『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

大変知識不足で申し訳ないのですが、調べて見つけることが出来なかったので、こちらで質問させていただきます。

くるみ割り人形全曲版での抜粋をオーケストラで演奏する場合はハープは2台必要なのでしょうか?
花のワルツは1台での演奏が可能だということですが、その曲以外の例えば、パドドゥ等はやはりハープは2台でないと演奏に支障が出るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

全曲版のオーケストラ・スコアに目を通してみました。

ハープが2台無いと支障が出るのは以下の曲です。

第1幕・第8番「情景・冬の松林」
第1幕・第9番「雪片のワルツ」
第2幕・第10番「情景・魔法の城」
第2幕・第11番「情景・クララと王子くるみ割り人形の登場」
第2幕・第14番「パ・ド・ドゥ」
第2幕・第15番「終幕のワルツとアポテオーズ」

最初の第8番以外は、もしハープ奏者の演奏技術が高く、なおかつ、そばに作曲の専門知識を有する人がいる場合は、なんとか1台で格好を付けられるようにアレンジすることが不可能というわけではありませんが、非常にプロフェッショナルな仕事になりますし、演奏効果としても決して推奨できることではありません。
第1幕・第8番は2台無いと演奏不可能です。もし質問者さん御自身がハープを弾かれるのでしたら御存じと思いますが、ハープは1オクターヴ内に弦が7本しかなく、半音の変化はペダルでやります。この曲では、半音的に変化する和音のアルペッジョを第1ハープと第2ハープが交互に演奏するようになっています。これを一人で演奏しようとすると、ペダルの踏み替えが多くなりすぎてしまうので不可能です(この部分の楽譜を画像で出します)。
そのほかの曲ですが、アルペッジョの音型で第1ハープと第2ハープがそれぞれ別の音を弾く個所が非常に多いです。どちらか一方を省略したり、交互に演奏するパッセージを一人で弾いたりすることで何とかなる部分も少しはありますが、全体的には非常に困難です。
「パ・ド・ドゥ」に関しては、ほかの曲と比べると、まだ1台で弾けるようにアレンジしやすいですが、できる人がいるでしょうか。この曲の冒頭では、第1ハープがゆったりとしたアルペッジョを弾き続け、第2ハープはそれとダブるように、各拍ごとにアルペッジョを弾くようになっているので、第2ハープを省略してしまうと響きが寂しくなります。一人でもある程度かっこうがつくようなアレンジは可能ですが、演奏は少し難しくなります。御希望であれば、2~3小節のアレンジ例を画像で送ることは可能です。
全曲版のスコアは、下のサイトで見ることができます。もしこれらの曲を演奏される場合は、やはりハープ2台をそろえるのが必須だと思います。

http://imslp.org/wiki/The_Nutcracker_(ballet),_Op.71_(Tchaikovsky,_Pyotr)
「くるみ割り人形のハープについて」の回答画像1
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のハープ演奏者人口は?

たまたま通りがかりにハープのショールームを見かけたので、ふと疑問に思いました。
ハープって、よく知られている楽器ですが、私の身近に演奏している人を知りません。
日本全体で、どれだけのハープ演奏者がいるものでしょうか?
アマチュア、プロ、すべて加えた概数でも知りたいと思います。
またハープの演奏を専門に教える学校はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
プロ・アマ含めてというと概数といっても難しそうです…想像すらできませんが…
たまたま昔読んだ本を思い出しまして、本当に、ちょっとだけのご参考までに。
指揮者の岩城宏之さんが1990年頃に書かれたもので、「フィルハーモニーの風景」(岩波新書)というものです。
世界の名だたるオーケストラを見てきた自身の体験や舞台裏の様子などを綴ったエッセイなのですが、
この中に「ハープの運び屋さん」という章がありまして、とても面白い話だったのでよく覚えていました。
ハープの演奏者人口について書かれた部分があるのですが、それによると(だいたい引用。ちょっと簡単に書きます)
◆”オーケストラに所属している”ハーピストの数は、日本中でせいぜい十数人だろう。
 つまり、オーケストラの数よりも少ない。
 何故なら、通常のレパートリー曲でハープを必要とする曲があまりないので、ハープが必要な時だけ
 ソロでやっているプロを頼めばよいから。
◆ハープはもともと独奏楽器なので、オーケストラへの出演よりもソロ活動や小編成の演奏会のほうが断然多い。
 CM録音などの需要も多く、膨大な数のソロ活動が行われている。
◆現在、日本ハープ協会のメンバーは200名を超えた。他にもアマチュアはたくさんいる。

…これだけです…(^^;;すみません、ちっとも演奏者人口の全体は見えませんね…
しかも、書かれたのが13年も前ですから、今はもっと増えているでしょう。
ハープだけを教えている専門の学校があるかどうかわかりませんが、
ハープ専攻のある大学は、東京芸大、東京音大、桐朋学園大、武蔵野音大などをはじめ、国公私立含めて18校あるようです。
アマチュアやセミプロ向けにも、ヤマハや十字屋などの教室、または個人で教室を開いて教えている方も多くいらっしゃるようです。

ちなみに、先の「ハープの運び屋さん」は、
戦後間もなくひょんなきっかけからハープなんて初めて見るへんてこで高価な楽器を運ぶことになり、
以来、ハープの運搬に関しては日本唯一の専門店で、扱う数は世界一だろうとも言われている、という
東京の小さな運送屋さんの話です。日本フィルの楽器(ハープだけでなく)運送もやっているそうです。
面白いお話なので、もし書店で見かけたらちょっと立ち読みでも(^^;してみてください。
質問の的を射ておらずすみません…

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004301351/qid%3D1070373098/250-7727279-9764218

こんばんは。
プロ・アマ含めてというと概数といっても難しそうです…想像すらできませんが…
たまたま昔読んだ本を思い出しまして、本当に、ちょっとだけのご参考までに。
指揮者の岩城宏之さんが1990年頃に書かれたもので、「フィルハーモニーの風景」(岩波新書)というものです。
世界の名だたるオーケストラを見てきた自身の体験や舞台裏の様子などを綴ったエッセイなのですが、
この中に「ハープの運び屋さん」という章がありまして、とても面白い話だったのでよく覚えていました。
ハープの演奏者人口...続きを読む


人気Q&Aランキング