痔になりやすい生活習慣とは?

先週の土日に1泊でいつも利用している
ペットホテルに愛犬2匹を預けました。
その後迎えに行き家に連れて帰ったら、1匹の子の
声がいつもと違い、吠えても息が漏れるような、
かすれた声で鳴きます。今まで預けてもこんな事は
なかったのに。。。
ちなみに、吠え方以外はいつもと変わらず元気です。
吠えすぎて声が枯れたのでしょうか?
どなたかご経験のある方アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 可能性のひとつとして風邪と言うのもあります。


単に声がかれただけとも言えます。ただ、犬の場合、ギリギリまで
体調不良などの訴えをせず、怪我しても気づかないケースがあったりします。
うちの子が風邪と診断された時、食事もいつもどおり取って居て元気な状態でしたが、
トイレの回数が増えたり、水を大量に飲んだりしてたので、不振に思って
病院につれていきました。自分でも『この程度で病院につれてくか?』と
疑いの言葉を何度も投げかけたのですが、悩んでも分からなかったので、
取りあえず病院で健康診断のつもりで連れて行きました。風邪の初期症状だったので
軽い薬と食事の見直し程度で済みました。
この土日、急に寒くなったので、風邪の犬猫さん、多い様ですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
週末は本当に寒くなりましたね、なるほど風邪の
可能性もあるんですね。
様子を常に観察することは大切ですね、
もう少し様子を見てみたいと思います。

お礼日時:2005/12/19 11:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬の声がかれるのは?

5歳になるオスの黒ラブを飼っています。
旅行などに出掛けるときは動物病院に隣接するペットホテルや警察犬の訓練学校のどちらかに預けるのですが、毎回帰ってくるたびに犬の声がかれています。度合いとしてははっきりワンとも言えないほどで、家に戻るなり水を大量に飲みます。
最初の頃は“淋しくて吠え続けたのが原因”で声がかすれたんだろうと思っていたのですが、初めて獣医さんに預けたある日、『ゲージを強引に開けるので鼻の頭は擦り剥いてしまうし、一晩中吠え続けていたので大変だった』と言われことがありました。獣医さんのペットホテルにしても警察犬学校にしても預けているのはいわゆる動物扱いのプロたちなので安心していたのですが、今回同じ獣医さんに預けると『全く泣かずにおりこうにしていましたよ』と言われました。もちろん鼻の頭に傷もありませんでしたが、なんだかゲージから出てくる様子も元気がなさそうでやはり声が出なくなっていたので『もしかしたら“プロ”たちゆえに何か特別な薬を投与されたのでは。。。』ととても心配になってきました。いかがでしょうか?色々なサイトで検索をかけて見ましたがそういったものはみつけることができませんでした。ご存知の方、もしくは経験者の方が見えましたらご回答いただけると幸いです。よろしくお願い致します。

5歳になるオスの黒ラブを飼っています。
旅行などに出掛けるときは動物病院に隣接するペットホテルや警察犬の訓練学校のどちらかに預けるのですが、毎回帰ってくるたびに犬の声がかれています。度合いとしてははっきりワンとも言えないほどで、家に戻るなり水を大量に飲みます。
最初の頃は“淋しくて吠え続けたのが原因”で声がかすれたんだろうと思っていたのですが、初めて獣医さんに預けたある日、『ゲージを強引に開けるので鼻の頭は擦り剥いてしまうし、一晩中吠え続けていたので大変だった』と言われこと...続きを読む

Aベストアンサー

以前犬を外で飼っていたとき大型犬で吠える声も大きく近所から苦情がありました。いろいろしつけても警戒心の強い犬なので、どうしても見知らぬ人や車が通ると吠えてしまい(ある意味当たり前の本能なのですが)、ほとほと困り首輪に静電気程度のショックを与える機械が付いているもの(吠えるとビリッとする)をつけたことがありました。その頃はまだガスが出るアボアストップなども発売されていませんでした。その首輪をつけると恐怖のあまり吠えることは無かったのですが、もうすっかりおびえて元気がなくなり震えてしまうほどでした。そのせいでしばらく普通の首輪をはじめ、レインコートなど身に着けるものすべてを恐れるようになりました。もう大いに反省し、犬は室内で飼うことであっさり問題回避となりました

多分、あまりにも吠えるので、まさか電気ショックの首輪ではないと思いますが、アボアストップなど冷たいガスがシュッと出てびっくりさせて吠えなくさせる首輪をつけられたのではないかと想像します。ナイーブな子だと(吠える子はナイーブだということですよね)ショックで元気を失う可能性があると思います。まさか何か薬を飲まされたということは無いと思いますが。いずれにしても飼い主としてはちょっと複雑な心境ですよね。うちも留守番のときにケージに入れていたら出たがって鼻が真っ赤にずるむけていてびっくりしたことがあります。

以前犬を外で飼っていたとき大型犬で吠える声も大きく近所から苦情がありました。いろいろしつけても警戒心の強い犬なので、どうしても見知らぬ人や車が通ると吠えてしまい(ある意味当たり前の本能なのですが)、ほとほと困り首輪に静電気程度のショックを与える機械が付いているもの(吠えるとビリッとする)をつけたことがありました。その頃はまだガスが出るアボアストップなども発売されていませんでした。その首輪をつけると恐怖のあまり吠えることは無かったのですが、もうすっかりおびえて元気がなくなり震...続きを読む

Q吐きそうで吐かないんですが…。

ウチのビーグル(♀5ヶ月)が、オエっ・オエっと吐きそうな動作を続けています。

吐きそうで吐かないので、きつそうです。食欲や元気は十分にあります。エサの量も適量を与えています。
他の方の症状と違い、実際には吐かないので、何か喉にひっかかっているのかなぁ、などと心配しています。

長引くようでしたら病院に連れて行きますが、このような症状を経験された方がいらっしゃれば、原因や対策について経験談をお聞かせ願いたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たぶん、消化器の病気(胃炎など)ではなく、呼吸器の病気だと思います。 できれば早めに動物病院で診察されることをお勧めします。

「のどに何か引っかかった」+「吐き気」+「ゲエゲエ」+「食欲がある」=「咳」の可能性が高いですね。ツバだけ最後に吐く場合もあります。

その場合に最も考えられる病気は「ケンネルコッフ」という、「気管支炎」の一つです。用語検索で簡単にでてきます。
治療をすれば治りますので、獣医さんに相談して下さい。

なお、体力のない時にもかかりますが、伝染力が強いので、特に数ヶ月の子犬には近づけないように・・・・・

Q前夜まで元気だった犬が翌朝急死

コリー系ミックス11歳♂のことです。
長文恐れ入ります。

3日前の朝7時、犬の吐く音で目が覚めました。
見ると、黄色い液体と、白い泡、そこにケチャップ色の血が混じっていて、犬はぐったりしていました。
お水を差し出しても顔を背け、リードを見せても動こうとしません。(普段は飛び起きて散歩に行こうとします)

しばらく様子を見ていましたが、3~5秒に1回ほど、お腹のあたりがビクンと痙攣し、その勢いで排便。見ると、ウンチの最後のほうに血が混じっていました。

吐いたものと血便を持って9時からの動物病院に連れていき、症状を話しましたが、呼ばれたのは9時半過ぎ。
それまでの間にどんどんぐったりしていき、先生に見せると「消耗しきってるな。もうダメかもしれない」。
そしてほどなく息を引き取りました。

先生に「田んぼか畑に行かなかった?」と聞かれました。
確かに前日19時半頃、車での長い移動中におしっこをさせるため、ちょっと田んぼのまわりを歩かせました。
それを言うと、
「除草剤とか殺鼠剤とかを舐めたり食べたりしたのかもしれない。先日もそういう子が来たから」と先生。
そのまま別の子の診察に行き、実習生さんだけになり、それ以上の質問はできませんでした。

でも、帰ってから除草剤などで検索すると、確かに嘔吐、痙攣などの症状はあるのですが、嘔吐は1回きり、下痢はなく、血便は通常の便の固さでした。

しかも、少し農業に詳しい人に聞いたら、半日も経ってから発症したり、半日後に急死したりするだろうか、とのこと。致死量が体内に入ったなら、もっとすぐ発症してしまうのではないか、というのです。

田んぼの後、外に出したのは1回だけで、22時頃、いつもの散歩コースだけです。元気よく散歩して帰りました。
そして寝る部屋には殺虫剤などの毒物は一切ありません。

長くなってすみませんが、
このような状況、症状から、他に何か考えられることはあるでしょうか。
元気いっぱいだった愛犬の急死、しかも原因不明とあって、現実を受け入れられずに苦しんでいます。

どうか、小さな可能性でも結構ですので、ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

コリー系ミックス11歳♂のことです。
長文恐れ入ります。

3日前の朝7時、犬の吐く音で目が覚めました。
見ると、黄色い液体と、白い泡、そこにケチャップ色の血が混じっていて、犬はぐったりしていました。
お水を差し出しても顔を背け、リードを見せても動こうとしません。(普段は飛び起きて散歩に行こうとします)

しばらく様子を見ていましたが、3~5秒に1回ほど、お腹のあたりがビクンと痙攣し、その勢いで排便。見ると、ウンチの最後のほうに血が混じっていました。

吐いたものと血便を持っ...続きを読む

Aベストアンサー

愛犬の死、お悔やみ申します。
私は植物毒の一種かと思います。でも、書かれている症状だけでは特定できません。あなたが症状を詳しく見たのなら、次に可能性のある植物毒とそれを含む植物、その植物が生えやすい場所を書きますので、インターネットで毒成分の名前打った後「症状」か「中毒症状」とうって症状を検索し、確かめてください。

毒成分の名   植物名      生息場所
アコニチン   トリカブト    山林のふもと、稀に日当たりのいい野原や畑
コルヒチン   イヌサフラン   主に園芸種、人家の庭
スコポラミン  チョウセンアサガオ主に園芸種、人家の庭、近年野生化し空き地
アトロピン   同上       同上
オレアンドリン キョウチクトウ  街路樹、空き地、川原
コンバラトキシンスズラン     人家の庭、野原、田畑のあぜ
アドニトキシン フクジュソウ   同上
シクトキシン  ドクゼリ     川原、湖の岸などの水辺
グラヤノトキシンツツジ      街路樹、人家の庭、山林
アニサチン   シキミ      同上
ソラニン    イヌホオズキ   空き地、山林、田畑のあぜ
ジギトキシン  ジギタリス    主に園芸種、人家の庭

すみません。この程度しかお役に立てません。亡くなられたあなたの愛犬にご冥福をお祈りいたします。

愛犬の死、お悔やみ申します。
私は植物毒の一種かと思います。でも、書かれている症状だけでは特定できません。あなたが症状を詳しく見たのなら、次に可能性のある植物毒とそれを含む植物、その植物が生えやすい場所を書きますので、インターネットで毒成分の名前打った後「症状」か「中毒症状」とうって症状を検索し、確かめてください。

毒成分の名   植物名      生息場所
アコニチン   トリカブト    山林のふもと、稀に日当たりのいい野原や畑
コルヒチン   イヌサフラン   主に園芸...続きを読む

Qどこが痛いのかわかりません。

生後2年8ヶ月のオスのポメラニアンです。
昨日の朝から普通に歩いたり食事もするけど
いつものように走ったり、ソファの上に飛び乗ったり
「遊んで」って催促したりしなくなり、
ふとした拍子に「キャン」と鳴くのです。
どこか痛いのかもしれないんですがどこが痛いか
特定できず、背中の毛を撫でただけで鳴いたり
ベランダに出ようとして鳴いたり・・・なのです。
病院でレントゲンを撮ってもらっても異常ないし、
普通にびっこ引かず歩いています。
医者も原因がわからず、様子見と言われたのですが
一応、痛み止めの注射で今朝は落ち着いています。
これは何かの病気なのでしょうか?
外傷もないのでケガをしたわけではないと思う
のですが。

Aベストアンサー

獣医師です。
レントゲンは取られたのですね?どこのレントゲンを撮ったのでしょうか?
全身くまなく撮影していなければ、当然レントゲンで写っていない部位に異常がある可能性は
残っていますね。
あくまで飼主さんからの訴えだけを聞いて推測しているのでここからは回答ではなく、
いち獣医師としてのひとりごと程度に受取ってください。
トイ種ではしばしば首の骨(頚椎といいます)の1番目と2番目のつながりが不安定な個体が
見受けられます。1番目の骨を環椎、二番目の骨を軸椎と呼び、そのつながりが弱い事を
「環軸不安定症」「環軸亜脱臼」などと呼びます。
この場合はレントゲンを普通に撮影するのではなく、首を伸ばした状態とやや腹側に曲げた
状態で撮影し、診断します。
症状としては質問にあるような突発的な痛みや、しばしば経験するのは、首を下に曲げるような動作
つまりお皿から水を飲もうとすると痛がるが、何か台の上にお皿を乗せてあげると痛がらずに飲める、などです。
痛みが毎回ではない事もよく見られます。同じように持ち上げても泣く時と泣かない時があるなど。
また、病院などではかなりの緊張状態になるので自宅では痛がるが病院に行くと
どこを触っても鳴かない、というケースがほとんどです。

首の関節に限らず、No.3の方が回答されているように、脊椎の疾患(例えば椎間板ヘルニアの軽いもの)でも
同様の症状を取ることがあります。椎間板ヘルニアはただのレントゲンでは判明せず、脊髄造影で判明する
ケースや、CT,MRIで判明するケースも十分考えられます。

ですから、今回レントゲン撮影で異常がなかったからといって絶対に異常がないわけではなく、
少なくともレントゲン撮影で分かる範囲の異常がなかった、というだけしか言えません。

痛みが続くようであれば、首の関節についてチェックしてあるかどうか、担当医に質問されてみては
どうでしょうか?または整形外科を得意とする病院のセカンドオピニオンを求めても良いかと思われます。

獣医師です。
レントゲンは取られたのですね?どこのレントゲンを撮ったのでしょうか?
全身くまなく撮影していなければ、当然レントゲンで写っていない部位に異常がある可能性は
残っていますね。
あくまで飼主さんからの訴えだけを聞いて推測しているのでここからは回答ではなく、
いち獣医師としてのひとりごと程度に受取ってください。
トイ種ではしばしば首の骨(頚椎といいます)の1番目と2番目のつながりが不安定な個体が
見受けられます。1番目の骨を環椎、二番目の骨を軸椎と呼び、そのつながりが...続きを読む

Q犬の心臓雑音

はじめまして。
先日うちで飼っている犬(9歳のチワワ)を予防接種に連れていったところ、心臓に雑音がありますと言われました。しかも六段回の上から二番目に酷いといわれました。
というのも、毎日庭を走り回っていて散歩も大好きですし、食欲もありますし、家の階段も自分で二階まで登るしとにかく元気だからそんなことを言われると思っていませんでしたのでびっくりしました。
詳しい検査を勧められましたが、(エコーやレントゲン、心電図など)やはり検査を受けた方が良いでしょうか。
ちなみに体重は4.7kgで昨年より五百gも増えていました。

Aベストアンサー

順を追って書き込み致します。

>しかも六段回の上から二番目に酷いといわれました。

この段階ですと、獣医さんも指で触れる触診で異変を感じられているはずで、この段階ですと人間でいう所の脇の下、心臓の直上あたりに掌をあてるとザワザワとした振動が伝わっているはずです。
また聴診器で心雑音を聞くことにより、ある程度まで病名の目星はついている状態だと思います。
これらを総合して度合いを考慮に入れた結果が、『上から二番目に酷い』です。


しかしながら、現在解っているのは『心臓に異変がある・病名の確定には至らない』という所です。
ここから具体的に治療を進めていかなくてはなりません。
そのために獣医さんが検査を勧めたということですね。
【エコー】単純に言えば『血液の流れにより、どこに負担がかかっているのか?』をリアルタイムで具体的に観察し突き止める検査です。最も負担を軽減できる薬の選択に役立ちます。
【心電図】前述の聴診器で聞いた雑音と合わせ、心電図で読み取った時相により『なんの病気か?』を絞り込むことが出来ます。
【レントゲン】心臓そのものと、関係の深い気管や肺の大きさ等を広範囲で見ることが出来ます。

更に血液検査で他臓器への影響を調べるはずです。
前述の通り(エコー)(心電図)(レントゲン)いずれも他の検査では代用できない検査を行いますので、各検査を勧められたのだろうと思います。
最も効果のある薬を選択するには、病気の確定をする必要がありますので、そのための検査ですね。
心臓が悪いというのは、単に心臓だけを見れば良いわけでは無く、その影響も含めて治療を進めなくてはなりません。
ですので獣医さんで勧められた検査をしてあげてください。


>毎日庭を走り回っていて散歩も大好きですし、食欲もありますし、家の階段も自分で二階まで登るしとにかく元気だからそんなことを言われると思っていませんでしたのでびっくりしました。

個体差もありますので一概には言えませんが、たしかに症状と照らし合わせてとして『上から二番目に酷い』と聞かれて驚かれたのも理解できます。
心臓に関する病気は外見から症状が解りにくいのも確かですが、明らかな異変を感じる時は重度になってからでもあります。
咳や疲れやすさという見逃しやすい変化が先に出てきますので、重度になる前に治療を開始されることをお勧め致します。

いずれにせよ、病気の確定診断とその段階、治療方針を決定するためには、しっかりと検査してもらうべきではないでしょうか。
ご質問を読ませていただく限り、しっかりと手順を踏んだ説明をされていると思いますし、信頼できる獣医さんではないだろうかと感じました。
お大事に。

順を追って書き込み致します。

>しかも六段回の上から二番目に酷いといわれました。

この段階ですと、獣医さんも指で触れる触診で異変を感じられているはずで、この段階ですと人間でいう所の脇の下、心臓の直上あたりに掌をあてるとザワザワとした振動が伝わっているはずです。
また聴診器で心雑音を聞くことにより、ある程度まで病名の目星はついている状態だと思います。
これらを総合して度合いを考慮に入れた結果が、『上から二番目に酷い』です。


しかしながら、現在解っているのは『心臓に異変がある・...続きを読む

Qペットの血液検査でわかること。

この間、11年買っていた犬をガンでなくしました。
1ヶ月前には「ちょっと歳を取ったかな?」ぐらいに感じましたが、
亡くなる3日前にはおとなしすぎて、えさも食べておらず、
2日前に、あきらかに貧血症状が出、病院へ連れて行ったところ、
入院しました。
その後、病院ですごく元気になってしまい、回りに迷惑をかけるほど、復活していました。

で、血液、エコーの結果、脾臓の腫瘍か、もしくは肝臓、との判断で、手術をしたのですが、
手術中に死んでしまいました。
脾臓の腫瘍と判断して開腹してみたら、肝臓の表面にガンがあり、にじむような大量の出血だったそうです。

ただ、たまたま3週間前におこなった血液検査での異常は
「年齢のせいもあるかな」程度で、元気ですよ!といわれましたし、
手術前の血液検査でも、肝臓に関する数値はさほどでもない、とのことでした。
先生も、お腹をあけてから、肝臓が悪い事がわかったと言っているほどです。

そこで質問ですが、血液検査ではどこまで病気の事がわかるのでしょうか?
また、病気の早期発見のためには、何をしたらよいでしょうか?

ガンによるあまりにも突然の死だったので、自分で納得ができず、こまっています。
よほどガンがひどくならない限り、血液検査ではわからないものなんでしょうか?
まだ、猫を3匹かかえているので、今後の為にも、
ぜひ、おしえてください。

この間、11年買っていた犬をガンでなくしました。
1ヶ月前には「ちょっと歳を取ったかな?」ぐらいに感じましたが、
亡くなる3日前にはおとなしすぎて、えさも食べておらず、
2日前に、あきらかに貧血症状が出、病院へ連れて行ったところ、
入院しました。
その後、病院ですごく元気になってしまい、回りに迷惑をかけるほど、復活していました。

で、血液、エコーの結果、脾臓の腫瘍か、もしくは肝臓、との判断で、手術をしたのですが、
手術中に死んでしまいました。
脾臓の腫瘍と判断して開腹してみ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
 残念ながら通常の血液検査では、体の中に腫瘍があったとしても、ほとんど異常な値というのは出ないでしょう。異常が出るのは白血病で白血球数が上昇する場合などがありますが、肝臓に関しては、肝臓に腫瘍があったとしても肝臓の数値が明らかな数値を示さないことはよくあることです。そういったことがあるのでそれぞれの腫瘍を特異的に、血液検査で見つける「腫瘍マーカー」が開発されることが望まれますが、現段階では獣医学では実用的なものはありません。
 また、進行すれば異常が出て来るとも限りません。肝臓や腎臓などの臓器が冒された場合は何らかの異常があらわれる可能性はありますが、ケースによって違いますので一概には言えません。脾臓にできやすい腫瘍の場合、脾臓に特異的な血液検査項目というのはありませんから、やはり異常を見つけることは難しいでしょう。消化管にできる腫瘍の場合は下痢や嘔吐などの症状が現れますので、そうしたことから病気を疑うことができます。
 血液検査というのは万能な検査ではありませんから、血液検査さえすれば安心という、依存した考え方は良くありません。やはり生活の中での些細な変化や、身体の変化、お腹の張り具合などの変化を観察することは大切です。異常が疑われれば血液検査と合わせてレントゲンやエコーなどの画像診断によって、血液検査では分からない、実際の形を判定することで、病気を早期に見つけることはできるかもしれませんね。それから年齢というのはやはり重要な要素です。歳を取ってくればそれだけ病気が多くなることは常に考えておくべきでしょうね。
 ですから結局の所は定期検診を受けると言うことと、明らかな異常がある場合はなるべく早期に受診すること、この基本に尽きると思います。

 しかしこれだけは申し上げておきますが、お腹の中の腫瘍の場合、残念ながら発見されたときには大分進行しており、治療が困難であるケースは非常に多いのです。飼い主さんにとっても、獣医師にとってもつらく残念な事ですが、現段階での獣医療の限界があるのかもしれません。ですから、anponさんが怠慢な飼い主であったということは決してありません。いまは納得できず自問自答されているかもしれませんが、ご自分を責める必要は一切ありませんし、ワンちゃんもそんなことは望んでいないはずです。いままで愛情を持って飼ってくれたことに関して、感謝しているはずですよ。

こんにちは。
 残念ながら通常の血液検査では、体の中に腫瘍があったとしても、ほとんど異常な値というのは出ないでしょう。異常が出るのは白血病で白血球数が上昇する場合などがありますが、肝臓に関しては、肝臓に腫瘍があったとしても肝臓の数値が明らかな数値を示さないことはよくあることです。そういったことがあるのでそれぞれの腫瘍を特異的に、血液検査で見つける「腫瘍マーカー」が開発されることが望まれますが、現段階では獣医学では実用的なものはありません。
 また、進行すれば異常が出て来る...続きを読む

QHDLコレステロールの数値が高い弊害は?

40歳、女性。BMIは17位、体脂肪は18%位で痩せ型。ここ10年来、血液検査で総コレステロールが220~260、HDLコレステロールが90~110くらいです。いつも高コレステロールということで再検査判定が返ってきますが、何も治療していません。親兄弟に高脂血症はいません。父はやや糖尿気味で狭心症を患いましたが、コントロールしていて元気です。私は何か治療するべきでしょうか?ちなみに飲酒はしません。

Aベストアンサー

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれどHDLであっても多すぎると問題になる場合がある、気になるなら薬出すかい?」と言われ。自分でも高HDL血症についてちょっと調べたのです。要点は、

・従来は「長寿症候群」として考えられていた
・しかし最近の研究で、遺伝的にHDLが高い場合はかえって冠動脈疾患になりやすい場合もあると判ってきた

ということです。
質問者さんの場合はご家族、親類に高HDLの方はいないということで、あくまで「よい高脂血症」と考えていいのではと思います。
私の場合、実は父も同じで毎年検査にひっかかっています。こういうタイプの(特に日本人)場合、先天的に酵素蛋白(CETP)の一種が欠損している場合があるとのこと。もしそうだとHDLの数自体は多くても、本来の「コレステロールの運び屋、掃除屋」という役目を果たせないわけで、逆に動脈硬化が起きやすい(かもしれない)との研究結果が出ているそうです。
ああ、こわい(笑

下記参考サイトにもっとマシな説明が載っています。
医学大辞典にも同じような記述がありました(こちらはサイトでは見れないかも)

ただ、これも研究結果の段階であり、実際に治療をするかどうかは全く医師の裁量に委ねられるものです。
私も、当院のドクターには「とりあえずまだ薬は飲まないで様子見ます」と伝えました。
LDLと中性脂肪の値が正常範囲であれば、総コレステロールが多少基準値を超えていても気になさることないと思います。

参考URL:http://www.furano.ne.jp/utsumi/lipid/qa.htm

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれど...続きを読む

Q成長はいつまで続きますか?

あと10日で生後5ヶ月の子犬がいますが子犬って何ヶ月まで体高は成長しますか?

体重は生後何ヶ月~何ヶ月が1番増える時期なのでしょうか?

Aベストアンサー

1~3ヶ月が幼児期。
4~6ヶ月が少年少女期。
7~9ヶ月が思春期。
10ヶ月で成犬。

人間の場合、思春期に身長が伸びます。
が、犬お場合は、少年少女期が一番伸びます。
6ヶ月目で成長曲線がなだらか傾向を見せます。
7~9ヶ月目で成長曲線はほぼ10度から0度に。
小型犬はこの頃に成長がストップし大型犬は1歳過ぎまでに一回り大きくなります。

私は、毎日、壁に体重の変化の推移グラフを張って最終を予測しました。
まあ、これも楽しいものですよ。

Q愛犬がダニを駆除する薬を使って亡くなってしましました...

愛犬がダニを駆除する薬を使って亡くなってしましました。

夏場という事もあってダニがいるとあまりよくないと思い、7月12日にダニを駆除する薬を使いました。
薬が効いせいかダニは薬を使った日にみるみる内に取れました。
異変に気がついたのは7月13日に、朝いつもどうりに餌をあげたのですが、全然食べませんでした。
お腹が減ってないのかなぁーと思い仕事もあったのでそのまま仕事に行くことにしました。その日夜に様子を見ると愛犬の「チャッピー」は寝たままグッタリした感じで、朝上げた餌ものこったままでした。
水分をとらせさいとまずいと思い、母に手伝ってもらって「チャッピー」の口を無理やりあけてお水を飲ませました。7月14日の朝にも餌をあげましたが食べませんでした。この日、父が栄養ドリンクのような物を飲ませてくれたらしいにですが...もどしてしまったのをその日の夜に聞きました。
7月15日にも状態は同じ感じで、三日も食わず、のまずなので先日の14日、15日は仕事でどうしても病院につれていけないから今日(15日)我慢してねと「チャッピー」に言いのこして..家をあとにしました。
7月15日に仕事から帰ってきて「チャッピー」の見に行ったら死んでいました。

一連のながれはこのような感じです。
7月12日のダニを駆除する薬を使うまではすごく元気で餌もちゃんと食べていました。ダニを駆除するために買った薬で、なぜ?愛犬「チャッピー」が死ななきゃいけなかったのでしょうか?飼い主として、この怒りは何処にぶつければいいにかわかりません...
「ダニを駆除する薬を販売したお店」、「製造元」などに法的手段はとれる可能性はあるのでしょうか?法律や動物に詳しい方アドバイスお願いします。
(脱字のどが、あって読みずらかったらすいません。)

愛犬がダニを駆除する薬を使って亡くなってしましました。

夏場という事もあってダニがいるとあまりよくないと思い、7月12日にダニを駆除する薬を使いました。
薬が効いせいかダニは薬を使った日にみるみる内に取れました。
異変に気がついたのは7月13日に、朝いつもどうりに餌をあげたのですが、全然食べませんでした。
お腹が減ってないのかなぁーと思い仕事もあったのでそのまま仕事に行くことにしました。その日夜に様子を見ると愛犬の「チャッピー」は寝たままグッタリした感じで、朝上げた餌ものこっ...続きを読む

Aベストアンサー

愛犬を亡くして傷心の相手に言うのは気が引けていた事なのですが、mi-24xさんの意見とほぼ同じです。
今にも死にそうな愛犬をすぐにでも病院へ連れていってあげなかった事に、とても引っかかっていました。

なので、いざ裁判となった時に、そこを指摘されてしまうと、かなり不利ですね。
対処の仕方、事前の安全性の確認の怠りなど、無責任さを挙げられる可能性は高いかと…。
なにせ、ペットの危険物ランキングに考えるまでもなく入るものですから。
--------------------------------------------------
[ ペットの危険物ランキング 一覧 ]
1位 人間用医薬品 78000件
(鎮痛剤、風邪薬、抗うつ剤、栄養補助食品)
2位 殺虫剤・駆除剤 27000件
(殺ノミ剤、殺ダニ剤)
3位 動物用医薬品 12000件
(非ステロイド性抗炎症薬・フィラリア予防薬・抗生物質・ワクチン・栄養補助食品)
4位 植物 9300件
(ユリ、ツツジ、シャクナゲ、サゴヤシ、カランコエ、シェフレラ)
5位 殺鼠剤:殺そ剤 8800件
(殺鼠剤、殺菌剤)
6位 家庭用洗剤 7200件
(ブリーチ剤、合成洗剤、殺菌剤、消毒剤)
7位 チョコレート 4800件
(チョコレート)
8位 化学品 4100件
(揮発性石油系製品、アルコール、酸、ガス)
9位 物理的障害物・危害物 3800件
(粘着テープ、紙製品、骨、首輪)
10位 家庭用改修・修繕用品 2100件
(ペンキ、溶液、接着剤)
--------------------------------------------------
とにかく、これ以上は情報が少ない事と、私が医者でも弁護士でも警察でもない事から、控えさせていただきます。

参考になるかは分かりませんが、農林水産省に動物医薬品検査所というところがあって、そこで動物用医薬品に関する相談が出来るようですので、使用した薬品や、その成分を提示して相談してみてはどうでしょうか?

参考URL:http://www.maff.go.jp/nval/index.html

愛犬を亡くして傷心の相手に言うのは気が引けていた事なのですが、mi-24xさんの意見とほぼ同じです。
今にも死にそうな愛犬をすぐにでも病院へ連れていってあげなかった事に、とても引っかかっていました。

なので、いざ裁判となった時に、そこを指摘されてしまうと、かなり不利ですね。
対処の仕方、事前の安全性の確認の怠りなど、無責任さを挙げられる可能性は高いかと…。
なにせ、ペットの危険物ランキングに考えるまでもなく入るものですから。
--------------------------------------------------
...続きを読む

Q愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、抗生剤、去痰剤等を処方されました。
食欲は普段と変わらず、ぐったりしている感じもなかったのですが、数日様子を見ていても呼吸の速さが落ち着かないので、7月10日再度病院へ。血液検査をしたところ、肺の炎症は半分くらい治まっているとの事でした。ここから数日間も、呼吸は速く時折辛そうにはしていたものの、食欲、元気の喪失は見られなかったので、「年令も年令だから治るのに時間がかかるのかな」くらいに思い、様子見の日が続きました。
けれど7月16日深夜から早朝にかけ、息苦しさで眠れないような状態になり翌朝また病院へ。先生に入院を相談してみたのですが、うちの子の性格を考慮した場合、入院はストレスがたまり返って悪化する可能性もあるので、自宅で酸素ハウスのレンタルをしてみてはとアドバイスされ、早速その日からレンタルしました。ほぼ丸1日ハウスに入っている状態ではあったものの、その間は呼吸もだいぶ落ち着いてはいました。
ですが、7月22日頃からそれまで旺盛だった食欲、元気が徐々に減り始め、ついには何も口にしなくなってしまったので、7月27日病院へ行きました(負担を考え、愛犬は連れて行きませんでした)。
今までの薬にステロイドを加えた物と、特別療法食のフードを処方されたところ、薬の効果がてきめんで、少しずつですがフードも食べてくれ、目の力や立ち上がる足の力も出てきて、しばらく思わしくなかった愛犬の体調が、これでようやく回復に向かっていくのだと希望を持ちました。
なのに、その3日後、あの子の心臓は止まってしまいました。

亡くなるほんの数分前、ハウスの中からきょとんとした顔で私や家族の事を見つめていて、特におかしな様子は見られなかったのに、その次に愛犬を見た時には苦しそうにあえぎ、体が痙攣し、数回息を大きく吸い込んだ後、そのまま眠りについてしまいました。わずか3分くらいの出来事でした。
きっとよくなると信じていたので、容体の急変にどうしていいか全く分からず、最期泣きながらただ名前を呼び叫ぶだけしかできなかった自分が心底憎いです。例えばあの時、酸素ハウスのホースを口に直接くわえさせていたら、人工呼吸や心臓マッサージをしていたら、もしかして今もあの子は私の隣にいたかもしれない……。そう考えると、14年間家族に幸せを与え続けてくれた愛犬を、見殺しにしてしまった気持ちにさえなります。
またタイミングの悪い事に、6月頃から私自身の体調があまりよくなく、病気の愛犬の世話を思うようにしてあげられなかった事も、とても申し訳なく思っています。私の看護は落ち度や手抜きだらけだったような気がして、心の中が後悔と罪悪感で埋めつくされています。もっとああしてあげればよかった、こんな飼い主であの子は本当に幸せだったのだろうか、助けてあげられなかった罪をどうやって償っていけばよいのだろうかと。
ステロイドで回復の兆しは見えましたが、結果亡くなってしまったという事は、体もきっと相当辛かったのだと思います。その辛さも私はあまり理解してあげていませんでした。
最後の方、私は嫌がる愛犬に無理やり薬を飲ませたり、不安気な表情を見せてしまったりしたので、
「お姉ちゃん、何でこんな意地悪をするの。お姉ちゃんなんか嫌いだ」
もしかしたら、そんな風に思わせたまま旅立たせてしまったのかなとも考えます。
体や精神がばらばらになりそうな程悲しくて、あの子のいない世界で生きていくのが本当に辛いです。あの子のいない世界は、色も光もない、絶望でしかありません。
長い長い文を書いてしまってすみません。読んでもらえただけでとても嬉しいですが、何かアドバイス等頂けたら幸いです。

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、...続きを読む

Aベストアンサー

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せだったと思いますか?もしかしたら後遺症で体の自由が全く利かなくなってしまったかもしれないし、いずれ、苦しみを和らげるためにmuuneeさんが悲しい決断をしてあげなくてはいけなかったかもしれません。お話だと、ワンちゃんはそう長く苦しむことなく、ご家族の顔をきょとん、と見つめた後痙攣をし、なくなったとのこと。muuneeさんのお気持ちもわかりますが、ワンちゃんはもう限界だったのです。もう、がんばらなくて良いんだよ、安らかに眠ってね、本当に今までありがとう。とワンちゃんに心の中で語りかけてあげてください。8歳で異常が見つかってから14歳まで生きた。十分ですよね。本当にお二人とも一生懸命がんばったんです。

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せ...続きを読む


人気Q&Aランキング