マンガでよめる痔のこと・薬のこと

太宰治の、独白体といいますか、打ち明けるように一人称で書かれた小説が大好きです。
太宰以外の作品で、同じように一人称で書かれたおすすめの小説を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一人称小説は、「主人公の『私』=作者」の色合いが濃いものと、必ずしもそうではないものがあります。

前者はいわゆる「私小説」がその例で、男性の作家に多いです。後者は、演劇や戯曲的と言うか、「主人公の『私』=役者(主演俳優)、作者=脚本家&監督」っぽいイメージで、こちらは女性の作家に多いです。不思議に作家の性別で傾向がはっきり分かれますね。

太宰は当然前者ですので、私小説系の作家さんが良いのではないでしょうか。昔なら志賀直哉。最近だと車谷長吉、南木佳士、佐伯一麦あたりを探してみてはと思います。いずれにしても心に傷を負った人が多いような・・・。

もし後者にも興味があるようでしたら、多和田葉子、柴崎友香あたりをお勧めします。但し、どちらの人も実験的な作風が強いので、初めて読んだら面喰うかもしれません。

多和田葉子さんの一人称作品では「雲をつかむ話」が好きです。
書評
https://www.kinokuniya.co.jp/c/20120929152309.html

あと、二人称(!)なのですが、「容疑者の夜行列車」と言う小説もあって、これも好きです。これを読んでいてもわかるのですが、女性作家の「一人称小説」は、その実体は「二人称小説」ではないかと言う気がします。
書評
http://bookmeter.com/b/4791759737

柴崎友香さんは「パノララ」が傑作だと思います。
書評
http://gunzo.kodansha.co.jp/39016/39317.html
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4884
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
詳しく教えてくださりとても参考になりました。
年末年始は読書漬けになりそうです(笑)
とりあえず書店で名前を挙げていただいた作家をあさってみようと思います!

お礼日時:2016/12/24 19:16

アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」


ミステリーですけど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
海外小説の翻訳された文章も味があって好きです。

お礼日時:2016/12/24 19:06

仮面の告白


三島由紀夫
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
ちょうど今さっき買いました(笑)
読むのがたのしみです!

お礼日時:2016/12/23 19:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一人称で書かれている小説

一人称(主人公視点)で書かれている小説で、オススメのものを教えてください。
日本の本でも外国の本でも、メジャーなものでもマイナーなものでもいいです。
ミステリー・恋愛などなど、ジャンルは問いません。
研究に使う可能性もあるので、ラノベ以外でお願いします。

※村上春樹、伊坂幸太郎、乙一、西尾維新や彼らの作風に似る本は除外していただけると嬉しいです。どうしても肌に合わないので…

過去の質問で出ているものはだいたいチェックしました。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」他
 浮世の画家、わたしたちが孤児だったころ、など。

イシグロ氏は一人称に定評があり
「本人の目、思い込みを通した」事実を認識させたり
それが周囲の認識と違うことを突きつけたり
また、本人の考えの外側に事実があったりというのが得意だと思います。
ご両親は日本人ですが英国人なので、外国人作家扱いになります。

ただ村上春樹とは興味を持ち合っていたり、好んでる作家が重なっていたりもするので
ある意味通じるところがありますが…。
一人称を研究するにはいい作品だと思います。面白いですし。

有吉佐和子「非色」
こちらも、主観による判断とその後知る現実のギャップなど
一人称ならではの面白さがあると思います。
戦後の日本で進駐軍の黒人と結婚した女性。
娘への差別を機に渡米。
日本ではよく見えた米国軍人も、軍役を終え国では下層の生活をしている。
アメリカでの貧困や差別、自分の中に生まれる差別など…。

Q文章の上手い作家の(男性一人称)長編小説を教えてください。

プロの小説家を目指しているものですが、勉強のために、文章の上手い作家の(男性一人称)長編小説を求めています。話も上手く、文章も上手い。おすすめの作品がありましたら、教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

 文章が上手いといえば【藤原伊織】さんですね。『テロリストのパラソル』は江戸川乱歩賞と直木賞のダブル受賞作です。また、『ひまわりの祝祭』なんかも面白いと思います。

 

Qアフタヌーンティによく出されるケーキなどをのせる物の名前?

 こんばんは。
気になって仕方ないのでどなたか教えて下さい。

 自分でもヤフーで見てみたのですが写真はたくさん見かけるのですがそのものの名前までは分かりませんでした。

 アフタヌーンティーなどでよく出される三段くらいの銀食器のようなトレイのようなものの名前を教えて下さい。

 ケーキやサンドイッチやスコーンなんかが一口サイズでのせられて来る奴です。

 気になっていてもたってもいられません。ヤフーで「紅茶」「アフタヌーンティー」などで検索したんですが写真は拝めても名前までは載ってないんです。
ご存知の方どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハイティースタンド(セット)と呼ばれることが多いでしょうかね?
他にもアフタヌーンスタンド、ケーキスタンドなどとも言われますね。

Q400字詰め換算枚数とは?

文学賞などに小説を応募する際の質問です。
多くの賞の応募規定に「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」とあるのですが、この正確な意味とは何でしょうか?

質問集を検索してみたところ、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1722848.html
が最も私の質問の答えに近かったのですが、ここでも最終的に意見が分かれています。
つまり
(1)ワープロで20×20字の書式で書いたときの枚数(この場合、改行したときの空白スペースも原稿量に含まれます)
それとも
(2)ワードの機能の「文字カウント」などを使って算出した総文字数を400で割ったもの(例えば90,000文字なら225枚)なのか。
どちらが正しいのでしょうか。
文学賞によって違うのでしょうか。

他のサイトを見てみると(2)の方法は「タブー」との回答もありましたが、正確なところがわかりません。(ちなみに私はこれまでずっと(2)の方法をとってきました)
どうか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に回答が出ていますが。
(1)の方法で計算するのが正しいと思います。

その理由としては、応募規定に、
「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」
とあることからも分かると思います。
わざわざ、「原稿用紙に書いた場合の枚数に換算して、その枚数を書け」と言っているわけですから。
先の回答にもありますが、単なる文字の羅列ではなく、空白も含めての作品ですから、原稿用紙の枚数に換算せよということになるのだと思います。

(2)の方式、つまり何文字書いたかを問題にするのであれば、「文字カウントによって算出された総文字数を明記せよ」という規定になっているはずです。

Q三人称視点(完全客観型)の許される範囲

登場人物の心理描写や過去など一切語らない完全客観型についての質問です。
見たまま、ありのままを伝えるこの視点ですが、こういった場合はその内に入るのでしょうか?

「いつも暗かった彼女が、紙とペンを持った途端生き生きとしだした。どうやら絵が得意なようだ。」

これは完全客観型ですか? 最後の「~なようだ」は個人的な予想や推測が含まれていませんか? こういうのはダメなんですよね? もうひとつ、

「Aは台所にお湯を沸かしに行った。途中、B子から電話がかかってきて、『お風呂も沸かしといて』と頼まれた。Aは溜め息を吐いた。どうやらまた、あの臭い女が来るようだ。」

"~のようだ。"←これって許されるのでしょうか? B子が家に来るとしても、臭いとは限りませんし、あくまで語り手の予想ですよね。こういった"予想"が許されるのなら、「~に違いない」とか「~だろう」とかもOKになります。
小説を書いているんですが、どこからどこまでOKなのかわからなくなってしまいました。
全部教えてとは言いません。いま例に挙げた"予想"や"推測"がOKなのかNGなのかどうかだけでも知りたいです。
よろしくおねがいします。

登場人物の心理描写や過去など一切語らない完全客観型についての質問です。
見たまま、ありのままを伝えるこの視点ですが、こういった場合はその内に入るのでしょうか?

「いつも暗かった彼女が、紙とペンを持った途端生き生きとしだした。どうやら絵が得意なようだ。」

これは完全客観型ですか? 最後の「~なようだ」は個人的な予想や推測が含まれていませんか? こういうのはダメなんですよね? もうひとつ、

「Aは台所にお湯を沸かしに行った。途中、B子から電話がかかってきて、『お風呂も沸かしといて...続きを読む

Aベストアンサー

人によって多少用語は異なるのですが、質問者さんが聞いておられるのは、いわゆる「外的視点の小説」、どの人物の内面にも入り込まない、ちょうどヘミングウェイの『殺し屋』のような小説を考えておられるのですね。

厳密な外的視点で記述しようとするならば、作家による心理分析も、内的独白も、「予想も推測もだめです。彼は思った」「感じた」「内心、そう思った」という表現の一切は不可能になります。

> 「いつも暗かった彼女が、紙とペンを持った途端生き生きとしだした。どうやら絵が得意なようだ。」

まず「暗かった」がだめです。暗いという評価はいったい誰のものなのか。
「生き生きと」もだめです。「得意なようだ」ももちろんだめです。

> どうやらまた、あの臭い女が来るようだ。

これは内的独白なので、カギ括弧にくくって「独り言」にしてしまえば大丈夫です。内的独白を地の文に紛れ込ませることはNGです。

作家は作中人物や舞台設定について、「見えるもの」を描写することができるし、過去の出来事の要約もできますが、人物の思想や内面(どんな性格であるか)、それに、出来事についての感想を伝えることはできません。けれど、それら以外のことならなんでもできます。

ですので、行動そのものよりも、行動に対する人間の反応の方が重要となるような心理的な物語には適しませんが、作家は人物の心の外にいて、外的な事件については全知です。人物の過去や現在について、読者の欲しい情報は、何でも与えることができます。

このスタイルを確立したのはダシール・ハメットで、彼の作品は厳密に規準が設けられていますので、おそらく参考になると思います。どれでも良いので、一度手に取ることをおすすめします。うまく使いこなせば、劇的で、ワイルドな効果をあげることができると思いますので、がんばってみてください。

人によって多少用語は異なるのですが、質問者さんが聞いておられるのは、いわゆる「外的視点の小説」、どの人物の内面にも入り込まない、ちょうどヘミングウェイの『殺し屋』のような小説を考えておられるのですね。

厳密な外的視点で記述しようとするならば、作家による心理分析も、内的独白も、「予想も推測もだめです。彼は思った」「感じた」「内心、そう思った」という表現の一切は不可能になります。

> 「いつも暗かった彼女が、紙とペンを持った途端生き生きとしだした。どうやら絵が得意なようだ。」

...続きを読む


人気Q&Aランキング