いつだったかTVの情報番組で見たんですが、住宅販売会社が最近独自に開発した小型スピーカーがとても良いものだったので、なんとか購入したいと思い質問しました。

それは、CD・MDプレーヤーにすぐつなげられ、通常よくある左右に開くものや、二つに分かれている小型のスピーカーに形は似てるんですが、より良く響かせるために壁や家具に吸着させることが出来るんです。
開発担当者の説明では、その吸着させた物体に音が振動し、大太鼓の残響のように、耳だけでなく身体に直接音を伝えることが出来るそうです。もちろんフラットに置いても使用できますが、その方がより音が良いようですね。

開発者の方がTVに出てたんですけど、「電気機器に強いメーカーなら、思いついてすぐ開発することが出来ただろうけど、ウチは住宅専門なので、思ったとおりのものが出来るまで数年という年月が必要となりました」と苦労話をしていましたよ。

その番組も時期もまったく綺麗に忘れてしまったので、もしこんな小型スピーカーをご存知なら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おそらく参考URLで紹介されている「SANEI HOUSE の CEMI」だと思います。



参考URL:http://www.wince.ne.jp/bbs/idxView.asp?PID=24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

asucaさん、素早い回答ありがとうございます。

これこれ、これですよ~(感涙)!
形も色も覚えたいたとおりのものです。値段までは覚えていなかったので、あまりにお安く、これでもっと購入しようと決意しました。
質問してすぐビンゴの回答がいただけてとっても嬉しいです。
ホントにありがとうございました。

お礼日時:2001/11/30 15:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QKENWOOD ケンウッド ステレオアンプ DA-07より良い音の出る小型アンプを教えて下さい。

ずいぶん古い機種のKENWOOD DA-07というアンプを愛用しています。
以前中古で入手してから、今までずっと手放せずに来ました。
用途は主にWAVやMP3の音楽を聞くためで、現在の接続状況は下記の通りです。

PC→HDMI→モニター→モニターMDT242WGの光出力→DA-07光のLINE STRAIGHT→ヘッドフォン
PCでの再生はfoover2000で、いい音が出るとネットで読んで、WASAPIというモード?で再生しています。

素人の私が聞いても(たとえ128のMP3だったとしても)iPhone等よりも明らかに深み?のあるたくさんの音が出ているような気がして、クォリティ?的にはこれで満足しています。
今はもうありませんが、CDプレイヤーを持っていた時にも、これと光で繋いで聞いて、満足していました。
ただ、とにかく重く、取り回しが悪いです。

時代の流れから、同等のいい音が出せる、もっと軽くて省スペースなアンプが出ているのでは…と思いて、質問させて頂きました。
また、ブルーレイ再生時に24Kがなんとか?と言うメッセージが出て(すみませんうまく再現できませんでした)音が出ない時があったりします。
でも、それよりなにより、重くて大きいところが一番の悩みです。

まったくの素人で、仕様もよく調べず、乱暴な質問ですみません。

家電店などでヘッドフォンで視聴してみた時期もあるのですが、外部の音がうるさいのと、音源が違うう(手持ちのiPhone等をミニジャックで繋いで聞かせてもらう)のと、使っているヘッドフォン自体が違うのとで、比較出来ませんでした。

ちなみにスピーカーから出力する機会は、ほぼありません。(今現在もスピーカーを接続していませんん。)
聞く音楽のジャンルは、ごく普通のボーカル等です。クラシック等は聞きません。
メーカーにこだわりはありませんが、ずっとKENWOODだったので、出来れば同じだと嬉しいです。
でも、目的に合えばどこのメーカーでもいいです。
金額的には中古で3万円くらい、新品で5万円以下くらいまでで抑えたいのですが、もっと高いものでも絶対いい!と言うものがあれば、参考までに教えて下さい。
(ただ、私の目的が目的ですので、勿体無いでしょうか?)
今の音を下限として、それより上ならとりあえず満足です。

どなたかお詳しい方、おすすめのアンプがあれば教えて下さい。
どうか何卒宜しくお願い致します。

※画像はネットにあった他者様のものですみません。形の確認とお考え下さい。

ずいぶん古い機種のKENWOOD DA-07というアンプを愛用しています。
以前中古で入手してから、今までずっと手放せずに来ました。
用途は主にWAVやMP3の音楽を聞くためで、現在の接続状況は下記の通りです。

PC→HDMI→モニター→モニターMDT242WGの光出力→DA-07光のLINE STRAIGHT→ヘッドフォン
PCでの再生はfoover2000で、いい音が出るとネットで読んで、WASAPIというモード?で再生しています。

素人の私が聞いても(たとえ128のMP3だったとしても)iPhone等よりも明らかに深み?のあるたくさんの音が出てい...続きを読む

Aベストアンサー

>PC→HDMI→モニター→モニターMDT242WGの光出力→DA-07光のLINE STRAIGHT→ヘッドフォン

で、スピーカーを接続する計画もないということであれば、「DA-07」の機能は「DAC」(デジタル/アナログ変換)と「プリアンプ」とうことですね。

 それであれば、将来を考えて、ハイレゾに対応した「USB-DAC付きヘッドフォンアンプ」が対象ではないかと思います。
 パソコンのデジタル音源を活用するのであれば、中古ではなく、最新のスペックのものを探した方がよいように思います。
 例えばこんなサイトで探してみてはいかがでしょうか。
http://kakaku.com/kaden/headphone-amp/

 たとえば、
http://kakaku.com/item/K0000506456/
http://www.korg.co.jp/Product/Audio/DS-DAC-10/

http://kakaku.com/item/K0000361793/
http://www.ratocaudiolab.com/product/ral/ral_24192ha1/

http://kakaku.com/item/K0000619722/
http://teac.jp/product/ud-301/

http://kakaku.com/item/K0000080612/
http://www.fostex.jp/products/HP-A3/

>PC→HDMI→モニター→モニターMDT242WGの光出力→DA-07光のLINE STRAIGHT→ヘッドフォン

で、スピーカーを接続する計画もないということであれば、「DA-07」の機能は「DAC」(デジタル/アナログ変換)と「プリアンプ」とうことですね。

 それであれば、将来を考えて、ハイレゾに対応した「USB-DAC付きヘッドフォンアンプ」が対象ではないかと思います。
 パソコンのデジタル音源を活用するのであれば、中古ではなく、最新のスペックのものを探した方がよいように思います。
 例えばこんなサイトで探してみては...続きを読む

Q小型で音のある程度良いスピーカー

現在LSF-777というKEN WOOD のスピーカを使っていますが
もうすこしコンパクトなスピーカーが欲しいです

お勧めのものがありましたら教えくれませんか

Aベストアンサー

http://www.bose-export.com/products/m3/index.html
↑BOSEから超小型で高音質なスピーカーが出ています。ただ、値段も5万とかなりのものですが・・・

Q小型スピーカーで前面が金属でのようなもので出来ているタイプ物はありまえ

小型スピーカーで前面が金属でのようなもので出来ているタイプ物はありまえせんでしょうか?
自宅で猫を複数飼っていますので、前面がネットだとバリバリと爪を研いでしまいます。
(多分ですが、間違いなく)
そこで質問なのですが、小型、床置きで比較的音が良いタイプのスピーカーは、販売されているでしょうか?
出来れば壁には据え付けたくないので床か棚に置いて使いたいと思っています。
ちなみに主に聞くのはジャズになります。

Aベストアンサー

市販のスピーカグリル(金属製)装着、または適当な金属ネットを貼る、または既出の様にデザイン性の良い籠、仕切り素材を工夫。
JazzならJBL Control 1をお奨めします。とにかく小気味よい。
一応金属ネットですが前述の工夫で保護しておいた方が良いと思います。

Q「FRISK小型アンプIC内蔵スピーカー」の作成を考えています。小型ア

「FRISK小型アンプIC内蔵スピーカー」の作成を考えています。小型アンプICの簡単な回路図があったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり詳しくは知りませんが、ICを使うなら回路図で頭を悩ますようなことは、まずありません。ICのデータシートには標準的なアプリケーションが書かれているので、それに従えば十分です。というか、機能ICでそれ以外の回路図を書くというのは、ふつう、ありません。

そんなことはどーでも良くて、この手の「小ささ勝負」系の工作は、むしろ実装技術の方が重要でしょう。1mmたりとムダにはできないので、どれだけ合理的かつコンパクトに実装できるか、という方が問題になります。もちろん、各パーツも小型品を見つけて入手するとか、場合によっては基板を起こしてチップ部品を使うとか、そういう話になってくるでしょう。

ということで、回路図自体は使うICを決めれば自ずから決まります(データシートを見るだけ)。

使えそうなICというと、1.0Vでも動作するNJM2076、1.8Vまで使えるNJM2073辺りならネット通販で簡単に入手できそうです。

NJM2076は外付けのトランジスタが2個必要なので、ややスペースを取ります。トランジスタはチップ部品の方が良いですが、データシートにある2SA1313のOランク品は入手が難しいかも。2SA1015を使った作例もあるので、その辺りと同等のチップ品でいけるかも知れません。

NJM2073は、無信号時消費電流がやや大きいですが、まあ問題ないでしょう。

いずれも、出力のカップリングコンデンサは、どうせフリスクのケースに収まるスピーカーに低音は再生できないので、100uFくらいでも良いかと。耐圧4Vくらいなら高さ5mmの小型品があります(ニチコンやニッケミ)。

入力のボリュームは、携帯機器用の偏平品があれば、実装次第で入るかどうか。ムリなら抵抗分圧で適当に減衰させておいて固定ゲインで。

電源は、スペースを確保するためにボタン電池(CR2025かCR2032あたり)にした方が良いかも。だいたい150~200mAhくらいの容量だと思うので、数時間なら十分保つと思います。

あとは、いかに小さな部品を手に入れるか、どれだけ実装密度を挙げられるか(こちらは作る人の技術、経験の問題)でしょう。

あまり詳しくは知りませんが、ICを使うなら回路図で頭を悩ますようなことは、まずありません。ICのデータシートには標準的なアプリケーションが書かれているので、それに従えば十分です。というか、機能ICでそれ以外の回路図を書くというのは、ふつう、ありません。

そんなことはどーでも良くて、この手の「小ささ勝負」系の工作は、むしろ実装技術の方が重要でしょう。1mmたりとムダにはできないので、どれだけ合理的かつコンパクトに実装できるか、という方が問題になります。もちろん、各パーツも小型品を見つ...続きを読む

Q大型スピーカーと小型スピーカーのスタンドの違い

小型ブックシェルフからyamaha 690のスピーカーへ変更予定です。

前回に、ネットで調べて以下の3つの点をポイントにして、現在、使用の小型ブックシェルフ用にタワー型の自作スタンドを製作しました。

(1)ツィーターが耳の高さ位置にくる
(2)スピーカーの置き台の大きさは、スピーカーの底面の大きさに合わせる
(3)重量を増やすのに、柱の部分は砂などを充填する

机の椅子に座った時状態でセッティングするので、スタンドのみの高さで60cmにして、柱のの部分を大きくして、そこに砂を充填して、起き台をns690の底面に合わせて、小型のスタンドのときと同じ過程で製作する予定です。


しかし、30cmくらいのウーハーになるとあまりスタンドを高くしないほうがいいのかなと疑問に思っています。

なぜなら、ネットで数十分ほど調べた程度ですが、大型のスピーカースタンドになるとタワー型の形状ではなくて、正方形のビール瓶ケース形状のものが目に入りました。

ブックシェルフ型の大型スピーカーのスタンド と ブックシェルフ型小型スピーカーでは、スタンドの形状や考え方(ツィーターは耳の高さにくるのが良い)は違ってくるのでしょうか。

小型ブックシェルフからyamaha 690のスピーカーへ変更予定です。

前回に、ネットで調べて以下の3つの点をポイントにして、現在、使用の小型ブックシェルフ用にタワー型の自作スタンドを製作しました。

(1)ツィーターが耳の高さ位置にくる
(2)スピーカーの置き台の大きさは、スピーカーの底面の大きさに合わせる
(3)重量を増やすのに、柱の部分は砂などを充填する

机の椅子に座った時状態でセッティングするので、スタンドのみの高さで60cmにして、柱のの部分を大きくして、そこに砂を充填して、起き台をns690の...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>(1)ツィーターが耳の高さ位置にくる
あまり拘らなくても良いですが、私も自作で60cm高のスタンドにこのスピーカーを乗せていました。

NS690は初代のものだと思いますが、このスピーカーは左右対称ではないので、楽音の出所がやはりスピーカーユニットの配置にあわせて傾きます。そのこともあって、セッティングをとことん追及するタイプのスピーカーではない→「あまり拘らなくても良いです」という意味です。
60cm高のスタンドに乗せると、密閉型ということもあり、締りの良い低音が聞けるでしょう。設置する部屋環境によっては低音が量的に物足りないかも知れませんのでトーンコントロールでBASSを持ち上げて使う事になります。私の場合実際かなり低音を補正していました。
このスピーカーの特徴は、制動がよく効いて余分な音が鳴り過ぎず立ち上がりも良く、音量による質の変化が少なく、音場はスピーカーより後ろに広がるタイプで、オーケストラや合唱でも音が団子に成る様な事はありませんがピアノとか室内楽など楽器個々がそれぞれ主張するような音源にすばらしい再現を見せてくれました。ソフトドームですが強靭なウーハーもあって当時の国産スピーカーの中では高い解像度を持ってました。この鳴りっぷりがコンパクトに成ってモニタースピーカーとして一世を馳せるNS10Mに引き継がれたのです。
NS1000M以前のヤマハでは渾身のスピーカーでしょう。
高い解像度を邪魔するぺらぺらで共鳴してしまうような台でなければ、セッティングに神経質じゃないほうで使いやすいスピーカーですよ。
ちなみに、私が試聴で惚れ込んで、自分の稼ぎで買った最初のスピーカーです。
まもなく発売40年が来るんですね。良い状態が保たれていることを祈ります。

こんにちは。
>(1)ツィーターが耳の高さ位置にくる
あまり拘らなくても良いですが、私も自作で60cm高のスタンドにこのスピーカーを乗せていました。

NS690は初代のものだと思いますが、このスピーカーは左右対称ではないので、楽音の出所がやはりスピーカーユニットの配置にあわせて傾きます。そのこともあって、セッティングをとことん追及するタイプのスピーカーではない→「あまり拘らなくても良いです」という意味です。
60cm高のスタンドに乗せると、密閉型ということもあり、締りの良い低音が聞けるでしょ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報