思います。
なぜ、一人称の「ワレ」や「自分」が二人称にも使われるのか、教えて下さい。

Aベストアンサー

関西だけではなく、関東でも同じ現象はあります。
関東では「おのれ」「手前(てめえ)」「うぬ」(文語。「自惚れ」という言葉にその名残があるす)などがあります。

そもそも日本語をインド・ヨーロッパ語の代名詞と比較した時に、
日本語には一人称・二人称の人称代名詞が非常に多いという顕著な特徴があり、
これは、日本の文化と深い関係があります。

日本には、古くから「ウチとソト」という独特な考え方があり、
一人称・二人称・三人称という平等な関係がなく、
主として「ウチ」なる間柄(私とあなた)でしか言葉が使われてこなかった
ということが言えます。

そんな中で、「ウチ」なる間柄の中で、相手との隔たりをどのように扱うか、そこに大きな関心が払われ、「ウチ」なる存在の相手を、親しみをこめて、敢えて「一人称」で呼ぶという現象が起きた、
ということだそうです。

Q綿矢りさ「インストール」主人公の名前の読み

教えてください。
綿矢りさ「インストール」主人公の名前、「朝子」はそのまま「あさこ」と読むのでしょうか?あるいは「ともこ」と読むのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たぶんあさこだと思います。映画で上戸彩さんが演じているのが、そういう風に母親に呼ばれていた記憶があります。

Q一人称に「自分」を使う人

「私は」「僕は」「俺は」でもなく、「自分は」という一人称の使い方をする人がいます。若い男性に多いようです。

 他にも自分の名前やあだ名を一人称に使う人がいます。例えば歌手の浜崎あゆみは「あゆは」と話し始めます。これは若い女性に多いようです。

 話は逸れますが、主に関西では、「あなた」ではなく「自分」を二人称に使うケースも見受けられます。一人称の場合とは意味合いが異なるようです。

 皆が皆、これらの使い方をしているわけではないので、上に挙げたような人々にはそれぞれ、何らかの心理が働いていると思われます。皆さんは彼らはどういう心理からこれらの使い方をすると思われますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

関西の方が使う「自分」については、全く分かりません。

しかし、お尋ねの
>「自分は」という一人称
>自分の名前やあだ名を一人称
は、「甘え」だと思います。
「私」「僕」と言えない人、つまり「自己」の確立が十分でないので、発言や行動についての責任の取り方が甘い。「甘くして」と内心思っている人だと思います。

Q山田悠介氏の小説で一番読み応えのある作品は?

山田悠介氏の作品をこれまでに何冊か読んだ方に質問致します。
いくつかある小説の中で「これは良いのでは?」と思われた物はありますか?

自分は改訂前の「リアル鬼ごっこ」でエライ目に遭いましたが、たった1冊が
つまらなかったからといって、今後一切山田氏の作品を読まないというのも
なんなんで(もしかしたらその後の出版作にイイ物が!?)、もしオススメが
あれば(リアル鬼ごっこ以外の作品を)教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も「リアル鬼ごっこ」でエラい目にあいました…。本を読んでいて初めて、金返せ!!と思いました。あれはないだろ、って感じでした(^-^;)
正直な話、他の本も似たり寄ったりでした。あくまで私が読んでみての感想ですから…。

Q一人称語り「私」と「自分」についてお教えください

自伝や自伝的小説、自伝的エッセイ、あるいは私小説における「私」という一人称語りと「自分は」という一人称語りとの相違点は何なのか、お教えください。

Aベストアンサー

失礼致します。nextbaronと申します。

「私」と「自分」という表現の違いの一例を記します。

「私」という表現を利用する目的: 自分自身を主観的に捉え、内面的な感情を記すため。

「自分」という表現を利用する目的: 自分自身を客観的に捉え、外面的な状況を記すため。

Q山田悠介本、何が好き?

山田悠介本、何が好き?
最近、山田悠介さんの描く小説が好きで、何を買おうか悩んでいます。
ざっと、リアル鬼ごっこを読んだことのある程度です。
オススメは何ですか?

文庫本化してあるかも分かればそれも。。。
お願いします。

Aベストアンサー

・オール
・オール2

この2作は好きです。オススメします。

Q自分の一人称がコロコロ変わる人はいますか?

自分は小学生時代友達と物語を書くことが主軸の交換ノートをしてました。
そのこともあり、一つの作品の中で全員が「私」だけっていうのも登場人物の名前を覚えるのが大変だったので自分自身の生活の中で「私」だけじゃなく「うち」「あたし」女の子だけじゃつまらないので「俺」「僕」「我」「僕ちゃん」「わたくし」などを場面によって使い分けるという方法でなく、コロコロ変えて使ってました。

例えば、さっき「うち」を使ったら今度は「あたし」など。

ですが、家族の前でのみ一人称をコロコロ変えているだけで、家族以外の人の前では「わたし」に統一してました。

それで今までちょっと危なかったことも(友達の前で「俺」なんて言いそうになったことなど)ありましたが、何とかやってけてました。

今は「僕」というのがお気に入りなので家族の前では自分のことを大体はそう呼んでます。

そしてもう一つ。

一人称だけじゃなく、言葉遣いもいろいろ知りたかったので見た小説、絵本、漫画、ドラマ、映画、アニメなどに出てくる登場人物の言葉遣いのマネをするようになりました。

そしたら、今は故意にマネしなくても無意識のうちにマネするようになってました。

自分が気に入った言葉遣いや自分の物語上で使いたい一人称などをマネして今はほとんど物語は書いていないのに今もまだそのくせが残っています。

他にも自分のような方はいたりしますか??

最近は一人称がコロコロ変わってしまい、ちょっと恥ずかしさが出てきました。

自分は小学生時代友達と物語を書くことが主軸の交換ノートをしてました。
そのこともあり、一つの作品の中で全員が「私」だけっていうのも登場人物の名前を覚えるのが大変だったので自分自身の生活の中で「私」だけじゃなく「うち」「あたし」女の子だけじゃつまらないので「俺」「僕」「我」「僕ちゃん」「わたくし」などを場面によって使い分けるという方法でなく、コロコロ変えて使ってました。

例えば、さっき「うち」を使ったら今度は「あたし」など。

ですが、家族の前でのみ一人称をコロコロ変えて...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆる厨二病は特定の嗜好を持った人が必ず通る道のようですが、社会に出るための準備をし出す頃には確実に収まります。
収まらない場合は厨二病程度の表現では収まらないほどの別の症状がたくさん出ているはずなので、いずれにしろそのクセについては気にしなくてもよいようになります。

Q学生が主人公の恋愛物語や学園物の小説

回答よろしくお願いします。

大学1年生(男)なのですが、最近読書にハマってきました。
特に恋愛小説が、読んでて楽しい!というか、こう切ない感じになって凄く好きです。

大学生(高校生でもいいですが)が主人公、
もしくわ、学校を舞台にした小説はないでしょうか?

お金があまりないので、大きくて値段が高い本ではなく、
文庫?というんでしょうか。
小さいサイズになっているもので、何か知っていましたら教えてください。

あっ、文庫でない、大きいサイズの方でもオススメがあったらお願いします。

高校時代~今までで読んだ、そういう系統の本はこんな感じです。

『GO』
『インストール』
『蹴りたい背中』
『蛇にピアス』
『娼年』
『十八の夏』
『スローグッドバイ』

なんか思いっきりベタですね。。。
他にも色々読んだんですが。。。
思い出せないです(笑)

なかでも、石田衣良の『スローグッドバイ』は短編小説になってて、ほんとよかったです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定番として
村上春樹「ノルウェイの森」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061848925/249-5904840-2406704
講談社文庫で出てます(上下巻)。
大学生が主人公です。

短編では
山田詠美「ぼくは勉強ができない」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101036160/qid=1123658380/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-5904840-2406704
こちらは新潮文庫。
作者は女性ですが、男子高校生が主人公です。

Q自分のことをなんと呼びますか(一人称)

口語で自分のことをなんと呼んだらよいのかとても困っています。周りの友達がみんな俺というので、1日最低1回は言うという目標を作って私もがんばって俺という言葉を使ったのですが、父にいったときに笑われてしまってからは完全に自信を失ってしまいました。家族は私が一人称を使わないことを認識しているらしく、会話のときは「これだれの?」と聞かずに「これ・・・の?」というふうに名前を入れてしまって、一人称を使えなくしているみたいにも見受けられます。

Aベストアンサー

こんばんは。
おいくつなのか分かりませんが、可愛い!と思ってしまいました。

私は女で、姉しかいないので、男の人のことは分かりませんが、普通、中学から高校にかけて自分のことは、「僕」か「俺」と言うのではないでしょうか?
ご両親を何と呼んでいるのでしょうか?
「おやじ」「おふくろ」と呼んでますか?
別に私は、「お父さん」「お母さん」と呼んでいても気にしませんが、
15歳の時に付き合っていた彼氏が、普段はお母さんと呼んでいるのに、私の前では、おふくろ、と呼んでいて、私はホンワカ気分、彼のお母さんは、苦笑いという状況で、微笑ましかったです。
と、話はそれましたが、自分の呼称は人それぞれですが、家族の前だろうと、自分の名前を出すのは、ちょっと・・・どうなの?という感じがします。
最初は無理矢理でも、慣れというものは恐ろしいもので、親御さんも一ヶ月もすれば、慣れてくれるでしょう。
「僕」または「俺」で、頑張ってください。
ちなみに、私の彼氏は日本人ではありませんが、私を含め誰の前でも、「わたし」と言います。
最初は違和感を覚えますが、すぐ慣れましたよ。
悩むくらいなら、今、使ってみたい!と思う呼称を使ってみてはいかがでしょうか?(^-^)

こんばんは。
おいくつなのか分かりませんが、可愛い!と思ってしまいました。

私は女で、姉しかいないので、男の人のことは分かりませんが、普通、中学から高校にかけて自分のことは、「僕」か「俺」と言うのではないでしょうか?
ご両親を何と呼んでいるのでしょうか?
「おやじ」「おふくろ」と呼んでますか?
別に私は、「お父さん」「お母さん」と呼んでいても気にしませんが、
15歳の時に付き合っていた彼氏が、普段はお母さんと呼んでいるのに、私の前では、おふくろ、と呼んでいて、私はホンワカ...続きを読む

Qロードオブザリングの主人公

ロードオブザリングの主人公って一体誰なんでしょうか?
皆が主人公、という気もするのですが、やはり一人定められた主人公がいるのではないかと・・・・・
分かる方がいたら、どうか教えてください

Aベストアンサー

普通に考えるなら主人公はフロドです。少なくとも小説の「指輪物語」ではフロドが間違いなく主人公です。
確かに他の登場人物のこともきちんと描かれていていますが、やはり主人公は指輪を棄てる使命を負ったフロドでしょう。
ただ、最後の方ではフロドからサムへと、赤表紙本が託される時点で、主人公も交代しているようにも思えます。文字通りフロドは全てをサムに委ねて去って行ったという気がするのです。

全員が主人公だとか、アラゴルンが主人公だとか思えるのは、映画の影響かなあと思います・・・小説の「指輪物語」だけ読んでいたら、少なくとも私にはそういう風には思えませんでした。
アラゴルンは、王になる運命を持つ、本来なら主人公になり得る人物ですが、小説ではフロドの使命を助けるために脇役に徹しているような印象があります。映画のように王になることを迷ったり、なんて主人公めいたドラマはありません。
また、映画ではカットされたり変更されたシーンに、多くのフロドの成長や人物の大きさを示す部分がありました。
指輪を担った重荷に苦しみ、癒えない傷を負い、その代償としてより高い存在に近づき、結果として神々の国へと旅立つフロドが担った運命は、他のどの人物よりも重く、際立っているように思います。
やはりフロドが主人公だとしか思えないのですが・・・

普通に考えるなら主人公はフロドです。少なくとも小説の「指輪物語」ではフロドが間違いなく主人公です。
確かに他の登場人物のこともきちんと描かれていていますが、やはり主人公は指輪を棄てる使命を負ったフロドでしょう。
ただ、最後の方ではフロドからサムへと、赤表紙本が託される時点で、主人公も交代しているようにも思えます。文字通りフロドは全てをサムに委ねて去って行ったという気がするのです。

全員が主人公だとか、アラゴルンが主人公だとか思えるのは、映画の影響かなあと思います・・・小...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報