こんにちは。ファイルにあるテキストデータを用意してそれを読み込んでいって、処理をするというプログラム書いてるんですけど、たとえば
大まかな構造として、

int fncCheck(char*pch,char item)
{
int count=0;
int i=0;
for(i=0;i<strlen(pch);i++)
{if(pch[i]==item)
{
count++;
}
}
return count;
}

int main()
{
FILE *fin,*fout;
 //ここでいろいろ宣言

if((fin=fopen("Thermoplasmaacidophilum ","r"))==NULL)
{
cout<<"No files exist in current directory!\n";
exit(-1);
}

if((fout=fopen("Thermoplasmaacidophilum _out","wb"))==NULL)
{
cout<<"Output file can't open!\n";
exit(-1);
}

if((fin=fopen("Thermoplasmaacidophilum ","r"))!=NULL)
{
fwrite(SMF_header,14,1,fout);
fwrite(SMF_firsttrack,36,1,fout);
fwrite(SMF_track,13,1,fout);

do
{
   //ここにdoに関する処理

}
while(numread==100);

while(c=fscanf(fin,"%c",c)!=EOF)
{
  //ここに処理をずらずら
}

printf("There are %d bases!!\n",n);

fclose(fin);
fclose(fout);
}
return 0;
}
・・・のように書くと、一つ目のdo-while文は実行されるんですが、二つ目のwhile文が実行されません。一回目でファイルのデータを最後まで読んでるので、元にもどってもう一回やってくれないんでしょうか?初心者なものでそこらへんがよくわかんないんですが・・。どなたか助けてください。

A 回答 (3件)

掲載したプログラムをちゃんと読んでないのですが(すいません)、fseekでファイルポインタをファイルの先頭まで持っていけば大丈夫でしょう。


#ファイルポインタとは、fopenしたときにファイルの銭湯を指しており、fread等で読み進めると次に読み込む位置を常にさしているものです。

この回答への補足

御回答ありがとうございます。えっと、そのfseek関数?ってのを、2回目のwhileの前に書き足せばOKなんでしょうか?
ちょっと、調べてみます。ありがとうございました。

補足日時:2002/01/17 15:55
    • good
    • 0

プログラムを(今度はちゃんと)見てみました。


・fin で同じファイルを2回オープンしているのは何故でしょうか?一度オープンが成功していれば2度目は必要ありません。また、同じ変数(fin)を使ってオープンすると、最初にオープンしたものがclose出来なくなってしまいます(プログラムが終了すれば自動的にcloseされるので今回はとりあえず問題ありません)。
・while(c=fscanf(fin,"%c",c)!=EOF)は
 while((c=fscanf(fin,"%c",c))!=EOF)と書かないとまずいですね。fscanfの戻り値と EOFの比較結果が c に代入され、その値で whileの条件となります。

>2回目のwhileの前に書き足せばOKなんで しょうか?
do ? while で fscanf や fread、fgets、fgetcなどを使って finのファイルポインタが読み進んでいる場合やEOFに達している場合、次のwhile 文中でファイルの最初からもう一度読みたい場合に有効です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちゃんと、見てくださってありがとうございました。
fin=fopenのところ、ご指摘の通りへんですよね?
直します。あと、while((c=fscan(fin,"%c",c))!=NULL)のところも、うっかりしてました。勉強になりました。
ファイル処理にはまだ慣れてないところもあるんで、もっと勉強したいと思います。またわかんないところがあったら、ここで質問たり調べたりして、もっと知識を増やしていきたいです。

お礼日時:2002/01/17 18:52

先頭まで戻すだけで良ければ、rewind() って関数の方がお手軽かも。


rewind(fin); と使います。

やっていることは、fseek() のある特別なとき、fseek(fin, 0L, SEEK_SET); と
やるのと全く同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
さっそく、やってみたいと思います。
fseek関数については初めて知ったんですが、いろいろ調べているうちに
便利なもんだなとおもいはじめました。
rewindなんてのもあるんですね。もっと勉強したいと思います。

お礼日時:2002/01/17 18:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qtry{}catch(){}とデストラクタの関係を教えてください。

try-catchでメモリ確保を含むクラスをスローした場合、デストラクタはどの時点で働くのか、教えてください。たとえば、↓の使いかたは大丈夫でしょうか?

【1】
try{
 throw(CError(100, "エラー情報"));
}catch(CError& err){
 //ここでerrを参照しても問題ないのでしょうか?
}

【2】
try{
 CError err(100, "エラー情報");
 throw(err); // (1)
}catch(CError& err){
 //ここでerrを参照しても問題ないのでしょうか?
 //まだデストラクタはちゃんと動作するのでしょうか?
 //catchが呼び出し元のメンバであったりしても大丈夫なのでしょうか?
}

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

【1】【2】どちらの場合も問題がありません。
コンパイラが必要に応じてerrオブジェクトのコピーを作成します。
デストラクタが呼び出されるタイミングはコンパイラに依存するところもあると思いますが、
例えばVC7.1では【2】は以下のように動作します。
(1) errオブジェクトのコンストラクタが呼び出される
(2) CErrorクラスのテンポラリオブジェクト(以下a)のコピーコンストラクタが呼び出される。
(3) errオブジェクトのデストラクタが呼び出される
(4) catch文まで到達
(5) aオブジェクトのデストラクタが呼び出される。

VC7.1では、【1】は以下のように動作します。
(1) errオブジェクトのコンストラクタが呼び出される
(2) catch文まで到達
(3) errオブジェクトのデストラクタが呼び出される。

コンパイラがオブジェクトのコピーを省略しているようです。

Qif ( fp == NULL ){ を if ( fp == 0){ へ変更した場合

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8897349.html
 ですが
if ( fp == NULL ){ を
if ( fp == 0){
 fopen dekina と表示してくれるのでしょうか?
  試す環境がございませんので
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>if ( fp == 0){
> fopen dekina と表示してくれるのでしょうか?

はい、表示してくれます。
NULLは、通常、(void*)0 の値が定義されていますので、実体は0と同じです。
しかし、NULLはポインターに対して定義されているのなので、
if ( fp == NULL) と書いたほうがよいでしょう。
一方、0は数値を表すので、
if (fp == 0)とは、書かないほうがよいでしょう。
int a;
が定義されていたとき、
if (a ==0) は、a(という数値を表す変数)の値が0か否かを判断するので、これでよいですが
if ( a== NULL) は、a(という数値を表す変数)の値がNULLか否かを判断するので、
違和感がありますから、使用しないほうが良いでしょう。

Qint i,j; \n i=0,j=5;

int i,j;
i=0;
j=5:
と書いてあるソースは普通ですが、
int i,j;
i=0,j=5:
と書いてあるソースもあります。
後者はC++の正しい書式ですか?

カンマ演算子というのは後者のカンマのことですか?

Aベストアンサー

 正しい書式です。

i=0,j=5;
 における、「,」をカンマ演算子といいます。2項の演算子です。カンマで区切られた演算を「左から順番に」実行し、最後の演算を結果として返します。
 したがって、例の文であれば、i=0を実行し、次にj=5を実行。そして、j=5の結果の5を結果として返します。
 ・・・
 が、本来的には、あまり、例のような使い方はしませんね。よく見られるのは、次のような場合です。

 for (i=0,j=0 ; i < 50 ; ++i,++j) {

 のような形でよく見られます。for文の各式は、一つの式でなければならないので、こんな書き方をするわけです。初期化と更新部が一つにまとまり、ループが読みやすくなるのが利点かな。

Q「void ( *signal(int sig, void (*func)(int)) ) (int)」の (int)

signal関数の書式についてですが、

  void ( *signal(int sig, void (*func)(int)) ) (int);

最後に付く(int)は一体何でしょうか?
このような関数の書式ははじめて見ました。
UNIX系の何かでしょうか。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

typedef void (*sighandler_t)(int);
sighandler_t signal(int signum, sighandler_t sighandler);
より後半部分のtypedefを置き換えると
sighandler_t signal(int signum, void (*sighandler)(int));
つぎに戻り値の部分のtypedefを置き換えると
void (*signal(int signum, void (*sighandler)(int)))(int);
となります。
(
sighandler_t signal(int signum, void (*sighandler)(int));
の「signal(int signum, void (*sighandler)(int))」をAと置き換えて
sighandler_t A;
からtypedefを置き換えると
void (*A)(int);
となり、Aを戻すと
void (*signal(int signum, void (*sighandler)(int)))(int);
となる。
)

typedef void (*sighandler_t)(int);
sighandler_t signal(int signum, sighandler_t sighandler);
より後半部分のtypedefを置き換えると
sighandler_t signal(int signum, void (*sighandler)(int));
つぎに戻り値の部分のtypedefを置き換えると
void (*signal(int signum, void (*sighandler)(int)))(int);
となります。
(
sighandler_t signal(int signum, void (*sighandler)(int));
の「signal(int signum, void (*sighandler)(int))」をAと置き換えて
sighandler_t A;
からtypedefを置き換...続きを読む

Q{x = x>y ? x:y; return x;}

#include <iostream>
using namespace std;

inline int max(int x, int y){x = x>y ? x:y; return x;}

int main()
{
int num1, num2, ans;

cout << "2つの整数を入力して。\n";
cin >> num1 >> num2;

ans = max(num1, num2);

cout << "最大値は" << ans << "です。\n";

return 0;
}
の{x = x>y ? x:y; return x;}の部分の意味が解りません。

Aベストアンサー

inline int max(int x, int y){x = x>y ? x:y; return x;}
これを普通に関数で書くと

int max(int x, int y)
{
x = x>y ? x:y;
return x;
}

です。

x = 部分は右辺の結果が代入されます。これはわかりますよね。
x>y?x:y;
と書くと?より左にある条件式を判定し、その結果が真である場合は:で区切られた左側の値を、偽である場合は右の値を帰します。
x>yが真であればxを、偽であればyを返します。
それが、左辺値xに代入され、関数の戻り値として帰ります。

従って、2つの値をこの関数に入れると、大きいほうの値が帰ることになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報