CMは景気回復の突破口になると思いますか?できれば具体的な考えを教えて下さい。ちなみに私はCM好感度のトップを走っているサッポロ黒ラベルのCMで売上が伸びたと言う新聞記事を見たので優秀なCMは景気回復の突破口になると信じています。

A 回答 (3件)

まず、CMの目的から。

CMの目的は単に製品、商品をアピールするために行うのではなく、主題は「いかに企業の認知度をアップするか」ということにあると思います。そうすると、CMの幹は「企業戦略」です。企業戦略の一環としてのCMは私的行動なので景気を回復させるような力を期待するのは無理があると思います。
 次に経済面から考えます。優れた企業戦略から生まれたCMにより、ある企業は利益を拡大することはできるでしょうが、景気が悪い現在の様々な市場の規模はそう簡単に大きくはならないので、ある商品が売れればその影響で他の企業のものが売れなくなります。これをゲーム理論ではゼロサムゲーム(勝者がいれば敗者がいる)と言います。ご質問にあるようにCMの効果でサッポロ黒ラベルが売れると、何か他のメーカーのビールが売れなくなっているはずです。(シェア低下)よって、残念ながらCMは景気回復の突破口にはならないと考えます。
    • good
    • 0

僕の回答しか来ていないようなので。



カテゴリーを「経済学」のほうにしてはいかがでしょうか。
きっと、僕みたいな中途半端な意見じゃなくて、
ちゃんと経済学を学んでいる人から回答もらえると思いますよ。
    • good
    • 0

景気回復って「世の中」(特に日本)のことを言ってるんですよね?


それだったら、突破口にはならないと思います。
CMがあたって儲かる企業はあるかと思いますが、
世の中(日本)の景気には直接影響はしないです。
そもそも景気が悪いのは、
消費が低迷しているからで、
企業側よりも消費者の意識の方が変わらないと景気はよくならないと思います。

好景気というのは、お金が世の中を活発に循環している状態です。
消費者が商品を買うと、企業の利益が上がります。
そのため社員の給料が増えます。
そしてその増えた給料で社員が消費者として、さらに商品を買います。
こうしてお金が循環していくのです。
現在の不景気は、
これのまったく正反対の状態になっています。
商品が売れないから、給料も上がりません。
だからますます消費者は、お金を使わないで、
溜め込んでいきます。ますます商品は売れません。

この悪循環を解消しようと政府が考えたのが、
『地域振興券』でした。
お金を循環させようと考えたわけですね。
使ってもらわないと意味がないので、期間限定でしたよね。
でも、解消にはいたらなかったですよね。
何故か、それは単純。
もらったお金だからです。
世の中のお金を回さなきゃいけないのに、
新たに場所を作ってそこで回したって意味はないってことです。

ちょっと話がそれましたが、
結局、CMでは景気回復にはなりません。
というか、一企業が儲かるようなことでは、話にならないんです。
難しいですが、全部の企業が儲かる、
つまりは、「商品出せば売れる状態」じゃないと、
いけないんです。(無理ですよね)
でも、バブルの頃はそうだったんじゃないのかな…。

あと、CMの話ですが、
CMにはお金がかかりすぎます。
だから本当に経営がやばくって、立て直したい企業ほど、
CMが出来ません。
だから、企業単独で考えても、景気回復には使いたくても使えないと思います。

消費者みんなが、お金を使うような状況になんないといけないんですよね。
そのためには、みんながみんな買うようなヒット商品を作ればいいのかな?
でもだめですね。それを作った企業しか儲からないから。

結局、下からじゃだめなんじゃないですかね。
政府に何とかしてもらわないと…。
でも、何もしてくれてないしなぁ…。
 何か暗くなってしまいましたね(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切にありがとうございます。

お礼日時:2001/01/09 11:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報