グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

こんにちは。
自作小説を書いているのですが、章分けについて疑問があったので質問したいと思います。
私はこれまで自分のHP内での章分けをしたことはあったものの、作品そのものではした事がありませんでした。
ところが若桜木先生の指南本を拝読したところ、「タイトルは然程重要ではないが、章題は重要」というようなことが書かれていました。
それまで「新人賞に応募するのならタイトル以外はつけないもの」という認識だったのですが、これは普通のことなのでしょうか?
文字ばかりが続く(もちろん段落は有りで)のではなく、章ごとで題名をつけて分けるのでしょうか?
またその場合、章ごとにページも分けたほうがいいのでしょうか?
ご存知の方、経験者の方、回答おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

原稿用紙の使い方、ワープロ原稿にする場合の作法、というのはありますが、章分けは皆さんおっしゃるように、ルールがありません。


むしろ、「自分の中での物語の区切り」でやるしかないですよ。

No.1の方へのお礼欄に「章分けは出版後の読者の為ではなく、審査員の目に留まるため」とお書きになっていますが、審査員も読者だと思いますが。
「自分以外の他者に読ませる」という意味では同じでしょう。
    • good
    • 5

>「タイトルは然程重要ではないが、章題は重要」


『タイトルはその小説の顔だ』と真逆のことを言われる先生もいらっしゃるので『小説の書き方』的な本を読まれるのでしたら10冊ぐらいは読んだ方がいいですよ。
で、そういった『小説の書き方』を参考にするよりも、小説を一杯読んで自分なりにどちらがいいのか決めたほうがいいと思います。

>「新人賞に応募するのならタイトル以外はつけないもの」
応募要項にそのような規定がない限りは決まってません。ただセンスも求められるのでそれなりに自信がないと…とは思います。
章ごとでサブタイトルを付けるのでしたらそのサブタイトルから章の内容を思い起こせるようなものをつけなければなりませんし、そのサブタイトルから、だからタイトルはこれなんだ!というような繋がりもないといけないので…。

章ごとでタイトルを付ける方もいらっしゃれば章ごとに数字だけの方もいらっしゃれば、まったく何もつけずに改頁だけの方もいらっしゃいます。
まあ、大体、章ごとで改頁の方がほとんどではないでしょうか。出版社からの依頼のページ数内におさめるためにその辺で調整したりもしますしね(^^;)

何がいい、何が適切、何が正解…と規定のものがないので基本的には読者にどう読んで欲しいかで決めた方がよいかと思いますよ。
    • good
    • 1

章分けにルールはありません。

長編でありながら一つの章だけしかない作品もあれば、短編なのに二桁の章がある作品もあります。どのくらいの長さで分けるか、どのような形で分けるか、章題をつけるかつけないか、どのような章題をつけるか、そういうことまで含めて創作なのです。

章題をつけない場合、第1章、第2章と続ける方法だけでなく、アラビア数字、漢数字、ローマ数字、あるいはアルファベットや記号を使う方法もあります。

章題をつけた場合、初めて読む人に次の展開を期待させる効果があります。選考する人はそういう仕掛けまで含めて作品を評価するので、つけるのであれば、いい加減なものではなく、きちんと考えてつける必要があります。

もちろん、章の分け方や章題が駄目だからといって、落選することはありません。重要なのは内容です。しかし、作品のタイトルや章題が上手ければ、選考する人にいい印象を与えるでしょうし、下手ならば悪い印象を与えるでしょう。それを踏まえたうえで、どうするか自分で判断してください。

ついでに、述べておきますと、小説の書き方本を過信しないようにしてください。書かれている内容は作者の考えであって、それが全てではありません。実際の読書によって学んでいくのが一番効果的です。
    • good
    • 2

小説の作り方は、千差万別で、必ずしも一つじゃありません。


章分けは確かに重要です。
大体、1つの小説に、5~8の章があります。
何処で章を分けるかは、『話の流れが変わる』ところです。

この章分けですが、読み手の立場になって考えてみてください。
章に章題がついている。一方、章題無しで「第一章、第二章‥‥」と続く。
読み手が、目次からシーンを探して読み場合、拾い易いのは章題がついているものです。

章ごとにページも、読み手の心理を考えれば、分けたほうが良いでしょう。
目次から章を拾う場合、ページがきっちりと分かれていれば、読み手はしっくりくるでしょう。逆に、章が分かれているのに、ページが分かれてないと、読み手に、不要な前章の文字まで読ませることになってしまいます。
作家によっては、前章の余韻を含んでいる場合、敢えてページを分けなかったり、或いは‥‥ページの都合(笑)で、分けない方もいます。

新人賞に応募する場合と言う事ですが、『読み手』が誰であるかを考えてください。
貴方が新人賞に応募します。『読み手』は貴方の作品を審査する人です。
『初めて』貴方の作品を読む人です。
初めて読む相手に、章題はあまり意味がありません。
何故ならば、章題は、一度その小説を読んだ人が、再び読む際、自分の好きな場所から読むために拾うものだからです。
貴方の小説を初めて読む相手に、章題は必要ではないのです。
アニメに置き換えてみて下さい。
アニメにおけるサブタイトルは、小説でいう章題です。
その作品を審査する立場の人にとっては、章題はあまり意味がありませんが、視聴者にとっては、章題が無いと、不便です。
40話ある話の中で、好きな1話だけを観たい場合、章題(サブタイトル)は、拾うのにとても便利です。これが、ただ章分けされているだけで、『第1話、第2話‥‥第40話』と続いてたら‥‥困ると思います。
それと同じで、小説も、章題は重要なものになります。
貴方が仰った方の言葉の「タイトルは然程重要ではないが、章題は重要」は、章題は、いわば話を拾うために付いている物なので、タイトル程重要ではないが、章題が無いと不便」という意味です。

ただ、章分けはキッチリしてないと、読み手は、章の区切りがつかなかったり、息が詰まった感じになり、小説の内容の理解が薄れてしまうこともあります。
中には、章分けだけで章題が無いと、この章は前章の続きなのか、それとも話の流れが変わったのか、分からなくなる事があります。
時々、読み進めるうちに、章が分かれたことにさえ気づかなかったりするので、読み手に一息つかせる目的で、章題をつける方もいます。

私も応募した経験がありますが、その時は、『章題は有っても無くてもいい』でした(ライトノベルが、ここまで世に出なかった10年ぐらい前の話なので、あまり参考にならないかも‥‥)。
私は、付けなかったです。有っても無くてもいい章題を考える暇が有ったら、もっと小説の他の部分に考えを絞ろうとしました。
ただ、応募する出版社によって、全く違ったりすることもありますし、章分けや章題じゃなく、もっと別の事を要求してくる所も有ります。
先ほども申しましたが、ライトノベルが世に出る前の話です。
ここまで、ライトノベルが盛んな頃だと、昔と違うかもしれません。
応募する前に、調べる事をお勧めします。

>若桜木先生の指南本を拝読したところ、
多分その言葉は、もし貴方が新人賞をとって、小説家になったら‥‥と、その場合の注意点を書いてるのではないでしょうか?

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
誤解を招くような説明で申し訳ありません。言葉が足りなかったようです。
若桜木先生が著書「新人賞を狙える小説プロット実戦講座」の中でおっしゃっていた「タイトルは然程重要ではない……」のくだりは、「下読みの審査員が候補を絞っていく中で、審査を公平にするためタイトルや著者名は伏せられる。中身だけを審査するので章題は見られるが、タイトルは見られることがない。だから章題だけ重要」というような内容でした(読み違いだったら申し訳ないです)。
ですから新人賞の場合に限り、章分けは出版後の読者の為ではなく、審査員の目に留まるためのようです。
ただ、自分自身の作品で章分けなどの経験が無く(自分の中での物語の区切りとは別に)、「新人賞の応募原稿に章分けが普通のことなのか」ということや、「章分けをする時のルール」等をはっきりさせておきたかったのです。

補足日時:2008/09/08 13:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第一章→第一節・・・その次は?

よく目次で
第一章○○○
 第一節△△△
 第二節□□□
第二章◇◇◇~
とありますよね?その第一節をさらに分けたい場合、第一何となるのでしょうか。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま手元に「公用文作成の手引き」という冊子があります。
役所で使用する文書規定の本です。

これによると、章、節、項までは皆さんのおっしゃる通り。

さらに、「項目を細別する見出し符号は以下による。」とあります。

第一章 第二章・・・
 第一節 第二節・・・
  第一項 第二項・・・
   第1 第2
    1 2 3
     (1) (2) (3)
      ア イ ウ
       (ア) (イ) (ウ)
        A B C
         (A) (B) (C)
          a b c
          (a) (b) (c)

注1:「第1」を省略して「1」からはじめても良い。
注2:「イ」「ロ」「ハ」「ニ」は用いない。


以上のように書いてありました。
しかし、何にせよ法律で決まっているわけでもないし、通常は
自分の好みで選択して、問題ないと思います。

Q節・章・部など文学の区切りが大きい順は?

いろいろな小説などには3部作とか前編後編とかありますが、
それらをまとめて話を小分けにしていくとどの順が正しい並びに
なるのでしょうか。

私が考えていたのは
1作品>○部作>第○節>第○章>第○話

ただ和英辞典で調べると第1節はparagraphで、第1章第1節はthe first paragraph in Chapter 1
と例文がありました。となると、章の方が節より大きいくくりなのかとも思いました。

正しい並び順を教えてもらえませんでしょうか。

Aベストアンサー

小説などの構成は、文があり、段落があり、その段落が集まって、一つの節を作る。一行あける場合などがそれです。

その節が集まって、章を作る。節の場合、まだ言い足りないことを次の節に回しますが、章は、説明文ではテーマを言い切る、小説などでは、一つの出来事を言い切る。週刊誌、月刊誌にのるような小説は、基本的に章を単位としてますね。

章が集まって、一つの作品=本となる。○部作というのは、この作品には実は続編があるという感じで、作品それぞれでもまとまりはあるのに、全体を通してより大きなスケールで楽しめる、といったもの。

話、というのは、小さい作品のことでしょう。それが集まって、一つの作品になることも考えられますが。

○部作>作品>(話)>章>節>段落>文 でしょうか。

Q小説原稿の冒頭に……

小説を応募したいのですが、
学校の作文みたいに本文原稿の一行目にタイトル・名前をつけるべきか、
別に表紙を作ってタイトル・名前を書くべきか、どちらのほうが一般的ですか?
(それについての記述は応募要項にはありませんでしたので)

また、そういうのがわかりやすく書かれている本があれば
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本文にタイトル・ペンネームがいりますし、表紙にもタイトル・ペンネームがいります。
表紙をつけるから、本文原稿にタイトル・ペンネームがいらないというものではありません。
#1さんの書かれているのは、小説を書き上げてからの作業ということになります。

小説の書き方
http://www.osaka-c.ed.jp/matsubara/KADAI/28KI/Kadair14.htm
作家でごはん!執筆の基礎
http://sakka.org/lesson/
小説の書き方講座
http://www.feel-stylia.com/rc/creative/

上記サイトを見ていただくと判るように、本文原稿を書くにもルールがあります。
1行あけて、2行目に上から3マスあけてタイトルを書き、次の行に下1~3マスあくように名前(ここはペンネームで良い)を入れ、数行(だいたい3行くらい)あけて1マス下げて本文を書き始める。
というのが、小説を書き始める1枚目の正しい原稿用紙の使い方になります。
書き上がったら、表紙とあらすじを書き、表紙には、タイトルと本名とペンネームに出版社の応募要項に書くように指示されているもの(略歴など)を書かなくてはなりません。
そして、表紙・あらすじ・本文原稿を綴じて応募となります。
上記サイトで、大体のことが判るかと思いますが、サイト上に参考文献なども紹介されていますので、それを入手して読むのも良いかもしれません。

蛇足として、女の子向けライトノベル雑誌のコバルトにて、昔、原稿用紙での小説の書き方講座の特集があった時は、
1行あけて2行目を上から5マス目からタイトル。1行あけて、4行目に下1マスあくように名前を入れ、3行あけて8行目に上1マスあけて本文を書き出す。
という解説をしていたことがありましたが、ちょっとイレギュラーな感じなので、あくまでも参考に。

本文にタイトル・ペンネームがいりますし、表紙にもタイトル・ペンネームがいります。
表紙をつけるから、本文原稿にタイトル・ペンネームがいらないというものではありません。
#1さんの書かれているのは、小説を書き上げてからの作業ということになります。

小説の書き方
http://www.osaka-c.ed.jp/matsubara/KADAI/28KI/Kadair14.htm
作家でごはん!執筆の基礎
http://sakka.org/lesson/
小説の書き方講座
http://www.feel-stylia.com/rc/creative/

上記サイトを見ていただくと判るように、本文...続きを読む

Q400字詰め換算枚数とは?

文学賞などに小説を応募する際の質問です。
多くの賞の応募規定に「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」とあるのですが、この正確な意味とは何でしょうか?

質問集を検索してみたところ、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1722848.html
が最も私の質問の答えに近かったのですが、ここでも最終的に意見が分かれています。
つまり
(1)ワープロで20×20字の書式で書いたときの枚数(この場合、改行したときの空白スペースも原稿量に含まれます)
それとも
(2)ワードの機能の「文字カウント」などを使って算出した総文字数を400で割ったもの(例えば90,000文字なら225枚)なのか。
どちらが正しいのでしょうか。
文学賞によって違うのでしょうか。

他のサイトを見てみると(2)の方法は「タブー」との回答もありましたが、正確なところがわかりません。(ちなみに私はこれまでずっと(2)の方法をとってきました)
どうか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に回答が出ていますが。
(1)の方法で計算するのが正しいと思います。

その理由としては、応募規定に、
「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」
とあることからも分かると思います。
わざわざ、「原稿用紙に書いた場合の枚数に換算して、その枚数を書け」と言っているわけですから。
先の回答にもありますが、単なる文字の羅列ではなく、空白も含めての作品ですから、原稿用紙の枚数に換算せよということになるのだと思います。

(2)の方式、つまり何文字書いたかを問題にするのであれば、「文字カウントによって算出された総文字数を明記せよ」という規定になっているはずです。

Q400字詰め原稿用紙換算とページ設定について

小説の公募に応募しようと考えているのですが、400字詰め原稿用紙換算というのがよくわからないでいます。
今までは、単純に書いた文字数(余白は含まない)を400で割っていたのですが、どうもそうではないらしい・・・?ということに気づき、今頃になって慌てています。

400字詰め原稿用紙換算というのは、ワードだと、行数・文字数を「20、20」に設定して、そのとき何ページにわたって書かれているか、という枚数を言うのでしょうか?
そうなると、余白分も文字数としてカウントされている、という状態になるかと思うのですが、その考え方であってますか?
それとももっとややこしい計算をして換算するのでしょうか?

また、応募原稿を郵送するときは、読みやすい設定に直して印刷してしまってもよいものでしょうか?
「20、20」の設定だと読みにくい表示になってしまうのですが・・・。

それと、ワードのページ設定を開くと、「文字数と行数の指定」というところに、「行数と文字数を指定する」「原稿用紙の設定にする」があると思うんですが、どちらを選択した方がよいのでしょうか?
やはり原稿用紙の設定にした方がいいのかとも思うのですが、この二つの違いがよくわからないため不安です。

いろいろと質問してしまいましたが、教えていただけるとありがたく思います。

小説の公募に応募しようと考えているのですが、400字詰め原稿用紙換算というのがよくわからないでいます。
今までは、単純に書いた文字数(余白は含まない)を400で割っていたのですが、どうもそうではないらしい・・・?ということに気づき、今頃になって慌てています。

400字詰め原稿用紙換算というのは、ワードだと、行数・文字数を「20、20」に設定して、そのとき何ページにわたって書かれているか、という枚数を言うのでしょうか?
そうなると、余白分も文字数としてカウントされている、という状態にな...続きを読む

Aベストアンサー

400字詰め原稿用紙換算というのは例えば「400字詰め原稿用紙10枚程度」として説明しますが、単純に400×10=4000文字と考えればいいようですが、実際に原稿用紙に書き込まれる分にはそれ以上も以下もありません。

が、これだけワープロなどが普及した現代では「換算」としないと書き込める条件に個人差=不平等が生じかねないのです。

実際に以下のことを実験としてやってみて下さい。
どこでも文字が沢山あるサイトからでも多量の文字をカット→貼り付けでワープロ画面に取り込んでください。
それを文字数、行数とも20文字×20行とした場合のページ数がちょうど10ページ最終行で終わる文章であったとして、今度はその文字列を40文字×10行に切り替えてみてください。同じく最終行で終わりましたか?

両者とも一枚400文字の用紙に書かれたものでありながら、結果は違ってくるはずです。何が起きたのかと言いますと、「。」句読点のあとは改行する小説等の文章スタイルの場合、その句読点のあとに残る空きマスの数が原稿スタイルによって違ってくるからなのです。

つまり文字数、行数の設定によっては沢山の文字数を書き込めもすれば、逆に少なくしか書き込めない場合もあり得るのです。
先の説明は4000文字程度のわずかな文字数での実験ですが、これが原稿用紙何十枚、何百枚という量でとなりますと設定次第では原稿用紙10数枚の違いとなって出てもおかしくはないでしょう。
極端な話が、1文字×400行を10枚なんて文章を書けば句読点であろうが1文字以上の空白行は一切発生せず、目一杯4000文字の文章を書き上げることが出来るわけです。
ワープロですと小さな文字で見栄え良くかける分、1行の文字数も多く設定できますよね?となると句読点以降の空きマスも多くなりがちとなります。

そこで公募、コンテストなど一定の条件の下で競い合っていただく場合、その辺の不平等感をなくすために、どんな設定で書こうとも総量として「400字詰め原稿用紙換算で何枚程度」とするのだと思います。

ましていずれプロの執筆家となられた際には、お仕事の出版社からは具体的に一冊の書籍や雑誌の中の「○ページ分」が今回の依頼、なんて場面も多々あるのだと思います。
ある程度の求められる文字総量を意識した執筆も求められるのではありませんか?

400字詰め原稿用紙換算というのは例えば「400字詰め原稿用紙10枚程度」として説明しますが、単純に400×10=4000文字と考えればいいようですが、実際に原稿用紙に書き込まれる分にはそれ以上も以下もありません。

が、これだけワープロなどが普及した現代では「換算」としないと書き込める条件に個人差=不平等が生じかねないのです。

実際に以下のことを実験としてやってみて下さい。
どこでも文字が沢山あるサイトからでも多量の文字をカット→貼り付けでワープロ画面に取り込んでください。
それを文字...続きを読む

Q字下げしますか?

小説で一番最初が鍵カッコで始まる場合は字下げじますか?それとも鍵カッコの場合は一番最初でも字下げしないんでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず現状では、カギ括弧に関しては字下げしない、というのが一般的なようです。今の小説をみわたして、字下げしているものはないですよね。

かなり昔の文学作品をみていると、しているものもまれにみかけますが。
でもしていないものもあるようです。

そう考えるとする必要はない、というのが一般的な認識じゃないでしょうか?
私もしませんし。

ちなみに#4の方がいわれている 。」の話ですが。
こちらはきちんと文法で決まりがあって、」はそれ自体が文章を閉じる意味を持っているので、。はつけないというのが決まりです。ですので普通はつけません。

しかし小説の場合、ある程度は文法もある程度は裁量に任させるところもあるので、たまに

「あ。」

といったような短い台詞で、敢えて。をつけているものなどもみかけますね。恐らく間を表現してるのだと思います。

Q小説の章分けについて

 現在、ワードで小説を執筆しており、完成したら何処かの賞に応募しようと思っています。
 で、その小説なんですが、章を区切る時、例えば第一章を終え、第二章を書き始めるときには、残った余白を飛ばし新しいページに第二章を書き始めるべきなのでしょうか?
 それと、応募をする時にはプロローグとエピローグはつけるべきなのでしょうか?
 二つも質問してすみません。解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

章の切り替えで、改ページはしなくても良いと思いますよ。第一章の本文の後一行空けて、第二章、また一行空けるといった具合。ただ一ページ二十行という構成で、十八行目で終わった場合は改ページでも良いと思いますが。
「応募をするときにはプロローグとエピローグ~」と書いてますけど、作品には何枚かの梗概をつけることになっています。プロローグとエピローグを含めて一つの作品に仕上がっているのであれば、問題ないですが。
まずは懸賞生活や公募ガイドなどを買ってきて照準を合わせてみては。

Q小説を書くときのワードの設定

小説を書こうと思っています。ゆくゆくは新人賞などに応募しようと考えています。

そこで小説を書くにあたりマイクロソフトのワードの設定をどうしなければならないか、またどのようにすると書きやすいか教えてください。

解説サイトのリンクを張っていただけてもありがたいです。できるだけまとまっている者がいいです。

Aベストアンサー

特に字数行数の指定がなければ、たとえば40字×30行のページ設定で書くと1ページが1200字になります。これを400字詰め原稿用紙3枚と計算します。換算枚数はこれでOKです。
計算で出した枚数は、実際に20×20で書いたときの枚数よりやや少なくなります。もし規定枚数ぎりぎりまで書く必要があったら、ページ設定をいったん20×20に変更してみると正確な枚数がわかります。(「元に戻す」ボタンで戻ります)

あとは個人の好みもありますが、ワードの縦書き表示で1行を40字に設定すると、パソコンによっては1ページ全体が画面におさまらずはみ出してしまう場合があります。これが使いにくいようだったら、お使いのパソコンの画面サイズに合わせて自分で見やすい字数に設定して書くといいでしょう。
ページ設定はあとからいくらでも変えられます。書くときは横書きにして、印刷時に縦にするという手もあります。

Q純文学の定義って何ですか?

小説を大衆小説とか純文学とかってカテゴライズしますよね。
大衆小説=エンターテイメントと捕らえると、小説の娯楽としての性質上すっきり理解できるのですが、純文学というのが何なのか良くわかりません。
江戸時代の娯楽としての歌舞伎が現代では古典芸能になったように、明治時代の大衆小説としての文芸が現代の純文学になった。
つまり、明治大正昭和的雰囲気の小説のことを指すと考えていいのかなとも思ったのですが、なにか分類の定義か指針があれば、教えてください。

Aベストアンサー

大衆文学ってのは近代の枠の中でやってるもの。
純文学ってのは常に形式を壊していくもの。

とすれば一応の定義はできるかも。
この場合の近代というのは脱構築と対応する意味での近代ということで。

でも純文学の定義って難しいんじゃないすかね。
第一に純文学って誰にでも書けるものというわけじゃないから、そうした客観的なものさしをつくれないし。

あ、あと念のため言っておくと、芥川賞は純文学を担保するものじゃないですよ。
芥川賞がそういうベクトルに機能したのは戦後のごく一時期だけです。
だって最近の、石原が審査員をやるような芥川賞なんて
獲りたいやついるか?って感じだろうし。
ほとんど意義を失ってるみたいです。

Qプロの小説家やライターさんが使っているソフト

初めまして、小説家を目指している者です。

現在、Story Editorというフリーソフトで書いているのですが、このソフトには縦書きの機能がありません。

周知の事実として、日本語の小説と言えば大抵が縦書きで印刷・出版されているものです。

そこで質問したいことが、タイトルにも書いた通りですが、プロの小説家やライターの方たちが使用しているソフト、または推奨するソフトについて知りたいです。

一太郎や秀丸などの縦書きに適したワードソフトが、公式にも使われているのか、またはStory Editorやnami2000のようなフリーソフトで縦書きに対応したソフトも利用されているのか。

新人賞や出版も狙っているので、今のうちにそういったソフトでの執筆に慣れたいとも思っています。

意外にも、小説家志望の方でもこういった知識を持った方は多くないのではと感じましたので、この質問はなかなか意義深いものであると思います。

どなたか知識の提供をお願い致します。

Aベストアンサー

ワードプロセッサー というソフトと テキストエディタ というソフトを分けて考えた方がいいですね。

ワードプロセッサーはつまりWordに代表されるソフトですけど、それは「印刷の見せ方を工夫できる」ソフトなんです。
だから、縦書きとか、脚注とか、書体とか、文字の大きさとか、色をつけるとか工夫して印刷の見栄えをよくするわけです。
でも、それって、「自分でプリントして、見せる」のが前提ですね。

出版社が印刷原稿として印刷会社に渡すのはWordのファイルではありません。
「テキスト原稿」 を印刷専用のInDesignとかQuarkExpressとかの 「ページレイアウトソフト」 に貼り込んで、それで印刷するんです。
だから、本人がWordで縦書きをしても意味がないんです。 メールで送られたテキストですら、縦書きになるんですから。

テキスト原稿を打ち込むためのソフト、それは簡単に言うと「メモ帳」ですよ。
もちろん、ワードだって、基本はテキストエディタなんですが、機能が多機能すぎると開いたり閉じたりするだけでも時間がかかるんです。 改行したら、自動的に番号が付いてしまったとか、よけいなイライラもあるし。
だから、印刷用には軽いテキストエディタで、最低限「文字数カウントは必要」とか需要機能が付いたものを使用して、保存は.text にする。
というのが正解ではないでしょうか。

※キングジムのポメラとかは、テキストを打ち込むために特化された製品ですよね。

ワードプロセッサー というソフトと テキストエディタ というソフトを分けて考えた方がいいですね。

ワードプロセッサーはつまりWordに代表されるソフトですけど、それは「印刷の見せ方を工夫できる」ソフトなんです。
だから、縦書きとか、脚注とか、書体とか、文字の大きさとか、色をつけるとか工夫して印刷の見栄えをよくするわけです。
でも、それって、「自分でプリントして、見せる」のが前提ですね。

出版社が印刷原稿として印刷会社に渡すのはWordのファイルではありません。
「テキスト原稿」 を印...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング