モーツァルト ピアノ協奏曲第20番のCDを購入したいと思っています。
今までは昔の録音のものを聞いており、
ピアノ:クララハスキル
指揮:イーゴル・マルケヴィッチ
演奏:ラムルー管弦楽団
日本フォノグラムX-8579
でした。
やはり、せっかくの20番ですので、哀愁の漂うものが良いと考えています。
上記のものよりも「これは良い」というお勧めのものはありますか?
また、できればカデンツァは聴きなれているクララハスキル版が良いかなぁとも思いますが、それでなくても重圧さが漂うようなカデンツァがあれば教えてください。
B-Sideについては24番と27番、21番あたりがありますが、やはり短調の24番が良いと考えています。
ご意見をお待ちしております。
また、20番のCDの批評が沢山載っているサイトかなんかがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私はアシュケナージ弾き振りのフィルハーモニア管弦楽団の20番と24番のカップリングCDを持っています。

アシュケナージさんの情熱、迫力、もちろん哀愁だって全てがそろっていると思います。是非オススメです!

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
    • good
    • 1

#3の方と同意見です。


内田光子/テイト指揮・イギリス室内管弦楽団を持っています。20番と云えば内田光子と云えます。
内田光子のモーツァルトピアノ協奏曲全曲集を持っていますがどれも素晴らしいです。
    • good
    • 2

実は回答を期待しながら興味深くのぞいていたのですが、あまり多くは出てきませんね。

クララ・ハスキルの演奏が素晴らしすぎるので対抗馬を思いつかない方が大半なのでは、と想像してしまいました。
私はハスキルの他には、ペライア(若々しく骨太な感じ。でもこの人は長調の演奏の方が個人的には好みです。多分現在24番がカップリング)、ゼルキン&アバド(ピアノがゾクゾクするようなところがあるけれど全体としていまひとつ・・・アバドよりセル盤の方を買えば良かったかも。12番と組)、ワルター(重厚というものの対極にあるような演奏。しかし、なにしろ録音が古いので一般的ではありません)、カーゾン&ブリテン(こんな事を言うと専門家にこっぴどく叱られるでしょうが、ハスキルに結構似ていると思いました。27番は似ていないけど。録音は良好)などを持っています。新しいところではアンデルジェフスキー(17番と組)。こちらは「おっ、こう来るとは思わなかった」という、新鮮な演奏でした(でも飽きずに長く聴けるかどうかはまだわかりません)。オススメ決定盤がなくてごめんなさい。
そういえば協奏曲聞き比べの書籍も出ていますので、もし御近くの図書館にあるようなら一読なさると参考になるかもしれません↓(私自身ははこの著者に似た耳を持っていないと感じますが、資料としての価値は高いと思います)。

参考URL:http://www.mm-labo.com/ambookreview/asin/4393934 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細をありがとうございます。
本はいいですねぇ。
でも結構金額が高いので躊躇してしまいます。
実は、1000円位なのでまあ良いかなぁと思い、ちょっと興味のあった「内田光子」を買ってみたんです。
聴いてみたのですが、演奏というより、録音の状態が悪いです。ホールの反響がひどくオーケストラもボーツとして、特にピアノの音は最悪。ピアノを強く叩いた時のあのカキッと締まった音すら聞こえないというお粗末なものでした。

お礼日時:2006/04/03 22:33

バレンボイムに興味がおありでしたら、バレンボイムの弾き振りでイギリス室内管弦楽団(第1回目のモーツァルトのピアノ協奏曲全集から)の演奏は、20番24番のカップリングですよ。



参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005G …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考URLのレビューを見させていただきました。
「重くなりがちな2曲からカラダがよろこぶエモーショナルなノリを引き出している」
という部分が自分の想いと違うようで気になりますが、参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/03/28 13:34

はじめまして、モーツァルト「ピアノ協奏曲第20番」良いですね!私も好きな曲です。

お薦めは沢山ありますがあくまで私的意見ですのでご参考までに。内田光子/テイト指揮・イギリス室内管弦楽団と、あと一つはエリック・ハイドシェック/グラーフ指揮・ザルウブルグ・モーツァルテウム管弦楽団をお薦めいたします。内田光子さんは日本が誇る世界的なピアニストで、「ピアノ協奏曲第20番」も評価の高い演奏です。
ちなみにカデンツァはベート-ヴェンの作曲した物を弾いています。
エリック・ハイドシェックは没個性の時代に非常に個性的なピアニストで私の記憶に間違いが無ければ質問者様の「クララ・ハスキル」とは同門のはずです。その師事した先生はは「アルフレッド・コルトー」で名ピアニストと同時に名教師と知られたかたです。エリック・ハイドシェックはカデンツァは自作の物を弾いています。ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ハイドシェックですか・・・。思いもつかなかったです。
彼は結構個性的らしいですね・・・。
一度も聴いたことがないので候補に入れたいと思います。

お礼日時:2006/03/12 23:06

たくさんレビューの載っているサイトです。



http://www.asahi-net.or.jp/~eh6k-ymgs/mindex.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/03/09 17:18

他の人の評価を気にするより(あてにするより?)、先入観ナシに自分で聴いて好きなものを。

自らの好奇心、探究心はないのでしょうか。がむしゃらに聴きまくるには、勿論、お金も掛かるし、当たり外れ?もありますが。だけどお好きならそれなりに時間とお金を投資してください。
>哀愁の漂うものが良いと考えています。
このお考えを否定はしません。あくまでもあなたが期待する(望む)演奏ですから。(私もそういう演奏も好きです)が、「哀愁の漂う」状態の感じ方は人それぞれですので・・・。
ハスキルがだれの作によるカデンツァを弾いていたのか記憶が定かでないのですが、他のカデンツァもお聴きになられるとよいと思います。
CDにB面はありませんので、この場合は組み合わせて収録されている(カップリング)曲、となります。
以下、コメントしませんが第20番で私が聴いた録音、聴きたい録音です。
アシュケナージ、アルゲリッチ、グルダ、スティーヴン=ビショップ・コヴァセヴィチ、ハイドシェック、ハスキル、バレンボイム、ピリス、ヘブラー、ペライア、ラローチャ、ルービンシュタイン、ルフェビュール、レヴィン
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに仰る通りでしょうね。
しかし、好奇心はありますが、探究心はありません。
であれば、幾人かの総評や感じ方を参考にするのはいけないことではないと考えています。
「特設アンケート」の方にしようか迷いましたが、こちらのカテゴリーの方が良くご存知の方が多くいらっしゃると思いこちらに投稿しました。
カデンツァについては「ベートーヴェン」があるようで、それは聴いてみたいと思っています。
バレンボイムは興味があります。あと内田光子ですかね。
とにかくご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/07 13:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーツァルトの名盤を探す方法って?

ここ何年かモーツァルトのCDを購入して、ネットしながら聴くのが楽しみです。
ところでモーツァルトの名盤を探す方法って何かありますか?
ヤフオクなどで安いときに買うというやり方だと、曲が偏ってくる傾向があります。ピアノ協奏曲20番だけ3枚も持っている、とか。そうではなくモーツァルトという作曲家の全体像からいいCDを探して聴きたいのです。
フィリップスが全集を出してますが、CD170枚を一度に購入しても聴けるやらどうか不明です。
名盤案内も出版されてますが、何かいい本ありますか?

Aベストアンサー

心情としては、色々お聴きになって、駄演?も好演も色々お聴きになり、時間を掛けて行く事で、自分のベスト盤が出来ると思っています。
とは言え、私も評価本を多少は持っています。ただ、私の場合は、父からの2代に亘るレコードを所持していますので、評価本を見た時には、2千枚位の量になっており、評価本を参考にレコード購入をする段階ではなくなっていました。ただ、同じ曲で数種有るレコードに対する印象や評価と本意書いてある内容や意見が一致していると嬉しくなったり、全く違うコメントだと、執筆者の感性を疑たり、レコード会社から袖の下を貰っているのでは・・・等と、一人で、文句を言ったりしております(苦笑)!
その様な事で、私は、評価本に書かれている記事内容と自分の印象との一致点より違っている内容の指す意味を考えてみる事は有ります。明らかに記事の方が間違っていると言うスタンスが変わらないレコードも有れば、聴き方のスタンスの違を感じて、新たな発見に繋がり、過去、ぞんざいに聴いていた演奏が、発見に因って、好演に激変する事があり、その様な時には、評価本に感謝する時も有ります。
しかし、評価本を基に、レコード、現在ならCDを購入しようとは思いません。(私の感性まで人頼みの様な気がして!)

余計な事を長々書きまして、お気を悪くされているかも知れませんね。
無駄口を、申し訳有りません。

さて、私が持っている評価本です。
●「名盤鑑定百科 モーツァルト」 吉井亜彦著 春秋社 \1,800
モーツァルトに限定し、作曲された全曲ではありませんが、
交響曲8曲、管弦楽曲5曲、協奏曲20曲、室内楽曲11曲、ピアノ曲6曲、声楽曲3曲、オペラ4曲が、取り上げられています。
私の様なレコード時代~CD時代にお跨っている者には、好都合ですが、常に出る最新録音や復刻情報には、付いて行けていません。
ただ、一曲毎の過去暦の数とコメントが、豊富にて、曲毎の演奏の取り上げられ方などの傾向が解って面白いです。

前述のモーツァルト限定版の兄貴分である「名盤鑑定百科」シリーズ
●「交響曲」版、●「協奏曲」版、●「管弦楽曲」版、●「ピアノ曲」版、●「声楽・オペラ」版を所持しています。現在は、更に出ているのかも知れませんね?何れも吉井亜彦著ですので、執筆者の癖や傾向、繋がり等には要注意!

専ら、上記が常用ですが、他には

●「クラシック不滅の名盤1000」レコード芸術選定 音楽の友社
(月刊誌レコード芸術を御存知でしたら、評価内容などの雰囲気はお察し頂けるかと存じます。)

○「クラシックCD エッセンシャル・ガイド」聴きくらべ!  Gakken
●(交響曲編)/●(協奏曲編)の2冊。
この本のコメントは、万人受けはしないと思います。かなり個性的な、選別と評価内容で、他には無い感覚が有りますが、これをメインの本にすると、凄く偏る?個性的になる?人と意見が合わない?面白い事になるかも!!!
(チョッと表現が極端になっております。割り引いて下さい!)

私は持っておりませんが、推奨したいのは、吉田秀和さんの本でしょうね。
著書も載っております。参考にしてみて下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E7%A7%80%E5%92%8C

こんなところです。参考になりますかどうか??

心情としては、色々お聴きになって、駄演?も好演も色々お聴きになり、時間を掛けて行く事で、自分のベスト盤が出来ると思っています。
とは言え、私も評価本を多少は持っています。ただ、私の場合は、父からの2代に亘るレコードを所持していますので、評価本を見た時には、2千枚位の量になっており、評価本を参考にレコード購入をする段階ではなくなっていました。ただ、同じ曲で数種有るレコードに対する印象や評価と本意書いてある内容や意見が一致していると嬉しくなったり、全く違うコメントだと、執筆者...続きを読む

Qモーツァルト:ピアノ協奏曲第24番&25番はセット

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番と25番はセットで書かれたものなのでしょうか?
第20番&21番、22番&23番はそれぞれセットで書かれたといいます。
だとしたら、24番&25番もセットで書かれたものなのでしょうか?
わかる方いましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 専門家でも学者でもないので、正確なことは言えませんが、第24番がK.491(初演は1786年4月7日)、第25番がK.503(1786年12月4日完成、初演は翌年?)なので、セットということはなさそうです。
 しかも、楽器構成が、第24番はクラリネットが2本使われていますが、第25番はクラリネットなしです。(木管の編成は、24番がフルート1、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、25番がフルート1、オーボエ2、ファゴット2)

 第20番はK.466、第21番はK.467で連続していて木管の楽器編成も同じ(フルート1、オーボエ2、ファゴット2で、クラリネットなし)。
 第22番はK.482、第23番はK.488で少し離れているものの、木管の楽器編成は同じ(フルート1、クラリネット2、ファゴット2で、オーボエなし)。

 ということで、20番&21番、22番&23番に見られる共通性は、24番と25番の間にはないようです。

 これで答になっているかどうかは分かりませんが。

 

Q”初聴で?だが、今は夢中”という名盤

名盤ガイドなどを読んで聴く方も
たくさんいらっしゃると思いますが
「なんでこれが名盤なの?」と正直、思うものも
あると思います。

もちろん、人それぞれ感性は違うのですが
名盤といわれるのであるから多くの人間が
”非常に良い”と心底、感じているはずです。
理性として「まったく理解できん・・・」
と思いつつ、聴いていると感性が訓練されるのか
学習するのか
「す、すばらしいっー!」と夢中になって
しまうことがあると思います。自分はありました。

そんなあなたにとっての名盤を教えてください。

ちなみに自分にとってのそういった名盤は
グールドのゴールドベルク(新盤)でした。
旧盤とくらべて非常に遅いし、ヘッドフォンで聴く
自分としてはステレオで鼻歌の耳障り具合がアップ
されたこのアルバムは
まさに「なんでこれが名盤?」と
不思議でたまりませんでした。
「遺作だから過剰評価?」と余計な詮索まで
してしまいました。が、半年くらいなんとなく
聴いているうちに「美しい・・」とうっとり
するようになりました。

最初の印象は自分が考えているほど
当てにならないのかもしれない、とつくづく感じてます。

名盤ガイドなどを読んで聴く方も
たくさんいらっしゃると思いますが
「なんでこれが名盤なの?」と正直、思うものも
あると思います。

もちろん、人それぞれ感性は違うのですが
名盤といわれるのであるから多くの人間が
”非常に良い”と心底、感じているはずです。
理性として「まったく理解できん・・・」
と思いつつ、聴いていると感性が訓練されるのか
学習するのか
「す、すばらしいっー!」と夢中になって
しまうことがあると思います。自分はありました。

そんなあなたにとっての名盤を教え...続きを読む

Aベストアンサー

思わずうなってしまいました。というのは、僕が真っ先に挙げようと思ったのが同じくグールドの『ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集』(ソニーミュージックエンタテインメント、2004年)だったからです。

その意味においても、グールドは人をじっくりと感動させるアーティストの一人だと思います。

Qモーツァルト:ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595

CD版を購入予定です。
お薦め版がおありでしたら ご紹介を!

Aベストアンサー

古いところでは、
グルダ(P)アバド/ウイーン G[S]UCCG3329
ハスキル(P)フィリッチャイ/バイエルンG[M]UCCG3428
私の好みは音源が新しい
ブレンデル(P)マッケラス/スコットランド
Ph[D]UCCP1034(2000)

Qモーツァルトについての質問です。今日、音楽の授業の時に渡されたプリントでこの5つの問いがわかりません

モーツァルトについての質問です。今日、音楽の授業の時に渡されたプリントでこの5つの問いがわかりません。
1.モーツァルトはどこの国の人?
2.モーツァルトの一番弟子と言われている人物?
3.モーツァルトは生涯に交響曲を何曲作曲した?
4.モーツァルトの作品記号【K】の読み方?
5,モーツァルトとベートーベンの年の差は年号上で何年?
どれでもいいので教えて下さいお願いします(´・_・`)

Aベストアンサー

ググればわかりますよ。
ググり方は「モーツァルト 国」みたいに。

QGottlieb Voigtのモーツァルト・ピアノ協奏曲20番

昨日某掲示板で、Gottlieb Voigtというピアニストが弾くモーツァルト・ピアノ協奏曲20番のカデンツァがとても特徴的でおもしろいという話を読み、ぜひ聴いてみたくなりました。それは、CLASSIC FOR MILLIONS Vol.37という10年ほど前に販売された輸入廉価盤(ジャケットが小鳥の写真)に他のピアニストによるショパンの協奏曲と一緒に収録されているとのことで、本日何軒かのクラシック専門中古盤店をまわってみたのですが見当たりませんでした。この盤は今となっては入手困難なものなのでしょうか?ご教示いただければうれしいです。

Aベストアンサー

私の探した範囲では、日本版は無いようです。
海外版ならここで買えます。在庫は在りとなっています。
http://www.justthedisc.com/cgi-bin/select_cds?field_to_search=Artist&value_to_find=Gottlieb+Voigt,+Piano+&+Cond.(Mozart)Swetlana+Manor,+Piano,+Gustave+L駮n,+Cond.(Chopin)/Philarmonia+Berolinesis&email_address=

G.Voigtは指揮兼ソロピアノでレコーディングしたようです。

Q誰にも教えたくない名盤、あなただけが知っている名盤を教えてください

名盤なんだけど全く紹介されていない。
誰にも教えたくない。
誰かに知らせたい。

そんな名盤がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

メシアン「世の終わりのための四重奏曲」(Vnオレグ・カガン、Clエドゥアルド・ブルンナー、Vcナターリャ・グートマン、Pヴァシリー・ロヴァノフ、1984年クフモ音楽祭でのライヴ)LIVE CLASSICS LC712

 晩年のリヒテルが良く共演したオイストラフ門下のヴァイオリニスト(クレーメルの兄弟子)で若くして胃がんで亡くなったカガン。EMIやメロディアにモーツァルトやブラームスの録音が有りました。バシュメットやグートマン(カガンの二度目の奥さん、ちなみに前妻はエリザーベト・レオンスカヤ)、ヴィルセラーゼとも頻繁に共演、シュニトケやグバイドリーナなどとも深い親交があり現代音楽も得意にしていました。このライヴ録音は気心の知れあった名手たちが純粋にひたむきにメシアンを演奏しています。特に曲の最後、VnとPが天国の調べのように美しく消え入るように演奏され(ヴォリュームをものすごく大きくすると本当に小さい音ですが、神々しいVnとPが聞こえます)、一瞬の深い静寂が訪れた後、我に帰ったかのような聴衆の拍手が聞こえてきます。

 LIVE CLASSICSは、カガンの業績を忍ぶため作られたレーベルでリヒテルとカガンのヒンデミットなど名盤がありますが個人的にはこの盤が一番です。

参考URL:http://www.amazon.co.uk/exec/obidos/ASIN/B000025BI7/qid%3D1133779224/203-9075496-2151951

メシアン「世の終わりのための四重奏曲」(Vnオレグ・カガン、Clエドゥアルド・ブルンナー、Vcナターリャ・グートマン、Pヴァシリー・ロヴァノフ、1984年クフモ音楽祭でのライヴ)LIVE CLASSICS LC712

 晩年のリヒテルが良く共演したオイストラフ門下のヴァイオリニスト(クレーメルの兄弟子)で若くして胃がんで亡くなったカガン。EMIやメロディアにモーツァルトやブラームスの録音が有りました。バシュメットやグートマン(カガンの二度目の奥さん、ちなみに前妻はエリザー...続きを読む

Qラフマニノフ ピアノ協奏曲第二番二楽章を初めて聞いたんですけど、

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第二番二楽章を初めて聞いたんですけど、
についてみなさんはどんな感想を持ちますか?
(音楽的な言葉で言うと)
ご協力お願いします。

Aベストアンサー

ロマンティック、静けさ、美しさ、憧れ、回想、夢見るような、etc・・・でしょうか。

優れたピアニストでもあったラフマニノフの文句なしに傑作です。
最近は3番の方が人気があるみたいですがやはりこの2番が最高ですね。
全楽章素晴らしいのですが、特に第2楽章はため息がでるほど・・・
勿論、ピアノパートもですが巧みなオーケストレーションも光っています。

ちなみに質問者さんはどんな感想を持たれたのですか?

Qモーツァルトという名前

ふと思ったんですがモーツァルトって作曲家のモーツァルト以外に知りません。珍しい名前なんでしょうか。他に有名なモーツァルトさんがいれば教えて下さい。また、バッハは小川みたいな名前の語源があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

多くの愛好者が抱く彼のイメージを変えはしないかと、回答を逡巡。。。

本題です。

このアレマニア語は、十四世紀に既に存在して
Mozart はMotzhar(d)tから派生し、二つの言葉から成立です。

先頭は、motzen, motschen で、ドロを動かすとの意義から
そのような仕事、そのような仕事に従事している労働者のことです。

末語のhard/hartは大変との強調を示して、罵りや陵辱する言葉です。

これからの連想されるお仕事や労働者に関しての言及は、控える事に致します。

分布していたと考えられる地域は、ドイツの Augsbourgを中心に
アルザス、リヒテンシュタイン、オーストリアの西部と一部スイスの用です。

今一つの解釈(マイナーだが)は、har(d)tを、風景の一部と看做して
『沼地と森林』とするものです。

(年少組みの頃から、その楽曲を頻繁に聴き
名前の由来を知ってからも一層悦楽に。。。)

Qピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11より第1楽章

ショパンの「ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11より第1楽章」のMIDIを探しています。

サイトをご存知の方いませんか?
お願いします。

Aベストアンサー

完成度などはどうかわかりませんが、
Chopin MIDI
http://www5b.biglobe.ne.jp/~hasekou/midi.htm
ここにありました。ご参考にしてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報