人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

初心者です…。どうか教えてください。

A列に誕生日が入っています。例えばセルA1に入っている誕生日の人が、60歳に
なる日付を算出するにはどういう数式を使えばよいでしょうか?
60歳到達日は誕生日の前日になりますので、例えば昭和22年8月1日生まれの人は
平成19年7月31日に到達、ということになります。

よろしくおねがいします!<(_ _)>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

セルA1に



1947/8/1

と入力されているとして、セルB1に

=DATE(YEAR(A1)+60,MONTH(A1),DAY(A1))-1

です。

DATE関数は、

=DATE(年,月,日)

で、"年"、"月"、"日"で指定された日付をExcel標準の『日付シリアル値』(Excel内部で日付や時刻を処理するための数値)に変換します。

YEAR、MONTH、DAY関数はそれぞれ、

=YEAR(日付シリアル値)
=MONTH(日付シリアル値)
=DAY(日付シリアル値)

で、指定された日付シリアル値から、"年"、"月"、"日"を取り出します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素速いご回答、嬉しかったです!(^^)
お陰様でちゃんとできました。ありがとうございます!

お礼日時:2002/01/15 08:50

No.1の方でパーフェクトな答えなのですが、もし難しい場合にもっと簡単な方法がありますので、記載します。


60歳の誕生日の前日は、およそ、21893日後です。
つまり、B1に=A1+21893と入力するとあら不思議、平成19年7月31日が表示されます。
このB1をB列すべてにコピーすればすべての人の60歳到達日は誕生日の前日が表示されます。
ただし、閏年の閏日が挟まる日数によって1日の誤差が生じますので、あくまで正確な日にちが知りたいのであれば、No.1の方の方法を使ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
実はその方法、色々悩んだあげくやろうと試みたのですが、やはりうるう年の存在に気付いてしまって…(^_^;)
Excelならもっとスマートなやり方があるに違いない!と思って質問してみました。
初めはとっつきにくいソフトですけど、知れば知る程便利で、なおかつ奥深いですね。

お礼日時:2002/01/15 08:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルで定年退職日

もし、以前にも似た質問があったらすみません。
エクセルで生年月日から定年退職日を自動的に出したいのですが、どうしたらいいか教えてください。m(__)m
条件は以下の通りです。
(1)満60歳に達する前日が定年応答日。
(2)定年応答日の直近の3,6,9,12月末日が退職日
以上です。
例:1月1日生まれは前年12月31日が定年退職日
  1月2日生まれは当年3月31日が定年退職日
エクセル初心者ですので、できるだけ分かりやすく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

セルA2に"生年月日"が入力されているとして、定年退職日は、

=DATE(YEAR(A2-1)+60,CEILING(MONTH(A2-1),3)+1,1)-1

で求められます。以下、その解説です。

DATE関数は、"DATE(年,月,日)"の書式で、年月日をExcel標準の"日付シリアル値"に変換する関数です。
YEAR関数は、"YEAR(日付シリアル値)"の書式で、"日付シリアル値"で指定された年月日の"年"を求める関数です。
MONTH関数は、"MONTH(日付シリアル値)"の書式で、"日付シリアル値"で指定された年月日の"月"を求める関数です。
CEILING関数は、"CEILING(数値,基準値)"の書式で、"数値"を基準値で切り上げて"基準値の倍数値"に変換する関数です。
(例1:CEILING(4,3)=6、CEILIN(6,3)=6)

"YEAR(A2-1)+60"で、定年応答日の"西暦年"を求めます。
"MONTH(A2-1)"で、定年応答日の"月"を求めます。
"CEILING(MONTH(A2-1),3)+1"で、定年応答日の"月"を3の倍数に変換して定年退職日の"月"を求めた後、1を加算することで定年退職日の翌日の"月"を求めます。(定年退職日が12月の場合13月になりますが、Excelが自動的に"翌年1月"として処理してくれます。)
ですから、回答の式は、
=DATE(定年退職日の西暦年,定年退職日の翌月,1)-1
という形で、一旦、"DATE"関数で定年退職日の翌日の日付を求めたあと、1を減算することで定年退職日を求めています。(定年退職日を直接指定しないのは、大小の月の判別を行うと式が複雑になるためです。)

セルA2に"生年月日"が入力されているとして、定年退職日は、

=DATE(YEAR(A2-1)+60,CEILING(MONTH(A2-1),3)+1,1)-1

で求められます。以下、その解説です。

DATE関数は、"DATE(年,月,日)"の書式で、年月日をExcel標準の"日付シリアル値"に変換する関数です。
YEAR関数は、"YEAR(日付シリアル値)"の書式で、"日付シリアル値"で指定された年月日の"年"を求める関数です。
MONTH関数は、"MONTH(日付シリアル値)"の書式で、"日付シリアル値"で指定された年月日の"月"を求める関数です。
CEILING関数は、"CEI...続きを読む

Q勤続年数の平均を求めたい時の関数

エクセルで会社の従業員の勤続年数とその平均を求めたいです。
勤続年数のセルに
=DATEDIF(A1,TODAY(),"y")&"年"&DATEDIF(A1,TODAY(),"ym")&"ケ月"
といれて勤続年数を出してます。
それで次に従業員の勤続年数の平均を出したいのですが、AVERAGEを使うとエラー#DIV/0!が出ます。
どうすれば勤続年数とその平均が求められますか?
どんな方法でも良いので教えて下さい!!非常に困ってます(ー_ー)!!

Aベストアンサー

そりゃそうでしょう。計算対象が文字列扱いのデータなんですから、
エラーが出てアタリマエ、平均値が計算できワケがないです。

ですので、勤続年数の「数値」を持つセルを別に作る必要があります。
当然年/月のままじゃダメで勤続延べ何ヶ月という「月」の値にする
必要があります。ということで、上記のセルとは別に、

=DATEDIF(A1,TODAY(),"y")*12+DATEDIF(A1,TODAY(),"ym")

こうすれば、勤続延べ何ヶ月の数字が出てきます。この式を含むセル
についてAVARAGE関数で平均を取ってください。

で、出てくるのは勤続延べ何ヶ月ですから、こいつを12で割って「年」
余りを「月」にする必要があります。平均月が出たセルをB1として、

="平均"&INT(B1/12)&"年"&(B1-INT(B1/12)*12)&"ケ月"

こんな感じで表示できるはずです。
キモは「計算に使うセルと表示するセルを分ける」ということです。

計算に使うセルが表示上邪魔な場合は「書式」「列」「表示しない」
などで表示上隠す方法と、AA1~などの極端に離れたセルに記入して
おく方法などがあります。

そりゃそうでしょう。計算対象が文字列扱いのデータなんですから、
エラーが出てアタリマエ、平均値が計算できワケがないです。

ですので、勤続年数の「数値」を持つセルを別に作る必要があります。
当然年/月のままじゃダメで勤続延べ何ヶ月という「月」の値にする
必要があります。ということで、上記のセルとは別に、

=DATEDIF(A1,TODAY(),"y")*12+DATEDIF(A1,TODAY(),"ym")

こうすれば、勤続延べ何ヶ月の数字が出てきます。この式を含むセル
についてAVARAGE関数で平均を取ってください。

で...続きを読む

Qエクセルで年齢の計算の仕方

エクセルで年齢を計算するのにDATEDIF(A1,today(),"Y")が良く使われますが、
法律上正確に考えるとDATEDIF(A1,today()+1,"Y")が正しいのではないでしょうか。
このようなことを解説したもの(サイト)が見つからないので質問しました。
ちなみに、年齢加算は法律上、誕生日の前日となっています。
それに基づくとDATEDIF(A1,today()+1,"Y")だと思いますが、この書き方だと計算結果に何か問題が発生するでしょうか。

Aベストアンサー

下記URLを参照してください

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~sakatsu/ktfunc_ref0206.htm#DATEDIF

Qエクセルで平均年齢や平均勤続年数を求めるには?

エクセルで複数の構成員の平均年齢や平均勤続年数を求めるにはどうしたらいいのでしょうか?できれば、何年何ヶ月何日まで出せるといいのですが。

Aベストアンサー

それぞれの年齢と勤続年数の列を、日付関数を使ってつくります。関数ボックスにはない「DATEDIF関数」です。
=DATEDIF(A1,TODAY(),"D") ※A1は、生年月日、入社年月日が入力されているセルに書き換えてください。
平均値は「AVERAGE関数」で計算しましょう。=AVERAGE(C1:C4)
セルの書式をユーザー定義で「yy"歳"mm"ヵ月"dd"日"」や「yy"年"mm"ヵ月"dd"日"」などお好みに設定してください。

余談ですが、DATEDIF関数の第3引数「D」は日数を指定しています。年数なら「Y」、月数なら「M」です。解説しているサイトがありますので、検索してみてください。あと、年齢計算は =DATEDIF(A1,TODAY()+1,"D") の方が自然なのかな?

Qエクセルで定年日が分かる関数は?教えて!

エクセルで、例えばある人が定年になる日付が分かる関数を教えて下さい。日付関数(datedif等)をやってみましたが、うまくいきませんでした(365日を乗じて見たりしましたが、ぴったり出ません)。お願いします。

Aベストアンサー

>西暦を元号表記にするにはどうしたらよいのか、教えていただければありがたいのですが。

下記の書式にするのであれば
平成19年12月27日(木)

=TEXT(DATE(YEAR(A1-1)+65,MONTH(A1-1),DAY(A1-1)),"ggge年m月d日(aaa)")

下記の書式にするのであれば
H19/12/27(木)

=TEXT(DATE(YEAR(A1-1)+65,MONTH(A1-1),DAY(A1-1)),"ge/m/d(aaa)")

としてください。

Qエクセルで、頭に0をつけて数字の桁を揃える方法

エクセルで、必ず5桁の数字を入れる列があるとします。
ところが、数値データとして最初に作っているので、0が頭になく桁が足りない場合があります。
任意文字として5桁の数字にしたいのですが、

何かいい方法はありませんでしょうか?

例)
A列 A列
50      00050
1000  ⇒  01000
11111    11111

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

次の方法は如何でしょうか。
(1)表示だけで良いのならば、セルの書式設定→表示形式→ユーザ定義で00000を設定
(2)データとして必要ならば、空き列(仮にB列)B1に=TEXT(A1,"00000")を入力、下方向にコピー→B列をコピー→A列に形式を選択して貼り付けで「値」を選択→OK、B列を削除

Q介護保険料は何歳まで支払う?

初歩的な質問で申し訳ございません。

質問1 40才になると給料から介護保険料が控除されてますが、
65才になって年金をもらうようになると、年金から介護保険料が控除されているようです。その場合給料から介護保険は控除しないのでしょうか?また、いつの時点の給料から控除しないのでしょうか?

質問2 年金をもらう年になっても、会社員として働いていれば厚生年金を控除するのでしょうか?厚生年金は何歳まで支払うの?

おわかりの方いたらお願いします。

Aベストアンサー

介護保険被保険者は、
1号被保険者・・・65歳以上の者
2号被保険者・・・40歳~65歳未満の者

保険料徴収方法は、
1号被保険者・・・老齢等年金給付(死亡、障害も含む)が年額18万円以上の場合は献金額から控除の特別徴収。
年額18万円未満の場合は納付書による普通徴収。

2号被保険者・・・各医療保険で徴収。
1号被保険者であり2号被保険者ということは発生しません。

保険料の納付方法はその月の保険料を翌月の末日までに納付することになります。
また被保険者資格(どこの保険者に対して納付するか)は毎月末日の被保険者資格によりますので、
65歳の誕生日の前日が属する月の前月(月の初日1日が誕生日の場合のみ誕生日の前日が属する月)分の保険料ということになります。
4月2日~末日誕生日の場合は前月3月分までを4月支払の給与から控除。
4月1日誕生日の場合は前日が属する月は3月なので3月分までの保険料を4月支払の給与から控除、法律上3月分はその月という表現になります。

給与から控除される保険料は、健康保険、介護保険、厚生年金と明細上も分けているはずですので確認ください。

一般保険料たる健康保険と介護保険料の料率は保険者によりそれぞれ違うことがあるからです。

厚生年金は最大70歳に達するまでで、途中退職後は1ヶ月後に退職時の年金額の改定があります。

介護保険被保険者は、
1号被保険者・・・65歳以上の者
2号被保険者・・・40歳~65歳未満の者

保険料徴収方法は、
1号被保険者・・・老齢等年金給付(死亡、障害も含む)が年額18万円以上の場合は献金額から控除の特別徴収。
年額18万円未満の場合は納付書による普通徴収。

2号被保険者・・・各医療保険で徴収。
1号被保険者であり2号被保険者ということは発生しません。

保険料の納付方法はその月の保険料を翌月の末日までに納付することになります。
また被保険者資格(どこの保険者に対して納付する...続きを読む

Qexcelからexcelへの差し込み印刷

お世話になります。

excelでwordへの差し込み印刷をよく利用するのですが、
同様に、
excelのデータをexcelに流し込んで印刷する方法はありますでしょうか。

excelの名簿のデータを
excelの表のフォーマットに流し込んで
1人づつ印刷したいのですが。

お分かりの方いらっしゃいました教えてください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

イメージはわかるが、エクセルに差込印刷の機能はありません。
ワードなどと違ってA.X氏1人分書類シート作成、B印刷、Aのシートををy氏分のデータでシート内容(セル)を置き換え、印刷、の繰り返しをします。
ーー
例データ Sheet1 A1;D3
連番氏名住所品物
1山田 三郎東京都江東区かばん
2植田 健横浜市港北区帽子
A列はこのたび連番を振りました。
Sheet2   に送り状の書式を体裁よく作ります。
H1セル(どこでも良いが、下記のVLOOKUPの式は変わる)

送り状

住所X
氏名Y

品物Z

上記の品をお送り申し上げます。
ご査収ください

以上
Xの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,2,FALSE)
Yの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,3,FALSE)
Zの場所のセルに =VLOOKUP($H$1,Sheet1!$A$1:$D$3,4,FALSE)

---
結果

送り状

住所山田 三郎
氏名東京都江東区

品物かばん

上記の品をお送り申し上げます。
ご査収ください

以上
ここで
VBE画面で標準モジュールに
Sub test01()
For i = 1 To 2 '人数分
Range("H1") = i
Range("A1:G20").PrintOut '印刷範囲は各人同じとする
Next i
End Sub
を張り付け、実行する。
山田、植田分の紙が2枚印刷されました。
これは質問者はVBAの経験も無いでしょうと、最低限にしてあります。
VBAを勉強してください。
別ブックにある名簿を対象などは複雑になるので避けています。

イメージはわかるが、エクセルに差込印刷の機能はありません。
ワードなどと違ってA.X氏1人分書類シート作成、B印刷、Aのシートををy氏分のデータでシート内容(セル)を置き換え、印刷、の繰り返しをします。
ーー
例データ Sheet1 A1;D3
連番氏名住所品物
1山田 三郎東京都江東区かばん
2植田 健横浜市港北区帽子
A列はこのたび連番を振りました。
Sheet2   に送り状の書式を体裁よく作ります。
H1セル(どこでも良いが、下記のVLOOKUPの式は変わる)

送り状

住所X
氏名Y

品物Z

...続きを読む

Q定年退職日の計算

エクセル2002です。

定年日付を、その人が60歳になってから最初に来る締め日(20日)で計算したいのです。
また、和暦で表示させたいです。

たとえばA1に 1951/3/12 とあったら、 B1に 平成23年3月20日 
     A2に 1951/3/23 とあったら、 B2に 平成23年4月20日  
 と表示させることは可能でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

B1セルには次の式を入力して下方にオートフィルドラッグします。

=IF(A1="","",DATE(YEAR(A1)+60,MONTH(A1)+IF(DAY(A1)>20,1,0),20))

その後にB列を右クリックして「セルの書式設定」から「表示形式」のタブで「日付」を選択します。
カレンダーの種類で「和暦」を選択して平成13年3月14日にチェックをしてOKすればよいでしょう。

Q労働保険の 労働保険番号について

どなたか教えていただければ有難いです。

労働保険は、労災保険と雇用保険に分かれますが

労働保険番号は、労保と雇保別々にもつものなのでしょうか?

一元適用事業所の場合と二元適用事業所の場合を教えてください。

また、
労働保険の納付先は、どこになるのでしょうか?

詳しい方どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

労働保険番号とは、
府県(○○)ー所掌(○)ー管轄(○○)ー基幹番号(○○○○○○)ー枝番号(○○)の13桁の番号から成り、一元適用事業所には1つの労働保険番号が付けられます。
労働保険番号の基幹番号の末尾番号が「0」の場合は、一般の事業所(一元適用事業所)の労働保険番号になり、この末尾が「2」の場合は、建設業などの二元適用事業所の雇用保険に該当する労働保険番号になり、末尾「4」は、二元適用事業所の林業等の労災保険番号、末尾「5」は建設業等の労災保険番号、末尾「6」は二元適用事業所の事務部門に従事する職員の労災保険番号、末尾「8」は、建設業の一人親方の事務組合加入による労災保険番号になります。
また、雇用保険番号として、1事業所に一つ「雇用保険適用事業所番号」○○○○ー○○○○○○ー○の11桁からなる番号が付けられます。
つまり、一元適用事業所には、13桁からなる労働保険番号と11桁からなる雇用保険適用事業所番号の2種類の番号を持つことになります。
二元適用事業所の場合は、事業の内容により変わりますが、雇用保険適用事業所番号と他に、労働保険番号の基幹番号の末尾2、5、6などを持つ場合が多い(末尾6を持たない事業所も多いです)ようです。

労働保険料の納付は、毎年5月20日までに年度更新(労働保険の確定申告)を行い最寄りの金融機関や郵便局又は、一元適用事業所であればハローワークで納付(労災も雇用保険料も併せて)します。二元適用事業所の場合も金融機関などの納付は一元適用事業所と同様ですが、直接ハローワークや労働基準監督署などに納付する場合は、雇用保険料(末尾2の分)はハローワークへ、その他の末尾にかかる保険料は労働基準監督署に納付します。
ちなみに年度更新における書類の作成も一元適用と二元適用では大きな相違点がありますのでご注意下さい。
参考までに下記のホームページをご覧下さい。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0320-2.html

労働保険番号とは、
府県(○○)ー所掌(○)ー管轄(○○)ー基幹番号(○○○○○○)ー枝番号(○○)の13桁の番号から成り、一元適用事業所には1つの労働保険番号が付けられます。
労働保険番号の基幹番号の末尾番号が「0」の場合は、一般の事業所(一元適用事業所)の労働保険番号になり、この末尾が「2」の場合は、建設業などの二元適用事業所の雇用保険に該当する労働保険番号になり、末尾「4」は、二元適用事業所の林業等の労災保険番号、末尾「5」は建設業等の労災保険番号、末尾「6」は二元適用事業所の事...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング