こんにちは。友人が探している絵本なんですが、検討がつかないので皆さんにお尋ねしたいと思います。2冊あるのですが、「著者は男性で自分の博物館を持っているらしい。その方が書いた絵本」「著者はおじいさんで美智子様がファンでいらっしゃる影絵の絵本」だそうです。どなたかご存じの方がいらっしゃいましたらお返事お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



・著者は男性で自分の博物館を持っているらしい
・著者はおじいさんで
というところからすると「藤城清治さん」ではないかと思うのですが・・・・
長野の白樺湖近くに影絵美術館があります。
本のタイトルについてはちょっとわかりませんが、名前で検索してみてください。

参考URL:http://www.seiji-fujishiro.co.jp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。長野まで行けたら是非立ち寄ってみたい場所です。(九州なので・・・)説明が悪かったようで申し訳ありませんが、博物館を持っている作家さんについての情報がまだ得られていません。お心当たりがありましたら、こちらのほうも是非教えてください。

お礼日時:2001/11/26 14:58

「著者は男性で自分の博物館を持っているらしい。

その方が書いた絵本」……たぶん沢山のお名前があげられると思いますが、ひとつの可能性として……

葉 祥明(よう しょうめい)さんではないでしょうか。北鎌倉に<葉祥明美術館>をもっていらっしゃるそうです。絵本の紹介ページを参考URLに記しておきます。

参考URL:http://www.sunmark.co.jp/whats_new/tears_books/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく行ってきました。若いお母さんたちに人気の作家さんということで、友人も最近出産したばかり。きっと喜んでくれると思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/27 11:47

たぶん、藤城清治さんの影絵だと思うのですが・・・。


『ぶどう酒びんのふしぎな旅』などが有名です。
*藤城清治影絵美術館
http://cert.shinshu-u.ac.jp/cl/museum/94e1908b.htm

*藤城清治さんのプロフィール
http://www.aa-net.co.jp/artistprofile/youga/s-fu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく行ってみました。「見たことある!」が第一印象で、たぶん友人はこれのことを言っていたのかなと思います。影絵とは思えない美しい絵で、藤城さんは「影ではなく光を描いている」とおっしゃっています。私もファンになりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 14:54

>「著者はおじいさんで美智子様がファンでいらっしゃる影絵の絵本」


http://www.nifty.ne.jp/forum/flitrans/yamaneko/o …

これかな??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。THE ANIMALS(どうぶつたち)という絵本ですね。切り絵ということですが、素敵な絵本なので友人にさっそく紹介したいと思います。私も読んでみたいです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 14:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絵本1冊と児童書1冊探してます

80年代に妹が幼稚園から毎月(?)持って帰ってきた薄い絵本で、女の人がテーブルの上にメモを置いて、そのメモに書かれてる通りに探していくと、またメモがあって。。。という繰り返しで最後にプレゼントがある。という感じ(違うかもしれませんが)の絵本なんですが、タイトルを御存じの方はいらっしゃいませんでしょうか?

それから、80年~90年代前半にかけて出版されていたであろう、児童書なんですが、女の子が住む家の周りが真っ暗になってしまって、女の子が一生懸命太陽を取り戻すみたいな話しで、黒猫も出てきたような気がします。絵が怖くて嫌いだったのですが、どうしても欲しいので、タイトルがわかるようでしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

 絵本の方は「きょうはなんのひ?」だと思います。これは私の家にもあったので自信があります。

 児童書の方はちょっとわからないです。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=00970587

Q絵本2冊を探しています!

もう10年以上も前に見た絵本を2冊探しています。一つは外国の絵本で、主人公は小さな女の子、ペットの犬か猫が出てきます。本は全体的に紫とかピンクとかの色調でした。(絵は結構リアルだったように思います。)ストーリーはうろ覚えですが、女の子がお留守番しているのかなんかだったと思います。本の中で階段が出てきます。う~ん、これも断片的に記憶しているので、何で出てくるのかわからないです・・。すみません・・。
もう一つは、これも外国の絵本だったと思うのですが、男の人が笑い茸を食べてしまって笑いが止まらなくなるというストーリーが組み込まれています。絵自体はそんなに複雑ではなかった気がします。
2冊ともヒントが乏しくて難しいと思いますが、よろしくお願いします。。。

Aベストアンサー

既にご存知かもしれませんが、
EasySeek掲示板  あの本のタイトルが知りたい
http://www.easyseek.net/bbs/index.php3?act=tpc&c_no=24
という掲示板があります。
いろいろな人が見て調べてくれるので、書き込みしてみてはいかがですか?

参考URL:http://www.easyseek.net/bbs/index.php3?act=tpc&c_no=24

Qあなたの心の一冊(絵本)

こんにちは。
私は最近絵本の世界にはまってしまい、かたっぱしからいろいろな絵本を読んでいます。

けっこうたくさん読んだつもりですが、まだまだ世の中には楽しい絵本、感動する絵本が山ほどあるにちがいない!

・・・というわけで質問です。
あなたの心のNO.1の絵本を教えて下さい。

えーと、私の場合、
☆どうぞのいす
☆おつきさまおやすみなさい
☆おおきなおおきなおいも
☆キャベツくんとブタヤマさん
がNO.1!!(四冊もあるけど・・・)

書き忘れましたが、大人が読んでも感動できる、おもしろいとおもわれるものをご紹介ください。(作者不明、タイトルうろおぼえでもかまいません)
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

↓のikb-ykrです。
よだかの星木目バージョンについて。うちに帰って見てみました。
宮沢賢治 (著), 中村道雄 (挿絵) 偕成社 でした。
他に,偕成社の絵本では中村道雄さん挿絵のものがけっこうあるようです。

※出版社だけ見るつもりだったのに,また読み返してうるうるになってしまいました。
※それから,「きつねのざんげ」安野光雅 岩崎書店をおすすめするのを忘れていたこともついでに。哲学的な大人の絵本です。超おすすめ。

Q絵本のタイトル(2冊)教えてください。

1つ目は、名がない虫が蜂に憧れ、葉っぱをつたって行き、最後にお尻に光をもらい『ホタル』になったみたいな内容でした。外国の作者だったような気がします。

2つ目は全く情報がないのですが・・
お母さんの料理の邪魔をする事はいけない
など「これは悪い事」か「やってはいけない」ことが描いてある本です。

自分なりにネットなどで探しましたが(今も図書館で探してきました)さすがに情報が少なくヒットならずでした。
ホタルの方は探せると思ったのですが・・
2つ目は、ほとんど諦めている状態ですが、似たような絵本でも、内容は同じ感じだよなんて本があったら、是非教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が子供の時に読んでいたマンロー・リーフさんのシリーズが似ているような気がします。

「みてるよみてる」
いじめっこ、ちらかしや、等悪い子の例がたくさん出てきます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4051047121/249-5742268-1725906

「おっとあぶない」
「あぶないことをしないのはいくじなしだ!とおもっているこは、あたまがからっぽ!」という出だしの、危ない事の例が出てくる本です。
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4894323087

ここに絵が出ています。線のみで書かれていて、子供心に、まずは「面白い絵だな」と興味を持ち、それから内容に興味を持ち、手放せない3冊になりました。
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=4121

「けんこうだいいち」
「げんきな からだは ふだんが だいじ」と日常生活での健康に関する本です。
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4894323079/

私が子供の時に読んでいたマンロー・リーフさんのシリーズが似ているような気がします。

「みてるよみてる」
いじめっこ、ちらかしや、等悪い子の例がたくさん出てきます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4051047121/249-5742268-1725906

「おっとあぶない」
「あぶないことをしないのはいくじなしだ!とおもっているこは、あたまがからっぽ!」という出だしの、危ない事の例が出てくる本です。
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4894323087

ここに絵が出ています。線のみで書...続きを読む

Qお父さんと子供が主人公の絵本&皆さんお勧めの1冊

こんにちは。
現在海外で育児をしています。(子供は3歳)

日本の絵本は15冊くらい持っています。
ふっと気になったことが、たまたま私の持っている絵本の中でお母さんと子供が触れ合う絵本は多いことです。

よるくま
→子供が寝る前にお母さんと話す。よるくまはお母さんを探す。
はじめてのおつかい
→お母さんに頼まれて子供が一人でお買い物へ。

是非読んでみたいのが、お父さんと子供が何かをする絵本です。(冒険や遊びに行ったり)

皆さんの知っているお父さんと触れ合う絵本を教えてください。
後、これは一押しの絵本もお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。大学時代に児童文学を勉強していて、一時期は父子関係にテーマを絞って読んでいました。この質問を見て懐かしくなったので答えさせていただきます。

ウルフ・スタルク『パパが宇宙を見せてくれた』
:お父さんと息子が夜の散歩に行く、シンプルなお話です。知的で笑えるところもあり、小さいお子さまと一緒に読むのに向いていると思います。

ウルフ・スタルク『ちいさくなったパパ』
:お父さんが子供になってしまい、自分の息子と遊ぶお話です。最後、少し大人向けの描写があるので、お子さまに読み聞かせる時はそこを省いたほうがいいかもしれません。

ウルフ・スタルク『シロクマたちのダンス』
:お子さまがもう少し大きくなった時におすすめです。夫婦の離婚・別居ではなればなれになった父親と息子が、不器用ながらも一生懸命に心を通わせるお話です。似たテーマの『夜行バスに乗って』も続けて読むと良いかと思います。

ラグンヒルド・ニルスツン『うちへ帰れなくなったパパ』
:さらっと描いてありますが、現代的で考えさせられる本です。引っ越しの後、家族の待っている家へなぜか帰れなくなってしまったお父さんのお話です。

リリアンヌ・コルブ『パパが金魚になっちゃった!』
:子供同士の関係を軸としたドタバタ劇ですが、その中にも、お父さんの幸せを願う息子の気持ちが表れていて素直に感動できます。

WJM ウィッパースベルク『空の散歩にさよなら』
:失業・いじめなどテーマは暗いですが、装丁も文章もとても美しい本です。お父さんと一緒に空を飛べるようになる、という誰もが憧れるシチュエーションを、とてもシビアでネガティブに描き出しているところが特徴です。

ベバリィ・クリアリー『ラモーナとおとうさん』
:このシリーズはどれも子供が活き活きしていて好きですが、「家族を思う」描写が特に秀逸だと思います。娘から見た父親、父親と母親・・・それぞれの関係が温かく描かれています。

・・・と、思いつくままに挙げてしまいましたが、もしご存知でないタイトルで、お好みに合いそうなものがありましたら、読んでみていただけたらと思います。

こんにちは。大学時代に児童文学を勉強していて、一時期は父子関係にテーマを絞って読んでいました。この質問を見て懐かしくなったので答えさせていただきます。

ウルフ・スタルク『パパが宇宙を見せてくれた』
:お父さんと息子が夜の散歩に行く、シンプルなお話です。知的で笑えるところもあり、小さいお子さまと一緒に読むのに向いていると思います。

ウルフ・スタルク『ちいさくなったパパ』
:お父さんが子供になってしまい、自分の息子と遊ぶお話です。最後、少し大人向けの描写があるので、お子さ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報